フリーターのキャッシングで大切なポイントとは?

急にまとまったお金が必要になって借りたくなることは珍しいことではありません。そんな時に便利なのがキャッシングですが、フリーターでも借りることはできるのでしょうか。また、借りられるとしたらどんな点に注意すれば良いのでしょうか。そこで大切なポイントについてご紹介していきます。

フリーターでもキャッシングできるのか?

まず結論から言うと100%の保証はありませんが、フリーターでも審査に問題がなければキャッシングできます。フリーターの人の中には始めからキャッシングは無理と諦めている人もいますが、そのように決めつける必要は全くありません。詳細は後ほど説明しますが、キャッシングを始めるにあたっては審査があります。この審査ではフリーターであることは合否に影響しないのです。

もし審査にもし落ちるようなことがあれば、それはその人の信用力や総量規制などに引っかかっている場合が考えられます。フリーターは確かに正社員に比べると雇用の安定や給与面で違いがある場合が多いのは確かです。しかしキャッシングの審査においてそのような違いが影響するのは、利用限度額の大きさです。正社員よりも利用できる金額の上限は小さくなってしまう可能性はありますが、キャッシング審査自体において雇用形態はあまり関係ないのです。ですからキャッシングを検討しているのであればフリーターの人でも安心して審査を受けてみましょう。

キャッシングの審査とは?

キャッシングの利用にあたっては審査に無事通らなければなりません。この審査の項目には収入が当然のように含まれています。ただし、大手消費者金融系のクレジットカード会社が審査の際に重視しているのは、キャッシングの申込者の収入額よりはむしろ安定した収入があるかどうかです。

安定した収入とは、定期的にまとまった額の収入があるかどうかであり、端的に言えば毎月一定額の給与所得などがあるかどうかです。つまり、正社員ほどの収入額がなくとも、毎月入ってくる収入の額が一定であれば審査上はフリーターでも安定収入があることになります。このことは毎月の収入が少ない学生アルバイトや主婦のパートであっても毎月一定額の収入があれば安定収入とみなされることになります。収入の額が少なくても利用限度額が少なくなることはあっても、それ自体で審査に落とされる理由にはなりません。

キャッシングが難しいケースとは?キャッシング審査に落ちる人の特徴

それでは安定した収入があってもキャッシングに落とされる人あるいはキャッシングが困難なケースはあるのでしょうか。実はいくつかの場合で残念ながら審査に落ちる可能性があります。そのような可能性のある人の特徴は以下のようなものです。

毎月の収入が不安定な人

これはすでにお伝えしたように毎月の収入が大きく増減するような人の場合は安定した収入がないと見なされ、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。例え年収がある程度あったとしても、月によって大きく収入が落ち込むようだと返済する能力に問題ありと判定されるためです。アルバイトなどの場合、シフトによって収入が変動する可能性がありますので、この事例に該当する可能性は高いかもしれません。

勤続年数が1年に満たない人

安定した収入として判断される基準として勤続年数も考慮されます。正社員でも転職したばかりの人は新たな職場での仕事が継続できるかを判断するために一定期間働いているのが望ましいわけです。従ってフリーターやパートに限らず、正社員であってもこの基準が原因で審査に落ちる可能性があります。ただし、フリーターで複数の仕事を並行してこなしている人や正社員でも副業をしていて、その勤務期間の長さや収入額が条件を満たしていれば、審査に通る可能性が十分にあります。

信用情報の内容が悪い人

キャッシングの審査には信用情報機関で申し込みをする本人の過去の信用情報が必ずチェックされます。この信用情報機関では借り入れたローンなどの返済の実績や延滞の有無、返済不能といった金融事故などに関する情報をデータとして記録しています。この信用情報でブラックリストになっていたり、過去に悪い返済履歴などが掲載されていると審査に通らなくなってしまいます。信用情報機関のデータベースは日本国内の各金融機関とつながっており、その金融機関で借り入れをおこなった人が事故などを起こすと信用情報機関にその情報が流れるような仕組みになっています。

  • この信用情報でブラックリストになるケースとしては次のようなものがあります。
    ・過去5年以内に債務整理をした場合
    ・過去10年以内に自己破産宣告をした場合
    ・過去5年以内にクレジットカード支払い延滞を61日以上発生させた場合
    ・過去5年以内にカードローンやキャッシング返済遅延を61日以上発生させた場合

これらのトラブルを過去5年~10年以内に起こしたことのある人はたとえ安定した収入があっても審査に落ちる可能性があると言えるでしょう。ただし、ここで注意したいのはあくまで可能性であって必ず落ちるとは言い切れません。尚、詳細は後述しますが、ブラックリストは一定期間(およそ5年~10年)が過ぎると消えていきます。

複数のカード会社の審査を同時に受ける人

短期間のうちに複数のカード会社の審査を同時に受けた場合には審査に落ちる可能性があります。複数の会社の審査を同時に受けるのは、それ自体がブラックと呼ばれ、お金に相当困っているからだと考えられてしまうからです。

解決策はあるのか?大切なポイント

信用情報では過去にブラックリストに載るようなことはしてなくても、フリーターゆえに自分の信用力に自信が持てない人はいます。それゆえに審査に通らないのではと疑心暗鬼になってしまいがちです。それでは自分の信用情報を少しでも改善していく方法はあるのでしょうか。

実は自分の信用情報を改善していくための方法はあります。それは時間をかけて自分のクレジット履歴を少しずつ「育てていく」ことです。育てていくとはどういう意味かというと、毎月少しでもいいのでクレジットカードを使用し、必ず期日には支払っていくのです。そうすればそのような支払いの情報が審査に有利な信用情報として蓄積されていきます。つまり、この人はカードを使ってもしっかり支払う人だということが認識されるのです。

ここで注意したいのが、クレジット履歴を育てる上でカードの利用金額の大小は全く関係無いことです。クレジット履歴の情報にはカードの利用金額のデータは記録されず、単に期日通りに支払ったかどうかの情報が記録されるだけだからです。毎月1,000円の利用でも期日通りに支払えば立派なクレジット履歴になります。

尚、過去に長期延滞などがあってブラックリストになっている人の場合はどうでしょうか。この場合、ブラックリストも事故を起こした後、一定期間何もトラブルを起こさなければ最終的にはその情報は消えてしまいます。ブラックリスト期間は5年~10年とされていますので、その期間が過ぎれば審査通過の可能性が生まれます。

キャッシング業者を選ぶポイント

最後にフリーターがキャッシング業者を選ぶ際のポイントについてご紹介します。この選ぶポイントですが、ずばり「審査スピードの速さ」と「金利の安さ」になります。キャッシングが必要な人というのはすぐにお金が必要な訳ですから、審査時間はなるべく短いほうがいいわけです。また、金利が低ければ負担が減り、それだけ使えるお金が増えることになります。

キャッシング業者は大きく分けて、銀行系と消費者金融系があります。一般的に銀行系のキャッシング業者は消費者金融系のキャッシング業者よりも金利が低い傾向にあります。ただし、反対に審査スピードでは消費者金融系のキャッシング業者のほうが速いと言えます。このような特徴や違いを踏まえ、選ぶポイントはどれだけ急いでお金を調達する必要があるのかによると言えるでしょう。

今日にもお金が必要という人はたとえ金利が高くなっても消費者金融系が向いています。消費者金融系なら審査スピードが速く、特に大手の消費者金融系なら最短30分で審査が完了します。審査に問題がなければ、フリーターであっても申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。一方、そこまで急ぐ必要はないという場合には金利が低い銀行系のほうがメリットを感じられるでしょう。

まとめ

今回はフリーターでも安定した収入があり、信用情報に問題がなければキャッシングの審査を通過してお金が借りられるということをお伝えしました。すぐに利用する予定がなくても、将来において使うかもしれないという人は日頃からクレジット履歴を育てておきましょう。

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事