無利息キャッシングのメリットとは?

これまで「初回キャッシング30日間無利息」などという消費者金融の広告を目にしたことも多いと思います。この無利息キャッシングとはいったいどのような仕組みで、どんなメリットがあるのでしょうか。そこで今回は無利息キャッシングについてお伝えしていきます。

無利息キャッシングとは?

キャッシングは借金をすることですので、元金の返済以外に利息の支払いがあります。この利息の支払いはできるだけ少ないほうがお財布にやさしいのは当然のことです。キャッシングを利用する際にはキャッシング会社の金利を比較しながら選びますが、利息を少しでも抑えようと思ったら無利息キャッシングの利用は検討の余地があります。

この無利息キャッシングとはある一定期間は金利が全くかからないというサービスです。このようなサービスが提供されているのは、各業者が利用者をもっと増やしたいからです。無利息で借りられる期間があれば、キャッシングを利用するきっかけとなってその後も借りてくれると考えているからです。全ての業者がこのような無利息サービスを提供しているわけではありませんが、短期間で借り入れをおこなうことが多いキャッシングでこのようなサービスを利用できるのはとてもお得です。申込みの際には是非このサービスの有無も確認したいところです。

無利息キャッシングは借りるお金を数万円内に抑えた上で7日間以内に返済すれば何度でも利用可能なものや利用限度額一杯まで30日間無利息というものまであります。また、このサービスは初回申込み時のみ利用可能というものが一般的です。ただし、キャッシングを利用する際にもらえるポイントが貯まると無利息キャッシングが再び利用できるという会社もあるので、そのようなサービスの有無も確認しましょう。

無利息キャッシングは何日間使えるのか?

無利息キャッシングの利用条件について見られる特徴としては以下のようなものがあります。

  • ・初回利用時のみ利用可能
  • ・30日間利用可能(あるいはそれ以下)

一部の業者で利用期間を7日間に限定しているものの、何度でも利用可能なものも中には見られます。しかし、大手消費者金融では上記のような条件の特徴があります。

尚、この30日間という条件については実は2種類の日数計算があります。それは「初回借入日」から日数計算されるものと「契約日」から日数計算されるものに分かれている点です。初回借入日からのサービスと契約日からのサービスは似ていますが、実際には大きく異なりますので注意が必要です。契約日から計算されるサービスの場合、契約した日からすぐに利用しないと無利息の期間がすぐに無くなっていってしまうからです。以下の具体例でその違いを確認してみてください。

  • 【条件】契約日:3月1日と初回借入日:3月15日
  • 【例1】契約日から30日間(初回借入日:3月15日):4月1日まで無利息サービス利用可能
  • 【例2】初回借入日から30日間(契約日:3月1日):4月15日まで無利息サービス利用可能

「例2」のように初回借入日から30日間のサービスの場合、4月15日までに完済すれば無利息となります。一方の「例1」では初回借入日から30日間のサービスなら4月1日までしか無利息期間となりません。つまり、後者の事例では、たとえ契約日が3月1日でも利用開始が3月15日からならその分だけ無利息期間が短くなってしまいます。無利息サービスのあるキャッシングを利用する場合、できるだけ契約開始日からすぐにサービスを利用したほうが断然お得です。

実際どれくらいお得なのか?

それでは無利息キャッシングを利用するとどれくらいお得なのかのイメージを掴むため計算例を出して説明していきましょう。

【条件】

利用金額30万円

利息:10%

利用条件:無利息期間である30日で完済

このような条件で借り入れた場合の計算式は以下のようになります。

「50万円×0.10(利息)×30日間÷365日間=約4,110円(小数点第一位で四捨五入)」

利息10%で50万円を借りると支払うべき利息額は4,110円となります。無利息サービスを利用すればこの4,110円がまるまる財布に残ると考えるととてもお得です。この金額があればカップルや友人とランチに出かけることもできますし、ちょっとしたお買い物もできてしまいます。中にはそれほどのメリットを感じないという方もいるかもしれませんが、キャッシングを繰り返し利用するようなユーザーの場合はかなりの違いになってきます。

無利息キャッシングの賢い利用方法

無利息とはいえ、キャッシングは借金を負うことになります。むやみやたらに利用するのではなく、先の予定を考えて計画的な利用を心掛けたいところです。無利息キャッシングを手堅く利用する方法として大切なポイントはずばり「タイミングを選んで期間限定で利用する」ことです。

例えば、ボーナス支給までの間に大セール中の高額な家電製品などを前倒しで購入するケースなどが考えられます。どうしても欲しかった製品が激安になっているのに手持ちがなくて買えないような場合、無利息キャッシングの利用はとても効果的です。しかも、利用した後の30日間以内に返済原資となるボーナスが入ってくるタイミングなどで利用するとさらに効果的になります。無利息キャッシングの利用により激安で欲しいものが購入できる一方、いっさいの利息を払わずにただでローンが借りられることになります。

各社で異なる無利息サービスの内容

無利息キャッシングのメリットなどがわかったところで、次に実際の消費者金融業者がどのようなサービスを提供しているのかその特徴についてお伝えしていきます。一口に無利息キャッシングといっても各社でその内容は大きく異なっています。自分に合った内容のサービスが見つかるまでよく比較検討してみましょう。

初回利用者限定の無利息キャッシング

大手消費者金融の無利息キャッシングの中で一番多いのがこのタイプになります。無利息キャッシングの利用はあくまで初回利用時に限定しており、その借り入れ時から30日間以内に返済すれば無利息としているものです。尚、業者によって「無担保カードローン」の利用に限定するものや申込み方法をメールアドレス登録の上でWeb明細利用することなどの諸条件を加えているケースがあります。

無利息期間は短いが、何度でも利用できる無利息キャッシング

上記とは反対のタイプがこのサービスです。無利息期間が7日間などと非常に短いものの、その間に返済すれば何度でも無利息になるというものです。尚、返済残高が0円となっている時のみ無利息が適用されるなど条件があります。

キャッシング金額によってサービス内容が変わる無利息キャッシング

キャッシングする金額によって無利息サービスの内容が異なるキャッシング会社もあります。例えば、5万円までの借り入れなら180日間は利息なしのサービスと借入可能限度額までなら全額で30日間は利息なしと2種類のサービス内容を設けているところもあります。借り入れたい金額に応じて適用金利が異なってくるために良く検討してから決めたいところです。

金額が大きい無利息キャッシング

キャッシング会社の中には借入可能限度額が1,000万円という大口のローンが組めるところもあります。最高金額の1,000万円でも少額のキャッシングと同様に無利息サービスが利用できますので、とてもメリットが大きいのがおわかりいただけるでしょう。たとえば、1,000万円で年利5%だとすると、最大でなんと約41,000円もの節約になります。

まとめ

今回は無利息キャッシングを利用する場合のメリットについてご紹介してきました。このサービスが利用できるのはあくまでサービス期間内に完済していることが条件となります。ボーナス返済などを利用して計画的に返済するように心がけていきたいところです。また、無利息キャッシングのサービス内容は各社で異なります。自分の借り入れ金額や期間などに合わせて金融業者を上手く使い分けながら上手に利用していきましょう。

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事