保証ファクタリングとは?買取型との違い、メリットデメリットを解説

引用:pixabay

売掛金を早期に回収したい場合は、ファクタリング会社の利用がおすすめです。ファクタリング会社は、売掛債権を買い取ることで、売掛金を早期に受取ることが可能になります。

しかし、ファクタリング会社のサービスには、買取型と保証型の2種類ありまして、それぞれの違いや仕組みについて分かりにくいのではないでしょうか。また、保証型ファクタリング概要を理解していませんと、利用するべき場面も把握できません。

そこで今回は保証型ファクタリングの仕組みをはじめ、保証がファクタリングを利用するメリットとデメリットや、買取型ファクタリングとの違いについてご説明していきます。

ファクタリングの利用を検討している事業者は、保証型についても概要を把握しておきましょう。

中小企業経営者の私がオススメするファクタリング業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

保証ファクタリングとは?

初めてファクタリングサービスを利用検討している事業者の中には、保証型ファクタリングと買取型ファクタリングを混同している可能性があります。サービス名が類似していますが、概要や仕組みには大きな違いがあります。

例えば、資金調達として保証型ファクタリングを利用してしまった場合は、事業者側の目的とサービス内容の違いで利用メリットが無くなってしまいます。

ですから、まずは保証型ファクタリングのサービス内容と、仕組みについてご紹介します。

保証型ファクタリングは売掛債権に保険を掛ける

保証型ファクタリングは、事業者が保有している売掛債権に保険を掛けることで、取引先の貸し倒れリスクを避けるためのサービスとなっています。従って、売掛債権を保証型ファクタリング会社に売却いたしません。

また、保証型ファクタリングの場合、取引先が倒産や支払い不能になった際に、ファクタリング会社から契約の範囲内で売掛金に相当する金額を受け取ることができます。従って、保険として活用するのが、保証型ファクタリングの基本です。

保証型ファクタリングの始め方と保証額を受取るタイミング

保証型ファクタリングを利用する場合は、取引先との取引が行われ売掛債権が発生した段階でファクタリング会社と契約を行えます。続いて保証型ファクタリング会社と契約を提携しますと、保証手数料を支払います。

そして、保証が発生するタイミングは、取引先が支払い不能になったと確認された時点となります。

例えば以下の条件でファクタリグ会社から保証額を受取れます。

 

・取引先が破産手続きを始める

・手形の不渡り

・会社更生手続きを始める

・取引を進めていた事務所が閉鎖

・民事再生手続き開始の申し立て

 

他にも条件がありますが、どれも取引先の支払い不能状態という共通点があります。

 

保証ファクタリングのメリット

保証ファクタリングは、買取型のファクタリングと異なるメリットがあります。保証型のポイントは、売掛債権の未回収リスクを抑えるためのサービスでして、資金調達を早期に行うためではありません。ですから、買取型のファクタリングを利用するメリットと混同しないようにしましょう。

それでは、保証ファクタリングのメリットについて、3点ご紹介します。

取引先の貸し倒れリスクを避けられる

保証ファクタリングを利用するメリットは、取引先の貸し倒れリスクを避けられる点でしょう。保証ファクタリングの役割は、売掛債権の回収が何らかの事情で不可能になった事業者に対して、契約の範囲内で保証金を支払うことです。

従って、仮に取引先が倒産などで支払い能力が不能になった際、保証契約を結んでいるファクタリング会社から保証金を受け取ることができます。

与信管理を外注化できる

与信管理とは、取引先企業の支払い能力を審査管理することで、一般的に事業者自身で行います。そして、保証ファクタリングサービスを提供している会社は、売掛債権の保証だけでなく与信管理も代行してもらえます。

従って、与信管理業務を実質外注化できるため、負担軽減に繋がるメリットがあります。また、信用情報などをまとめた情報を低コストで運用してもらえるだけでなく、返済能力のある取引先を探すことも可能です。

取引先に知られずに保証ファクタリング契約を勧められる

保証ファクタリングでは、取引先に保証契約を結んでいることを知られずに、手続きを進められます。事業者の多くは、取引先に保証ファクタリングを進めていることを知られたくないと感じるところです。また、保証ファクタリングサービスは、与信管理など専門的な知識・技術がないと提供できない業務もありまして、大手金融機関や子会社など信頼性の高い企業が提供しています。

大手企業が提供していますから、保証ファクタリングの情報管理などについても、信頼性が高いと言えるでしょう。

 

保証ファクタリングのデメリット

保証ファクタリングは、未回収金を減らすためや貸し倒れリスクを避ける上で、非常にメリットとなる便利なサービスです。

しかし、一方でデメリットもありますから、メリットとデメリット両面を理解した上で保証ファクタリングを検討してみるのがおすすめです。

保証ファクタリングは保証料を支払う必要がある

保証ファクタリングを利用するデメリットの1つは、サービス利用のために保証料を支払う必要がある点です。ボランティアではありませんから当たり前ですが、いわゆる利用料金を保証ファクタリング会社に支払います。

保証料の金額は、一般的に保証金の3%~8%程度で設定されています。しかし、厳密に何%と定まっている訳ではなく、取引先の信用力などに応じて変わります。

取引先の信用力が低いと契約できない場合がある

保証ファクタリングを利用する際、必ずしも全ての売掛債権に保証を掛けられる訳ではありません。保証金ファクタリングサービスを提供している会社が、保証対象となる企業を調査し、著しく返済能力や信用力が低い場合は保証を受けられない場合があります。

また、契約手続きを済ませた後も、信用力の調査は定期的に行われており、取引先の信用力が低下しているとみなされた場合は、保証が撤回される可能性があるため注意しましょう。

保証金を受け取ることができるのは取引先が支払い不能になった時のみ

保証ファクタリングの基本でもありますが、保証金を受け取ることができるのは、あくまで取引先が支払い不能になった場合のみです。ですから、ファクタリングサービスを提供している会社に支払った保証料分だけ、資金が手元に戻る訳ではありません。

 

保証型と買取型ファクタリングの違い

保証ファクタリングと買取ファクタリングは、未経験ですと違いが分かりにくいサービスといえます。また、ファクタリングサービス自体が、知られていない側面もありますから買取型と保証型の主な違いをご説明していきます。

買取型と保証型はファクタリングの目的が異なる

ファクタリングの買取型と保証型の主な違い1つ目は、ファクタリングサービスの概要が異なる点です。

買取型は、取引先から資金を受け取るまでに時間があり、早期回収したい場合に利用するサービスです。つまり、資金回収を即日や1ヶ月以内など、早く行うためです。

対して保証型は、取引先が万が一倒産などで支払い不能になり、未回収資金を発生させないために行う保険のようなサービスです。従って、資金回収が目的ではありません。

類似したサービスですが、明確に異なりますから混同しないようにしましょう。

買取型は資金を受け取れるが保証型は取引先が支払い不能になった時のみ

買取型と保証型の大きな違いは、資金を受け取る条件とタイミングにもあります。買取型ファクタリングは、売掛債権をファクタリングに売却し、資金調達を最短即日で行ってもらえます。

対して保証型は、資金調達が目的ではなく取引先が支払い不能になった際の、保証として機能しています。ですから、取引先が倒産などの場合に、契約の範囲内で保証金を受取ることができます

売掛金の受け取り時期はもちろん、受け取り条件も異なります。

 

保証ファクタリングを利用するべき企業とは?

保証ファクタリングの仕組みを把握できても、どのような時期や状況で利用するべきか悩む事業者もいるでしょう。そこで、ここからは保証ファクタリングを、利用するメリットのある企業についてご紹介していきます。

取引先が多数存在しており与信管理が追い付いていない

保証型ファクタリングを利用するべき企業は、取引先が多数存在しており信用情報や売掛債権の状況について未確認の情報があるケースです。

保証ファクタリングサービスを提供している会社は、与信管理も担っていますから取引企業の信用情報や、未回収金の整理が可能です。

貸し倒れ不安のある取引先がある

取引先の中には、売掛債権を回収について懸念している場合がありますと、経営に大きな影響があります。このような悩みのある企業も、保証ファクタリングを利用するべきといえるでしょう。

保証ファクタリングは、支払い能力不能による未回収リスクを抑えるためのサービスを提供しています。貸し倒れは、売掛債権を保有している事業者も、倒産してしまうリスクがあります。

保証契約手続きを済ませておけば、万が一貸し倒れを起こされても保証金でカバーできます。

 

保証ファクタリングは資金調達が目的ではなく貸し倒れリスクを抑えるためのサービス

保証ファクタリングは買取ファクタリングと似ているため、資金調達を行うためのサービスと誤解している事業者もいるでしょう。

保証型のファクタリングは、取引先が支払い不能になった際に、契約の範囲内で保証金を受取るサービスです。また、与信管理業務も担っているため、信用情報や未回収の債権管理を外注化できます。

買取型と異なり、取引先が支払い不能になった場合のみ保証金を受取れるため、資金調達目的で利用しますと本来メリットとなる部分がデメリットになってしまいます。

与信管理を外注化させたい、貸し倒れリスクを下げたい事業者は、保証ファクタリングの利用を検討してみることをおすすめします。

中小企業経営者の私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事