国際ファクタリングとは ?その仕組み、流れ、メリット・デメリットを解説します!

国際ファクタリングという貿易取引における新しい決済方式が登場しています。

従来は国際間の貿易取引では信用状(L/C)を使った決済方式が主流でした。しかし近年、信用状(Letter of Credit またはL/C)を用いない送金ベースの決済方法に注目が集まっており、そのひとつが国際ファクタリングと呼ばれるものです。その利用目的は信用状(L/C)を使った決済方式の問題点をカバーして貿易実務の負担軽減、取引の迅速化を図ることにあります。

今回はその国際ファクタリングについて、その仕組みや取引・決済の流れ、メリット・デメリットを詳しく解説します。

 

国際ファクタリングとは ?

国際ファクタリングとは、国内外の輸出入企業が貿易取引を行う時、決済や資金繰りに利用できる世界レベルのファクタリング会社による保証ファクタリング(含む買取りファクタリング)のことをいいます。

国際間では世界の一流銀行及びその子会社がファクタリングに関するネットワークを構築しており、ファクタリング子会社はそのネットワークを通じて輸出入企業に対しサービスを提供できるようになっています。

 

貿易取引の決済リスクとは ?

国内外の輸出入企業が貿易取引を行うに際し、その取引には色々なリスクが存在します。

取引相手と言葉が通じない言語リスク、貿易相手国や取引企業の会社事情がよく分からない情報リスク、そして取引相手がいきなり潰れて代金の回収ができなくなる倒産リスク、債権を取立したくても渡航不可等により発生する督促不能リスクなどです。

これらの決済リスクを少なくして貿易業者が安心して取引できるために用いられた方法が従来は信用状(L/C)を使った決済方式でした。一般的には信用状を使った貿易取引の決済は国際間の銀行取引を通じて行います。

以下ではその信用状を使った貿易取引の仕組みについて簡単に紹介します。

 

信用状(L/C)を使った貿易取引の仕組みとは ?

貿易取引での当事者は国内外で取引を行っている輸出入企業です。

仮に取引の相手が輸出企業(国内)、輸入企業(海外)と仮定して、輸出企業が輸入企業に向けて自社製品を輸出しようとします。その場合、輸出製品の対価として販売代金が輸入企業から輸出企業に支払われますが、国が離れているため直接代金の決済ができません。

そこで登場するのが信用状(L/C)です。信用状は海外の輸入企業が自国の銀行に依頼して発行してもらう書類です。もちろん信用状発行にあたり銀行はその輸入企業の審査をします。

なぜなら信用状というのは一種の保証書で、銀行が信用状を発行するということは、その銀行が輸入企業に対し「この企業は信用面や支払面で特に問題ありません」というお墨付きを与えたことを意味します。そこで海外銀行が発行した信用状を取引銀行から受け取った輸出企業もその信用状を背景に安心して輸出ができるからです。

信用状を使った取引の詳しい流れは本論とあまり関係なくここでは省略しますが、要するに国内外の銀行が取引している輸出入企業間に入って信用状をやり取りしながら貿易代金決済の手伝いをすることになります。この仕組みを使うことで、輸出入企業は安心して貿易取引を行うことができるのです。

信用状(L/C)を使った貿易決済のデメリットとは ?

信用状(L/C)を使った貿易決済の仕組みは歴史が古く、業者間で長らく利用されており多くのメリットがあるのですが同時にデメリットもあります。たとえば代表的なデメリットは以下のようなものです。

・信用状の発行ほか業者間での手続きがかなり複雑
・輸入企業のある相手国によっては国際取引に長けた大手の銀行がなく信用状が利用できない
・輸入企業の信用力が乏しく銀行から信用状を発行してもらえない場合がある
・輸出代金の決済が100%保証されていない…インボイス※や船荷証券等に書類不備があると輸入企業が製品の受取りを拒否する場合がある

※インボイスとは輸出に必要な船積み書類のひとつで売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類のこと

このように信用状を使った貿易決済でもケースによってはデメリットもあり、すべての国際貿易をカバーしているものではありません。

またインターネットの発達で国際間貿易は質量ともにさらに拡大を続けており、信用状の問題点をカバーし決済取引を簡素化、迅速化させるためにもさらに新しい決済方法が求められるようになってきました。そのニーズから生まれてきた方法のひとつが国際ファクタリングです。

 

国際ファクタリングの仕組みとは ?

国際ファクタリングとは、国内外の輸出入企業が貿易取引で資金決済や資金繰り改善に利用できる方法のひとつで、ファクタリング会社による保証ファクタリング(含む買取り)のことをいいます。

国際ファクタリングの決済の流れ

一般的な国際ファクタリングの決済の流れは以下の8つのプロセスから成っています。取引の当事者は輸出企業(国内)、輸出企業の取引ファクタリング会社(以下輸出F)、輸入企業(海外)、輸入企業(海外)の取引ファクタリング会社(以下輸入F)の4者です。

【 輸出入取引・保証ファクタリング決済の流れ 】

  1. 輸出企業(国内) → 輸出F

輸入企業(海外)との取引に必要な希望支払保証額を申込み

  1. 輸出F → 輸入F

輸出Fは提携している海外の輸入Fに輸入企業(海外)の審査を依頼

  1. 輸入F → 輸出F

輸入Fから原則2週間以内に輸出Fに対し審査結果を通知

  1. 輸出F → 輸出企業(国内)

結果を受けて、輸出Fから輸出企業(国内)に対し、保証限度額を通知

  1. 輸出企業(国内) → 輸入企業(海外)

保証限度額通知書の条件に沿って輸出企業(国内)は輸入企業(海外)に対し商品を船積み・出荷

  1. 輸出企業(国内) → 輸出F

輸出企業(国内)はインボイスと船積み書類のコピーを輸出Fに提出

  1. 輸出F → 輸入F

輸出Fは輸入Fにインボイス等の内容を通知

  1. 輸入F → 輸入企業(海外)

輸入Fはインボイスの支払期日に輸入企業(海外)から代金取立て

  1. 輸出F → 輸出企業(国内)

輸出Fは輸入Fからの資金が到着後、輸出企業(国内)の口座に資金を振込、決済

国際ファクタリングのメリット

輸出企業(国内)が国際ファクタリングを利用した場合のメリットは以下の通りです。

輸出債権の決済を100% 保証している

輸入企業がインボイスの支払期日を過ぎても代金を支払せず90日過ぎると国内ファクタリング会社が契約に基づき保証債務を履行してくれるので輸出企業は資金を100% 回収できます。

輸入企業(海外)の与信管理強化

輸出企業(国内)は取引に当たり輸入企業(海外)の信用調査を自社で行う必要がなく、国内ファクタリング会社経由、提携海外ファクタリング会社に依頼でき、また逐次輸入企業の情報がファクタリング会社経由で手に入るので与信管理が強化できます。

信用状(L/C)取引より決済が効率的、資金の早期回収が図れる

国際ファクタリングを利用すると、信用状(L/C)を使った取引より資金の回収に関し書類も少なく効率的です。また輸出企業(国内)が資金繰りの関係で輸出債権の買い取りを希望すれば、インボイスの期日を待たずに国内ファクタリング会社が債権を買い取り(立て替え)してくれるので資金の早期回収が図れます。

輸出債権の回収はファクタリング会社におまかせ

輸出債権の回収は輸出企業(国内)が行う必要はありません。支払督促も含めて提携している海外のファクタリング会社が代行して行ってくれるので、輸出企業は自社の業務に専念できます。

信用状(L/C)発行時の銀行審査より国際ファクタリングの審査が緩い

一般的には信用状(L/C)発行時の海外の銀行が行う与信審査よりファクタリング会社の行う保証審査が緩い傾向があります。そのため貿易業者も利用しやすく、資金繰りが容易になるメリットがあります。ただし審査が緩い分、信用状利用時のコストより国際ファクタリングを利用した時のコスト(手数料他)がやや高くなる傾向があるので注意して下さい。

国際ファクタリングのデメリット

当然ながら国際ファクタリングはメリットばかりではありません。利用上のデメリットもあります。

以下がその主なデメリットです。

係争等の事由には国際ファクタリングでも売掛債権のカバー不可

いくら売掛債権が100% カバーできるといっても国際ファクタリングでもカバーできない事由が存在します。たとえば輸入企業国内で起こった戦争や暴動などです。このような突然のカントリーリスクに対してはさすがにファクタリング会社も対応不可で保証債務を履行できなくなります。

国際ファクタリングの費用は輸出企業が負担

基本的に国際ファクタリングの利用は輸出企業の売掛債権をカバーするのが目的です。その結果発生する費用(信用調査費、保証料、雑費等)はすべて輸出企業の負担となります。また国内の一括買取りファクタリングに比べて国際ファクタリングは、手続きが複雑で時間も手間も掛かるので手数料が高くなるのもネックです。

国際ファクタリングの利用について事前に輸入企業の承諾が必要

国際ファクタリングを利用する場合、輸出企業は取引相手の輸入企業に対し事前に国際ファクタリングを利用することを告知して了解を得ておく必要があります。承諾を得ることで取引がスムーズに進みます。逆に承諾がなければ国際ファクタリングは利用することはできません。

売掛債権に関し比較的大口取引しか利用できない

業者が国際ファクタリングを利用する場合、効率面からも国内ファクタリングの利用と比べて取引金額が大きくなる傾向があります。そのため1回当たりの取引量の少ない中小企業では国際ファクタリングは利用しにくく、利用企業はどうしても取引規模の大きい企業に限定されます。

保証期間が比較的短い、通常180日以内

国際ファクタリングでは、国内ファクタリング会社が輸出企業に対し保証できる期間は通常180日以内となっています。輸出入が伴う貿易取引では商品の受け渡しに船便を利用することが多く、その分取引期間が長期化します。

またその間に様々なアクシデントも発生する恐れもあり、対応や回復に時間が掛かれば掛かるほど保証期間が短くなるリスクもあります。当該企業はそのようなリスクも織り込んで、保証期間内に全ての取引が終わるよう、計画的に取引のプロセスをできるだけ前倒しして進めねばなりません。

 

国際ファクタリングの活用に向いたケースとは ?

最期に企業がどのような時、国際ファクタリングを利用したらいいか、典型的な事例をいくつかピックアップします。

輸入企業が信用状(L/C)の開設に応じてくれない場合

輸出企業が輸入企業に対し信用状(L/C)の開設を依頼しても応じてくれない場合があります。応じてくれない理由は様々ですが、信用状を利用できなければ取引できないので、代わりに国際ファクタリングを提案して輸入企業に応じてもらうのも一計です。

また輸入企業が信用状(L/C)の発行を銀行に依頼しても審査に通らない場合も同じです。審査は国際ファクタリングの場合が信用状の開設審査より緩いので、信用状を銀行に発行してもらえない輸入企業でも国際ファクタリングなら利用できる場合があります。

売掛債権の額が大口の場合

もし輸出企業の貿易取引の額が少額の場合、海外の輸入企業に対し後での送金を条件にして商品を先に輸出することもできます。

しかし貿易取引の額が大口の場合、もし商品を輸出後、輸入企業が支払いを拒否するとか、支払せず商品を持ち逃げされた場合、代金回収ができず資金繰りリスクに遭遇します。そのような場合のリスクヘッジとして国際ファクタリングを利用すれば、ファクタリング会社により支払は100% 保証してくれているので安心して取引することができます。

輸出企業が輸入企業の信用調査をファクタリング会社に委託したい場合

輸出企業が国際的にも有名な大企業だった場合、海外の輸入企業の信用調査を自前ですることは不可能ではありません。現地に法人子会社を持っていることが多いからです。しかし貿易取引している企業がすべてこのような大きな会社とは限りません。そのため、輸出企業が海外の輸入企業の信用調査をしたい場合、ファクタリング会社に委託することでそのデメリットをカバーできます。

このように国際ファクタリングを利用すれば色々な状況に臨機応変に対応できます。

 

まとめ

国際ファクタリングについて、その仕組みや流れ、利用上のメリット・デメリットを中心に詳しく解説してきました。

国際ファクタリングは規模の大きい輸出入業者中心で一般的な規模の中小企業が使えるような方法ではないかもしれません。しかしこれからの利用具合によっては一般化して、中小企業でも使えるシステムに変化していく可能性は十分あります。

この記事が国際ファクタリングに関心ある事業者の理解に役立つことを願います。

 

「自分の場合は資金調達できるのか…」という方はまず資金調達プロでチェック

資金調達プロでは「カンタン無料診断」という無料のサービスがあり、数個の項目を入力するだけですぐに資金調達を受けることができるのか知ることが可能です。
まずは自分が資金調達可能かを知りたいという場合はぜひ活用したいサービスです。

中小企業経営者の私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事