【中小企業編】今すぐお金が欲しいを解決する資金調達サービス

大手企業とは異なり、中小企業は資金繰りに窮してしまうことが多いです。しかし、銀行なども信用が不足し、担保やしっかりとした利益を出せている中小企業でなければ融資を行ってくれません。

そんな悩みを解決してくれるのが、資金調達方法『ファクタリング』です。ファクタリングは非常に優れた資金調達方法であり、ここ数年で一気に認知を高めてきました。

また、中小企業が資金を調達する手段はファクタリング以外にも、『日本政策金融公庫』や『日本保証協会の保証付き融資』『銀行のプロパー融資』『ビジネスローン』『消費者金融』『クラウドファンディング』など、非常に多くの種類がありますが、その特徴はそれぞれ異なってきます。

より効率的に現金を手にするためにも、自分が求める条件に適した手段を用いて資金を調達したいところです。そこでこの記事では、それらの資金調達方法の特徴を解説し、ファクタリングと徹底比較していきます。

・そもそも、ファクタリングとは?

『ファクタリング』とは、売掛債権をファクタリング業者に売却(譲渡)し、現金を得る資金調達方法です。あくまで売掛債権の売買による資金の調達となるため、融資(借入)とは全く異なり、負債にならずに現金を手に入れることができます。

また、「利用企業」と「ファクタリング業者」の2社間でファクタリング契約を締結する『2社間ファクタリング』と、「利用企業」と「ファクタリング業者」、「売掛先」の3社間でファクタリング契約を締結する『3社間ファクタリング』の異なる取引システムがあり、利用企業はどちらかを選択することが可能となっています。

・ファクタリングのメリット

ファクタリングは、最短ならば即日、遅くとも数日程度で資金を調達することが可能です。機動的に資金を調達できる点は、ファクタリングの大きなメリットだといえるでしょう。また、その他にも「担保や保証人がなくても利用できる」「赤字経営でも資金調達が可能」「売掛債権の未回収リスクを防ぐことができる」などいった、複数のメリットがあります。

・そのほかの資金調達方法とファクタリングを徹底比較

ここでは、主に中小企業向けの様々な資金調達方法とファクタリングを徹底比較していきます。

【そのほかの資金調達方法とファクタリングを徹底比較】

①日本政策金融公庫

『日本政策金融公庫』とは、国が100%出資をする金融機関であり、会社経営者や個人事業主の方などの資金サポートを行うことを目的とし、設立されました。

○日本政策金融公庫のメリット

日本政策金融公庫の最大のメリットは、その金利の低さにあります。たとえば、日本政策金融公庫で100万円を借りた場合、「年約2.0%」の利息(※ 事業者によって利息は異なる)が発生してきます。

これは、消費者金融は当然のことながら、銀行と比較したとしてもかなりの低金利です。また、銀行よりも審査に通過しやすいというメリットもあります。

○ファクタリングとの比較

非常に低金利で融資を受けることができる日本政策金融公庫ですが、その融資を受けるためには審査に通過しなくてはいけません。勿論、銀行と比較すると、日本政策金融公庫の方が融資は受けやすいです。

それでも、経営計画が甘かったり、自己資金率が低かったりすれば、審査に落ちてしまう可能性は十分にあります。その点、ファクタリングは審査が緩く、売掛債権さえあればほとんどの方が資金を調達することができます。

また、日本政策金融公庫は審査結果がでるまでに、おおよそ「3週間から1ヶ月程度」かかってしまうため、機動的な資金の調達は望めません。

しかし、ファクタリングならば、最短で即日、遅くとも数日程度で資金を調達することが可能です。両方を比較した場合、資金を調達できる確実性やそのスピードは、圧倒的にファクタリングが上回っていると考えられます。

②信用保証協会の保証付融資

『信用保証協会』とは、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。

信用保証協会の保証を得ることができれば、万が一貸し付け後その企業が倒産してしまったとしても、その損害は信用保証協会が保証してくれるようになるため、結果、銀行などから融資を受けやすくなります。

○信用保証協会の保証付き融資のメリット

信用保証協会の保証を受けるためには、信用保証協会の審査に受かる必要がありますが、基本的にその審査は甘めです。また、適用される金利も低めであるため、融資を受けたあとの負担も少なめとなっています。

○ファクタリングとの比較

仮に、信用保証協会の保証を受けることができたとしても、すぐに融資が下りるわけではありません。お金を貸すのはあくまでも銀行なので、信用保証協会からお金を借りるためには、銀行の審査も受ける必要があるのです。

大まかな流れとしましては、信用保証協会の審査に「3日~1週間程度」、銀行の審査に「1週間~1ヶ月程度」とかかることとなります。

よって、当然ですが、ファクタリングのようにすぐに資金を調達できるわけではありません。

「すぐにでも現金が必要!」という方は、機動的な資金調達が可能なファクタリングのほうが向いているでしょう。

③銀行のプロパー融資

銀行から融資を受ける場合、『信用保証協会の保証付き融資』と『プロパー融資』があります。プロパー融資とは、銀行が独自で貸し倒れリスクを取る融資方法であり、銀行としても非常にリスクが高いことから、基本的に審査がきびしめとなる資金調達方法となっています。

○プロパー融資のメリット

プロパー融資は審査がきびしめというデメリットがありますが、その反面「融資限度額が高い」というメリットがあります。利益を通年でしっかり出せていて(かつ、期をまたいで連続で利益を出せている)「多額の資金を必要としている」というような企業には向いている資金調達方法でしょう。

○ファクタリングとの比較

プロパー融資は、多額の融資を受けることも可能です。しかし、そもそも融資を受けれる企業は結果を出している、又は将来性がある一部の企業に限られます。

それよりも中小企業は、もっと小規模で確実な資金の調達を求めているケースが多いです。

信用が十分にある大企業ならまだしも、中小企業にとっては審査が緩く、資金が調達しやすいファクタリングの方が活用しやすいでしょう。

④ビジネスローン

銀行やノンバンクは、プロパー融資などよりも審査が通過しやすい『ビジネスローン』を販売しています。通常カードローンというのは、プライベート資金は使途自由で利用できますが、事業性資金への利用は禁じられています。

しかし、ビジネスローンならば、事業性資金への利用も可能です。

また、融資を受ける際には金利がかかってくるのですが、ビジネスローンは、プロパー融資や保証協会の保証付き融資よりも金利は高めに設定されています。

○ビジネスローンのメリット

ビジネスローンは、前述の通り審査に通過しやすく、融資を受けやすくなっています。また、金融機関によっては、即日で融資が下りることもあります。

○ファクタリングとの比較

審査が緩く融資を受けやすい、また即日融資も可能といった点は、ファクタリングと似ています。ただし、プロパー融資や保証協会の保証付き融資よりも金利は高めに設定されているため、コスト面で優れているとはいえません。

ファクタリングを利用する場合、通常、初回利用時が最も手数料が高く、その後は取引を重ねることで手数料も安くなっていくというケースが多くなっています。

その点を考慮した場合、資金調達のために継続して利用していくことを想定すれば、最初からファクタリングを活用した方が、後々に資金調達コストの面で有利となっていくことが予想されます。

また、ビジネスローンは多額の借入を受けることは難しいですが、ファクタリングならば、売掛債権さえあれば、それに応じた資金の調達を行うことが可能です。

④消費者金融

『消費者金融』は、一般の個人に対して小口融資を行う業者です。

銀行などのカードローンは事業性があるものに利用することは不可能となっていますが、消費者金融ならば事業性があるものに利用することも問題ありません。

○消費者金融のメリット

消費者金融は、審査が緩く、即日での融資を受けることも可能です。機動的な融資を求める方には、適している資金調達方法です。

○ファクタリングとの比較

機動的な資金調達を望めるという点では、ファクタリングと消費者金融は共通しています。しかし、消費者金融は、上限18%もの金利がかかってくるため、長期的に見てみるとコストが非常に高くなります。

仮に、3社間ファクタリングを利用したと仮定した場合、その手数料相場は「2~9%程度」であり、入金時に差し引かれるため、資金調達後の負担もありません。

どちらとも機動的な資金の調達ができますが、コストという面ではファクタリングの方が優れているように感じます。

○クラウドファンディング

『クラウドファンディング』とは、インターネットを利用し、アイデアをプレゼンし資金の提供を公募、期日までに目標金額に達すれば資金を調達することが可能となります。

昨今では、中小企業がクラウドファンディングで新たな事業や開発を実施した事例も数多くあるため、十分に実績を出している資金調達方法であるといえます。

○クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングのメリットは、比較的に誰でも簡単に資金調達を呼びかけられる点にあります。また、顧客のニーズが見えやすくなるので、マーケティングを同時に行うことも可能です。

○ファクタリングとの比較

そもそもクラウドファンディングは、期日までに目標金額に達しなければ1円も資金の調達はできません。よって、投資家から賛同を得られるアイデアをプレゼンできなければ、資金を調達することは不可能なのです。

また、一般人から集金する形になるため、時間がかかってしまうというデメリットもあります。

その点、ファクタリングならば、売掛債権さえあれば現金を手にできる可能性は非常に高く、機動的な資金調達も可能となっています。よって、素早く、そしてより確実に資金を調達したいならば、ファクタリングの方がおすすめです。

・ファクタリングは業者を比較して決定しよう!

ここまでは、数ある資金調達方法とファクタリングの違いを徹底比較してきました。

どの資金調達方法も一長一短ではありますが、その中でもファクタリングは、特に中小企業にとって活用しやすいものであることがわかります。

ただし、ファクタリング業界には沢山のファクタリング業者があり、それぞれで手数料率などの特徴が大きく異なってきます。

そのため、できるだけ優良業者を利用するためにも以下のサイトで各業者を徹底比較したのちに、利用することを検討していただきたいところです。

即日OKのファクタリングサービス一覧

資金繰りの悪化は、企業にとっての悩みの種です。最悪の場合、倒産の引き金にもなりかねませんので、ファクタリングを活用し、できるだけ早く改善していきましょう。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事