日本中小企業金融サポート機構の特徴や評判をまとめました

ファクタリングを行う場合ほとんどのケースで、利用するファクタリング会社へ赴き、面談を行う必要があります。

勿論、ファクタリング契約の締結においては信用が非常に重要となるため、直接面談を行う必要性は理解できます。

しかし、利用者の心境としましては、交通費などがかかり、時間も費用も無駄となる面談は、「できるだけ簡略化してほしい」と考えるのが通常でしょう。

そこで、おすすめとなるのが『日本中小企業金融サポート機構』となります。
日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは、郵送で全ての手続きが完結するため、申込みから交渉、契約に至るまで、何度もファクタリング会社に足を運ぶ必要もないのです。

この記事では、そんな日本中小企業金融サポート機構の特徴やメリット・デメリット、口コミの内容などの情報を徹底解説していきます。

日本中小企業金融サポート機構とは?

『日本中小企業金融サポート機構』とは、2017年に設立されたファクタリング会社であり、「資金調達」や「事業再生」などの業務を行い、中小企業をサポートしています。

また、会社名からすると、一見公的機関のように感じるかもしれませんが、実際は「一般社団法人」という法人格の会社です。

一般社団法人と通常の株式会社には、設立者の人数や出資金、設立費用などの異なる点がありますが、最も大きな違いは「一般社団法人=非営利団体」という点にあります。

勿論、非営利団体といってもボランティアというわけではなく、あくまで利益を求める会社であることは変わりません。

しかし、一般社団法人は「剰余金の利益分配」ができないため、通常の株式会社のように多額の利益を残したとしても、それらを構成員または株主で分配することは不可能となっています。

よって、「とにかく利益を上げる!」という通常のファクタリング会社よりも、剰余金の利益分配ができない一般社団法人である日本中小企業金融サポート機構のほうが、低い手数料に期待が持てるのです。

日本中小企業金融サポート機構の特徴

郵送ファクタリング

日本中小企業金融サポート機構の最大の特徴は、この『郵送ファクタリング』を採用している点にあります。

郵送ファクタリングとは、前述の通り、郵送手続きだけでファクタリングが完結する日本中小企業金融サポート機構独自のサービスであり、利用者にとって以下のような沢山のメリットがあります。

交通費を節約できる

申し込みや面談などを行うために、そのファクタリング会社へ赴くための交通費は、時に数万単位となるケースもあります。

ただでもファクタリングには「手数料」というコストが発生するのに、さらに交通費を支払うのは、資金を調達するにあたって大変非効率です。

その点、郵送ファクタリングならば、郵送費用の500円だけでファクタリングを行うことができるので、大幅にコスト(交通費)を削減することが可能となります。

面談が苦手な方でも安心して利用することができる

ファクタリングを利用する方の中には、「直接の面談が苦手」という方もいらっしゃいます。

確かに、時には接客対応の悪いファクタリング会社もありますし、あれこれ質問されるのも気分がいいものではありません。

郵送ファクタリングならば、面談をせずともファクタリングが完結するため、対人での面談が苦手な方でも安心して利用することが可能となっています。

資金調達スピードに特化している

面談などを省いた郵送ファクタリングは、正に資金調達スピードに特化したファクタリングであるといえます。

即日での資金調達は勿論のこと、最短30分でのファクタリングも可能な日本中小企業金融サポート機構ならば、機動的な資金調達が望めます。

全国どこからでもファクタリングを利用できる

郵送ファクタリングは、審査などに必要な書類は全て郵送でやり取りします。よって、全国どこの企業でも、ファクタリングを利用することが可能なのです。

特に、地方事業者などにとって、日本中小企業金融サポート機構の郵送ファクタリングは非常に助かるシステムです。

買取ができる売掛債権

日本中小企業金融サポート機構が買取を行っている売掛債権は、「取引相手が法人の場合のみ」と限られています。

ただし、買取できる業種については特に制限を設けていないため、「どの業種の売掛債権であっても対応してもらえる」というのは利用者にとって嬉しいメリットです。

アクセス良好な本社の立地条件

日本中小企業金融サポート機構の本社は東京都港区にあり、都営大江戸線「大門駅」から徒歩約4分で到着することができます。

また、アクセスが非常に良好であるため、首都圏に所在している企業であるならば、郵送ファクタリングよりも直接来店した方が資金を素早く調達できる可能性があります。

自社の所在地や、求める資金調達スピードによって、郵送ファクタリングを利用するかは決定しましょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を採用

日本中小企業金融サポート機構では、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の両方を採用しています。

よって、売掛先へファクタリングの利用がバレたくない場合は2社間ファクタリングを、手数料をできるだけ抑えたい場合は3社間ファクタリングを、というように、柔軟に選択することが可能となっています。

10秒でできる無料査定フォーム

ファクタリングを利用する場合、特にはじめての場合は、ファクタリングにかかる手数料がどのくらいになるか、中々想像がつかないものです。
また、かかってくる手数料が把握できなければ、中々申し込みも行いにくいでしょう。

日本中小企業金融サポート機構の場合、10秒でできる無料査定フォームを設けているため、「買い取り希望金額」や「翌月売掛金額」「売掛先の会社が上場か非上場か」などといった情報を入力するだけで、どの程度の手数料がかかってくるのかを確認することが可能となっています。

ファクタリングを利用するか悩んでいる方は、まずは無料査定フォームを活用し、手数料の見積もりを行ってみましょう。

日本中小企業金融サポート機構の口コミ

日本中小企業金融サポート機構のサービスに対する口コミを見てみると、その多くが「郵送でのファクタリングは、大変便利で利用しやすかった」といった内容でした。

やはり、日本中小企業金融サポート機構の郵送ファクタリングの需要は非常に高そうです。

また、その他にも「個人事業主でも対応してくれたので、頼りになった」「他の業者と比較したら手数料が低かったため、大変満足できた」「怪しい業者が多い中、一般社団法人ということで安心して利用することができた」などというような、非常にポジティブな書き込みが多く見られました。

日本中小企業金融サポート機構は口コミから推察する限り、郵送ファクタリングを含め、総じてサービス力の高いファクタリング会社であるように感じました。

まとめ

日本中小企業金融サポートは、ファクタリング会社の中でも珍しい「非営利」という運営形態をとっているため、通常のファクタリング会社よりも低い手数料に期待できます。

また、日本で唯一の「郵送ファクタリング」を専門としているため、地域を選ばずどこからでも利用することが可能です。

まだまだ設立して間もない日本中小企業金融サポートですが、既に多くのメリットを備えているため、今後も多くの企業を救済してくれることに期待したいところです。

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事