売掛金の回収を早める方法「ファクタリング」とは?3つのメリットも解説

売掛金は、入金まで時間がかかることが多いというネックがあります。

個人と商店の売買などは、「売ります」「買います」と同時に品物とお金を交換することが少なくないはずです。しかし、取引によって発生する売掛金債権は、個人と商店の売買と異なり、時間を置いて支払いが行われることが多くなっています。売掛金の支払いが行われるまでの期間、資金繰りに頭を悩ませる個人事業主や中小企業経営者も少なくないことでしょう。

売掛金の回収を早める代表的な方法が「ファクタリング」です。ファクタリングで売掛金の回収を早める方法とメリットについて解説します。

売掛金の回収対策は中小企業や個人事業主の死活問題である

売掛金の回収対策は、中小企業や個人事業主にとって死活問題になります。なぜなら、売掛金債権があっても、実際に支払いがなければ意味がないからです。

売掛金の支払いがあってはじめて利益が出ます。売上金の債権ばかりがあっても、支払いがなければ会社の維持経営が難しくなることでしょう。中小企業や個人事業主は売掛金を回収し、その売掛金を資金繰りに利用するからです。売掛金を早期に回収したい。売掛金の資金化は早いほど有り難い。これが中小企業や個人事業主の本音ではないでしょうか。

しかし、売掛金は取引や仕事の完成から遅れて支払われることが多いというジレンマがあります。中小企業の経営者や個人事業主は、このジレンマと戦い続けることになるのです。

売掛金の早期回収は従来の債権回収方法では難しい

売掛金を早期に回収することは、よく使われている債権回収方法では難しいという現実があります。メールや電話での督促や、裁判所で手続きする支払督促、少額訴訟。債権回収方法の多くは、「売掛金の回収を早める方法」ではなく、「支払いが遅れている売掛金を回収する方法」だからです。

1月10日が売掛金の支払日だったら、取引先には1月10日まで支払わなくてよいという利益があります。1月10日前に売掛金を早期に回収したくても、債権回収方法を使うことが難しいのです。

電話やメールなどによる催促も売掛金の回収を早める方法です。しかし、1月10日期限売掛金に対して期日前にメールや電話などで催促してしまうと、取引先の心証は悪化する可能性が高くなります。自分が逆の立場だったら「期限前なのに」「こちらにも資金繰りの都合がある」と思うのではないでしょうか。

交渉によって売掛金の回収を早めることも難しい

売掛金の回収を早める方法としては、取引先への「交渉」も考えられます。しかし、交渉によって売掛金の回収を早めることも、難しい方法です。なぜなら、取引先に「言いにくい」から。

取引先に対して「売掛金を早めに払って欲しい」と伝えるところが交渉のスタートです。おそらく、多くの中小企業経営者や個人事業主は、この一言すら伝えにくいのではないでしょうか。言いにくさを振り払って伝えたとしても、取引先が売掛金を期日より早く払ってくれるとは限りません。

売掛金が毎月特定の期日に支払われる契約をしているケースでは、その支払期日をもっと早い日付に変更してもらうように交渉することも考えられます。しかし、取引において支払期日を変えることは、容易ではありません。取引先に早く売掛金を払ってもらいたくても、取引相手には取引相手の事情があるからです。

交渉の進め方次第では、取引先に悪感情を抱かれ、今後の取引にも影響が出てしまうことでしょう。「なぜ売掛金を早く回収したいのか」という疑問から、倒産や経営危機などを疑われる可能性もあります。

交渉しても、売掛金を早く払ってもらえるという確証はありません。このように、交渉も、お互いの事情や心情の問題から、売掛金の回収を早める方法として使うことが難しいのです。

売掛金の回収を早める有効な方法はファクタリングである

売掛金の回収を早めるためには、「ファクタリング」という方法が有効です。ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金債権を譲ることによって資金調達する方法になります。

ファクタリングの手法は「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2つです。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社と債権を売買します。債権は法律上、売買が認められているのです。債権を売ることによって、売却金を受け取るのが2社間ファクタリングになります。債権を譲り渡すという点で、借金ではありません。

3社間ファクタリングでは、債権譲渡が基本です。たとえば売掛金債権があったとします。この売掛金を取引先の承諾を得てファクタリング会社へと債権譲渡するのです。債権譲渡も、法律で認められた方法になります。3社間ファクタリングも、債権譲渡なので借金とは異なるのです。

売掛金を早く回収したいときは、ファクタリングを使って売掛金をファクタリング会社に譲り渡すことによって、売掛金の回収を早めることができます。

ファクタリングの基本については、別の記事で解説しています。合わせてご覧ください。

ファクタリングを利用すれば、売掛金の支払期日を待つ必要はありません。スピーディに現金を回収することができるのです。

この他にも売掛金の回収を早める方法としてファクタリングを使うことにはメリットがあります。

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

ファクタリングを使って売掛金の回収を早める3つのメリット

売掛金を早期回収できる以外に、個人事業主や中小企業の経営者がファクタリングを利用することには3つのメリットがあります。

1.事業の成長に役立つメリット
2.バランスシートのメリット
3.事業主の精神上のメリット

事業の成長に役立つメリット

売掛金は仕事完成・納品が終わってからはじめて支払いが行われます。

契約によっては、支払いが2、3カ月後ということも珍しくありません。売掛金の支払いを受ける側である個人事業主や中小企業の経営者は、売掛金が入るまでの間に事業成長のチャンスがあっても、資金的な事情から諦めざるを得ない可能性があるのです。

売掛金の回収をファクタリングで早めることができれば、「売掛金が入らないから事業成長のための資金がない」という状況を改善でき、チャンスを掴むことにも繋がります。

バランスシートのメリット

貸借対照表には「売掛金」という項目があります。売掛金が回収しないまま貯めると、この項目が大きくなってしまうはずです。

貸借対照表を見る側の人は「売掛金の回収が進んでいないのか」と感じます。売掛金の回収ができていないということは、取引はあっても現金が懐になかなか入ってこないという状況です。取引のある金融機関などは、回収が健全に進んでいない可能性を想像するかもしれません。

売掛金をファクタリングで資金化することにより、バランスシートの売掛金の項目を改善できるというメリットがあります。

事業主の精神上のメリット

ファクタリングを使う大きなメリットが、事業主の精神的な安定や安心です。

後払いで入ってくる売掛金は、支払期日まで長ければ長いほど、個人事業主や中小企業の経営者の不安の種になります。支払期日まで取引先の経営状況が悪化しないとも限りません。踏み倒されるリスクもゼロではないはずです。売掛金の額が大きければ、不安はさらに大きくなることでしょう。

ファクタリングを利用すれば、売掛金の回収を早めると同時に、「売掛金はきちんと支払われるか」という不安からも解放されるのです。

最後に

売掛金の回収を早める方法としては、ファクタリングが有効です。売掛金は支払いまで長いことが多いという特徴があるので、売掛金の入金まで経営や資金繰りなどに悩まされることになります。売掛金が本当に入金されるかという不安もあることでしょう。

ファクタリングを使えば売掛金債権を譲り渡して資金を早期回収できるため、精神的な不安から解放されます。資金もスピーディに手に入るので、事業にも役立つことでしょう。個人事業主や中小企業の経営者が特に利用を検討したい方法がファクタリングなのです。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事