キャッシング 利用可能枠(限度額)はどう決まる?

キャッシングは、利用可能枠(限度額)の範囲内で自由に利用できるのが魅力です。

このため、「限度額はどのように決まるのか?」、「金額はいくらくらいが相場か?」、という疑問がある人も多いかと思います。

そこでこの記事では、キャッシングの利用枠の決まり方や相場について解説してみました。

この記事をお読みいただければ、キャッシングの限度額がどう決定されるのかがわかり、どのくらいの金額が適応になるかまで知ることができますので、ぜひ参考にしてください。

キャッシングの利用可能枠(限度額)は返済能力によって決まる!

キャッシングの利用可能枠は、申込者の返済能力によって決まります。

審査で返済能力を判断され、その範囲内に決定されるのが基本です。

よって、返済能力が高い人ほど限度額は大きくなり、その逆ですと限度額は小さくなります。

ただし、返済能力は人によってことなるため、実際に申し込みしてみるまで、利用可能枠はいくらになるかわかりません。

最大限度額と利用可能枠は違うと知っておこう

キャッシングの最大限度額と利用可能枠は違うと知っておきましょう。

キャッシング業者の公式サイトには最大800万円などと、限度額が表記されていますが、これはあくまで最大限度額にしかすぎません。

「最大でこの金額まで借入できます」というものでしかないため、実際に適応になる利用可能枠とはことなりますので、気をつけてください。

キャッシング会社に返済能力が高いと判断してもらいやすいのはこんな人

先にお伝えしたように、キャッシングの利用可能枠は、申込者の返済能力によって決定するため、返済できる力が高いほど高額になりやすいです。

そして、キャッシング会社に返済能力が高いと判断してもらいやすいのは以下のような人です。

  • 年収が高い
  • 安定性のある職業についている
  • 勤続年数が長い
  • 他社の借入額と件数が少ない
  • 信用情報が優秀

年収が高い

年収が高いほど返済能力の面では有利です。

理由は、年収があるほど返済に使えるお金が増える可能性が高いためになります。

安定性のある職業についている

安定性のある職業についているほど、返済能力を高く見てもらえます。

キャッシングの審査でもっとも重視されるのは、「毎月継続して収入があるのか?」という部分です。

なぜなら、キャッシングは毎月返済していくことを想定した商品であるため、それが可能なだけの収入が毎月あることが必須になってくるからです。

このため、職業の安定性が非常に大事になってくるんですね。

安定性があると判断してもらいやすい職業は、公務員が一番評価が高く、一般的に以下のようになっています。

公務員 > 上場企業の正社員 > 一般のサラリーマン > 契約社員 > 自営業 > パート・アルバイト

基本的にリストラや倒産、簡単に辞めてしまう可能性がない職業ほど、返済能力が高いと判断してもらいやすいです。

その他には、医師や弁護士などの国家資格が必要な職業なども、返済能力の面では有利になりやすいです。

勤続年数が長い

勤続年数が長い人ほど、返済能力の判断にプラスとなります。

おなじ会社に長く留まる人ほど、離職や転職によって収入が減るなどのリスクが低いため、キャッシング会社に返済能力があると判断してもらいやすいからです。

他社の借入額と件数が少ない

他社の借入額と件数が少ないという点も重要です。

これらが少ない人ほど、毎月の返済負担は少なくなりますので、返済に使えるお金に余裕がある傾向が強くなります。

そのため、返済能力の面でもプラスとなり、より大きな限度額を設定してもらいやすいのです。

 

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選
安心優良キャッシング会社10選!

 

信用情報が優秀

返済能力を高く見てもらうには、「信用情報」が優秀であることも大事です。

キャッシングの審査には「信用情報機関」への照会がありますので、あなたの信用情報を確認されます。

■信用情報機関と信用情報とは

信用情報機関は「CIC」、「JICC」、「JBA」の3つの機関を指し、これらにはクレジットカードやローンなどの利用記録が一定期間保存されます。そうした記録を信用情報と呼びます。

このため、「過去の返済記録」や「事故情報の有無」などを調査されます。

そうしたことから、以下のような点に問題がなく、信用情報がキレイであるほど、返済能力が高いと判断してもらいやすいです。

  • クレカやローンなどの返済期日を守っているか?
  • 過去に事故情報を起こしていないか?
  • 短期間に複数社に申し込みしていないか?
  • 無計画なお金の借り方をしていないか?

以上が、キャッシング会社に返済能力が高いと判断してもらいやすい人の特徴になります。

ここまでお伝えしてきたように、キャッシングの限度額は申込者の返済能力によって決まるため、いくらになるかは実際に申し込みしてみないとわかりません。

ただし、限度額の相場はある程度の予想がつくため、その点を次章でお伝えしていきます。

キャッシングの利用可能枠(限度額)の相場は30万円~50万円

キャッシングの利用可能枠の相場は30万円~50万円となっています。

これは消費者金融や銀行カードローンでも変わりありません。

実際に口コミサイトなどを確認しても、多くの人がこの金額に設定されているため、新規契約時は30万円~50万円程度になると思っておくのがおすすめです。

なお、「クレジットカードのキャッシング枠」や「学生ローン」の場合ですと、もう少しすくなめになり、10万円~30万円が相場になるようです。

貸金業者の場合は年収の1/3まで

貸金業者の場合、利用可能枠の上限は年収の1/3までになると知っておきましょう。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

その理由は「総量規制」の対象になるからです。

総量規制とは、「貸金業者は融資希望者の年収の1/3までしかお金を貸してはいけない」という法律です。

たとえば、年収が200万円の人なら、1/3の66万円までが利用可能枠の上限です。

そのため、消費者金融や信販会社のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠では、年収の1/3までしか借入できません。

年収の1/3には他の貸金業者の借入も含む
総量規制の年収の1/3には、他の貸金業者の借入も含むので注意してください。

つまり、年収の1/3というのは、新規で借入する貸金業者だけでなく、現在利用している貸金業者の借入をカウントするということです。

たとえば、以下のような人がいるとしましょう。

  • 年収:300万円
  • 他の貸金業者の借入:60万円

この人の場合、総量規制の上限額は100万円ですが、すでに他の貸金業者の借入が60万円あるため、次のように計算します。

100万円-60万円=40万円

そのため、新たに貸金業者で借入できる金額は40万円までが上限です。

このように、総量規制の年収の1/3には、他の貸金業者の借入もカウントされますので、すでに貸金業者から借入がある際は十分気をつけてください。

まとめ

キャッシングの利用可能枠は審査で返済能力を判断され、その返済能力に適した金額が適応されます。

よって、いくらになるかは実際に審査を受けてみないことにはわかりません。

ただし、消費者金融や銀行カードローンであれば、30万円~50万円になるケースが一般的です。

そのため、最初は30万円~50万円程度になると思っておくのが無難です。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧

※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事