キャッシング 借り換えのメリットデメリットとは?

「今のキャッシング会社の金利やサービスに不満がある!」

このようなときに検討するのが「借り換え」ですよね。

そんな借り換えのメリットとデメリットを知っておくことはとても大事です。

それを知らずに利用してしまうのは、あなたが望んだ結果とはことなる状況になってしまう可能性もあり、とても危険だからです。

そこでこの記事では、キャッシングの借り換えのメリットとデメリットを丁重に解説してみました。

キャッシング借り換えのメリット

キャッシングの借り換えのメリットは以下の3つです。

•金利が下がれば総返済額がおさえられる可能性がある
•毎月の返済額が減ることがある
•借金が複数だった場合、ひとつにまとめられる

金利が下がれば総返済額がおさえられる可能性がある

借り換えして金利が下がれば、総返済額が減る可能性があります。

とくに消費者金融のような金利の高い業者で借入している場合、銀行カードローンなどの低金利な会社で借り換えできれば、そうなる可能性が高いです。

毎月の返済額が減ることがある

借り換え先によっては、毎月の返済額が減ることもあります。

毎月の返済額はキャッシング会社によってことなり、会社によってはけっこうな差があるケースもあるからです。

借金が複数だった場合、ひとつにまとめられる

複数社で借入している場合に借り換えすると、その借金がひとつにまとまります。

そのため、返済日がひとつなるなど、管理するのがとても楽です。

キャッシング借り換えのデメリット

キャッシングの借り換えのデメリットは次の3つです。

•審査のハードルが高め
•総返済額が増えてしまうことがある
•新たな借金を誘発する恐れがある

審査のハードルが高め

借り換えの場合、審査のハードルがどうしても高めになります。

その理由は「すでに借入している状態で審査を受けるから」です。

キャッシングの審査では他社の借入状況を確認され、その金額や件数が多いほど、審査に不利となってしまいます。

他社の借入額や件数が多いほど、毎月の返済額が増えるため、返済できる余力が少なくなりやすいからです。

この点に関しては、借入理由が借り換えだからといって考慮してくれるようなことはありません。

通常どおりに審査されるため、審査のハードルが上がってしまうケースが大半です。

総返済額が増えてしまうことがある

借り換え先によっては、総返済額が増えてしまうこともあるので注意です。

そうなってしまう可能性があるのは、おもに以下の2つとなります。

•借り換え前よりも金利が上がった
•借り換え前よりも毎月の返済額が減った

金利が上がると利息が増えますので、総返済額も増えてしまう可能性が高いです。

毎月の返済額が減った場合、元金の減りが遅くなりますので、返済期間が長引き、総返済額が増えてしまうことがあります。

新たな借金を誘発する恐れがある

新たな借金を誘発する恐れがあるというデメリットもあります。

借り換えすれば、借り換え前に利用していた業者の借金はゼロになりますので、限度額が回復し、追加融資が可能です。

よって、また借入ができる状態となり、新たな借金が誘発しやすくなります。

【補足】キャッシングの借り換えについて正確に理解しておこう!

キャッシングの借り換えを利用するなら、メリット&デメリットだけでなく、借り換えがどのようなものなのかも正しく理解をしておくことが大事です。

キャッシングの借り換えとは、現在の借入先から、使いみちが自由な「カードローン」や「キャッシング」に乗り換えることを指します。

キャッシングの金利などは業者によってことなります。

そのため、より良い条件の業者で借入をして、現在の返済先の借金をそのお金で返済してしまえば、返済先は借り換えした業者だけでよくなるため、利息の軽減等ができる可能性があります。

幸いにして、ほとんどのキャッシングは使いみちが自由であるため、そうした使い方をしてもまったく問題ありません。

このように、他社のキャッシング業者に返済先を乗り換えるのが、借り換えとなります。

おまとめローンとはここが違う!

借り換えと「おまとめローン」は違うので気をつけましょう。

おまとめローンとは、一般的に「おまとめ専用ローン」のことを指します。

おまとめ専用ローンというのはその名のとおり、他社の借金をおまとめする目的でしか利用できないローンです。

よって、住宅ローンやマイカーローンなどとおなじ「目的別ローン」です。

そうしたことから、借り換はおまとめローンと以下の部分がことなります。

•限度額の範囲内で何度でも使える
•他社への返済は自分でしなくてはいけない
•借り換え目的以外でも利用可能
•貸金業者の場合、総量規制の対象になる

限度額の範囲内で何度でも使える

借り換えの場合、限度額の範囲内で何度でも使えるのが基本です。

単にキャッシングやカードローンで借入して、現在の返済先に返済するだけであるため、限度額が残っていれば、またいつでも追加融資を受けれます。

それに対して、おまとめローンは借入したらあとは返済していくのみです。

他社への返済は自分でしなくてはいけない

借り換えの場合、他社への返済は自分でしなくてはいけません。

おまとめローンの場合、他社への返済はローン提供元の会社があなた名義で振込してくれるのが基本ですが、借り換えですと返済は全部自分でする必要があります。

借り換え目的以外でも利用可能

借り換えの場合、借り換え目的以外でも利用可能です。

キャッシングやカードローンは使いみちが基本自由ですので、残った限度額は生活費用の足しや旅行費用、欲しい物の購入代金など、様々な用途で利用できます。

それに対して、おまとめローンはおまとめ目的でしか利用できません。

貸金業者の場合、総量規制の対象になる

消費者金融などの貸金業者で借り換えする場合、「総量規制」の対象になります。

総量規制とは、「貸金業者の融資は申込者の年収の1/3まで」という法律です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

貸金業者にはこの総量規制があるため、年収の1/3までしか借入ができません。

それに対して、おまとめローンは総量規制の「例外」となるため、年収の1/3以上の借入も可能という点がことなります。(ただし、借入後はその金額が年収の1/3にカウントされます)

まとめ

借り換えは利息の軽減や利便性の向上などに、大変有効な方法です。

しかし、メリットとデメリットをしっかり理解しておかないと、思わぬ失敗をしてしまうこともあります。

そのため、今回の記事を参考にして、ご自身が利用すべきか否か判断できてから、借り換えをするようにしてください。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事