債務整理でも借りれる消費者金融

借金がかさみ、返済ができなくなってしまったときに、返済額の減額や支払いの猶予を持たせることができる債務整理。債務整理中は、借入できないことがほとんどで、急な出費への対応が難しいです。ただ、消費者金融のなかには、債務整理中も借入できる業者がいくつかあります。

本記事では、債務整理中でもお金を借りられる消費者金融をご紹介します。債務整理中の借入にはリスクもあるので合わせて確認しておきましょう。

債務整理には4種類ある

債務整理には、大きく分けて4種類の方法があります。4種類の債務整理について、どのような方法か詳しくご紹介していきます。

任意整理

任意整理とは、借入先と相談し、借金の返済方法を見直す債務整理の方法です。弁護士によって、債務者の有利になるように、利息をカットしたり、長期的な返済に変更したりするなど借金の返済が楽になります。裁判を通さない債務整理なので、比較的依頼もしやすく誰でも気軽に利用可能です。

個人再生

個人再生は、一部の返済を免除され、残りの返済を分割で支払っていく債務整理です。財産を処分しなくてよい場合もあり、住宅などの財産を残したまま、大幅に借金を減額し返済の猶予を持つことができます。ただ任意整理と違って法的手段ながら、要件が厳しく自分で手続きを進める必要があるので、利用が難しい場合も多いです。

自己破産

自己破産は、生活必需品などを除いた一切の財産を換金し、返済に充てる債務整理方法です。換金額が返済額に満たなくても、残った返済を免除してもらえるので、財産を失うものの借金はゼロになります。ただし、ブラックリストに10年間載ることや官報公告されること、住居の制限などデメリットは多くあり、自己破産後の影響を考慮して選択することが大切です。

過払い金請求

貸金業者に利息を払いすぎている場合は、過払い金請求することができます。過払い金が戻ってくることで、借入先の債務がゼロになり、他の借入先の返済に充てることも可能です。

債務整理中でも借りられる消費者金融

債務整理中にお金を借りられる借入先は少ないですが、大手以外の消費者金融の一部では貸付に応じてくれる場合があります。債務整理中でも借りられる消費者金融を7社ピックアップしたので、特徴やメリットを確認していきましょう。

キャッシングのフタバ

キャッシングのフタバでは、審査が必要ですが、債務整理中でも申し込むことができます。パソコンやスマートフォンから申し込みができ、個人名での本人確認・自宅への書類送付で申し込みが完了するので、来店せずにキャッシングが利用できるようになります。昭和38年から続く老舗の貸金業者であり、安心して利用できますね。


株式会社セントラル

株式会社セントラルも歴史が長い消費者金融であるので、信頼できる貸金業者かを重視する方におすすめです。債務整理中だけでなく、ブラックリストの載っている方も審査対象になり、過去に金融事故を起こした方でも申し込めます。「お借入3問診断」で利用できるか事前にわかるので、不安な方は一度診断してみましょう。




株式会社アロー

株式会社アローが提供するフリープランは、無担保かつ使途自由なキャッシングプランで、縛りの少ないキャッシングです。審査も独自に行っているので、他社の基準で審査落ちしてしまった方も審査に通りやすいでしょう。さらに、最短45分で審査終了するので、すぐにお金が必要なときにもおすすめの消費者金融です。



ライフティ

ライフティの利用条件は、20歳~69歳となっており、返済能力などは明記されていないので、債務整理中でも申し込みできると言えます。借入希望額が少なければ、運転免許証や健康保険証などの書類で申し込めて、書類の準備にかかる時間や手間が少ないです。また申し込みはインターネットで受け付けているので、いつでもどこでも申し込みできます。


工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選
安心優良キャッシング会社10選!

中央リテール

中央リテールでは、複数のローンを一本化できるおまとめローンを提供しています。複数のローンを利用すると返済額が膨らみやすいので、おまとめローンで返済額を軽減したり、返済日の管理がしやすくなったりするなどのメリットがあります。債務整理中に借金を膨らませないために、利用したい消費者金融です。



ユニーファイナンス

ユニーファイナンスでは、最大300万円借入することができます。債務整理中に、多額のお金が必要になったときに活用したい消費者金融です。自由な返済方法も特徴で、最低金額以上であればいくらでもよく、状況に合わせて返済できます。



債務整理中にキャッシングをするリスク

債務整理中でも利用できる消費者金融があるものの、キャッシングにはリスクがあります。最悪債務整理が認められない場合もあるので、リスクを理解した上でキャッシングを利用しましょう。

債務整理が認められない場合がある

債務整理は、借金を整理し生活を立て直すための方法なので、キャッシングをした場合、借金をなくす意思がないと捉えられ、債務整理が取り消しになる危険性があります。

例えば、任意整理中であれば、交渉している金融機関から見ると、返済する意思がない人と交渉する必要はないといった悪い印象を与え、最悪任意整理が決裂し返済を一括請求されるかもしれません。バレることは少ないと言われていますが、バレたときのリスクが大きいので、リスクを考慮して我慢するのが得策でしょう。

弁護士・司法書士の契約が解消されるおそれがある

債務整理は、弁護士や司法書士に依頼して進めるのが一般的です。新たな借金が増えないようにキャッシングを禁止することも多く、もしキャッシングがバレてしまうと、返済の意思がないと判断され、契約が解消されるおそれがあります。

債務整理がストップするだけでなく、任意整理の決裂で一括請求されたり、弁護士費用が残ったりするなど、さらに窮地に追い込まれてしまいます。

闇金業者につけこまれる可能性がある

債務整理中は借入できない場合が多いので、「ブラックリストに載っていても貸付可能」「即日入金」などの売り込みをされると、つい誘いに乗ってしまいがちです。優良な消費者金融であれば良いですが、いわゆる「闇金業者」だと弱みにつけこまれ、借金地獄になるかもしれません。法外な利息や執拗な取立てなどが待っているので、どんなに困っていても業者の見極めはしっかり行いましょう。

消費者金融以外でお金を借りられる選択肢

消費者金融以外にもお金を借りられる公的な制度があります。年金担保融資と生活福祉資金貸付制度についてご紹介していきます。

年金担保融資

年金担保融資では、国民年金証書や厚生年金証書を担保に入れ、200万円まで貸付を受けられる制度です。返済は月々の年金から天引きで支払われていきます。将来の年金支給額を前借りする形になる点を理解して利用を検討しましょう。

生活福祉資金貸付制度

生活費がない、税金や公共料金を支払いできない場合に、生活費の貸付を受けることができます。金利ゼロでお金を借りられる場合もあり、返済金額が膨らみにくいです。ただし、返済能力がないと対象にならず、審査に時間がかかるので、審査によっては利用できない場合もあります。

まとめ

債務整理中でも借りられる消費者金融を6社ご紹介しました。急な出費が発生したときにキャッシングができるので、万が一の場合は活用しましょう。ただ、債務整理のキャッシングのリスクも忘れてはいけません。債務整理の取り消し、弁護士との契約打ち切り、闇金業者などのリスクがあり、状況を悪化させる可能性もあります。リスクを理解した上で、債務整理中のキャッシング利用を検討しましょう。

 


 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事