収入証明書が不要なキャッシングとは?

キャッシングを申し込む際に求められることの多い収入証明書。勤務先や税務署で発行する手間がかかるだけでなく、収入を知られるのが嫌なこともあり、できれば提出したくない書類でしょう。結論から言うと、収入証明書がなくても申し込める方法やキャッシング会社があります。

本記事では、収入証明書不要でキャッシングを申し込む方法やキャッシング会社をご紹介します。収入証明書が求められる条件も合わせて確認しましょう。

キャッシング申し込みには収入証明書を求められることが多い

キャッシングの申し込みには、給与明細書や確定申告書などの収入証明書を求められることが多いですが、それは貸金業法によって定められているからです。貸金業者は、利用者の収入や信用、返済能力などを調査する義務があります。

また貸金業法では、年収の3分の1以上はキャッシングしてはいけないという総量規制も定めています。他のキャッシングを既に利用している場合、収入がわからないと総量規制の範囲内かがわからないので、収入証明書の提出を求め、年収やキャッシング額を元に審査を行っています。

収入証明書を求められる条件

貸金業法で定められている収入調査の義務ですが、必ず収入証明書を求めるのではなく、一定の条件を満たしたときに提出が必要です。収入証明書を求められる2つの条件を説明します。

借入希望額が50万円以上の場合

銀行やネット銀行、消費者金融によって、収入証明書が必要になる借入希望額が異なります。消費者金融の多くが、借入希望額50万円以上から収入証明書を求める傾向があるので、借入希望額50万円が基準となります。

他社と合わせて借入希望額が100万円以上の場合

借入希望額が50万円以下でも、他社のキャッシングと合わせて100万円以上の借入になる場合は、収入証明書の提出が必要になります。ただし、キャッシング会社によっては銀行カードローンやクレジットカード、その他ローンを含まない場合があるので、WEBの申し込みフォームやお問い合わせで取り扱いを確認しましょう。

収入証明書不要でキャッシングを申し込む方法

収入証明書不要でキャッシングを申し込むには、前述した2つの条件に注意して申し込む必要があります。その場合、なぜ収入証明書が不要になるかと合わせて、方法をご紹介していきます。

借入希望額を低く申し込む

借入希望額が50万円以上になると、収入証明書が必要なので借入希望額を50万円以下におさえましょう。キャッシング会社としては、少額の貸付であるほど、返済されなかったときの損害が少ないので、申し込みの手間を減らしてスムーズに審査するために、収入証明書不要で審査を行っています。

借入合計を100万円以下に抑える

既に他のキャッシングやカードローンを利用している場合は、借入合計が100万円以上にならないように希望額をおさえることが大切です。例え借入希望額が5万円でも合計が100万円を超えると収入証明書を求められるので、あらかじめ借入合計を把握しておきましょう。

収入証明書を求められないもうひとつの理由として、個人情報で収入がある程度わかるという理由があります。これまでの審査実績と個人情報を照らし合わせて、年収や返済能力を見極めて審査するので、多額の借入希望額でない場合は収入証明書が必要ありません。

収入証明書不要で申し込めるキャッシング会社

数多くあるキャッシング会社のなかでも、収入証明書不要で申し込めるキャッシング会社をピックアップしました。収入証明書が不要になる条件とともに、特徴やメリットも合わせて見ていきましょう。

プロミス

プロミスでは、借入希望額が50万円以下、他社と合わせて借入合計が100万円以下の場合、収入証明書不要で申し込みすることができます。24時間できるWeb申し込み・契約を利用すれば、いつでもどこでも申し込み可能です。

プロミスの特徴的なサービスは「瞬フリ」という振込キャッシングサービスです。振込先口座の登録、瞬フリの申し込み手続きを済ませれば、最短10秒という早さでお金が振り込まれます。すぐにでもキャッシングをしたい方にとって、Web契約と瞬フリでスピーディに借りられるので、プロミスがおすすめです。

またプロミスをはじめて利用する方は、30日間利息が0円です。できるだけ返済を抑えたい方にも、プロミスが適しています。

アコム

アコムについても、プロミスと同じく、利用限度額50万円以下・借入合計100万円以下で収入証明書が不要になります。アコムはスピーディな審査が特徴で、審査回答まで最短30分、即日振込も実現してくれます。借入可能かを3秒で診断する「3秒診断」サービスもあり、急ぎでお金が必要な方や審査に通るか心配な方におすすめのカードローンです。

またアコムのカードには、クレジットカード機能が付帯しています。キャッシングはもちろん、店舗やネットショッピングでも利用できるので、1枚のカードでキャッシングとショッピングをしたいという方にうれしい機能です。

アイフル

キャッシングの審査では、勤務先への電話による在籍確認が行われる場合が多いですが、アイフルは電話確認以外で在籍確認ができます。電話の代わりに、会社名が入った健康保険証・直近1ヶ月の給与明細書が必要になり、これらがない場合は雇用契約書や直近の源泉徴収票、社員証で代用できます。会社にキャッシング申し込みを知られたくないという方は、アイフルのキャッシングがおすすめです。

アイフルは、申し込みや契約、取引が簡単なことも特徴と言えます。利用限度額50万円以下・借入合計100万円以下で収入証明書が不要になり、WEBで申し込み・契約を完結可能です。取引はアプリを使ってセブン銀行ATMなど提携ATMでできるので、お金が必要なときに借り入れしやすくなっています。

レイクALSA

レイクALSAは、他のキャッシング会社よりもはじめて利用するときの無利息期間が長く設定されています。Web申し込みで60日間無利息、5万円までの少額契約で180日間無利息を選べるので、できるだけ利息を少なくして返済を減らしたい方に適したキャッシングサービスです。

またレイクALSAの審査スピードも見逃せません。利用限度額50万円以下・借入合計100万円以下の申し込みに対して収入証明書が必要なく、申し込み後最短15秒で審査結果がでます。21時までに契約手続きが済めば、当日中にキャッシングできるので、急な出費への対応力も抜群です。

SMBCモビット

SMBCモビットでは、収入証明書が必要になる条件が明記されていませんが、他のキャッシング会社と同じく、借入希望額50万円以下・借入合計100万円以下におさえれば、収入証明書がなくても申し込むことができます。

サービスの特徴としては、10秒簡易審査が挙げられます。他社の診断サービスと違い、入力する項目が多いものの、本番の審査に近い審査結果がわかるので、事前に審査に通るか知りたい方におすすめの機能です。WEB完結申し込みを利用すれば、電話連絡も必要なく、来店・電話せずにパソコンやスマホから簡単に申し込めますよ。

まとめ

収入証明書不要でキャッシングを申し込むには、借入希望額が50万円以下に、他社のキャッシングと合わせて借入合計を100万円以下におさえることが必要です。あらかじめ借入している額を把握し、申し込み時の借入希望額を記入しましょう。収入証明書不要で申し込めるキャッシング会社も参考にして、キャッシングを申し込んでみてくださいね。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事