ビジネスローンの審査条件とは?審査の甘いビジネスローンを見抜く5つのコツ

中小企業の資金調達法として注目されているのが「ビジネスローン」です。

銀行などの金融機関は、なかなか中小企業に融資してくれません。個人事業主に対しては、貸し渋るという結果か多くなっています。中小企業や個人事業主は、銀行融資となかなか縁がないのが現実です。

今回の記事では、中小企業や個人事業主が活用したい「ビジネスローン」についてご紹介します。

ビジネスローンの審査条件から審査の甘いビジネスローンを見抜くコツまで、中小企業の事業主や個人事業主が知りたいポイントを集約しました。

中小企業や個人事業主の資金調達は事業運営の大きな課題である

どのように資金調達するのか。これが中小企業と個人事業主が事業運営する上で大きな課題になるのです。

資金さえあれば、当面の間は事業を回すことができます。資金がなければ事業は困難になり、資金確保のために走り回ることで、さらに事業に割く時間が少なくなるのです。

資金がないということは、中小企業や個人事業主にとって「悪循環のはじまり」を意味します。資金確保は中小企業や個人事業主にとって、「事業の根幹」でもあるのです。

中小企業や個人事業主が資金調達のために使える方法とは

中小企業や個人事業主の資金調達方法はいくつかあります。

1.自己資金を使う
2.友人や知人から借りる
3.カードローン
4.キャッシング
5.クレジットカード
6.その他(ビジネスローンやファクタリング)

これらの方法を使うことには、欠点もあります。

キャッシングやカードローンは個人用の借入サービスが多いため、良さそうなサービスを見つけても、目的やサービス内容によっては使えないこともあるのです。調達したい資金額によっては心もとないこともあるのではないでしょうか。

クレジットカードには決済に利用できる枠が設定されているため、キャッシュレス決済により後払いにすることにも限度があります。自己資金も無限に湧くわけではありません。友人や知人に借入を申し込むことにも限度があります。

そこで有効活用したいのが「ビジネスローン」です。

ビジネスローンとは?使い方や借入の条件など

ビジネスローンとは「中小企業や個人事業主向けに事業資金を貸してくれるサービス」のことです。
ビジネスローンには次のような特徴があります。

1.事業資金調達に特化したローンである
2.中小企業や個人事業主も借りやすい
3.無担保・保証人なしで借りられるタイプも多い
4.融資よりスピーディに資金調達できる

ビジネスローンの感覚としては、カードローンのようなものを想像すれば分かりやすいはずです。カードローンのように無担保で迅速に借り入れ可能で、使いやすい。ただ、使用目的がビジネスの資金である。これがビジネスローンの特徴になります。

ビジネスローンの借入の条件とは

ビジネスローンは基本的に「ビジネスの資金調達」を目的としています。ビジネスに関係することであれば比較的広い用途で利用できることも。

ビジネスローンによって借入できる金額や用途の範囲が異なるので、ビジネスローンを有効活用するためには、各ビジネスローンの融資額や利用範囲などをよくチェックして申し込みをすることが重要になります。

また、ビジネスローン全般の特徴として「利用のためには融資をパスしなければならない」という条件があるのです。カードローンや住宅ローンなども審査を通過してはじめて資金調達が可能になっています。ビジネスローンも同じで、「審査」という絶対的な条件があるのです。

ビジネスローンで資金調達するためには、最終的に審査パスが必要になります。ビジネスローンの審査について知っておくことが、ビジネスローンで資金調達をするときのポイントになるのです。

審査の甘いビジネスローンを見つける5つのコツ

ビジネスローンの審査基準は金融機関によって異なっています。ビジネスローンをはじめとした各種ローンの審査基準は、各金融機関に問い合わせても絶対に教えてくれません。金融機関などのホームページで申し込みの条件は確認できるのですが、「この基準より上の人には融資します」という基準点については秘密になっています。

ローンを利用しようと考えている人の多くが「審査が怖い」という感想を漏らすのは、審査基準が秘密だからこそ。パスできるか否か「審査結果が届くまで分からない」という点が各種ローンの審査の怖いところなのです。しかし、必要以上に怖がる必要はありません。

審査の甘いビジネスローンを見つけるコツを知っておくことで、いざというときに使えるビジネスローンを見つけやすくなります。審査の甘いビジネスローンを見つけるコツは5つです。

1.ビジネスローンの審査がなぜ行われるのか理解しておく
2.金融機関の違いに着目する
3.ビジネスローンをメインにしている会社や地元密着型を検討する
4.金利とビジネスローンの審査の甘さには関係がある
5.キャンペーンを開催しているビジネスローンを狙う

ビジネスローンの審査がなぜ行われるのか理解しておく

ビジネスローンの審査は「この中小企業(経営者、個人事業主)にお金を貸して回収できるか」を判断するために行われます。金融機関はローンで収益を得ているところもあるため、可能な限りお金を貸したいのが本音です。お金を貸さなければ収益を得られないという事情があるからになります。

しかし、お金を貸しても回収できなければ、金融機関にとっては大打撃です。中小企業や個人事業主に貸して収益を得たいという気持ちがあっても、回収できなければ意味がありません。

審査を必要以上に恐れては、ビジネスローンを選ぶときの目も曇ってしまいます。金融機関は、本音としてお金を貸したい。だからこそ「貸しても大丈夫という根拠」を見せる。審査を必要以上に恐れず、この原則をまずは頭に入れておきましょう。

金融機関の違いに着目する

一言に金融機関と言っても、いろいろなタイプがあります。

1.メガバンク
2.地方銀行
3.信用金庫や信用組合など
4.大手の消費者金融
5.中小の消費者金融

ほとんどの金融機関でビジネスローンを提供しているため、どこに申し込むかが問題になります。実は、金融機関の大きさとビジネスローンの審査が甘いか否かには相関図があるのです。

メガバンクなどの大きな金融機関には、いろいろな企業が融資を求めてやって来ます。難関大学や有名大学に日本全国から多くの学生が受験の申し込みをすることと同じです。

メガバンクなどは申し込みが多く、優良企業や大企業と融資を争うことも少なくないため、審査がより厳しくなる傾向にあると言われます。融資の枠を争う競争相手が大手企業や優良企業(全国テストの成績上位者)という点も厳しいのではないでしょうか。

審査が甘いかでビジネスローンを選ぶ場合は、メガバンクなどの大手より地銀などの中小金融機関を狙うことがコツです。

大企業などはメガバンクなどの大手金融機関に集まる傾向があります。対して中小企業や個人事業主は中小の金融機関に集まる傾向があり、中小金融機関も中小企業の事情をよく理解しているので、借りやすいという裏事情もあるのです。

ビジネスローンをメインにしている会社や地元密着型を検討する

中小金融機関を借入先にするとして、では、どのような中小金融機関の審査が甘いのか。どの中小金融機関を狙うべきなのかという話です。ビジネスローンの審査が甘いかを基準にして選ぶ場合は、中小金融機関を選ぶときもコツがあります。

中小の金融機関はスコアリングシステムを導入していないことも多く、担当がチェックして審査を判断することが少なくありません。スコアリングシステムで弾かれていた中小企業や個人事業主でも、担当者の裁量で審査パスできる可能性があるのです。

審査に関係する担当者が直接面談してくれることもあるので、「どうして資金調達が必要なのか」「今後どうやって事業を回して行くつもりなのか」などの重要部分をしっかりアピールできれば、審査パスの可能性もアップします。相手はシステムではなく人間だからです。

中小金融機関の中でも地元密着型やビジネスローンを売りにしている会社を選ぶのがコツになります。また、中小の金融機関の中には個人向け融資をメインにしている会社もあるため、最初から個人融資メインの会社を弾くこともポイントです。

金利とビジネスローンの審査の甘さには関係がある

金利とビジネスローンの審査の甘さには相関図があります。金利の低いビジネスローンには多くの中小企業や個人事業主が集まるため、審査が厳しい傾向にあるのです。

金利は融資の手数料的な存在。貸した中小企業や個人事業主が返済できなくなっても、金融機関にとって金利がセーフティ的な役割を果たします。要するに「金利分である程度の収益が出たからいいや」ということです。

金利の低いビジネスローンはいざというときのセーフティである金利(手数料、収益)が少ないわけですから、返済不能や滞納があると困ります。その分、融資する相手は慎重に選ぶ必要があるため、審査が厳しくなるのです。

ビジネスローンの審査が甘いかどうかを判断するポイントの1つは「上限金利」。上限金利が高い方が、より審査が甘い傾向にあります。

なお、上限金利が高くても事業状態や融資希望金額によっては低めの金利が適用されることもあるため「上限金利=適用金利」ではないところに注意してください。

キャンペーンを開催しているビジネスローンを狙う

ビジネスローンの中にはキャンペーンを開催して積極的に利用を呼びかけている会社もあります。金融機関でよく「住宅ローンキャンペーン」などのチラシを目にしないでしょうか。ローンサービスはよく期間限定のキャンペーンを行っています。

キャンペーンの特徴は、金利優遇などの優遇措置を受けられる可能性が高いこと。これは利用者にもメリットがありますが、店側にも「利用者を増やせる」というメリットがあります。金融機関側が利用者を積極的に増やそうとキャンペーンを開催することが多いため、融資に積極的な状態であると解釈できるのです。

キャンペーン開催中の金融機関を選ぶのもコツの1つになります。

最後に

ビジネスローンは中小企業や個人事業主の資金調達に優れた方法です。

ただし、ビジネスローンで資金調達するためには、審査をパスしなければいけません。審査はできるだけ甘い方がいい。これは、中小企業や個人事業主の本音ではないでしょうか。

ビジネスローンの中でも審査の甘いサービスを見分けるには、5つのコツがあります。コツを活用して審査の甘いビジネスローンを見分け、資金調達に役立てましょう。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事