ファクタリングは担保が必要?売掛債権担保融資とファクタリングの違いをわかりやすく解説

pixabay

個人事業主や中小企業の経営者が資金繰りの問題を解決するためには、いくつかの方法があります。方法ごとに特徴が異なっているため、「どの方法が資金繰り問題の解決や資金繰り強化に効果的か」を考えて決めることが重要です。

方法を選ぶときには、方法ごとの特徴を比較することも、決め方の1つになります。資金調達までの時間や手続き内容、手法ごとのメリットやデメリットなどを比較し、自分とビジネスにとってより良い方法はどれか検討するのです。

今回は中小企業の経営者や個人事業主が使える資金調達方法の中から、「売掛債権担保融資」と「ファクタリング」を取り上げます。

・売掛債権担保融資とファクタリングとは
・売掛債権担保融資とファクタリングの違い
・ファクタリングに担保は必要か不要か

以上の3つのポイントを、資金調達初心者にも分かりやすくまとめました。

売掛債権担保融資とファクタリングとは|資金調達の基礎知識

個人事業主や中小企業の経営者などが資金調達するときには、いろいろな方法が考えられます。

個人事業主や中小企業の経営者が使える資金調達方法としては、銀行などの金融機関からお金を借りる融資が代表的です。この他には、事業ローンや経営者の預金を持ち出しする方法なども、資金調達の方法としては一般的ではないでしょうか。

売掛債権担保融資とファクタリングも、資金調達の手段として使われる方法です。2つの資金調達方法の違いについて解説する前に、売掛債権担保融資とファクタリングの基礎について知っておきましょう。

売掛債権担保融資とは

売掛債権担保債権とは、売掛債権を担保に融資を受ける資金調達方法です。売掛債権担保債権という字を見ると、非常に難解な方法だと思うかもしれません。名前や漢字は難しそうですが、資金調達の方法としては分かりやすく、簡単です。

売掛債権担保融資では、金融機関などに融資をお願いします。しかし、金融機関などはタダで融資してはくれません。「不安だから、担保を立ててください」と言うわけです。そこで担保として差し出すのは売掛債権。売掛債権を融資のための担保にして融資というかたちで資金調達する方法だからこそ、「売掛債権担保融資」と呼ばれるのです。

売掛債権担保融資が掴み難い場合は、身近なサービスである住宅ローンを想像すると理解が進むのではないでしょうか。住宅ローンでは、融資を受け、代わりにマイホームを担保にして抵当権の設定を行うはずです。

売掛債権担保融資と住宅ローンはもちろんまったく違ったサービスですし、手法的にも細部は異なっています。不動産と債権という、担保に供する財物の違いもあります。ですが、「担保を提供するということ」や「借り方」の感覚として、家に担保を設定する身近なサービスである住宅ローンを想像すると、理解の一助になるはずです。

売掛債権担保融資では、売掛債権を担保にします。住宅ローンで言うところの「担保である家」です。大体の理屈を分かっていただけたのではないでしょうか。

売掛債権担保融資などの不動産以外を担保にする融資(ABL融資、動産や債権を担保にする融資)については、別の記事でも基礎知識を解説しています。こちらの記事も、ぜひチェックしてみてください。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

ファクタリングとは

ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛債権などの債権を譲ることにより資金調達する方法です。

債権は法律上、譲渡が許されています。債権譲渡や債権売買などのかたちでファクタリング会社へと、手持ちの債権を譲り、それによって現金を手にする方法がこのファクタリングなのです。

ファクタリングの大きな特徴は、「債権を譲る」こと。債権を担保にして融資してもらうのではなく、債権譲渡や債権売買によって、債権を手放す(譲る)のです。

たとえば、手もとに100万円の売掛債権がありました。売掛債権の債務者はなかなか返済に応じないため、手もとに現金が入りません。今後の経営を考えると、資金調達もしておきたいところです。経営者は100万円の売掛債権をファクタリング会社に譲りました。ファクタリング会社の手数料を引いて、売掛債権は80万円ほどの現金になりました。これがファクタリングという資金調達方法になります。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという種類の違いがあり、ファクタリング会社によって対象にしている債権が異なることも。ファクタリングについての詳しい説明は、別の記事で行っています。こちらの記事も、ぜひ参考にしてください。


ファクタリングに担保は必要か|売掛債権担保融資とファクタリングの違い

売掛債権担保融資とファクタリングには共通点もありますが、相違点もあります。

売掛債権担保融資とファクタリングの最大の共通点は「資金調達できること」です。どちらも事業の資金調達に使われる方法なので、売掛債権担保融資とファクタリングのどちらを使っても資金調達は可能になります。また、売掛債権を資金調達に活用するという点でも、売掛債権担保融資とファクタリングは同じです。

売掛債権担保融資とファクタリングには、担保の必要性などの6つの違いがあります。

1.売掛債権担保融資とファクタリングの手法的な違い
2.売掛債権担保融資とファクタリングの売掛債権の取り扱い
3.ファクタリングは担保や保証人が基本的に不要である
4.ファクタリングは貸し倒れリスクの回避にも使われる
5.売掛債権担保融資とファクタリングの資金調達までの期間の違い
6.売掛債権担保融資とファクタリングの浸透の違い

違いを知った上でどちらを選ぶべきか迷ったら、どちらを選ぶべきなのでしょうか。また、利用する上での注意点などはあるのでしょうか。これらの疑問については、別の記事で触れています。別記事も参考になさってください。


※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

売掛債権担保融資とファクタリングの手法の違い

売掛債権担保融資はあくまで融資です。ファクタリングは、債権譲渡や債権売買になります。融資に対して「お金を借りること」という印象があるのではないでしょうか。対して譲渡や売買には違った印象を持っているはずです。

ファクタリングはファクタリング会社へと手持ちの債権を売買または債権譲渡する「譲る」ことをベースにした方法になります。売掛債権担保融資とファクタリングでは、資金調達のベースになっている方法が「融資」と「譲渡(売買)」という違いがあるのです。資金調達をする上で、「売ること」「譲渡すること」と「融資」の違いは重要になります。

売掛債権担保融資とファクタリングの売掛債権の取り扱いの違い

売掛債権担保融資とファクタリングでは、売掛債権の取り扱いが違っています。

売掛債権担保融資は売掛債権(債権という権利)を担保として使うのが特徴です。住宅ローンを思い出してください。住宅ローンでは、マイホームなどの不動産を担保として融資先に提供しました。売掛債権担保融資では、担保として提供するのは売掛債権。なので、扱いはあくまで担保です。

ファクタリングは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで手法的な違いはありますが、売掛債権は「売買する対象」であり、「譲渡の対象」です。要は売り物などの取引の対象財産になります。ファクタリングでは、売掛債権は担保ではありません。

ファクタリングは担保や保証人が基本的に不要である

売掛債権担保融資は売掛債権を担保にしますが、ファクタリングは債権の譲渡や売買です。ファクタリングは基本的に担保を必要としません。なぜなら、ファクタリングは借金ではなく、債権の譲渡や売買だからです。

Aという商品を買取希望者との間で売買するとします。売買のときに担保を立てるでしょうか。Aという商品を売買、つまりAを渡して代金を受け取る、この流れで終了ではないでしょうか。債権の売買をするタイプのファクタリングは、債権を売り、売買代金を受け取るという流れが基本です。この基本的な売買の流れの中では、担保は登場しません。

譲渡の場合は、債権をファクタリング会社に譲り渡すことになります。債務者への債権譲渡の通知などをすることになりますが、債権譲渡のために担保を立ててくださいというルールはありません。ファクタリングで債権を譲渡する基本的な流れでも、担保は登場しないのです。

ファクタリングは貸し倒れリスクの回避にも使われる

ファクタリングでは、債権を譲渡または売却するため、貸し倒れリスク対策としても使われます。

ファクタリングでは債権を譲渡することにより、売掛債権はファクタリング会社側に移ります。ファクタリングを使っていない段階で売掛債権の回収ができない場合、債権者が損失を被るのが基本です。ですが、ファクタリング後はファクタリング会社が売掛債権を手にしているため、回収できなければファクタリング会社が痛手を負うことになります。債権者である個人事業主や中小企業の経営者は、ファクタリングによって貸し倒れの回避が可能です。

売掛債権担保融資の場合は、貸し倒れリスクは債権者(個人事業主や中小企業経営者など)にそのまま残るのが基本になります。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

売掛債権担保融資とファクタリングの資金調達までの期間の違い

ファクタリングは即日ファクタリングなどに対応している会社も多いため、急いで資金調達したい個人事業主や中小企業の経営者などによく利用されているのが現状です。個人の迅速な資金調達方法である給与債権のファクタリング(給与ファクタリング)なども、キャッシングやローンの代替手段として知名度を上げています。

売掛債権担保融資の場合、即日資金調達できるケースはほとんどありません。審査だけで2週間以上を要するケースが多くなります。売掛債権担保融資は担保に供された売掛債権の担保価値をチェックしたり、必要書類を確認したりすることに多くの時間を要するのが基本です。ファクタリングほど迅速な資金調達はできません。

売掛債権担保融資とファクタリングの浸透の違い

2017年に帝国データバンクがまとめた「動産・債権担保融資(ABL)に関する実態調査」では、「社内のノウハウが確立されていないこと」などを課題として挙げる金融機関が少なくありませんでした。

ノウハウが確立されていないということは、事務が浸透していないということ。知識や資料もさほど充実していないということでもあります。そのため、多くの会社が存在し柔軟な対応をしているファクタリングとは事務・知識・資料の浸透率がかなり違っています。

お金の専門家である金融機関でも「ノウハウがない」という理由により、売掛債権担保融資を縮小傾向にするところもあることが分かっています。

最後に

ファクタリングは担保が必要か。この問いについては「基本的に担保が不要」が正解になります。

ファクタリングと売掛債権担保融資は債権を使って資金調達するという点で非常に似ていますが、債権の扱い方や担保の有無などの点で異なるサービスです。ファクタリングの方が事務やノウハウの確立も進んでいるため、柔軟な資金調達ができるという点も2つのサービスの違いになります。

個人事業主や中小企業の経営者にとって、資金調達は事業の命運を決めかねない重要事です。担保の要否などの基礎的な部分を確認し、状況に合ったサービスを使い分けることが重要ではないでしょうか。

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事