pixabay

記事更新日:

ファクタリング手数料が安い!おすすめファクタリング業者を4社選定!

※個人事業を2年経験した創業9年目の経営者がオススメする資金調達記事
おすすめファクタリング業者18選<企業&個人事業主向け>(毎月更新中)

ファクタリングをするときは何を重視して会社を決めるか。これは個人事業主や中小企業の経営者によって何を最も優先するかが異なります。ですが、おおむね優先する物は決まっています。

  • 手数料の安さ
  • 現金化までの早さ
  • サービス

現金化までの早さは、ファクタリング会社を選ぶときの重要ポイントです。急に資金調達しなければならないケースにおいて、債権をどのくらいスピーディに現金化してくれるかは、個人事業主や中小企業の経営者にとって死活問題になることでしょう。

サービスを重視する人も少なくありません。少額債権に特化している。診療報酬債権に強い。このように、特定の債権に特化しているような会社を好んで使う個人事業主や中小企業の経営者などもいます。

この他に、ファクタリングサービスの手数料を重視する個人事業主や中小企業の経営者も少なくありません。

ファクタリングの手数料が少なければ、その分だけ多く資金調達できるという図式ができ上がります。個人事業主や中小企業の経営者にとって、ファクタリング手数料は会社を選ぶ上での重要ポイントではないでしょうか。

中小企業経営者の私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

今回の記事では、ファクタリング手数料が安く、その他のサービス全般においても優良なおすすめ企業を5社選定してご紹介します。ファクタリングを検討中の方は、参考になさってください。

ファクタリングとは?手数料相場と現金を手にするまでの流れ

ファクタリングとは、手持ちの債権をファクタリング会社に譲り渡すことによって現金を入手する資金調達方法のことです。

ファクタリング会社に債権を譲り渡す方法には債権譲渡と債権売買の2種類があり、種類の違いによって2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなどのかたちで呼び分けがなされています。

債権を譲渡する。債権を売却する。このような言葉を聞くと、「怖い方法ではないか」と思う方も少なくありません。債権譲渡や債権売買などの債権を1つの財産として譲り渡すことが可能であることは、民法466条に定められています。債権は財産として自由に取引して良いのです。

債権譲渡や債権売買という言葉から難しい手続きを連想しがちですが、不要なCDや本を自由に売却して現金を受け取ることができることとほぼ同じであると解釈して差し支えありません。

手放していい債権をファクタリング会社という中古の債権買取り会社に売却(譲渡)、そして現金を手にする。おおむね、このようなニュアンスです。簡単に把握してしまいましょう。

ファクタリングについては、別の記事に基本事項と種類を詳しくまとめました。ファクタリング会社を選ぶ前に基本知識をおさらいしたい人は、別記事で復習しておきましょう。



ファクタリングで現金を手にするまでの流れと手数料について

ファクタリングで現金を手にするまでの流れは簡単です。

前項でCDや本の不用品売却を例に挙げましたが、大体同じ流れになります。

ただ、ファクタリングの場合は最後に「回収した債権分のお金をファクタリング会社に渡す」というステップが必要になることがあるため、注意が必要です。

現金を手にするまでの流れは以下の通り。

  • ファクタリング会社を探す
  • 良さそうなファクタリング会社に申し込む
  • 債権売買や債権譲渡の手続き
  • 現金を受け取る
  • 債権の回収が終わったらファクタリング会社に渡す

ステップ5は手法によってはカット可能です。

後日、売掛債権を回収したら、その分をファクタリング会社に渡します。

ただ、債権譲渡している場合はファクタリング会社に債権が譲渡されているため、ファクタリング会社が回収を行う流れになるのです。回収と譲渡では、ステップ5が違ってきます。

ファクタリングの手数料率の相場は手法により異なる

ファクタリングの手数料は手法によって相場が異なります。

  • 2社間ファクタリング 10~30%
  • 3社間ファクタリング 1~10%

手数料相場は、債権譲渡を使う3社間ファクタリングの方が低くなっています。

債権譲渡の場合は債務者も手続きに参加し(だから3社間と呼ばれる)債権譲渡を承諾するため、債権売買である2社間ファクタリングより安全性が高いという理由から手数料率の相場が低めになっています。

ファクタリング会社の手数料率が低ければ、その分だけ有利かつ多く資金調達できるはずです。ファクタリングの手数料は、ファクタリング会社を選ぶときの重要チェック項目になります。

ファクタリングの手数料の計算や相場については、別記事で詳しく解説しています。こちらの記事も役立ててください。

ここからは、ファクタリング会社の中でも手数料が安いおすすめの企業を5社選んでご紹介します。

基本的に手数料の面に注目して4社選定しましたが、サービス的な面でも優れている会社が多いので、合わせて解説して行きます。

▼ファクタリング手数料と簡単な特徴まとめ▼

アクティブサポート(QuQuMo) 1%〜14.8% 最短2時間振込、個人法人OK
ベストファクター 2%〜 審査率92.25%、個人法人OK
MF KESSAI 1%〜10% 個人NG、最短2営業日振込
GMOペイメント 1%〜 個人NG、最短2営業日振込

おすすめ企業①とにかく手数料が安くて、スピード対応してくれる!アクティブサポートの新しいサービス、「QuQuMo(ククモ )」

ククモのサービス概要

アクティブサポートというファクタリング会社が運営しているサービスに「QuQuMo(ククモ )」があります。

とくにQuQuMo(ククモ )のおすすめなポイントが以下の4点。

  • 手数料1%〜最大でも14.8%
  • 申し込みから入金まで最速2時間
  • 完全オンライン完結
  • 面倒な書類は不要(通帳、請求書のみ必要)

手数料が1%〜で最大でも14.8%というのは業界でもトップクラスに低コストです。また、スピード入金に対応しているのもうれしいポイント。

完全オンライン、面談不要ですが、弁護士ドットコム監修のクラウドサインを使っているため、安心して契約可能です!

今、もっともおすすめできるファクタリングサービスですので、

手数料を安く、そして資金の調達は早い方がいい

こんな方にはおすすめです。

手数料が安い!最速2時間で現金化OK!面倒なお手続きはなし!

QuQuMoで無料見積もりをとる

↓スピード重視の資金調達なら間違いない!いますぐQuQuMoをクリックして無料見積もりへ

おすすめ企業②サポートが手厚く手数料が安い「ベストファクター(BestFactor)」

ファクタリングでおすすめの会社はどこかと訊かれて、ベストファクターの名前を挙げる人は少なくないはずです。ファクタリングを利用している人たちの間でも有名な会社の1つが「ベストファクター(BestFactor)」になります。

ベストファクターをおすすめしたいポイントは、何といっても「会社や個人事業主をサポートしたい」という想いが強いところ。ファクタリングで資金調達の手伝いをするという点に留まらず、資金調達や資金繰りの相談などを積極的に受けている会社になります。たくさんの会社との継続的な取引を旨にしているため、いざというときに頼りにしてもらうための専門知識もかなりのもの。

もちろん手数料も安め。手数料は2%~で、債権の平均買取率は92%を超えています。サポート+手数料の安さを望む個人事業主や中小企業の経営者におすすめのファクタリング会社です。即日~3日という現金化スピードの早さも魅力的ではないでしょうか。

ベストファクターのさらなる強みとしては、幅広い債権に対応でき、個人事業主もOKという点が挙げられます。ファクタリング会社は特定の債権を中心に扱っているところもあるのですが、ベストファクターは売掛債権などの他に診療報酬債権なども取引可能です。30万円~という少額から利用可能なところも優秀な会社になります。

ベストファクターについては、別記事でも取り上げています。口コミなども、別記事にまとめたので参考にしていただければと思います。

※個人事業を2年経験した創業9年目の経営者がオススメする資金調達記事
おすすめファクタリング業者18選<企業&個人事業主向け>(毎月更新中)

おすすめ企業③有名企業運営の手数料が業界最安水準の「MF KESSAI アーリーペイメント」

「MF KESSAI アーリーペイメント」は、家計簿アプリなどで有名な「マネーフォワード」が提供するファクタリングサービスです。

ファクタリング会社の利用がはじめてで、ファクタリングというものにちょっとした恐怖感も持っている。不安感がある。このような個人事業主や中小企業の経営者も、サービス提供先がマネーフォワードだと聞けば、安心感があるのではないでしょうか。

MF KESSAI アーリーペイメントはバックにいる会社の安心感だけではなく、手数料の安さという点でも安心感があります。手数料は業界最安水準の1%~手数料の安さと安心感を同時に求める人におすすめの会社です。

ただし、MF KESSAI アーリーペイメントは個人事業主NGになっています。買取り1回あたりの金額も100万円以上が基本で、最短入金は最短2営業日。金額や事業形態、入金日などには要注意です。

おすすめ企業④安心感と手数料のやすさに定評のある「GMOペイメント」

東証一部上場企業であるGMOのファクタリングサービスが「GMOペイメント」です。ファクタリング会社には手数料の安さを求めるが、同時に安心感も求めるという人は少なくないはず。

GMOは有名企業ですから、ファクタリングサービスの運営がGOMであるという点に安心感を覚え「じゃあ、使ってみようかな」と思う人もいるのではないでしょうか。抜群の安心感という点では、非常におすすめの会社になります。

「GMOペイメント」は手数料の面でも安心感があります。手数料は業界最安水準の1%~

個人事業主がNGになっているところや、最短2営業日入金というところは「MF KESSAI アーリーペイメント」と似ています。これからファクタリングサービスを使う会社は、会社のネームバリューや細かな違いについて確認し、「GMOペイメント」と「MF KESSAI アーリーペイメント」で使い分けするといいかもしれません。

「GMOペイメント」については、別記事でも解説しています。

※個人事業を2年経験した創業9年目の経営者がオススメする資金調達記事
おすすめファクタリング業者18選<企業&個人事業主向け>(毎月更新中)

手数料が安いファクタリング業者まとめ:できるだけ安いところを選ぶのがお得!!

ファクタリングの手順や手数料の基本的な知識と、手数料の安さなどから見たおすすめのファクタリング会社を5企業選定して解説しました。

会社によって個人事業主を対象にしているか、非対面かなどの特徴があるので、個人事業主や中小企業の経営者は自分に合った会社やサービスを選ぶことが重要です。

ファクタリング会社は注目される資金調達法の1つになっています。今後の利用も検討している場合は、いざというときに迷わないように、早い段階で会社を選んでおくことをおすすめします。

▼ファクタリング手数料と簡単な特徴まとめ▼

アクティブサポート(QuQuMo) 1%〜14.8% 最短2時間振込、個人法人OK
ベストファクター 2%〜 審査率92.25%、個人法人OK
MF KESSAI 1%〜10% 個人NG、最短2営業日振込
GMOペイメント 1%〜 個人NG、最短2営業日振込

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

 

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。