事業用ローンの審査でチェックされやすいポイントは?【事業用ローン徹底解説3】

pixabay

4回に渡ってお送りする連載企画、事業用ローン徹底解説。第3弾の今回は、事業用ローンの審査について詳しく比較していきます。

第1弾、第2弾の記事はこちらです。是非一緒にご参照ください!


事業用ローンの審査

事業用ローンを利用する際は、必ず審査があります。審査基準は借入先によって異なりますが、基本的にまとまった金額を希望するほど審査は厳しくなりやすいです。一方で、少額融資であるほど審査は通りやすい傾向にあります。また、公庫や銀行系の事業用ローンのほうが、消費者金融や信販会社系の事業用ローンに比べ、審査は厳しめといわれています。

●審査にかかる時間

事業用ローンの審査についても、借入先や借入希望条件によってさまざまですが、公庫や銀行の審査は時間がかかることが多く、場合によっては1ヶ月くらいかかることもあります。

対する消費者金融や信販会社系の事業用ローンはスピーディな審査が特徴で、多くの場合3営業日以内には結果が分かります。中には最短即日融資が可能な場合もあります。ノンバンク系の事業用ローンの審査スピードが速いのは、自動スコアリングシステムを採用していることが多いからです。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

事業用ローン審査でチェックされやすいポイント

事業用ローンの審査は、借入先によって審査基準が異なるため、明確なルールはありません。ですが、一般的に下記のポイントはチェックされることが多いです。借入を申し込む際は、事前のリサーチや資料作成を丁寧に行い、万全の準備をして臨みましょう。

<チェックされやすいポイント>
•資金使途
•返済計画
•経営状況
•事業の将来性や経営者の人柄
•税金等の滞納・未払い
•金融事故歴の有無
•業歴

●資金使途

まずチェックされやすいポイントのひとつは、資金使途です。「なんのためにお金が必要か」、資金が必要な理由について、しっかり説明できるようにしておきましょう。

資金使途や希望金額の根拠があいまいなままでは、本当に借入が必要だとしても、審査の担当者に伝わらない可能性があります。資金使途については、明確な理由を伝えるようにしましょう。

●返済計画

事業用ローンの審査を受ける際は、返済計画についてもしっかり考えておきましょう。特に公庫や銀行系の事業用ローンは、金利が低い分、返済期間や返済計画についてチェックされやすいです。公庫や銀行側からすれば、金利水準が低いと回収できなかった際のリスクが高まるため、きちんと返済してもらえる相手かどうかは、厳しくチェックしたいからです。

場合によっては、保証人や担保の提出が必要になることもあります。毎月いくらなら確実に返済ができるか、売上が下がった場合でも返済できる金額はいくらかなど、しっかりシミュレーションし、適切な計画を立てましょう。

●経営状況

経営状況の良し悪しも、事業用ローンの審査では重要視されるポイントのひとつです。例えば赤字経営ではないか、財務状況が悪くても好転する材料があるかどうかなどです。

借入先からしてみれば、いくら返済計画がしっかり作られていても、経営状態が悪く先が見込めない会社に融資しても、本当に返済してもらえるか分からず不安です。不安なまま融資をするより、毎年黒字で、お金がたまっていく会社のほうに多く融資をしたいと思うのが当然でしょう。

特に個人事業主の場合、生活費と事業費との境目があいまいになりやすいため、赤字だと審査が難しくなりやすいです。

経営状況を知ってもらうために、審査には書類の提出も行います。必要書類は借入先によって異なりますが、法人の場合は決算書、個人の場合は確定申告書などを提出するのが一般的です。書類の内容や、資金使途、事業計画書、返済計画などを総合的に判断し、審査の可否が決められます。

<審査に必要な書類例>
•会社概要(事業内容や会社案内など)
•貸借対照表や損益計算書など決算書一式2~3期分(法人の場合)
•確定申告書(個人事業主の場合)
•登記事項証明書
•本人確認書類
•資金使途に関する事業計画書

決算書が赤字でも事業用ローンの審査が100%無理とは限りません。しかし、仮に審査を通過しても、赤字決算の場合は、黒字決算の場合に比べ、高い金利設定となることが多いです。また、審査基準のボーダーラインぎりぎりの場合も、上限金利が適用される傾向にあります。借入先側も、貸し倒れのリスクを減らしたいからです。

とはいえ、決算書の数字を粉飾するのは論外です。たとえノンバンク系事業用ローンのスコアリングシステムでも、粉飾していれば分かるようになっているからです。節度を守り、適切な決算書を作成しましょう。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

●事業の将来性や経営者の人柄

審査では、現在の経営状況だけでなく、将来性や経営者の人柄も考慮されることがあります。特に公庫や銀行系の事業用ローンでは、人と人との話し合いになることが多いです。最終的に担当者が「この経営者なら安心してお金を貸せる」、「今は赤字でも、今後伸びる可能性がある会社」と判断すれば、審査が通る可能性は高いでしょう。

反対に、事業自体は順調でも、経営者や役員などに無駄な報酬や貸付を行っている場合は、信頼に欠けるとして、審査が通らないケースもあります。

審査で好印象を与えるには、堂々とすることも大切です。どんなに難しい状況でも「多分融資は受けられないだろう」と諦めず、誠実に向き合えば審査を通る可能性はあるはずです。融資担当者も人間なので、経営者の身なり、話し方、態度を見て判断するところもあるからです。

特に第一印象は審査に影響するところも大きいです。ノンバンクの無人契約機でも、カメラを通して人物確認を行っているので注意して臨みましょう。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

●税金等の滞納・未払い支払い遅延や税金の滞納の有無

事業用ローンの審査では、これまでの支払い遅延や滞納についても確認されます。例えば税金の滞納や社会保険料の未払い、あるいは過去借入した融資について、借入件数や残高、支払い遅延がなかったかどうかなどです。

税金の滞納等の記録があると、審査では不利になります。まずは未払いをなくすこと、そして普段から滞納をしないことがスムーズな審査通過には必要となるでしょう。

●金融事故歴の有無

事業用ローンでは、信用情報に事故歴がないかどうかもチェックされます。過去金融事故を起こしている場合は、審査が厳しくなるでしょう。

●業歴

事業用ローンでは、事業の業歴もチェックされることが多いです。業歴は「何年経営しているか」という意味で、長ければ長いほど「安定した企業」と判断され、審査が通りやすい傾向にあります。

基準となる年数は借入先によって異なり、1年以上であれば問題ないケースもあれば、2年以上の業歴が求められることもあります。特に公庫や銀行系の事業用ローンでは、最低2年以上もしくは2期分の決算を終えていることを基準とするケースが多いです。基準を満たさないと審査が通らないこともあるようです。

また、ノンバンク系の事業用ローンの中には、決算書をスキャンしてデータ化し、その数値をもとに自動スコアリングシステムで採点し、審査することもあります。その場合、業歴が長いほどスコアリングが高くなり、審査にとっては有利に働くでしょう。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

細かい部分までチェックして事業用ローンの審査を通りやすくする

引用:pixabay

事業用ローンの審査基準は借入先によって異なるとはいえ、少しでもスムーズに審査を通過したいところです。細かい部分まで気をぬかず準備して、審査通過率を高めましょう。

●借入希望金額は「本当に必要な金額」にする

借入希望金額は、自己資金や身内からの借入など、カバーできる部分を差し引き、本当に融資が必要な分だけを割り出しましょう。

せっかく融資を受けるなら、多めに借入をしたいと考えるものですが、本当に必要な金額だけ希望するほうが、審査を受ける際も説得力を持ってアピールできるはずです。確実に審査を通過するためにも、希望金額は慎重に決めるほうがよいでしょう。

希望額を見直す際は、減額をするのも手段のひとつです。少額融資のほうが、審査が通りやすくなることもあるからです。

●資料作成は丁寧に

審査に提出する資料は、細かい部分まで丁寧に作りこむほうが好印象です。特に自社の強みや、事業内容(市場や顧客層、主な仕入れや販売ルートなど)については、詳しく書きましょう。

ただ、力を入れて作成しても、読みにくい資料だとアピールにつながらない可能性があります。詳しく書くと同時に、簡潔で読みやすい文章、分かりやすい資料作りを目指しましょう。

また、資料作成では数字を使うことも多いです。誤字脱字だけでなく、数字の間違いに気を付けましょう。ミスを防ぐために他の社員や親族などに協力してもらって、ダブルチェック、トリプルチェックを行うほうが安心でしょう。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

●在籍確認の電話には必ず対応する

ノンバンク系の事業用ローンの場合、審査の一環として在籍確認の電話がかかってくることがあります。本当に事業を運営しているか、確認する電話ですので、必ず対応しましょう。

●保証人や担保をつけるのも手段のひとつ

事業用ローンの審査を通るためには、保証人や担保をつけるのも手段のひとつです。保証人や担保をつけることで、貸し倒れのリスクが減らせるからです。まとまった金額の借入を希望する場合や、どうしても審査を通過し借入をしたい場合などは、検討するのもひとつです。

ただし、事業用ローンは借り換え目的での利用はおすすめできません。ビジネスローンは借り換え資金に対応していないことが多いからです。

例えば、ノンバンク系のビジネスローンを銀行系のビジネスローンに借り換えするのは基本的にNGです。借り換えに対応していない銀行系のビジネスローンから借入し、他の借入の返済に充てるのも資金使途違反となるので注意しましょう。

事業用ローンは借入先や、商品、制度によってさまざまな金利設定がされているため、他の借入金との借り換えを検討することもあるでしょう。しかし、借り換え目的で利用するのは避けたほうがよいでしょう。

※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

事業用ローン審査通過の可能性を上げる対処法

引用:pixabay

事業用ローンは、状況に合わせて借入先を検討しましょう。審査通過が難しい場合は借入以外の選択肢も考慮したほうがベターです。

●起業時や業歴の短い会社は公庫や地元の金融機関を

起業時の資金調達に事業用ローンを検討する場合は、日本政策金融公庫や地元の信用金庫などの金融機関を当たってみるほうがよいでしょう。ノンバンク系の事業用ローンに比べ、起業家を後押しする商品やサービスを用意していることが多いからです。

審査にある程度時間がかかりますが、審査に通れば低金利で借り入れできるのでメリットも大きいです。どうしてもすぐに資金が必要な場合は例外として、まずは公庫や地元の信用金庫などを当たってみましょう。

また、事業用ローンの審査には決算書や確定申告書の提出が必要であり、業歴が短い会社だと審査は不利になることもあります。ですが、信用金庫など中小規模の金融機関では、地元密着型の営業をしていることも多く、比較的審査も友好的な傾向があります。すでに口座を開設している場合や、経営者が個人で取引している実績などがあれば、審査に加味してもらえる可能性もあるでしょう。

さらに、金融機関によっては、新規融資実績のノルマが課せられていることもあります。担当者によっては、積極的に融資の相談がある場合もあるでしょう。場合によっては、銀行の決算月であることが多い3月や9月は審査が通りやすいケースもあるかもしれません。

●決算書不要の事業用ローンを利用する

事業用ローンの中には、決算書を提出しなくても利用できる場合もあります。中には赤字でもOKというローンもあるようなので、審査通過が難しい場合は、利用を検討するのもひとつです。

ただ、決算書提出不要の事業用ローンでは、金利が通常より高めに設定されていることが多いので注意しましょう。決算書がない分、資料による信用が得られず、貸す側のリスクは高くなるからです。

●資金調達であればファクタリングも検討する

運転資金や支払いのための資金調達に借入を検討している場合は、ファクタリングを選択肢に入れるのもひとつです。ファクタリングは売掛債権を売却し、現金化する方法です。事業用ローンの場合、借入なので返済が必要であり、利息も発生します。ですが、ファクタリングは売掛債権の売却なので、返済の必要はありません。

ファクタリングの場合手数料が取られるので、売掛債権の満額は得られないのがデメリットですが、借り入れできない場合や返済の自信がない場合は、選択肢のひとつに入れておくのもよいでしょう。

事業用ローン徹底解説の記事一覧


※ズバリ!最も申し込みされているおすすめファクタリング業者はコレ!(電話orメール対応可)

 

中小企業経営者である私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事