ファクタリングの窓口とは?特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

「ファクタリング」は、今や経済産業省も推奨する実用的な資金調達方法です。

しかし、あまりにも多くのファクタリング業者が参入しすぎており、「優良ファクタリング業者を選定し辛い」というデメリットもあります。

そこでおすすめとなるのが、『ファクタリングの窓口』です。

ファクタリングの窓口を利用すれば、全国のファクタリング業者を厳選比較し、その中から最も高く売掛債権を買い取ってくれるプランを無料で提案してくれます。

利用者は簡単な手続きを踏むだけで、機動的に売掛債権を資金化することが可能です。

この記事では、そんなファクタリングの窓口の特徴やメリット・デメリット、口コミなどの情報を徹底解説していきます。

ファクタリングの窓口とは?

『ファクタリングの窓口』は、東京都千代田区に本社を構えるファクタリング業者です。

通常、ファクタリング業者は自社で設定した手数料等で取引を行いますが、ファクタリング窓口の場合は100社以上のファクタリング業者を独自にリサーチし、入金スピードや手数料、信頼性などのそれぞれの条件を厳選比較した上で、利用者のニーズに合ったより良いプランを提供してくれます。

また、必要書類も請求書一点のみであるため、書類を準備する手間もかかりません。

手続き等が非常に簡略的であるため、機動的に資金を調達することが可能となっています。

ファクタリングの窓口のメリット・デメリット

ここでは、ファクタリングの窓口のメリット・デメリットをご紹介していきます。

【ファクタリングの窓口のメリット】

簡単に優良ファクタリング業者を選定できる

残念ながら、ファクタリング業者の中には少なからず悪徳業者も存在するため、ファクタリングを利用する場合はしっかりとファクタリング業者を選定する必要があります。

ですが、数ある業者の中から優良な一社を選定するのは非常に労力が伴うものです。

しかし、ファクタリングの窓口を利用すれば、自動的に利用者のニーズに合った一社を厳選してくれるため、ファクタリング業者選びに時間や手間を割くことなく安心して資金を調達することができます。

最短即日で資金を調達できる

ファクタリング業者の多くは即日資金化を売りにしているため、ファクタリングの窓口に機動的な資金調達を希望している旨を伝えれば、最短即日で資金を調達できるファクタリング業者を見つけてもらうことができます。

資金調達スピードは銀行系融資とは一線を画しているため、急遽資金が必要となった方などには特におすすめです。

柔軟な審査基準

銀行などからの融資を受ける場合一定の信用が必要であり、なかなか信用を得ることが難しい中小企業や零細企業、個人事業主などは安定して融資を受けることができません。

しかし、ファクタリングの窓口では柔軟な審査基準を取っているため、売掛金の存在証明や売掛先企業の安定性を説明することができれば、仮に赤字経営や税金等未払いという状況下にあっても資金を調達できる可能性があります。

銀行などと比較して、圧倒的に資金を調達できる可能性が高いのもファクタリングの窓口のメリットです。

担保や保証人は不要

銀行から融資を受ける際に、ハードルが高くなる要因となるのが担保や保証人です。

銀行融資ではほとんどのケースで担保や保証人が求められますが、そもそも担保を保有している、または保証人を即座に準備できるといった方は、ほんの一握りです。

しかし、ファクタリングの場合はあくまで債権の譲渡(売買)にあたるため、担保や保証人を求められることは絶対にありません。

キャッシュフローを改善することができる

売掛金は、通常請求をしてから支払いまでに平均して30日~60日ほどかかるものであり、その支払いサイトの遅さは、キャッシュフローが悪化してしまう大きな原因の一つとなっています。

しかし、ファクタリングの窓口ならば、そんな売掛金でも最短即日で資金化することができるため、キャッシュフローを改善していくことが可能です。

キャッシュフローの悪化を放置しておくと黒字倒産を招いてしまうリスクもあるため、早期改善を目指すことをおすすめします。

創業したばかりでも資金を調達できる

創業したての企業は信用を得ることが難しく、中々融資等を受けることができません。

しかし、ファクタリングの窓口を活用した資金調達はあくまで債権の売買(譲渡)による手段。仮に創業したばかりの企業であったとしても、売掛債権さえ保有していれば資金を確保できます。

出張や郵送での審査・契約など柔軟な対応が可能

ファクタリングの窓口は、出張や郵送などでの手続き、審査、契約に柔軟に対応しています。

そのため、「仕事が忙しく、中々時間を取れない」という方でも、安心して利用することができます。

また、本社はファクタリングの窓口の本社は東京都千代田区にありますが、出張や郵送などに対応しているため、どの地域の企業や事業者でも申し込みを行うことが可能です。

買取上限なし

通常、ファクタリング業者は売掛債権の買取上限、下限を設定しているものです。

しかし、ファクタリングの窓口は買取上限を設けていないため、どのような大口取引でもしっかりと対応することができます。

ほかではなかなか引き受けてくれないような多額のファクタリングでも、ファクタリングの窓口ならば資金化が可能となっています。

負債を増やすことなく資金調達が可能

たとえば、銀行から融資を受ける場合、それは負債に計上されることとなります。

しかし、ファクタリングの場合は債権の譲渡(売買)による取引になるため、会計上の項目は通常の掛け取引となり、負債も増えることはありません。

つまりは、負債がない=貸借対照表(バランスシート)にも影響しないということであるため、ファクタリングの窓口を利用すれば、会社の評価が下がることなく資金を調達できるのです。

融資等の際に必要となる信用情報や金融事故、借入履歴などにマイナスの影響を与えたくないという方は、ファクタリングを活用することを検討してみましょう。

個人事業主でも利用することができる

ファクタリング業者の中には、個人事業主を取引NGとしているケースもあります。

しかし、ファクタリングの窓口ではしっかりと個人事業主にも対応しているため、安心して申し込みできます。

【ファクタリングの窓口のデメリット】

ギリギリまで手数料がわからない

通常、ファクタリング業者はホームページ等にて手数料の下限、上限、もしくは両方を表記しているもの。

しかしファクタリングの窓口は、申し込みを受け付けてからファクタリング業者を厳選比較するため、ギリギリまでどのくらいの手数料がかかるかがわかりません。

もちろん、手数料は最安値の業者のものが選定されますが、コストが想定し辛いのはデメリットと言えるでしょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を採用

ファクタリングの窓口では、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を採用しています。

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング業者の2社間で行う取引方法であり、売掛先への通知等が不要であるため、売掛先に知られることなくファクタリングを完結することができます。

3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング業者、売掛先の3社間で行う取引方法であり、契約のためには売掛先への債権譲渡通知、債権譲渡の承諾が必要です。

ただし、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも手数料が安いというメリットがあるため、「売掛先との信頼関係をしっかりと構築できている」という方は、3社間ファクタリングを利用するのも一つの手段です。

買取ができる売掛債権

ファクタリングの窓口では、以下のような売掛債権を買取対象としています。

  • 建設業
  • 運送業
  • 製造業
  • サービス業
  • 卸売・小売業
  • ITサービス
  • 医療・介護業

一般的な業種の売掛債権に加え、「介護給付費債権」や「診療報酬債権」などもファクタリングの対象としている点は、利用者にとって嬉しいメリットです。

ファクタリングの窓口ならば、幅広い業種の売掛債権を早期資金化することができます。

メールや電話で簡単無料査定

ファクタリングを利用するか迷っている方は、まずはメールや電話にて保有する売掛債権の無料査定を行ってみることを推奨します。

ファクタリングの窓口では、ホームページから簡単に無料査定の問い合わせをすることが可能となっています。

早ければ10分程度で結果を知ることができるため、お気軽に活用してみましょう。

ファクタリングの窓口の口コミ

ファクタリングの窓口の口コミには、以下のようなものがありました。

「会社の資金繰りが悪化してしまい、早急に現金が必要となったため、ファクタリングを初めて利用することとなりました。

しかし、何分初めてということで、どこから着手していいかわからず模索していたところ、ネットでファクタリングの窓口を知りました。

ホームページを拝見したところ、こちらは申し込みを行うだけで、あとは業者選びを任せることができるとのことでしたので、お願いすることにしました。

また、こちらが仕事上中々時間が取れない旨をお伝えしたところ、快く出張買取に応じてくれた点も、利用を決断した理由の一つです。

申し込みの2日後には事務所へ訪問してもらい、翌日には入金を頂けたため、資金調達スピードにも満足できました。

滞りなく資金を確保できたため、最初にファクタリングの窓口を見つけることができてよかったと思います。」

 

 

「弊社には元々利用していたファクタリング業者があったのですが、どうも手数料が高いように感じ、今回試しにほかの業者を活用してみることにしました。

しかし、一つ一つ業者を調べるのも手間がかかるので、業者選定からお願いできるファクタリングの窓口を利用してみたところ、なんと、現在使っているファクタリング業者よりも3割以上安い手数料を提示していただくことができました。

今では、ファクタリングの窓口に乗り換えさせてもらい、以前よりも低コストで資金を確保できるようになったため、非常に助かっています」

 

「診療報酬債権のファクタリングを取り扱っているファクタリング業者を探していたところ、ファクタリングの窓口さんを知りました。

また、今回最も重視していたのはファクタリングにかかる手数料でしたが、相場よりも若干下回る手数料を提示して頂けたため、納得のいく取引ができました。

ファクタリングの窓口さんのように、自動的に業者を選別してくれるファクタリングは初めてでしたので、当初は不安もありました。

ですが、終わってみればローコストで滞りなく資金も調達できたため、利用してよかったと思います。

出張にも対応してくれる点も、事業者にとっては非常に嬉しいポイントです。」

 

「弊社はwebショップを運営しているのですが、決済のほとんどがクレジット払いということもあり、支払いサイトが厳しく資金繰りが行き詰ってしまいました。

また、いざ資金を調達しようにも、当時は創業したてで営業実績も乏しかったため、銀行はもとよりファクタリング会社にも利用を断られてしまい、頭を抱えていました。

そのような状況で、真摯に対応してくれたのがファクタリングの窓口でした。

事情を説明したところ、クレジット債権ならば即日資金化できると教えて頂き、支払日も差し迫っていることからすぐに申し込みをさせて頂きました。

その日が既に午後ということで、当日ではありませんでしたが、翌日には無事資金を確保することができました。

入金スピードや手数料にも不満はなかったですし、何よりその対応力に感動しました。

今後も継続して利用させてもらう予定です。」

 

まとめ

申し込みを行うだけで、あとは自動的に全国から好条件のファクタリング業者を選定してくれるファクタリングの窓口ならば、簡単に、そして時間をかけずローコストで資金を調達することができます。

また、出張や郵送での手続き、審査も対応しているため、地方の企業や事業者でも利用することが可能です。

資金の調達を希望する方は、まずはすぐに結果がわかる簡単無料査定からお試しください。

資金繰りにお悩みの方におすすめの記事

▼売掛債権担保融資とファクタリングの違いってご存知ですか?

▼規模の大きなファクタリング。失敗したくない方へおすすめの記事

▼個人でファクタリング会社を探す場合、おすすめサイトをご紹介

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。