ビジネスローンのメリットデメリットとは?選ぶときの注意点も解説

個人事業主や中小企業の資金調達方法のひとつとして使われているのがビジネスローンです。

中小企業や個人事業主にとって資金調達は死活問題です。中には「事業継続のために自分の預金や生活費を削らなければならない」という事業主もいらっしゃることでしょう。

ビジネスローンは個人事業主や中小企業が資金難に襲われたときの活路のひとつになる可能性があるのです。

  • ビジネスローンとは何か
  • ビジネスローンはなぜ中小企業や個人事業主向きか
  • ビジネスローンのメリット
  • ビジネスローンのデメリット
  • ビジネスローンを選ぶときの注意点

元行員が個人事業主と中小企業の経営者が知っておきたい5つの知識について解説します。

資金調達に頭を悩ませている個人事業主や中小企業の経営者は参考にしていただければと思います!

ビジネスローンとは何か

ビジネスローンとは「個人事業主や中小企業がビジネスに使えるローン」のことです。事業用ローンとも呼ばれます。

世の中には住宅ローンや自動車ローン、教育ローン、カードローンなどいろいろなローンがあります。そんないろいろなローンの中の「ビジネスに使えるタイプ」だと考えればわかりやすい はずです。

中にはビジネスローンではなく違った名前で提供されているタイプもあります。名前が違っていても、個人事業主や中小企業の経営者がビジネスのための手軽に借入できるタイプのローンであれば、ビジネスローンのカテゴリに入ります。

 

ビジネスローン(事業者ローン)については別記事に詳しくまとめています。別記事も参考にしてください。

 

ビジネスローンはなぜ中小企業や個人事業主向きか

事業のための資金調達といえば、真っ先に思い出されるのが銀行などの融資ではないでしょうか。

融資は大企業や銀行と長くつき合いのある会社、歴史ある会社、業績の良い会社などは使いやすいのですが、個人事業主や中小企業にとっては資金調達に利用することが難しいという事情があります。

個人事業主や中小企業は業績に波があることが少なくありません。さらに、大企業や歴史ある企業などと比較すると事業規模も小さく、信用や銀行との関係性も乏しいという現実があるのです。

切ないことですが、銀行から融資してもらうことが難しいケースも少なくないのです。相談した段階で融資担当から「難しいですね」と前置きされる可能性もあります。結論としては、中小企業や個人事業主にとって、銀行融資は狭き門なのです。

そこで登場するのがビジネスローンです。

ビジネスローンの取り扱い先は、主に消費者金融になります。消費者金融のメイン事業は「お金を貸すこと」でもあるため、個人事業主や中小企業にもかなり柔軟に事業資金を貸してくれます。だからこそ、ビジネスローンは銀行融資よりも中小企業や個人事業主向きなのです。

いざというときの資金調達方法として、個人事業主や中小企業の経営者は、ビジネスローンでの借入を視野に入れておくといい でしょう。

ビジネスローンのメリットデメリット

ビジネスローンは中小企業や個人事業主が有効活用したい資金調達方法ですが、メリットとデメリットを内包しています。

メリットとデメリットを理解した上で有効活用しなければ、後から

思うような資金調達ができなかった
資金調達が間に合わなかった

などの後悔に発展する可能性があるのです。

中小企業や個人事業主は

「いつでもいいから資金調達したい」ではなく、事業のために「このタイミングで資金調達したい」
「この日までに資金がないと苦しい」

という資金面でのスケジュールがあるはずです。何時でもいい買い物のためにお金を借りるわけではないでしょう。

だからこそ、ビジネスローンのメリットとデメリットは、ビジネスローンを有効活用するためにおさえておくべき必須事項なのです。

ビジネスローンのメリットとデメリットをおさえることは、資金調達のスケジューリングの段階でも役立ちます。ポイントをおさえて、メリットとデメリットを知っておきましょう。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリットは7つあります。

  1. 資金を貸してもらいやすい
  2. 資金調達までのスピードが速い
  3. 審査基準がやや低めである
  4. 担保や保証人が不要なものが多い
  5. 柔軟な資金調達と返済ができる
  6. 資金の使途が自由である
  7. 原則的に総量規制の対象外である

ビジネスローンはメリットを活かすかたちで利用すれば、非常に有用な資金調達方法のひとつになります。

ビジネスローンによる資金調達を成功させるためにも、まずはビジネスローンのメリットについて知っておきましょう。

メリット①資金を貸してもらいやすい

ビジネスローンの最大のメリットは、資金を貸してもらいやすいこと です。

個人事業主や中小企業は、どうしても銀行から融資を受けにくいという難点があります。これは、銀行が業績の安定感や実際の数字なども重視するからです。

中小企業や個人事業主の場合、大企業ほどの安定感はありません。資金が特に必要な事業をはじめたばかりや、やっと事業を軌道に乗せたころなどは、特に業績が安定していないことが多いはずです。事業を育てる過程で、少しずつ安定させて行くのですから。

しかし、その個人事業主や中小企業の事業を安定させる過程でこそ資金が必要になります。成長する過程にこそ資金が必要なのに、その成長過程には資金を貸してくれないというジレンマです。

中小企業や個人事業主側が

今だからこそ必要だ
安定させるための成長の過程にこそ必要だ

と主張しても、銀行側はその発言に数字という裏付けがなければ、融資することはありません。

銀行の融資は成長した会社は貸してもらいやすく、成長途中の会社(個人事業主や中小企業含む)は貸してもらいにくいのです。融資を回収できないと銀行側は大損害なので、個人事業主や中小企業への融資は極めて慎重になります。

さらに、事業資金は事業が不安定なときも必要になります。

たとえば、今回の新型コロナウイルスなどによって業績が下がってしまった会社もあると思います。会社の回復や事業継続のためにも資金が必要だと、資金調達に走ったとします。銀行が貸してくれないとはいいません。ですが、今まで貸してくれたのに、業績が下向いたことを理由に貸してくれないこともあるのです。

融資は銀行ですが、ビジネスローンの多くは消費者金融です。銀行と消費者金融は別の理屈やシステムで動いています。消費者金融の方が理屈やシステムの都合上、お金を貸してくれやすいため、業績が下向いたときや業績自体を回復させたいときなども比較的柔軟に援助してくれるのです。

メリット②資金調達までのスピードが速い

ビジネスローンのふたつ目のメリットは、資金調達までのスピードの速さ です。ビジネスローンにも審査があり、審査をパスしないと借りることはできません。しかし、審査結果が出るまでのスピードは銀行の融資と段違いです。

ビジネスローンの中には即日融資に対応しているものもあるので、「すぐに必要だ」というときに申し込み、即日資金調達できる可能性があります。本当に困っている。すぐに必要。このようなときに、ビジネスローンは頼れる存在なのです。

対して、銀行の融資で即日はまずあり得ません。カードローンなどのスピーディで借りられるタイプもありますが、会社に対しての融資の場合は準備も含めて時間を要します。

今日すぐに借りたい
準備していないが、とにかく貸して欲しい

このような要望に応えて融資してくれることは、ほぼありません。

個人事業主や中小企業の場合、政策金融公庫からの融資もありますが、こちらについても着金まで時間を要します。最初の融資については1カ月ほどの時間が必要だといわれているのです。

さらに、現在は新型コロナウイルスの影響により問い合わせや面談、相談などが多く、人によっては電話などで連絡がとれるまで1日がかりということもあるようです。

Yahoo!ニュースなどでも、対応の遅れを問題視する記事が配信されました。2020年4月27日に配信された記事です。面談や相談、問い合わせなどの数が多く、融資のかなりの遅れが出ているそうです。

ビジネスローンは融資まで迅速で、中には最短即日融資のビジネスローンまであります。 どうしても急ぎで資金調達したいときは、ビジネスローンにメリットがあるのです。

 

新型コロナウイルスで資金繰りが苦しい会社の資金調達方法は別記事にまとめています。資金調達を急いでいる個人事業主や中小企業の経営者は、別記事も参考にしてください。

 

メリット③審査基準がやや低めである

ビジネスローンは消費者金融が多く提供している関係で、審査基準がやや緩やかだといわれています。

もちろん、申し込んでも審査基準に満たなければ審査落ちしますし、そもそもサービスの利用対象外の個人事業主や中小企業などが申し込んでも、お金を貸してもらうことはできません。条件外や審査基準未満は論外ですが、それ以外の場合は比較的柔軟かつ緩やかに対応してもらえる可能性が高いというメリットがあります。

スコアリング審査は多くの書類や資料をもとに時間をかけて机上で詳細に行うタイプの審査ではなく、点数方式のスピーディな審査が主になります。

審査基準は銀行融資よりもかなり低めに設定されているといわれています。銀行融資で断られた中小企業などでもビジネスローンでの借入はできることが多い のです。

また、ビジネスローンの中には対面などで相談しながら申し込むケースもありますが、対面型の場合はスコアリングで画一的に判断するわけではないため、ビジネスの経営状況が思わしくない(赤字など)の場合でも、貸してもらえる可能性があります。担当者もプロなので、資料や面談から「貸してもいいだろう」と直感的に判断することがあるのです。

 

審査の甘いビジネスローンを見抜くコツは別記事にまとめました。ビジネスローンを借りたい。しかし、審査が心配だ。そんな中小企業の経営者や個人事業主は、別記事を参考にしていただければと思います。

 

メリット④担保や保証人が不要なものが多い

ビジネスローンのメリットのひとつに、担保や保証人が原則的に不要であること が挙げられます。

金融機関の融資などは、事業用資金の調達が可能ですが、融資に際して担保を要求されることが少なくありません。

担保としてよくあるのが、中小企業などが有している不動産です。不動産を担保にすることが難しい場合は、動産担保融資などで商品在庫を担保にすることもあります。

他には、売掛金債権などもよく担保に使われているのが現状です。ビジネス資金の調達には担保を要することが多くなっています。担保を提供することを前提にした担保融資などもありますね。

 

担保融資については別記事にまとめたので、資金調達の知識を深めるためにチェックしてみてください。

 

事業のための融資については基本的に担保が不可欠なことも多いのですが、ビジネスローンについてはこの限りではありません。ビジネスローンの多くは原則的に担保不要・保証人不要で借りられます。

中小企業や個人事業主などの中には、担保にするだけの動産や不動産を準備することが難しいケースも少なくありません。中小企業や個人事業主の中には、事業が成長途中だというケースもあるからです。

特に不動産などは維持管理に費用が必要なので、事業を軌道に乗せたばかりの個人事業主や中小企業は、担保にできるだけの不動産の所有が難しいことも少なくありません。担保提供が難しいからこそ、担保がメインになる融資は受けられない。これは、資金調達の問題点のひとつとして指摘されていました。

ビジネスローンについては担保不要・保証人不要が基本で、担保や保証人不要で貸してくれるサービスが多数あります。

メリット⑤柔軟な資金調達と返済ができる

ビジネスローンにも種類があります。ビジネスローンの種類は大きくわけて2つ。ビジネス融資型とカードローン型です。

大まかに

一括で借りて返済するタイプ(ビジネス融資型)

カードローンのように、枠内で貸し借りができるタイプ(カードローン型)

と解釈すれば問題ありません。

ビジネス資金といえば、多くの人は銀行融資のような大きな額が一括で入ってくるような借り方を想像しがちですが、ビジネスローンについては、個人でもよく使われているカードローンのようなタイプもあります。

たとえば、新規事業のためにまとまった額を借りたい場合はビジネス融資型を利用してある程度の額を借りることが考えられますし、資金調達の必要性が出たときに少しずつ借りたいときはカードローン型を契約して都度借りる方法が考えられるのです。

ニーズに合ったビジネスローンの種類を選ぶことにより、より柔軟に資金調達できます。

 

ビジネスローンの種類については別記事にまとめています。詳しく知りたい方は参考にどうぞ。

 

メリット⑥資金の使途が自由である

ビジネスローンのメリットのひとつが、借り入れた資金の使途が原則的に自由であること です。

ビジネスのために使うという大きな使途はありますが、使途を細かく決められることはありません。既事業の資金にも使えますし、新規事業の運転資金などにも使えます。事業に使う機材などの購入に使うこともできるため、ビジネスの広範囲に使うことができるのです。

ビジネス関係であれば、広い使途が認められているのがビジネスローンになります。

ただし、あくまでビジネスの範囲内では比較的自由に使えるという話です。個人のギャンブルや投資などに使いたいから借入れたい等の理由は基本的にNGになります。

メリット⑦原則的に総量規制の対象外である

ビジネスローンによる借り入れは、原則的に総量規制の対象外になります。

総量規制とは、貸金業法上のルールのことです。総量規制により「個人が借りられるお金は年収の3分の1まで」と制限されています。たとえば年収が300万円だった場合、借り入れは年収の3分の1である100万円までになるのです。

個人事業主などはビジネスローンでお金を借りることもあるはずです。しかし、個人事業主も個人ですから、総量規制の年収3分の1ルールが適用されてしまいます。ビジネスのためにまとまった額を借りたくても、総量規制が邪魔をして、ビジネスの足を引っ張ってしまう可能性があるのです。

その点、ビジネスローンなら安心です。ビジネスローンは総量規制の対象外 になっています。

個人事業主などの総量規制の年収3分の1ルールに引っかかる可能性のある人でも、柔軟にビジネス資金の調達ができるようにするためです。

年収でビジネスの資金調達に規制ができてしまうと、せっかくタイミングよく新しい事業に打って出ようとしても、資金面の不足からビジネスを諦めなければいけなくなります。

また、ビジネスのための借り入れは高額の借り入れも多いからこそ、年収面で規制されてしまうと、借り入れが難しくなってしまうという事情もあったのです。せっかくのチャンスを活かせなくなってしまいます。

ビジネスローンについては、個人事業主の借り入れも総量規制の対象外になります。安心してビジネスの元手を調達できるというメリットがあります。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリットは6つあります。

  1. 審査パスしないと貸してもらえない
  2. 銀行より借入可能額が少ない
  3. 銀行より金利が高めに設定されている
  4. 事業計画書や決算書などが必要
  5. 銀行と縁を作りにくい
  6. 利用対象が限定されていることがある

ビジネスローンにはメリットデメリットの両方が存在しています。メリットばかり見て使ってしまうと、思わぬデメリットにぶつかってしまい、利用したことを後悔するかもしれません。

ビジネスローンを資金調達方法として有効活用するために、メリットデメリットのうちのデメリットについても知っておきましょう。

デメリット①審査パスしないと貸してもらえない

ビジネスローンも含め融資やローン全般の大原則であり、デメリットでもあります。どれだけ資金調達が必要でも、それぞれのローンや融資ごとに設けられた条件や審査基準を満たしていなければ、審査落ちするのです。審査落ちすると、当然ですがお金を貸してもらえません。

審査落ちにはいくつかの理由があります。

信用情報に金融事故歴(滞納など)が記録されていることによって審査落ちすることもあれば、過去の同社のサービス利用状況を踏まえて「ローンの利用は認められない」と判断されることもあります。そもそも、ビジネスローンの利用条件を満たしていないのに申し込んでしまい、審査落ちするということもあるのです。

ローンの審査条件を満たしていないのに申し込んで審査落ちすることがあるのか?

そんな単純なミスがあり得るのか?

多くの人は疑問を持つことでしょう。

実は、ビジネスローンではよくあることなのです。

ビジネスローンの利用条件を満たしていないのに申し込んで審査落ちするケースのひとつに、「法人を対象にしたビジネスローンに個人事業主が申し込んでしまう」というケースがあります。

法人が対象なのに個人事業主が申し込んでしまうと、そのビジネスローンの利用条件自体を満たしていないわけですから、申し込みではねられてしまうというわけです。

また、ビジネスローンを含め融資やローンでは、返済能力が重要です。

ビジネスローンは銀行融資より借りやすいといわれていますが、貸す側の会社も慈善事業ではありませんから、「あきらかに返済できないだろう」という個人事業主や中小企業には貸してくれません。

ビジネスローンは審査や条件をパスしていないと借りられない。当たり前のことですが、資金調達に確実性がないため、デメリットのひとつになります。

デメリット②銀行より借入可能額が少ない

ビジネスローンは、会社やローンごとに借入可能額が違っています。借入可能額の上限は数百万円ほどにしている会社も多く、平均して銀行融資よりも借りられる額が少なめです。多くても、最大融資してもらえて1,000万円ほどというビジネスローンも少なくありません。

ビジネスローンは原則的に担保や保証人が不要です。いざというときに回収できる担保がないからこそ、金額を小さめに設定するのが基本です。

最大借入可能額が1,000万円でも、必ず1,000万円貸してもらえるとは限りません。ビジネスローン会社に1,000万円の融資を希望しても、ビジネスローン提供側の判断で「期待に沿えません」と判断されることも、よくあることなのです。

担保や保証人が原則的に不要であり、迅速に借りられる。ビジネスローンのメリットがデメリットとして働いてしまうわけです。

たとえば新規事業でかなりのまとまった額が必要である。銀行融資が駄目だったので、ビジネスローンを頼ろう。・・・そう思っても、ビジネスローンだと借入可能額が小さすぎて、まとまった金額を借り入れても到底足りない。ビジネスはお金がかかるものだからこそ、このようなケースもあり得るのです。

デメリット③銀行より金利が高めに設定されている

ビジネスローンは銀行融資などより金利が高めに設定されているケースがよくあります。

ビジネスローンは借り入れ金額が多めになりがちですから、一般的な少額を借り入れるカードローンなどよりは金利設定が低めになっていることが多いといえます。しかし、銀行融資などよりは金利設定が全般的に高めになっていると知っておく必要があるのです。

ビジネスローンは銀行融資より金利が高めであるということを考慮して使う個人事業主や中小企業もあります。

ビジネスローンで用立てるのは短期的な資金。長期的な資金は、銀行融資など他の金利が低めなサービスを利用する。このように、ビジネスローンは短期の資金調達などに利用し、金利負担を可能な限り軽減するための計画を立てて使っているケースがあります。

デメリット④事業計画書や決算書などが必要

ビジネスローンを借りるときは担保や保証人は不要ですが、それでも「何もいらない」というわけではありません。ビジネスローンやサービス利用者が誰かによって変わってきますが、ある程度の必要書類の提出を求められます。

必要書類の一例は、 本人確認書類や収入証明書、納税証明書、決算書、登記事項証明書、事業計画書など。会社か個人かによっても変わってきます。ビジネスローンの借り入れに際しての審査は、提出された必要書類などをもとに行われるのです。

ビジネスローンは担保や保証人が原則不要というメリットがありますが、それでも「申し込めばそれでOK。借りられる」というわけではないということですね。

日頃から書類の整理をしっかりしておかないと、借り入れ時に「必要書類がない」と慌てることになりかねません。事業資金の調達で必要になりがちな書類は、しっかり置き所を覚えておくようにしましょう。

デメリット⑤銀行と縁を作りにくい

ビジネスローンはノンバンクが中心のサービスです。銀行などでも扱っているケースはあるのですが、全般的にノンバンクの方が強いローンになります。よって、ビジネスローンばかり利用していると「銀行と縁を作り難い」というデメリットがあるのです。

銀行融資は事業資金調達だけでなく、銀行と縁を深めるという点でも重要になります。銀行融資の貸し借りや申し込み、相談などを通じて銀行と仲を深めることになるからです。

銀行と仲の良い会社と、銀行とほぼ縁のない会社。いざというとき資金繰りに困ったら、銀行はどちらを助けるだろうか考えてみてください。

銀行の口座などは取引にも使うでしょう。金融機関は事業活動に欠かすことのできない存在です。仲良くしておいて損はありません。

ビジネスローンを使っても銀行融資に目を向け、銀行との「仲」についてはよく考えておく必要があります。

デメリット⑥利用対象が限定されていることがある

ビジネスローンには、利用対象が限定されていることが多いというデメリットもあります。

たとえば個人事業主が非常に条件の良いビジネスローンを見つけたとします。しかし、利用条件を見てみると、会社(法人)になっており、個人事業主は利用が難しいようでした。

ビジネスローンの中には「法人中心」というローンや「個人事業主もOK」など、利用対象が限定されているタイプがあります。法人のみ利用のビジネスローンは、基本的に個人事業主は対象外になってしまうのです。

ビジネスローンを利用するときは、自分がそのビジネスローンの利用対象になっているか確認することが重要です。

資金調達という目的があるため、借入可能額や金利などに目が向きがちですが、借り入れの対象についても忘れずにチェックするようにしましょう。

利用対象の判断が難しい場合やわからない場合は、そのビジネスローンを扱っている会社に問い合わせをしてから申し込むことをおすすめします。

ビジネスローンを選ぶときの注意点

ビジネスローンを選ぶときに注意したいポイントは「他の資金調達方法と比較して決めること」です。

ビジネスローンのメリットデメリットでは基本的に銀行融資を中心に比較してお話ししましたが、資金調達方法は他にもあります。

事業資金であれば、担保融資やファクタリングなどが資金調達方法としてよく使われています。 最初からビジネスローン一本で決めず、担保融資やファクタリングなどとも比較して決めるようにすると、より柔軟な資金調達が可能です。

担保融資とは、不動産や動産などを担保にしてお金を借りるサービスです。担保を用意するため、借入可能額が比較的大きく、返済も長期的にできるというメリットがあります。

ファクタリングとは、会社や個人事業主の有する債権をファクタリング会社に譲り渡し、資金調達する方法です。債権の早期現金化や不払いのリスク対策などとして使われる方法になります。

売掛金債権のファクタリングなどは、中小企業の資金調達方法としてよく利用されているのです。

ファクタリングについては、基礎知識を別記事にまとめました。資金調達の際に参考にしてください。

 

 

ビジネスローンの選び方も別記事にもまとめています。

ビジネスローンを選ぶ際はメリットとデメリットの他に、別記事の選び方も参考にしてください。

 

最後に

ビジネスローンにはメリットデメリットがあり、資金調達の際はメリットデメリットを意識してビジネスローンの利用を検討することが重要です。

ビジネスローンには銀行融資より貸してもらいやすい、迅速に資金調達できる、などのメリットがあります。対して、金利が高めである、審査を要するなどのデメリットもあるのです。

ビジネスローンのメリットだけを見ず、デメリットも見る。ビジネスローンを検討するときは、メリットデメリットのどちらも確認する。自分や自社にとってメリットデメリットどちらが重要か考える。資金調達は事業のベースになることですから、冷静に検討したいですね。

ビジネスローン以外にも、ファクタリングなどの資金調達方法があります。資金調達のときはファクタリングなどの他方法とも比較し、より良い方法を選びましょう。

 

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

 

▼【最新版】ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

▼審査が早いファクタリング会社はどこ?急ぎの資金調達にスピード対応の業者を比較

 

クリックしてファクタリング業者をいますぐ比較する!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。