即日OKビジネスローン企業10選【2020年8月最新版】

すぐに事業資金が必要だ

即日対応しているビジネスローン会社を探している

個人事業主や中小企業の経営者には「すぐビジネス資金が必要だ」ということも少なくないはずです。

ビジネスはタイミングも重要です。加えて、新型コロナウイルスの影響で日本政策金融公庫の融資が混雑しているという話を耳にして「待っていられない」と困っている個人事業主や中小企業の経営者もいるのではないでしょうか。

借りられればいいのではなく「すぐに借りたい」というニーズを持つ個人事業主や中小企業の経営者もいるはず です。

この記事は、即日OKのビジネスローン企業の情報をまとめました。

「すぐに即日OKビジネスローンで資金調達したい」「急いで事業資金が必要」という方に、即日OKビジネスローン企業をご紹介します。合わせて、即日OKビジネスローンを選ぶときの基礎知識や注意点についても説明します。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、 事業資金を調達できる融資サービスのひとつです。

住宅ローンは住宅などの不動産取得に使うローンです。カーローンは自家用車の取得を目的にしたローンですね。ビジネスローンは名前通り、個人事業主や中小企業の経営者がビジネスに使う資金調達を目的にしたローンなのです。

ビジネス資金といえば銀行の融資を連想するのではないでしょうか。ビジネスの資金調達方法には、銀行融資以外の方法もあります。それがこの「ビジネスローン」です。

ビジネスローンはノンバンクが主力商品にしており、原則的に担保や保証人なしで借り入れできる資金調達方法になっています。

ビジネスローンの借り入れ目的は「ビジネスのため」であれば、厳密に定められていないという特徴もあります。すでに安定しているビジネスの資金にもできますし、新規事業の運転資金にすることも可能です。

さらに、多くの必要書類を提出した上で時間をかけて審査する銀行融資よりも借り入れの基準が低めに設定されているため、個人事業主や中小企業もビジネスローンなら借りやすいという特徴があります。

銀行融資を断られた中小企業なども、ビジネスローンなら借りられることが多いのです。

ビジネスローンの種類は2つ

ビジネスローンは大きくわけて2つのタイプがあります。

ひとつは ビジネス融資型。これは、一括で大きなビジネス資金を借り入れて、借りたぶんを少しずつ返済するタイプのビジネスローンです。

もうひとつはカードローン型 。カードローン型は、個人がよく利用するカードローンのように、枠内で好きに貸し借りができるタイプのビジネスローンです。

ビジネスローンを借りるときは、検討しているビジネスローンのタイプにも着目する必要があります。

 

ビジネスローンのタイプについては、別記事にまとめています。参考にしてください。

 

ビジネスローンの借り入れ条件

ビジネスローンの借り入れ条件にはさまざまあります。会社やビジネスローンによって借り入れの条件が異なるため、注意が必要です。

ビジネスローンの条件は、ビジネス資金です。あくまでビジネスの範囲内で使う資金の借り入れが主な条件 になっています。

他によくあるビジネスローンの条件は、「法人のみ」「個人事業主OK」などです。

事業を回しているのは法人の場合もありますし、個人の場合もあります。しかし個人は法人ではないケースがあるため、法人が対象になっているビジネスローンの借り入れは条件的に難しいことになるのです。たとえビジネスのためであっても、法人対象のビジネスローンは個人対象外になります。

このようにビジネスローンには、提供している会社やサービスごとに条件が定められています。ビジネスローンの申し込みをする前に、申し込もうとしているビジネスローンの条件をしっかりと確認しましょう。

即時OKビジネスローン企業を選ぶときの注意点

即日OKのビジネスローンを提供している企業をご紹介する前に、ビジネスローンを選ぶときの注意点についても解説します。

  1. 申し込みのときに即日OKビジネスローン企業か確認する
  2. 即日OKビジネスローン企業の融資対象を確認する
  3. 即日OKビジネスローン企業には早い時間に申し込む
  4. 即日OKビジネスローン審査について知っておく
  5. 即日ビジネスローン融資が通らなかったときの対策をする
  6. ビジネスローンの即日融資と即日審査の違いを理解する
  7. 念のために即日OKビジネスローンの混雑状況も確認を
  8. 念のために即日OKビジネスローンの混雑状況も確認を

7つの注意点はビジネスローンの即日融資を成功させるためにも重要なポイント。ビジネスローンを選ぶ際の基礎知識にもなるので、忘れずに7つの注意点を確認してください。

申し込みのときに即日OKビジネスローン企業か確認する

ビジネスローンの中には即日OKのものと、即日は難しいものがあります。

ビジネスローンはノンバンクから銀行まで各社がいろいろな借入可能額や条件で提供しています。条件や融資可能額などが異なる他、審査スピードも会社によってかなり違っています。

対面で相談をしてからある程度の時間をかけて審査する会社もあれば、スコアリングシステムなどを用いて瞬時に審査結果をはじき出す会社もあるのです。

全体的にスコアリング審査を使っている会社の方が審査結果を出すまで早く、即日OKビジネスローンを提供しているケースが多くなっています。

スコアリングシステムはシステムの構築や維持管理にお金がかかります。そのため、ある程度大きな会社が利用しているケースが多いといわれているのです。

大手の消費者金融などで「即日融資」などの言葉をよく耳にすると思いますが、これはその会社がスコアリングシステムを利用して審査しているから。維持管理できるだけの大手だからということですね。

ビジネスローンの審査も対面などを用いる会社より、スコアリング審査の方が結果を出すまで早めです。スコアリングシステムは維持管理にある程度のお金がかかるため、大手でよく使っています。だからこそ、ビジネスローンで早く融資してくれるものを探したいなら、大手消費者金融などから見て行くのもひとつの方法です。

ビジネスローンと一言でまとめても、審査スピードや使っている審査方法は会社それぞれです。ビジネスローンを申し込む前に、希望するビジネスローンが即日OKビジネスローンなのかよく確認しておきましょう。

審査結果が出るまでどれくらいかかるか不安な場合は、先に担当窓口などに問い合わせし、審査結果が出るまでの目安などをきいておくと安心です。

即日OKビジネスローン企業の融資対象を確認する

即日OKビジネスローンという言葉の「即日」の部分だけ確認して急いで申し込みをする人がいます。

申し込みをしても融資対象になっていないと、審査や確認の時点ではじかれてしまいます。即日OKビジネスローンの申し込みをするときは、申し込み前に必ず融資対象を確認しましょう。

即日OKビジネスローンの融資対象は「法人のみ」「自営業者OK」「個人事業主は利用不可」「業績〇年以上」など、ビジネスローンによって違っています。たとえば個人事業主が「法人のみ」のビジネスローンに申し込んでも、当然ですが融資してもらうことはできません。

即日OKという言葉だけで申し込みを決めず、自分の業態でそのビジネスローンを申し込めるかを必ず確認する必要があります。間違って申し込んでしまうと、それだけ時間ロスしてしまい、資金調達自体が遅くなってしまうのです。

即日OKビジネスローン企業には早い時間に申し込む

即日OKビジネスローン企業で即日手続きに移ってもらうためには、早い時間に申し込んだ方が安全 です。遅い時間に申し込むと、即日OKでも、即日対応できないことがあります。

たとえば、A企業の即日OKビジネスローンへ18時に申し込みました。A企業は対応を17時までとしています。これでは、即日対応してもらうことはできません。

即日OKビジネスローンを掲げている企業でも、時間外に申し込まれた分をその日のうちに対応することなどできません。終業ぎりぎりに申し込まれた分も同様です。即日OKビジネスローン企業も、24時間すべての申し込みに即日を約束しているわけではありません。

即日対応してもらうためには、その日の早い時間のうちに申し込むことをおすすめします。午前中のうちの申し込みが安全です。具体的に何時まで対応してもらえるか不安な場合は、申し込み送信前に窓口に確認しておくことをおすすめします。

即日OKビジネスローン審査について知っておく

ビジネスローン審査についてあらかじめ知っておくことも、即日対応してもらうためのポイント です。

審査のときに時間がかかってしまうのは、「不備」や「記載ミス」など。ビジネスローンの申し込み者に書類不備や記載ミスについて連絡を取らなければならないため、それだけ審査や手続きが遅れてしまいます。

この他に、審査にどれくらい時間がかかるか知っておくこと等も重要です。

ビジネスローンの融資希望先が審査にどれくらい時間をかけるかを知っておけば、手続きから逆算してある程度余裕を持って申し込みできます。慌てて準備せずに済む分、不備や記載ミスもなくせるはずです。

即日ビジネスローン融資が通らなかったときの対策をする

即日OKビジネスローン融資を申し込んでも、「融資可能」という結果が出るまでは安心できません。

ビジネスローンは銀行融資より審査ハードルが低く、中小企業や個人事業主なども借りやすいといわれています。しかし、審査がある以上、絶対はあり得ません。申し込んでも審査で落とされてしまう可能性があるのです。

ビジネスローン提供側の企業も、個人事業主や自営業者が深刻な赤字で、返済が極めて難しい場合は融資を留まる可能性があります。

 

赤字の場合のビジネスローンの申し込みについては別記事で触れています。赤字でも借りられるの?不安な人はこちらの記事も確認してみてください。

 

即日OKビジネスローンを申し込むときは、別の資金調達方法も考えておく必要があります。 別の資金調達方法としては、ファクタリングなどがあります。

また、ビジネスローンだけで資金調達できなかったときのことも考えておく必要があります。たとえば500万円必要なのに100万円しか融資してもらえなかったケースです。このようなケースでも、ファクタリングなど別の資金調達方法を考えておきましょう。

ビジネスローンの即日融資と即日審査の違いを理解する

ビジネスローンには「即日融資」の他に「即日審査」と宣伝しているタイプもあります。即日融資と即日審査は同じで、即日審査も「その日のうちに貸してもらえるビジネスローン」だと解釈してOKなのでしょうか。

実は、即日融資と即日審査はまったく違います。

即日融資は「基本的に即日に融資してもらえるタイプ」のビジネスローンですが、即日審査は「審査は即日行うが、実際の融資は別の日になる可能性がある融資」を意味します。即日審査の場合は、審査結果が即日わかるタイプだということです。

即日資金調達したい場合は、基本的に「即日融資」や「即日利用」のビジネスローンを申し込むことをおすすめします。「即日審査」のビジネスローンについては、審査後の融資がいつ頃になるか確認してから申し込んだ方が無難です。

急いで資金調達したい人にとっては、即日融資と即日審査の違いは重要になります。間違えないようにしてください。

念のために即日OKビジネスローンの混雑状況も確認を

新型コロナウイルスの影響により、中小企業などが金融機関や日本政策金融公庫などに融資の相談に足を運んでいる話は有名です。テレビやニュース、ネット媒体などでも取り上げられました。

ビジネスローンを扱っている会社の中も、新型コロナウイルスの影響を受けて、ローンや融資相談で混雑している可能性があります。すべてとはいいませんが、影響を受けている会社もあるかもしれません。

新型コロナウイルスの影響で急を要する資金調達の必要性が生じ、ビジネスローンの審査数も増えている可能性があるため、注意が必要です。

即日OKビジネスローンで資金調達したいということは、資金調達自体を急いでいるということではないでしょうか。即日OKビジネスローンも混雑状況によって対応が遅れる可能性があります。

極めて急を要する資金調達の場合は、混雑状況を確認しておくことをおすすめします。

即日OKビジネスローン企業10選

ここからは即日OKビジネスローン会社の特徴や金利などを、ポイントをおさえてご紹介します。

①   プロミス「自営者カードローン」

消費者金融大手であるプロミスが提供しているビジネスローンです。プロミスは名の知れた会社ですし、借り入れ先としても有名な会社です。知名度による安心感は大きいものでしょう。

プロミスの「自営者カードローン」は、基本的に即日OKなビジネスローンになります。プロミスは消費者金融の中でも店舗数が多いため、申し込み前に話を聞いておきたいときも有用です。

プロミス「自営者カードローン」の特徴

プロミスの「自営者カードローン」の特徴は、主な借入対象を自営業者にしています。法人対象のビジネスローンも多い中、自営業者が使えるという点でメリットのあるローンです。

名前通りカードローンタイプのビジネスローンになりますから、必要なときに借りてすぐに返済するなど、使い方は自営業者の自由。困ったときのために枠を作っておくだけでもOKです。

融資額は300万円まで。事業資金の他、比較的柔軟な使い方ができます。借り入れ金利は6.3%~17.8%(実質年率)です。

 

プロミスの公式サイトはこちらをチェック

 

プロミスの詳しい記事はこちら

 

 

②   アコム「ビジネスサポートカードローン」

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループのグループ会社です。

消費者金融としても有名な会社ですね。三菱UFJフィナンシャル・グループのメンバーということで、借り入れの際の安心感はかなりのものです。借り入れの際に安心感を求める人には特におすすめのビジネスローン になります。

アコム「ビジネスサポートカードローン」も、即日OKビジネスローンのひとつです。

アコム「ビジネスサポートカードローン」の特徴

アコム「ビジネスサポートカードローン」は1~300万円の範囲で融資してもらえ、実質年率12.0%~18.0%になります。 融資対象は個人事業主です。法人のみ対象のビジネスローンも多い中、個人事業主に融資してくれるところがうれしいですね。

アコム「ビジネスサポートカードローン」には、面白い特徴もあります。

アコムの他のカードローンを利用している人は、このビジネスカードローンの切り替えを申請できるのです。切り替えの際には審査が必要ですが、アコムと取引がある人は、切り替えなどのかたちで対処できる可能性があります。

ビジネスローンとしてのタイプはプロミスと同じで、枠内で自由に借りられるカードローンタイプです。

 

アコムの公式サイトはこちらをチェック

 

③   オリックス・クレジット「オリックスクラブカード」

 

オリックス・クレジット「オリックスクラブカード」も即日融資が可能なビジネスローンです。

オリックス・クレジットはオリックス株式会社の子会社です。消費者金融の大手でもありますね。大手だからこその安心感と、オリックス株式会社が背後についているからこその安定感がある会社です。借り入れ先に安心感や安定感を求める人におすすめのビジネスローンになります。

オリックス・クレジット「オリックスクラブカード」には、急いで資金調達したい人にうれしい特徴があります。

オリックス・クレジット「オリックスクラブカード」の特徴

オリックス・クレジット「オリックスクラブカード」の最大の特徴は、24時間365日、即時振込を徹底しているところです。

ビジネス資金はいつ必要になるかわかりません。「月曜まで待ってください」といわれると、その間に大切なビジネスチャンスを逃すかもしれません。オリックス・クレジット「オリックスクラブカード」は365日24時間対応ですので、申し込みさえ済ませておけば、必要になったら即座に利用できるのです。

申し込みは、平日14時30分までなら、最短で即日利用可能になっています。コンビニATMでも利用できますから、わざわざ金融機関まで足を運ぶ必要もないのです。

契約枠は500万円、年利は6.0%~17.8%になります。

 

オリックスクラブカードの公式サイトはこちらをチェック

 

④   ユニーファイナンス「ビジネスローン」

ユニーファイナンスという会社名を耳にしたことのない人もいるかもしれません。

ユニーファイナンスは消費者金融の中でも地域密着型で、名古屋を拠点にした会社です。店舗などは名古屋中心で展開している消費者金融になります。

ユニーファイナンスは2種類のビジネスローンを扱っており、手続きスピードによっては即日融資してもらえる可能性があるのです。

ユニーファイナンス「ビジネスローン」の特徴

ユニーファイナンスのビジネスローンの中には、比較的審査に時間がかかるタイプの「スーパービジネスローン」と、迅速な対応が人気の「ビジネスローン」の2種類 があります。

ビジネスローンとスーパービジネスローンの違いは貸付金額です。ビジネスローンは200万円までの融資になりますが、スーパービジネスローンは100万円~1,000万円になります。

ユニーファイナンスは14時までに審査完了した人は、新規を除き原則的に当日中の振り込みです。

ただし、土日祝日が入るとこの限りではありません。「新規の場合を除き」という文言がありますので、新規の方は入金について念のために確認することをおすすめします。



ユニーファイナンスでビジネスローンを申し込む

 

 

⑤   アイフルビジネスファイナンス株式会社「ビジネスローン」

アイフルビジネスファイナンス株式会社はもともと「ビジネクスト」という社名を使っていました。2020年7月にビジネクストから親会社の名前が入った「アイフルビジネスファイナンス株式会社」に社名変更しています。

アイフルビジネスファイナンスでもビジネスローンを扱っており、最短で即日融資が可能です。親会社であるアイフルも消費者金融大手ですから、サービス利用の際の安心感は大きいですね。

アイフルビジネスファイナンス株式会社「ビジネスローン」の特徴

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、法人と個人事業主どちらも使えるタイプです。

融資額は50万円~1,000万円。最短即日融資のビジネスローンの中では融資可能上限がかなり大きいタイプになっています。 金利は3.1%~18.0%です。保証人や担保は原則的に不要になっています。

申し込みや必要書類はネットから手続きできるため、急ぐ方はネット手続きをおすすめします。

 

アイフルのビジネスローンはこちらをチェック

 

▼アイフルの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。

 

⑥   ニチデン「事業者ローン」

ニチデンは大阪や奈良などの関西地方を中心にしている地域密着型の消費者金融です。設立50年以上の老舗会社でもあり、ビジネスローンから学生ローンまで幅広いサービスを提供していることに定評があります。

ニチデンは金額や審査状況、条件によりますが、即日対応が可能な場合があるのです。

ニチデン「事業者ローン」の特徴

ニチデンの事業者ローンの融資額は1億円までになります。金利は4.8%~17.52%。小口資金から大口資金まで対応可能 です。返済が最長20年の長期返済ができるところも魅力ではないでしょうか。

ニチデンは利用地域を大阪や京都、兵庫など、指定地域が限定的です。指定された地域以外は対応外となりますので、申し込みの際は注意してください。

また、トップページに即日融資と記載がありますが、金額や審査状況によっては即日融資が難しい可能性があります。急いでいるときは、念のために問い合わせておくことをおすすめします。

 

ニチデンのビジネスローンで、まずはお問い合わせをしてみる

▼ニチデンについての詳しい記事はこちら

⑦   株式会社オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」

株式会社オージェイは、東京都を拠点にしている貸金業者です。個人向けの融資と法人向けの融資を扱っています。

株式会社オージェイのビジネスローンは、法人または個人事業主が融資対象です。審査状況などにもよりますが、オージェイのビジネスローンも即日融資してもらえます。

株式会社オージェイ「無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)」の特徴

オージェイのビジネスローンは個人事業主と法人が利用可能 です。30万円~2,000万円が融資額になります。金利は10%~18%。

担保や保証人は原則不要のビジネスローンですが、審査の際の判断によっては担保を求められる可能性があります。

担保を求められた際は、不動産や動産、売掛債権などが担保として必要です。なお、法人の場合は保証人が必要になります。

 

オージェイのビジネスローンはこちらをチェック

 

⑧   アクトウィル株式会社「ビジネスローン・事業資金融資」

アクトウィル株式会社は、ファクタリングなどを中心に金融・融資系サービスを提供している会社です。アクトウィルは法人向けサービスに強みを持っており、法人対象のビジネスローンも扱っています。

アクトウィルのビジネスローンは午前中までの申し込みで、即日融資してもらえる可能性があります。

アクトウィル株式会社「ビジネスローン・事業資金融資」の特徴

アクトウィルは法人向け融資の中でも中小企業のサポートに特化しています。 ビジネスローンも中小企業向けで、対象は年商5,000万円以上の法人です。融資額は100万円~1億円。年利は7.50%~15.00%になります。

保証人や担保は原則的に不要ですが、法人契約になるため、代表者の連帯保証が必要です。つなぎ融資や銀行債務返済など、幅広い用途で利用できます。

 

アクトウィルのローンは公式サイトをチェック

 

⑨   株式会社ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

ファイナンスリースやビジネスクレジットを手がけるスモールビジネスパートナーは、法人または個人事業主用のビジネスローンも提供しています。

ただし、ビジネスパートナーのビジネスローンは即日融資タイプではなく、即日審査タイプです。入金は翌日以降でも良いが、早めに審査結果を知りたい。資金調達に少し余裕がある。このようなケースでは、使いやすいビジネスローンのひとつです。

株式会社ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の特徴

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは50万円~500万円が融資金額になります。追加融資は10万円単位で可能。金利は9.98%~18%です。担保や保証人は原則不要ですが、法人の場合は代表者の連帯保証が必要になります。

契約さえ結べばセブンイレブンのATMで24時間借り入れ可能ですが、契約の際は最短で即日審査になっているため注意が必要です。即日融資ではありませんが、対応は速めになっています。

 

スモールビジネスパートナーの公式サイトはこちらをチェック

 

⑩   三鷹産業株式会社「ビジネスローン」

関西地方を主なエリアにしている三鷹産業株式会社もビジネスローンの扱いがあります。

三鷹産業株式会社のビジネスローンは大阪や和歌山などの関西が取引可能地域です。エリアは限られてしまいますが、即日審査・即日融資に対応しているビジネスローンになります。

三鷹産業株式会社「ビジネスローン」の特徴

三鷹産業のビジネスローンは、中小企業または個人事業主が利用でき、融資可能額は50万円~1,000万円になっています。 実質年利は、100万円以上は 6.00%~15.00%。100万円未満は6.00%~18.00%です。

審査によっては保証人や担保が必要になることがあるため、注意してください。法人の場合は原則的に代表者が連帯保証人になる必要があります。

審査は原則的に当日中に行い、手続きがスムーズに進んだ場合は即日融資もできます。

 

三鷹産業の公式サイトはこちらをチェック

 

即日OKビジネスローンで資金調達するときのポイント

即日OKビジネスローンで資金調達するときのポイントは、「迅速な資金調達が目的であることを忘れないこと」です。

最終的に迅速な資金調達ができれば、目的達成できるのではないでしょうか。迅速な資金調達のためにも、方法をビジネスローン一本に絞らず、いろいろな方法を検討してみてはいかがでしょう。

ビジネスローン以外の資金調達方法としては、ファクタリングなどがあります。

ファクタリングとは、売掛金債権などをファクタリング会社に譲り渡し、現金化する方法です。借り入れではなく、あくまで債権の売買・譲渡になります。そのため、ファクタリングは返済や金利が発生せず、信用情報にも影響を及ぼしません。

ファクタリングは会社や個人事業主の資金調達によく使われています。近年は給与ファクタリングなどの個人向けのサービスも登場し、個人用の迅速な資金調達方法として注目されています。

 

ファクタリングについては、基礎知識やファクタリングおすすめ会社を別記事にまとめました。

 

 

 

 

ビジネスローン選びはあくまで資金調達のためです。他にも迅速に資金調達できるファクタリングなどの方法がありますので、比較した上で、より良い資金調達方法を選びましょう。

最後に

即日OKビジネスローン会社のビジネスローンは、緊急の資金調達に便利です。

ただ、即日OKビジネスローン会社で資金調達するときは、注意したい点があります。「即日融資」と「即日審査」は同じ「即日」ですが異なっているということなど、間違えないように注意してください。

迅速に資金調達する方法には、即日OKビジネスローンを利用する以外に、ファクタリングを使う方法もあります。ファクタリングなどの他の方法と比較して、より迅速に資金調達できる方法を選びましょう。

 

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

 

▼【最新版】ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

▼審査が早いファクタリング会社はどこ?急ぎの資金調達にスピード対応の業者を比較

 

クリックしてファクタリング業者をいますぐ比較する!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。