記事更新日:

西日本エリアでおすすめのファクタリング会社は?特徴や注意点を解説

全国にあるファクタリング会社ですが、西日本エリアのファクタリング会社は東日本エリアと違う傾向があるようです。

今回はこの記事で、西日本エリアのファクタリングサービスの特徴や、おすすめのファクタリング会社をご紹介します。また、ファクタリングサービスを検討する際に知っておきたい注意点についても解説します。

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ20業者比較

西日本エリアのファクタリング会社の特徴

西日本エリアは大阪や福岡を中心にファクタリング会社が存在し、東日本エリアに比べ丁寧で、柔軟な対応が期待できる業者が多いといわれています。

例えば提出資料が足りない場合に代替書類で対応してもらえるケースや、急ぎの資金調達にも対応してもらえる場合があるなどです。また、少額の資金調達もできるファクタリング会社も多いようです。

西日本エリアでおすすめのファクタリング会社

西日本にはさまざまなファクタリング会社があります。今回は西日本エリアに特化したファクタリング会社や、西日本に拠点を置く全国対応の業者などをご紹介します。

PayToday

引用:PayToday

AIを活用したPayTodayは、与信判断が非常にスピーディーです。インターネットを活用したシステムは、全国に対応しつつ迅速な対応が可能となっています。インターネットでの操作に慣れている方なら、非常に取引しやすい設計となっているでしょう。詳しい会社概要は下記のとおりです。

【PayTodayの概要】

手数料 1~9.5%
取引形態 2社間
スピード 最短即日
拠点 東京
対象者 法人、個人事業主(業種不問)
対応エリア 全国
電話番号 03-6721-0799
営業時間 平日10:00~17:00

PayTodayでは契約をオンラインで完結させるため、訪問や来店がありません。利用する際のハードルが低く、思い立ったら利用できるのが強みです。(郵送やFAXでの受付は非対応)

状況次第では、電話で話を伺う場合もあります。しかしほとんどオンライン上で完結するため、お互いに負担が少ないシステムです。また与信判断時にはAIを活用しているため、申し込みも含め入金まで最短1日も実現できます。

さらに利用時は嬉しい、業界最低水準の手数料を採用。なぜこの最低水準が実現できるかと言うと、確実性の高い債権のみに絞っているためです。結果としてデフォルト率の低減を図れており、この手数料を維持できています。

競合他社で見積もりを取ると、10~20%の手数料を提示されるケースも多いです。しかしPayTodayでは上限を9.5%に設定しています。事前に提示額がわかっており、上限も決まっているので非常に利用しやすいです。

取引先への通知が行くのは嫌だという方も、2社間ファクタリングを採用しています。返済期日が守られれば確実に通知はありません。

AIを活用したインターネットでの契約!バナーリンクをクリックでPayTodayをチェック

TRY

TRYの強みは、専門の担当者がサポートをしてくれるところです。インターネットを利用した手続きはスムーズなものの、不安な方にとっては少し利用しづらい側面があります。しかし専門の担当者がサポートしてくれれば、いつでも安心して手続きを進められるでしょう。また資金繰りに困っている方でも、最短で1日のスピード現金化に対応しています。

【TRYの概要】

手数料 5%~
取引形態 2社間
スピード 最短即日
拠点 東京
対象者 法人、個人事業主(業種不問)
対応エリア 全国
電話番号 0800-333-9919
営業時間 24時間365日受付

TRYの相談窓口は、24時間365日の受付です。どんなタイミングでも悩んだ瞬間からすぐに相談できます。時間によってはスピード現金化に対応しているため、通常の融資と違いすぐに取引が完了。リスクがある借金ではありませんので、経営を圧迫することもないです。

2社間ファクタリングを行う契約となっているため、売掛先への連絡は一切行われません。誰かに知られるリスクもなく、スピード現金化によって悩める資金繰りも解決可能です。もし少し金額の大きい資金調達をしたい場合でも、業界では最低水準に近い5%~を採用

悩んだ状態でもファクタリングに特化した担当者がサポートしてくれるため、納得のいく決断が行えるはずです。まず相談するだけでも良いかもしれません。

親身に相談してから決めたい!バナーをクリックでTRYをチェック

西日本ファクター

西日本ファクターは福岡に拠点を持つ地域密着型のファクタリング会社です。主な会社概要は下記の通りです。

【西日本ファクターの概要】

西日本ファクターは対応エリアが西日本に限定される分、手数料が安いのが特徴です。取引形態も2社間、3社間を選ぶことができ、医療債権にも対応しているので、医療業でファクタリングを検討する場合も候補のひとつになるでしょう。

入金までのスピードは、 九州エリアであれば最短即日が可能です。ただし中国・関西エリアの場合は翌日になることもあるので注意しましょう。

また、3社間ファクタリングの場合は最高3,000万円まで買取が可能ですが、2社間の場合は最高1,000万円までとなっています。いずれにしても、どちらかというと少額の資金調達にはメリットがあるファクタリングサービスと考えられます。

西日本ファクターを利用する場合、2社間取引であればオンライン上で手続きが完了する、クラウド契約が可能です。2社間ということで取引先にも知られずにすみますし、クラウド契約なら完全非対面で時間をとられず手続きを進めることができるでしょう。

クラウド契約は西日本ファクターのWEBサイトから申し込みを行います。申し込み後、担当者から買取希望の請求書内容や、売掛先の情報などのヒアリングが行われ、本査定の申し込みフォームが届きます。

本査定申し込みフォームと請求書の送信をすると、見積もりと審査が行われます。審査完了後、手数料や契約条件について案内があり、問題がなければ契約へと進みます。

なお、西日本ファクターの場合、契約に際し、基本的に次の書類が必要です。利用する際は、事前に準備をしておくとよいでしょう。

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 2期分の決算書
  • 通帳コピー
  • 2期分の確定申告書
  • 取引先との基本契約書
  • 請求書等
  • 身分証明書・代表者の住民票等(提出を求められた場合)

西日本ファクターで無料見積もりを試してみる!

▼西日本ファクターの詳しい記事はこちら

 

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡に拠点を置き、大阪にも支店を持つファクタリング会社です。対応エリアは九州全域、中国、関西エリアまでカバーしています。トラストゲートウェイの概要は下記の通りです。

【トラストゲートウェイの概要】

トラストゲートウェイの特徴は、2社間、3社間取引だけでなく、医療業や運送業などの債権も取り扱っていることです。経営コンサルタントも兼業しているので、ファクタリングだけでなく経営改善の糸口を見つけられる可能性もあるでしょう。手数料も比較的リーズナブルであり、リピート率も高い傾向にあるようです。

買取金額は50万円と少額から、最大5,000万円まで可能となっています。個人事業主も利用できるので、幅広い事業者にとってファクタリングの選択肢のひとつになるでしょう。

トラストゲートウェイの利用は、オンライン契約が可能です。申し込みを検討する場合は、まず電話かWEBサイトから申し込みを行いましょう。その後担当者から希望調達金額などのヒアリングがあります。その後、正式申込フォームが送られてくるので入力し、請求書写真を貼付の上、返送しましょう。審査は提出した書類をもとに行われます。問題がなければ契約となります。



審査通過率95%!トラストゲートウェイで資金を得る!

 

ビートレーディング

ビートレーディングは東京と大阪、福岡、仙台に拠点を持つ全国対応のファクタリング会社です。主な概要は下記の通りです。

【ビートレーディングの概要】

ビートレーディングは大手ファクタリング会社のひとつということもあり、最短12時間で資金調達が可能とスピーディな対応がメリットの業者です。実績豊富であることから、過去の買取事例に基づき、優良債権については安い手数料で対応してもらえるケースもあるようです。

また、買取金額も30万円と少額から億単位の債権にも対応しているので、法人・個人事業主にとって心強い味方となるでしょう。取引形態も、2社間、3社間以外に診療報酬債権や介護報酬債権、Beトレペイメントなどに対応しているため、幅広い業種で活用できそうです。

ビートレーディングのファクタリングを利用する場合は、まず電話かメール、来社、出張のいずれかの方法にて問い合わせを行いましょう。その際、希望の調達金額や入金日について伝えます。なお、出張は全国無料で査定が受けられます。

問い合わせのあとは、WEBもしくはメール、FAXの方法から必要書類を提出します。基本的に提出が必要なのは、査定申込書と、通帳のコピー、入金予定の売掛金が確認できる契約書等です。その他、指示があった書類を準備し、提出しましょう。

資料提出後、早ければ30分ほどで買取金額の提示がありますので、問題なければ契約となります。契約方法は、対面以外に出張もしくは郵送の方法から選択が可能です。

入金までのスピードは、当日15時までに契約が完了した場合、即時振り込みが可能です。ただし、15時以降は翌日の入金となります。


 

ビートレーディングで電話問合せをしてみる!

 

▼ビートレーティングについての詳しい記事はこちらをご確認ください

アンカーガーディアン

アンカーガーディアンは、福岡を拠点にしたファクタリング会社です。大阪にも支店を持ち、西日本全体をカバーしているため、幅広い地域に対応している業者といえるでしょう。アンカーガーディアンの基本概要は下記の通りです。

【アンカーガーディアンの概要】

アンカーガーディアンのファクタリングは建設業や運送業、医療業などをはじめ、幅広い分野の債権に対応しているのが特徴です。法人だけでなく個人事業主も対象であり、売掛金が発生していれば起業したばかりの会社でも利用できるのもメリットのひとつです。さらに、ファクタリングサービス以外に、経営コンサルティング事業も行っていることから、財務相談や改善のアドバイスなどを受けることも可能でしょう。

また、アンカーガーディアンの手数料は、3社間取引で3~10%、2社間取引だと5~15%と比較的低い傾向にあります。2社間と3社間とで迷っている場合は、リスクの低い方の提案・アドバイスをしてもらうことも可能です。アンカーガーディアンは、売掛債権を適正な価格で100%の買取を目指しているので、他社からの乗り換えを検討している場合や利用する業者を一本化したい場合などは、相談してみるのもひとつかもしれません。

アンカーガーディアンを利用する場合は、電話もしくはWEBサイトのフォームから申し込みを行いましょう。WEBサイトのほうは、24時間申し込みが可能です。その後仮審査で、会社概要や希望買取金額などのヒアリングが行われます。

問題なければ本審査へと進み、登記簿謄本、通帳のコピーなどの必要書類を提出します。提出書類をもとに審査が行われ、問題なければ契約へ進み、指定口座へ入金されます。なお、取引は基本的に対面取引を原則としていますが、メールや郵送による手続きも可能です。


 

アンカーガーディアンで30秒無料診断を試してみる!

 

▼アンカーガーディアンの詳しい記事はこちら

 

PMGファクタリング

PMGファクタリングは東京に本店、大阪と福岡に支店を置き、ほぼ全国をカバーする大手ファクタリング会社のひとつです。主な概要は下記の通りです。

【PMGファクタリングの概要】

PMGファクタリングは、ファクタリングサービス以外に経営コンサルティング事業も手掛けています。必要であれば、ファクタリング以外の資金調達方法の提案やアドバイスを受けることも可能です。

また、PMGファクタリングはプライバシーマーク・ISO27001を取得しているのも特徴のひとつです。これは個人情報の管理されていることを示すものであり、ファクタリングを利用する上で信頼感につながるでしょう。ただし、公式サイトでは手数料の明記がなく、他の業者に比べ高めの可能性もあります。手数料については事前に確認しておくほうがよいでしょう。

PMGファクタリングを利用する場合は、まず電話かメール、FAXで申し込みが必要です。申し込み後、担当者から対象債権や売掛先の会社などについてヒアリングがあります。その後、必要書類を提出し、審査が行われます。問題なければ契約へ進み、口座への入金となります。なお、必要書類は下記の通りです。

  • 決算書
  • 入出金通帳など過去直近の取引入金が確認できる書類
  • 取引先との基本契約書
  • 契約書や請求書などの成因資料

ちなみに、PMGファクタリングのWEBサイトではファクタリング買取率のシミュレーションも可能です。また、無料資料請求もできるので、申し込み前にまずは問い合わせしてみるのもひとつです。

 

PMGファクタリングの公式HPをチェックする!

 

▼PMGファクタリングの詳しい記事はこちら

 

西日本エリアでファクタリングサービスを利用する際の注意点

西日本エリアにはたくさんのファクタリング会社がありますが、中にはいわゆる闇金業者など、悪質な業者も存在するのが実情です。そこで、ファクタリングを利用する際、注意したいポイントについても押さえておきましょう。

手数料が高すぎないか

悪質なファクタリング会社では、高額な手数料を取るというケースが多いようです。一般的にファクタリングの手数料は、2社間で10~20%程度、3社間で2~9%程度が相場とされています。

また、ファクタリングの手数料とは別に「司法書士手数料」や「ノンリコース手数料」など、別の手数料を請求するような悪質なケースもあるようです。提示された手数料が、相場より非常に高額な場合は注意したほうがよいでしょう。

事前の情報収集も大切

悪質な業者に引っかからないようにするには、事前の情報法収集も大切です。例えば口コミやホームページで評価や過去の実績についても確認するようにしましょう。

さらに、公式サイトがある場合は、運営実績や会社の規模が実際にその通りなのかについても確認するほうがベターです。できれば登記情報も確認し、公式サイトにある情報が正しいかについてもチェックするのがおすすめです。

まとめ

西日本エリアでは、全国対応のファクタリング会社以外に、対象エリアを区切ってサービスを提供している業者も多いのが特徴です。ご紹介した業者以外にも、関西や九州限定のケースもあり、地域密着型であるほど対象エリアが限られる分、柔軟で手厚い対応が期待できるかもしれません。

ただ、中には悪質な業者も混じっていることがあるので、利用する際はしっかりと事前に情報をチェックし、契約前は手数料などの内容を確認した上で利用するようにしましょう。

 

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

 

【2020年7月版】ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

ファクタリング会社比較&格付け 東京おすすめ業者12社【 2020年版】

 

【2020年】ファクタリング大阪おすすめ業者11比較格付

 

▼安心優良キャッシング会社10選!派遣、主婦、アルバイトも融資可能

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。