関東のファクタリング会社のおすすめは?関東エリアの特徴や注意点

関東エリアは東京を中心に、数多くのファクタリング会社が存在します。大小さまざまな業者が存在することで、少額の資金調達から大口債権の買い取りまで幅広い対応が期待できるでしょう。

今回は関東圏のファクタリング会社にどのような特徴があるのか、おすすめのファクタリング会社や利用時の注意点などについてご紹介します。

即日OK!おすすめのファクタリング業者はこちらの記事をご覧ください

関東エリアのファクタリング事情

東京を含む関東エリアは、 個人事業主向けの小口債権に強いファクタリング会社や、大企業専門の業者など、専門性が高いファクタリング会社が多いのが特徴です。

幅広い資金調達に対応しているケースや、専門を持つなど特色豊かな業者が多いのは、東京をはじめビジネスの拠点にされることも多いエリアであることも影響しているのでしょう。

業者数が多いことで選択肢も広がるため、手数料や入金までのスピードなど、自社にマッチするファクタリング会社を見つけやすい と考えられます。

また、経営コンサルティング事業を手掛けるファクタリング会社も多いため、資金調達だけでなく財務改善へのサポートを依頼することもできるかもしれません。

関東エリアでおすすめのファクタリング会社

業者数が多い関東エリアですが、大手ファクタリング会社が拠点を置くケースもよく見られます。今回は関東エリアで利用可能なファクタリング会社をいくつかご紹介します。

ベストファクター 当サイトからのお申し込みも多い!人気のファクタリング業者

ベストファクターは東京に本店、大阪に支店を置くファクタリング会社です。国内2大都市に拠点を置くことから実績も豊富で、顧客満足度も高いファクタリング会社といわれています。ベストファクターの主な概要は下記の通りです。

【ベストファクターの概要】

ベストファクターの特徴はx手数料が最低2%~と比較的安いことや、法人あての売掛債権があれば個人事業主でも利用可能というところです。買取金額も30万~1億円と幅広く、状況によっては最短即日の入金も可能なので、至急資金が必要なケースでも頼りになる存在といえるでしょう。

さらに、運営会社である株式会社アレシアは、コンサルティング事業も手掛けており、必要であれば経営面でのアドバイスも期待できます。なお、ベストファクターのファクタリングサービスは償還請求権なしの契約です。取引先が支払い不能となった場合も、弁済の必要がないのも利用するメリットのひとつと考えられます。

ベストファクターは無料出張による対面取引や、非対面取引も可能なので、遠方の場合も利用しやすいでしょう。申し込みはWEBサイトのメールフォームから問い合わせが可能です。申し込み後、折り返し担当者からヒアリングがあるので、希望金額や入金希望日等を伝えましょう。

申し込み後、必要書類をメールまたはFAXで送付します。必要書類は下記の通りで、WEB提出も可能です。書類をもとに審査が行われ、審査に通れば買取条件が提示されます。納得いく内容であれば、契約へと進みます。

契約後、請求書を発行・送付すれば指定した口座へ入金されますの。後日売掛金を回収後、ベストファクター側へ支払いをすれば、取引完了となります。

【必要な書類例】

  • 本人確認書類
  • 入出金の通帳
  • 取引先との契約関連書類
  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本

ベストファクターで無料買取診断を試してみる!

▼ベストファクターの詳しい記事はこちらをチェック

OLTA(オルタ) 完全オンライン完結でお手軽ファクタリング!

OLTA(オルタ)は「クラウドファクタリング」を提供しており、契約から入金までオンライン完結できるファクタリング会社です。全国対応なので、関東エリア全域の事業者で利用が可能です。OLTA(オルタ)の主な概要は下記の通りです。

【OLTA(オルタ)の概要】

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングでは、問い合わせから入金まで来店や面談の必要がなく、紙の書類提出も不要で、すべての手続きをインターネットで完了できるのが特徴です。入金までのスピードも速く、最短24時間以内で売掛債権の現金化が期待できます。個人事業主も対象となっているので、幅広い事業者にとって活用のチャンスがあるでしょう。ただし、買取金額の詳細は不明のため、大口債権は確認が必要です。

また、OLTA(オルタ)の設立は2017年と比較的新しいですが、三菱UFJグループのサポートも受けていることから、安全面にも信頼がおけそうです。2社間取引となるため、取引先にファクタリングサービスを利用していることを知られずにもすむでしょう。手数料の安さも魅力と考えられます。

OLTA(オルタ)の利用方法は、WEBサイトから必要書類をアップロードすることで審査が受けられます。提出するのは下記の書類です。書類提出後審査が行われ、24時間以内にメールで買取可否が知らされます。問題なければ、その後指定した口座へ入金されます。

【必要書類の例】

  • 本人確認書類
  • 売却する対象の請求書
  • 直近7カ月の入出金明細
  • 昨年度の決算書

 

ネットで簡単資金調達!OLTAで即日資金を得る!

 

▼当サイトでもおすすめするOLTAの詳しい記事はこちらをご確認ください

株式会社ウィット

株式会社ウィットは小口専門のファクタリング会社です。非対面契約が可能なので、関東エリアのどこに事業所があっても、スピーディな資金調達が期待できるでしょう。入金までのスピードは最短2時間ともいわれています。株式会社ウィットの主な概要は下記の通りです。

【株式会社ウィットの概要】

株式会社ウィットは小口専門であり、法人だけでなく個人事業主も対象としていることから、小規模事業主の資金調達にとって、心強い存在と考えられます。開業間もない事業者や、借入がある事業者なども、柔軟な対応をしてもらえる可能性があります。また、ファクタリング事業以外にコンサルティング事業も手掛けているので、経営全体のアドバイスを受けることもできそうです。

ただし、手数料については非公開となっているため、契約前に確認が必要です。信頼性が高い債権であれば5%程度の取引となるケースもあるようですが、条件によっては20%以上となる場合もあるようなので注意が必要です。なお、株式会社ウィットのファクタリングは償還請求権なしとなっています。

株式会社ウィットは非対面契約なので、申し込みは電話やWEBサイトからできるようになっています。申し込み後、仮審査に入ります。折り返し電話にてヒアリングがあるので、売掛先の取引先の情報や、希望金額などを伝えましょう。

仮審査に通過後、本審査となるので、求められた必要書類をメールや郵送、FAX等の方法で提出しましょう。WEBサイトに明確な記載はありませんが、一般的には下記の書類を提出することが多いので事前に準備しておきましょう。本審査に通過すれば契約へと進みます。

【必要書類の例】

  • 取引契約書
  • 売買契約書(債権譲渡契約)
  • 本人確認書類
  • 印鑑証明書
  • 会社実印
  • 決算書
  • 納税証明書
  • 登記簿謄本

ウィットの公式HPをチェックする!

ビートレーディング

ビートレーディングは東京に本店、大阪、福岡にも支店を持つ、大手ファクタリング会社です。法人、個人事業主にも対応しており、全国対応であることから知名度も高く、実績も豊富な業者のひとつといわれています。ビートレーディングの主な概要は下記の通りです。

【ビートレーディングの概要】

ビートレーディングは30万円~3億円と、小口から大口債権まで買取を行っており、2社間、3社間取引以外に診療報酬債権などにも対応しているのが特徴です。入金まで対応もスピーディで、状況によっては問い合わせから最短12時間でスピード入金が受けられるようです。原則として、書類提出から30分以内で条件の提示を受けられるようになっているので、急ぎで資金調達が必要な事業者にとって魅力的といえるでしょう。

ビートレーディングのファクタリングでは、まず電話、メール、来社、出張のいずれかの方法で、問い合わせを行います。出張は全国無料で査定が受けられるようになっています。問い合わせの時点で、希望金額や入金希望日についても伝えましょう。

問い合わせ後、下記の必要書類を提出します。提出方法は、WEBもしくはメール、FAXの手段が選べます。

【必要書類の例】

  • 査定申込書
  • 請求書や契約書等の成因証書
  • 通帳のコピー
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書

資料提出後、買取金額が提示され、問題なければ契約へと進みます。契約方法は、対面、出張もしくは郵送の方法が選べます。当日15時までに契約が完了した場合は即日入金が可能ですが、15時以降は翌日入金となります。

ビートレーディングで電話問合せをしてみる!

 

▼ビートレーティングについての詳しい記事はこちらをご確認ください

 

株式会社三共サービス

株式会社三共サービスは東京に拠点を置き、全国対応のファクタリング会社です。主な概要は下記の通りです。

【株式会社三共サービスの概要】

【参考】株式会社三共サービス:https://sankyo-fs.jp/

株式会社三共サービスの手数料については、公式サイトに明確な記載が見当たりません。ですが、WEBサイトのシミュレーションツールでは、3社間は1.5~5%、2社間は5~8%でシミュレーションが行われているようです。個人事業主が利用できないのはデメリットですが、利用者を法人に限定する分、手数料が安くなっているのではないかと考えられます。

さらに、通常は売掛金に応じて1~5万円の事務手数料がかかるところ、他社を含めファクタリングを初めて利用する場合は事務手数料無料のキャンペーンも行われています。ただし、事務手数料とは別に、登記手数料は発生します。

また、第一三共サービスは、ファクタリング事業以外にコンサルティング事業も行っています。元銀行員やノンバンク社員など、金融業界に精通したスタッフも在籍しているので、経営状況に合わせたサポートが期待できるでしょう。

第一三共サービスの利用方法は、まず電話や郵送、FAX、WEBサイトより相談、申し込みを行いましょう。その際、会社概要や売掛先の取引先等について簡単なヒアリングがあります。ヒアリングはFAX、メールでの回答も可能です。申し込み用紙はWEBサイトからダウンロード可能です。

審査には下記の書類提出が必要です。2社間取引の場合は、原則として債権譲渡登記も必要です。書類は基本的に来店、訪問など対面での受け渡しとなりますが、遠方の場合は郵送やメール、FAXによる送付も可能です。その後審査が行われ、買取条件について提示があります。問題なければ契約へと進みます。

【提出に必要な書類例】

  • 顔写真付きの身分証明書
  • 履歴事項全部証明書(コピー可)
  • 直近2期分の決算書
  • 売掛先への請求書
  • 契約書、発注書等の成因資料
  • 入出金の通帳等
  • 小切手帳、手形帳等
  • 納税証明書

三共サービスの公式HPをチェックする!

関東エリアでファクタリングを利用する際の注意点

関東エリアはファクタリング会社の選択肢が多い一方で、悪質な業者に引っかからないよう、信頼できる業者を選ぶことも大切です。中には闇金業者や詐欺まがいの業者も混じっていることがあるからです。

口コミや評判、実績を確認する

ファクタリング会社選びでは、手数料や買取金額など、公式サイトの内容だけでなく、口コミや評判、実績などもチェックするようにしましょう。サイトの事例では良い内容ばかりの場合でも、実際問い合わせると対応が誠実ではないなど、問題を抱えている可能性があるからです。できれば登記情報まで確認して、信頼できる会社かどうか確認しましょう。

手数料が高すぎないか

悪質なファクタリング会社では、手数料が相場より高い場合が多いです。一般的に手数料は、3社間の場合2~9%、2社間では10~20%程度が相場とされています。30%以上など、非常に高い場合は、他業者にも見積もりを取って比較するほうがよいでしょう。

担保を要求される場合は要注意

ファクタリングサービスを利用する際、担保を要求された場合は契約を避けたほうが無難です。ファクタリングは売掛債権の売却なので、融資とは違って担保は不要だからです。担保を要求されるような場合は、注意しましょう。

まとめ

関東には多くのファクタリング会社があり、それぞれの業者ごとに特色も豊かです。ファクタリング事業以外にコンサルティング事業を手掛けているケースも多く、経営改善について相談できる可能性もあるでしょう。

ただし、中には悪徳業者も混じっていることがあるので、業者選びは慎重に行う必要があります。評判や実績など外部の意見も参考に、信頼できる業者を見つけ、利用するようにしましょう。

 

資金調達におすすめの記事はこちら

 

▼【2020年7月版】ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

▼審査が早いファクタリング会社はどこ?急ぎの資金調達にスピード対応の業者を比較

 

クリックしてファクタリング業者をいますぐ比較する!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。