富士桜フィナンシャルの口コミと評判/ファクタリング会社徹底リサーチ

富士桜フィナンシャルは福岡を本拠地に、東京と大阪に拠点を構えて営業している民間ファクタリング会社です。

2019年1月(推定)設立の新興ファクタリング業者ですが、10分無料診断やチャットシステムを活用して顧客からの疑問や質問に迅速に答えるとともに、最新の電子契約書システムを導入して契約から着金までわずか2時間での資金調達を実現しています。

今回は富士桜フィナンシャルの概要や特徴を徹底的に解説します。

 

▼当サイトおすすめのファクタリング業者!最新情報はこちら

 

富士桜フィナンシャルの概要

富士桜フィナンシャルはファクタリングをメインに各種サービスを提供しています。

ファクタリング会社を選ぶ際には、当然サービス内容を確認することが重要ですが、運営会社の基本情報も知っておくことも大切です。

まずは富士桜フィナンシャルの概要を紹介します。

運営会社名 富士桜株式会社
代表者 大石博
本店所在地 【福岡オフィス】
福岡県福岡市中央区天神1丁目9番17号福岡天神フコク生命ビル15階
資本金 非公開
電話番号(代表) 092-724-8104
公式ページ https://fujisakura.co.jp/
設立年月日 2019/1(法人番号より推定)/非公開
事業内容 ファクタリング(売掛金買取り、診療報酬、介護報酬)、買掛金先払い、給与即日払い、経営コンサルティング
営業時間 受付9:30~18:30/土日祝日定休日
法人番号(国税庁登録) ・9290001084179(法人番号指定年月日/2019/2/14)
顧問弁護士 鴻和法律事務所 弁護士 矢口耕太郎
https://www.kowalaw.jp/lawyers
サービス対象者 法人・個人事業主
手数料 3%~上限レート非公開
対応スピード 最短即日/電子契約書導入により最短契約~着金2時間
対応エリア 全国対応(担当者による出張対応も可)
ファクタリング取引形態 2社間取引/3社間取引

富士桜フィナンシャルの特徴

富士桜フィナンシャルは2019年1月(推定)設立の新興企業であり、ファクタリング申込者にとって利用に不安を覚える面があるかもしれません。

たしかに社歴が長ければ、売掛金の買取り実績やノウハウもあるので利用しやすい面はあります。

一方で富士桜フィナンシャルは、新興企業ゆえ、厳しい競争に打ち勝つために、老舗業者より手数料を安くしたり審査基準を下げたりして売掛金を買取りしてくれる期待が持てます。

いわゆる利用者目線に沿った対応ができる可能性があるのです。

まずは新興会社だと偏見を持たず、富士桜フィナンシャルの特徴をしっかり確認していきましょう。

ファクタリングの取引形態は2社間取引/3社間取引の併用

富士桜フィナンシャルの主たる業務は売掛金の買取り(ファクタリング)です。

またファクタリングでは2社間取引と3社間取引を併用しています。

2社間ファクタリングとは以下のような取引形態を言います。

(画像引用元:富士桜フィナンシャル)

一方3社間ファクタリングとは以下のような取引形態です。

(画像引用元:富士桜フィナンシャル)

利用者に取ってそれぞれ長所短所がありますが、利用に当りファクタリングの選択肢が2つあることは決してデメリットにはなりません。

買掛金先払いサービスも実施

当社業務の2番目の特徴は、ファクタリング(売掛金の買取り)以外に、買掛金先払いのサービスも提供している点です。

買掛金先払いサービスとは以下のようなサービスです。

(画像引用元:富士桜フィナンシャル)

買掛金先払いサービスとは、自社の下請け会社、仕入れ先からの買掛金に対して、富士桜フィナンシャルが間に入り、通常30日~60日サイトの買掛金を先払いすることで取引先への資金援助を図るサービスを言います。

いわばファクタリング(売掛金の買取り)の逆バージョンであり、富士桜フィナンシャルの独自サービスになります。

利用者は本サービスを活用することで、自社は取引先への都度の資金援助が図れるとともに、従来通り買掛金等の支払サイトを変更せず維持しながら、一方で案件ごと(下請け先から要求があったときのみ)支払サイトの短縮ができます。

法人に対する給与即日払いサービスもある

当社業務の3番目の特徴は「法人」に対する給与即日払いサービスもあること です。

給与即日払いサービス※とは、その会社に勤務する従業員が毎月の決まった給料日を待つことなく、働いた分の給与を都度、全額または一部受け取れるようにするサービスのこと。

その会社で働く従業員にとっては、お金を急ぐときなど、給与の一部を先に受け取れるメリットがあるとともに、このサービスを利用する会社にとっても福利厚生制度として導入できて、求人の増加や社員定着のツールとして使えるメリットがあります。

さらに利用先企業にとって導入費用が掛からないこともこのサービスの魅力です。

※富士桜フィナンシャルの「給与即日払いサービス」は、あくまで「法人」に対する機能サービスで、福利厚生制度としての従業員に対する給与前払い制度です。

2020年3月以降、世間で違法行為として厳しく取り上げられるようになった「個人」に対する「給与ファクタリング」とは業務内容がまったく異なり、法人に対する「給与即日払いサービス」には違法性はありませんので混同しないようにして下さい。

無料で診断してみる【富士桜フィナンシャル】

富士桜フィナンシャル

 

富士桜フィナンシャル、ファクタリング8個の特徴

これまではどちらかというと各種業務に関する説明でしたが、ここからは富士桜フィナンシャルの主業務であるファクタリングに関して、その特徴を8個取り上げ詳しく解説します。

電子契約書を導入、契約~着金まで最短2時間を可能にした

当社ファクタリングでは電子契約書システムを導入しています。

その結果、 面談なしで契約ができるとともに、契約~着金まで最短2時間の即時入金を可能にしました。

電子契約書とは、従来、合意内容を証拠として残すのに紙に印鑑を押印して取り交わしていた契約書に代わり、電子データに電子署名をすることで、署名による契約書と同等の証拠力が認められた契約書のことを言います。

近年電子署名に関する法的整備が進み、電子署名とタイムスタンプを活用することで電子契約書の利用が可能になりました。

富士桜フィナンシャルでは、他社に先駆けこの電子契約書を契約事務に取り込み、ファクタリング業務に係る資金交付を早めることに成功したのです。

当日12時までに申込みした場合、最短即日で資金調達可能

当社では当日12時までに申込みした場合、買取り額で最低額30万円~多額、支払サイトも1日~最長60日までの売掛金を買取りしており、最短即日で資金調達することもできます。

ただし上記は審査で何の問題もない最短のケースで、通常は契約から振込による着金まで3日程度掛かりますので注意して下さい。

売掛金の買取りでは取引先が倒産しても支払義務が発生しない

当社のファクタリングでは、売掛金買取り後、かつ業者が資金回収前に取引先が倒産しても支払義務が発生しません。

通常ファクタリング取引では、資金回収前に売掛先企業が倒産すると、ファクタリング会社が買取り先に資金の返却を要求することが一般的です。

しかし当社の場合、売掛金買取り後、 万が一に売掛先企業が倒産しても買取り先に対してファクタリング代金の請求はしません。

つまり売掛金の回収リスクは富士桜フィナンシャル自身が負っているのです。

長期的に継続利用可

これは別に当社に限った特徴でもないですが、1度富士桜フィナンシャルでファクタリング実績を作っておくと、以後の利用ではその実績の範囲内でよりスムーズに買取りしてくれます。

また長期的に継続利用していると、富士桜フィナンシャルに対する貢献から、買取り手数料もだんだんと安くしてもらえるようになります。

赤字決算でもファクタリングによる資金調達が可能

当社では仮に申込先の決算が赤字でもファクタリングによる資金調達が可能 です。

もちろん富士桜フィナンシャルでも買取り前に審査はあります。

しかし会社の決算が赤字だけの理由で申込みを断られることはありません。

また経営者個人に過去または現在の個人信用履歴に問題があっても、当社が売掛先企業の信用状態を見て問題なしと判断すれば売掛金の買取りに応じてくれます。

買取り依頼者に税金滞納の事実があっても相談に応じてくれる

富士桜フィナンシャルでは、買取り依頼者の法人・個人事業主に税金滞納の事実があっても、買取り相談に乗ってくれます。

ファクタリング審査は主に売掛先企業の信用審査に重点が置かれているので、依頼者に過去または現在において滞納の事実があっても当社では相談可能です。

個人向け債権は買取り対象外

この対応も他社でも同様ですが、当社の買取りできる売掛債権は、原則、商取引において請求が確定して請求後入金待ちの債権となります。

家賃の未払い、友人への貸金など、個人間取引で発生した個人向け債権は買取り対象外なので注意して下さい。

買取りでは、2社間取引での債権譲渡登記の留保もできる

富士桜フィナンシャルの売掛金の買取りでは、顧客が希望すれば、2社間取引での債権譲渡登記の留保もできます。

債権譲渡登記とは、申込者がファクタリング会社に売掛金を譲渡・売却するときなどに、ファクタリング会社が債務者以外の第三者の対抗要件に備えるため用いられる制度です。

具体的には、譲渡された債権をファクタリング会社が債権譲渡登記所に登記をすることで、売掛先企業への通知や承諾を得なくても、売掛金の真の権利者として第三者の対抗要件に備えることができるようになります。

売掛金等の金銭債権は現物がなく目に見えない資産であることから、誰が権利を保有しているかを明らかにするため債権譲渡登記が用いられます。

しかし富士桜フィナンシャルの売掛金買取りでは、顧客が希望すれば、2社間取引における債権譲渡登記を行わず保留にすることもできます。

登記を保留できれば、買取り依頼者は債権譲渡登記に係る費用を負担する必要がないので大きなメリットです。

一方、富士桜フィナンシャルでは、債権譲渡登記を保留するので、業者側に大きな回収リスクが発生していることになります。

 

無料で診断してみる【富士桜フィナンシャル】

富士桜フィナンシャル

 

富士桜フィナンシャルの申込みの流れ

この章では富士桜フィナンシャルファクタリングの申込みの流れを紹介します。

STEP1…富士桜フィナンシャルへの申込み方法は以下の4通りです。

自社に都合の良い方法で申込みして下さい。

  • 公式サイトのチャット面から申込み
  • 公式サイトの10分無料診断をしたのち、メールで申込み
  • LINEから申込み ID:fujisakurafinancial
  • 電話から申込み フリーダイヤル0120-484-844(受付時間9:30~18:30/土日祝日定休)

STEP2…無料相談内容を確認後、富士桜フィナンシャルから申込者に連絡

STEP3…富士桜フィナンシャルがファクタリング可能と判断後、依頼者宛て申込書が送られてくる

STEP4…申込者は審査に必要な書類を用意して富士桜フィナンシャルに提出

必要書類は以下の通り

  • ファクタリング申込書
  • 売掛先情報
  • 請求書
  • 通帳コピー(3ヶ月分)
  • 本人確認資料
  • その他、請求書に付随した資料等

STEP5…資料到着次第、審査開始

STEP6…審査通過後、振込にて融資実行

富士桜フィナンシャルの口コミや評判とは?またその審査傾向

この章では、ネットで確認できるいくつかの口コミ、評判を参考にして、富士桜フィナンシャルの審査傾向を探ります。

まずは実際に当社で買取りされたファクタリング事例4件の紹介です。

【通信商材会社】

・悩み…大手からの案件受注をしたが、元請けの支払サイトが長すぎて、自社の制作費、人件費の支払のための資金繰りが急激に悪化した。

・解決方法…富士桜フィナンシャルに2社間取引を利用して売掛金を買取りしてもらい、資金繰りが改善した。

【建設会社】

・悩み…取引先から当初予定していた入金が後にずれてしまい早急に資金繰りの改善をする必要に迫られた。しかし取引銀行の融資はリスケ中で利用できず、またノンバンクのローンも保証人が必要とのことで利用できなかった。

・解決方法…富士桜フィナンシャルのファクタリングでは、担保も保証人も不要だったので、申込みしたところ、スムーズに売掛金を買取りしてもらえて資金繰りが改善した。

【通信業】

・悩み…自社の売上げは安定していたが、設備投資や資材費の高騰で一時的に資金ショートが起こってしまい資金を確保する必要に迫られた。しかし銀行融資では調達までに時間が掛かりすぎるので別の調達方法を探さざるを得なかった。

・解決方法…つなぎ資金的に富士桜フィナンシャルのファクタリングを利用したが、対応も早くスムーズに資金確保ができたので、結果、先に申込みしていた銀行融資が出るまでつなぐことができた。

【電気制御販売業】

・悩み…これまで他社でファクタリングを利用してきたが、買取り手数料が比較的高くそれが悩みの種だった。

・解決方法…ネット検索で富士桜フィナンシャルのファクタリングを見つけて相談したところ、出してもらった見積もりを見て意外と手数料が安かったので今回売掛金を買取りしてもらった。

富士桜フィナンシャルの審査傾向

買取り事例や口コミから推測できる富士桜フィナンシャルの審査傾向は以下のようなことです。

  • 少額から大口まで売掛金債権額の範囲なら弾力的に買取りに対応している
  • 審査ハードルは比較的低く、1度利用すると反復して利用する方が多い
  • 手数料は下限(3%)だけ公表して上限は非公開だが、リピーターがあることから相場内で一定の水準を保って買取りしていると推測できる

富士桜フィナンシャルをまとめると

最後にあらためて富士桜フィナンシャルをまとめます。

富士桜フィナンシャルは2019年1月設立、ファクタリング会社としてはまだまだ新興企業です。

しかしその取り扱いしている業務範囲は広く、売掛金買取りだけでなく、買掛金先払いや給与即日払い、経営コンサルティングまでさまざま。

また申込み方法を多様化したり、契約に電子契約書を取り入れたりするなど、即日融資ができる体制作りにも注力しています。

本社がある九州地区、営業拠点の東京・大阪地区だけでなく、全国対応が可能なことから、資金調達に悩んでいる全国の事業者には利用価値のある金融業者と考えています。

 

無料で診断してみる【富士桜フィナンシャル】

富士桜フィナンシャル

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

 

▼【最新版】ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

▼審査が早いファクタリング会社はどこ?急ぎの資金調達にスピード対応の業者を比較

 

クリックしてファクタリング業者をいますぐ比較する!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。