建設ユニオン「GCU」は建設業界に何をもたらすのか

今、建設業界に大きな流れを作ろうとしている団体があります。バブル崩壊後、一部の建設会社が一人勝ちの様相を見せ、小さな建設業の利益は減る一方で、人のつながりが希薄となり、材料の原価は高騰から本業の転換を余儀なくされている建設業も多くあります。そんな建設業の流れを変えるべく、今大きな流れを作ろうとしている「GCU」という団体があります。この団体が建設業界に何をもたらすのか?今回はGCU参加説明会に参加してきました。その熱量をレポートします。

建設ユニオン「GCU」とは何か?


2020年の東京オリンピックに向け、今建設業界は空前の建築ラッシュに沸いています。しかし、オリンピックが開催される同時期に、建設業界は生き残りを賭けた時代に突入します。
しかし一方で純粋に利益が取れずに苦しんでいる小さな建設業もあります。業務の効率化がもたらした分業型の工法が小さく力のない会社の利益を圧迫しているのも事実です。

では小さな建設業はこのまま効率化の波に拐われるのかと問われると、どうやらそうでもないようです。
あなたは建設ユニオンと聴いて何を思い浮かべますか?
今回紹介する建設ユニオン「GCU」は小さな建設業を営む会社にとって革命的な建設業組合です。建設業を営むあなたなら「コスト計算」「利益計算」「売掛の保証」などの財務、人、モノ、仕事のバランスを取るのに苦労なさっているのでないでしょうか?
GCUとは、建設業界の弱点とも言える財務、営業、コスト削減、自社の利益追求のためにとことん会員企業目線で設立され、GCUは利益を追求するのではなく、会員企業を着実に成長させるための団体なのです。

GCUが建設業に何をもたらすのか?


既存の建設業も製造業同様、コストダウンの波に揉まれています。
工程の細分化、若手の不足、技術の継承など、今までは先輩や親方に仕込まれてきた仕事そのものが細分化され、効率を追いかける業態へとシフトチェンジしています。
昨今の材料費の高騰も手伝い、利益は圧迫される一方で、なぜ儲かっている建設会社があるのでしょう?
GCUが切り込んだのは、あなたの会社に利益を残すことを目的としたサービス各種。特に利益に直結する資材の購入、車両の購入、税務、財務に係るサービスや保険部門まで建設業に必要なスキームが全て揃っています。
会員企業になれば、GCUの持つ圧倒的なスキームを使えるばかりか、これまで希薄とされてきた他業種との横のつながりができます。

あなたの会社を今後100年存続させるために

先にも述べましたが、現在の建設業界はコストダウン、工法の単純化やスキルの細分化で利益の取りにくい業態となっている部分もあります。コストダウンの要求はされるが、年を追うごとに材料コストは上昇、納期は短納期を要求され、様々な問題が生じているのはご存知の通りです。

さらに、2020年のオリンピックが始まる前年から建設業界は生き残りをかけた業界再編の波にさらされると、どの経済誌でも予想されています。あなたの会社を今後100年存続させるため、「横のつながりを作る」「支援を行ってくれる」パートナーがいたら心強いですよね。生き残りをかけた消耗戦に参加するのか、建設業界のあり方そのものを変えてしまうような団体に所属し、消耗戦に参加せずに切磋琢磨しながら日本の建設業界を支えていくように会社を発展させていくのかは、あなたの選択次第なのです。
5年後、10年後を見越して行動されることをおすすめします。

建設ユニオンGCUについて詳しく見る

GCUは今後の建設業界の流れを変える!

ではGCUに入会すると具体的にどの様なメリットがあるのでしょうか?一部ですがご紹介します。

GCUの理念の根底は?

一般社団法人GCUは会員企業に耳を傾け会員企業の望むことを形にするため存在します。団体の一方的な大義や理念を押し付けはありません。既存の建設ユニオンと大きく違う点はユニオン側に一切の利益を残さないように広告宣伝費を掛けずに運営されているところです。
GCUは会員企業をもっとも大切にし、顔の見える心の距離が近い数少ない真の建設ユニオンです。

GCUがサポートする仕事面のメリットは?

仕事情報は常に更新され圧倒的ボリュームに付け加え紹介手数料、中抜き一切なしで会員企業に橋渡しします。その後の直接取引もサポートしています。既存の建設ユニオンは仕事の情報を発信して、早い者勝ちで仕事を取らせます。また、企業間のつながりも弱く、会員企業の顔が見えにくいユニオンが多くあります。

さらには売り掛けの保証、相手先の経営状況を疑うことなく堂々となんの心配もなく仕事を請け負いこなせます。せっかくの仕事のパートナーを疑い、企業情報を後から調べて選別することも一切ありません。

資材コストを抑えることで利益に貢献する

GCUの会員企業になれば、現場で使う材料、資材はGCU特価で提供されます。会社で使う作業車、重機、工具もGCU特価での提供が受けられ、さらに不用になれば高価買取りし海外の貧困層の村、発展途上国へ輸送し命を吹き替えし稼働させます。

資材コストの見直しができれば、その分利益に上乗せになりますよね。コストダウン、効率化などが叫ばれる中、建設ユニオンで資材を直接購入できるユニオンはなく、しかも驚きの特価が毎日続くのですから、ここも会員なる大きなメリットと言えます。

GCUが最も優れている点は多彩なスキーム

建設会社を経営する上で最も大切な保険料の見直し、資金の融資、返済、助成金の申請などのお困りごとをGCUに入会することでGCUでしかできないスキームでサポートします。他にも税務、売掛保証など、GCUだからできる経営サポートが受けられます。

営業の方へは他にはない圧倒的革命的新工法、新商品アイテムにて攻めの提案営業をサポートします。新工法やアイテムはGCUの理念に賛同した日本のトップメーカーからの提案、提供を受けているものばかり。他のユニオンができない工法もGCU会員ならサポート付きで受けることができます。新工法の提案だけでも大きなメリットなのですが、最新の技術を最速でお客様にお伝えできるのですから、これほど大きなバックアップはありませんね。

働く社員へはGCU会員の会社だからこその医療、良質安価な衣食住、あんしん保険、健康スキームをご提供。健康だから働けるのです。社員一人ひとりの健康管理までGCUのスキームが利用できます。
さらにはその社員の家族までもサービスを受けられるサービスとして超有名格闘家、現役Jリーガー、フットボール選手、ボクサーなどスポーツ選手や有名芸能人のディナーショー、コンサート、楽屋訪問などファンであればたまらない企画が盛りだくさんです。

最後に…

GCUの活動は日本国内に留まりません。2017年にカンボジアに学校を建設するというGCU理事たちの一つの夢を実現させました。しかし、ムリな寄付を募ったり、利益を中抜した金を使ったわけではなく、純粋な会員企業からの寄付、会費からの出資で実現したのです。

お金や物資を送るだけのボランティアではなく、実際に建物を造り、その国の子供達が笑顔になるような支援を行う、これこそがGCUの国際ボランティアなのです。

日本の会員企業には最大限の利益が出るようにサポートし、海外協力として学校建設をサポート、GCUがこれまで変えてきた実績が、日本の建設業界に明るい光を照らすのは明らかですね。ぜひ、一歩踏み出して見ることをおすすめします!

建設ユニオンGCUについて詳しく見る

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事