【2020年】VIOの脱毛におすすめの家庭用脱毛器を厳選紹介!効果とは?

【2020年】VIOの脱毛におすすめの家庭用脱毛器を厳選紹介!効果とは?

VIOのお手入れをしたいと思っている方はいますか?痛そうで脱毛するにもなかなか勇気がないという方も多いでしょう。VIOは脱毛サロンで処理してもらう以外にも、家庭用脱毛器で処理することもできます。VIOの脱毛におすすめの家庭用脱毛器を厳選してご紹介していきます。

家庭用脱毛器で脱毛したいVIOとは

VIOラインを脱毛する場合、脱毛サロンで処理してもらうのは恥ずかしいと思う方も多いかもしれません。家庭用脱毛器を購入して、自分で処理した方が良いと考えるのではないでしょうか。

そもそも家庭用脱毛器で処理したいと思うVIOラインとはどこのことを指すのか、男性でもVIOを処理すべきなのかについてもご紹介していきます。

男性のVIOライン

VIOラインは、「Vライン」「Iライン」「Oライン」の3つの場所のことをいいます。まずはVラインから見ていきましょう。

Vラインとは、太ももの付け根付近から骨盤のあたりまでを脱毛することができます。下着姿になったり、ビキニ水着を履いたりした時に陰毛が見えてしまうのが心配になることもあるでしょう。

Vラインを処理しておけば、見た目への心配もなくなりますし、陰毛があることで蒸れやすくなるので、ニオイの元をたつことができるのです。

Iラインは、睾丸の下から肛門前あたりまでのことをいいます。VIOラインの中でもかゆみが生じやすい部分でもあるので、陰毛があることで余計にかゆみが出る場合もあります。

陰毛の処理をしておくと、かゆみが軽減され、なおかつニオイも抑えることができるのです。Oラインとは、肛門周りのことを指しています。

肛門周りは何回も拭くことで肌荒れが起こりやすい部分でもあり、きれいに拭き切れずに不潔な状態になってしまったりすることを防ぐことができます。

清潔を保つために、Oラインを処理する方もいます。また、痔持ちの方にもOライン脱毛はおすすめです。

VIO脱毛は男性もすべきなのか動画で見てみよう

VIO脱毛は男性もやるべきなのかについては、結論としてはやることをおすすめします。VIOに毛があると、やはり見た目的にも不潔に見られやすいです。

また、汗をかいて蒸れやすくなるため、臭いも気になるようになってしまいます。カミソリで剃ることもできますが、面倒に感じることも多いでしょう。

脱毛器で処理すると手間もかかりませんし、つるつるにすることができるのです。性生活のことも考え、VIOをするのは女性のためでもあると言えます。

VIO脱毛もできる脱毛器の主な種類

脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式があります。それぞれどのように脱毛していくのかをご紹介します。VIOもできる脱毛器なので、自分に合ったものを見つけてください。

種類①フラッシュ式

フラッシュ式は、毛の黒い色素であるメラニンに照射することで、毛根にダメージを与えて脱毛していくものです。

フラッシュ式の脱毛器は、脱毛時の痛みが少なく、照射範囲も広いため、脱毛をするのに手間がかからないというメリットがあります。

エステサロンでも使われていて、フラッシュ式の家庭用脱毛器の種類も多いです。価格や効果の高いものもあれば、低いものもあるので、口コミなどを参考にしながら選んでみてください。

種類②レーザー式

レーザー式は、主に脱毛クリニックで行われている方法です。家庭用脱毛器にもレーザー式のものはあり、毛乳頭を刺激して直接ダメージを与えることで脱毛できます。

脱毛クリニックよりも出力を抑えてあるとはいえ、レーザー式の家庭用脱毛器はフラッシュ式よりも高い効果を期待できるでしょう。

しかし、毛根1本1本に直接ダメージを与えて的確に脱毛していくため、処理に時間がかかるというデメリットがあります。

さらに、処理する時の痛みが強いので、痛みに弱い方は耐えられないと感じることもあるのではないでしょうか。

VIOは非常にデリケートな場所なので、肌トラブルを起こしやすいです。痛みが強いレーザー式は効果は高いけれど、VIOに使用したい場合には気を付ける必要があります。

商品説明をしっかり読んで、VIOに使用できるものを選び、正しい使い方をすることが大切です。

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器にはさまざまな種類が販売されていますが、どれを選んだら良いのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。VIO脱毛ができる家庭用脱毛器の選び方をご紹介します。

選び方①VIO脱毛に対応しているか

VIOの家庭脱毛器を選ぶなら、VIOに対応しているかどうかは重要なポイントです。ほとんどの家庭用脱毛器はVゾーンには対応しています。

しかし、IやOゾーンには対応していないというものは多いので、I・Oゾーンの処理をしたい場合は、対応しているかどうかをしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

VIOはデリケートな部分なので、VIO対応のものではない脱毛器で処理することで、怪我をしたり、黒ずみなどの肌トラブルの原因になることもあります。ですから、説明書を読んで、適しているかどうかを確認してください。

選び方②付属された機能

それぞれの脱毛器によって、付属されている機能が異なります。光の度合いを何段階かに調整が可能なもの、照射する時に単発モード・連射モードを選択できる機能などがあります。

初心者でも扱うことができるように安心・安全に操作できるように作られているのです。VIOは痛みを感じやすいので、照射する前後に肌を冷やすことが大切です。

家庭用脱毛器の中には、冷却機能が備わったものもあるので、そういったものを選ぶと便利なのではないでしょうか。

VIOを処理する場合は、照射するたびに冷やすことが必要なため、時間もかかってしまいます。しかし、それが肌トラブルを起こさないようにするためにも必要なことなのです。

それぞれの脱毛器に付属されている機能をチェックして、欲しい機能がついているものを選ぶと良いでしょう。

選び方③ランニングコスト

VIOの家庭用脱毛器を選ぶ際には、ランニングコストのかからないものを選ぶと良いでしょう。脱毛器には、カートリッジ交換が可能なものと使い捨てのものの2種類があります。

それぞれの脱毛器で照射回数が決まっていて、使い捨てタイプは決まっている照射回数に達したら、本体ごと取り替えが必要で処分することになります。

一方のカートリッジタイプは、照射回数に達した場合、カートリッジだけを交換することで、本体はそのままの状態で長く使用することができ、経済的な面でもうれしいポイントです。

カートリッジは、ショット回数が多く、照射範囲が広いものを選ぶと、頻繁に交換しなくて済みます。ですから、家庭用の脱毛器を購入する時には、ランニングコストを考えて選ぶことも大切です。

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器おすすめ5選

VIO脱毛をしたい場合は、VIO対応のものを選ばなければいけません。VIOに対応しているものには、さまざまな種類があります。

VIO脱毛のおすすめ脱毛器をご紹介していくので、チェックしてみてください。自分にピッタリ合った脱毛器を見つけましょう。

おすすめ①脱毛ラボ ホームエディション 家庭用光脱毛器

脱毛ラボ ホームエディション
脱毛ラボ ホームエディション

メーカー datsumo labo.
型番 Dl-0001

脱毛ラボホームエディション家庭用光脱毛器は、ドクターシーラボが開発したもので、使いやすく、痛みが少ない設計になっています。

連射モードにも対応しているので、ボタンを長押しするだけで連射モードとして使用することができます。

カートリッジ交換も不要です。こちらの商品は、VIOすべてに対応しています。さらに、冷却機能付きで痛みを感じにくくなっており、使用前後の冷却の必要もありません。

男性でも女性でも使用することができるので、家族やカップルでシェアして使う方法もあります。

おすすめ②エムテック KE-NON 家庭用 フラッシュ式

エムテック KE-NON
エムテック KE-NON

【出力設定】肌質に合わせて10段階から選択可能 【照射モード】1ショット、3連射、6連射/手動、自動と切り替え可能
【日本製】日本国内の工場にて製造、メーカー1年保証

エムテックKE-NON家庭用フラッシュ式は、家庭用トップクラスの高出力を誇っています。肌に合わせて自動調整することで、最初から最後まで同じパワーのまま処理することができます。

カートリッジ交換タイプなので、カートリッジを換えれば家族と共用で使用することも可能です。

こちらの商品は、肌への負担を軽減しているため、初めて脱毛をする方やVIOラインに使用したい方にも安心して使用できます。VIOだけではなく、男性の剛毛なひげにも対応し、きれいに処理してくれるのです。


おすすめ③ツーピーエス クリスタル フラッシュ脱毛器

 ツーピーエス フラッシュ脱毛器
ツーピーエス フラッシュ脱毛器

口コミで人気フラッシュ脱毛器エステ級の脱毛処理が可能に★プロ仕様ハイパワー高性能フィルターでパワー脱毛

ツーピーエスクリスタルフラッシュ脱毛器は、VIOにも対応し、全身脱毛が可能です。13万発照射ができ、自動照射機能もついています。広い範囲を照射できたり、照射ボタンが押しづらい場所への照射にも便利な脱毛器です。

さらに、消音機能もついているので、真夜中でも周りの迷惑にもならず、静かに脱毛することができます。カートリッジ式で交換ができるので、家族でシェアして使用することが可能です。

おすすめ④Beautigo IPL光脱毛器 家庭用脱毛器

脱毛器 Beautigo IPL光脱毛器
脱毛器 Beautigo IPL光脱毛器

メーカー Beautigo
型番 BGO

BeautigoIPL光脱毛器家庭用脱毛器は、サファイヤ冷却テクノロジーで皮膚を効果的に冷やして、痛みのない脱毛を実現しました。

何度も使用していくにつれて、ムダ毛が徐々に生えてこなくなります。こちらの商品は、ビキニラインには対応していますが、I・Oラインには使用できないようです。

おすすめ⑤topred IPL光脱毛器+冷却脱毛

topred IPL光脱毛器+冷却脱毛
topred IPL光脱毛器+冷却脱毛

最も経済的に全身脱毛、脇下、鼻下、ビキニライン、脚、腕、髭 脱毛など範囲にしっかりお手入れする場合は、1回わずか10分程度で可能となります。

topredIPL光脱毛器+冷却脱毛は、IPL方式を採用しており、生える速度を遅らせることができます。冷感機能付きで、赤く腫れたり、副作用が出たりすることも防げるのです。

また、痛みを和らげながら脱毛できるところもポイントです。男のヒゲにもVIOにも対応しています。男性でも女性でも使用することができるので便利です。

 

VIO脱毛で痛みを軽減する方法

VIO部分は痛みが強く出やすい部分のため、痛みに耐えられないという方もいるのではないでしょうか。VIO脱毛で痛みを軽減する方法もあるので安心してください。

まず、照射する前の事前準備が必要です。VIOの毛をあらかじめ短くしておくこと、保冷剤を用意しておくようにしてください。

直前に保冷剤で冷やしておくことで、痛みを軽減することができます。何段階にレベルを調整できるタイプの脱毛器なら、一番低いところから始めていきましょう。いきなり強いレベルから始めてしまうと、痛くて耐えられなくなります。

慣れてきてから、徐々にレベルをアップしていってください。痛みを感じないギリギリのラインでとどめておくことで、痛みを感じることなく、快適に処理していくことができるでしょう。

家庭用脱毛器によるVIO脱毛の注意点

VIOは非常にデリケートな部分なので、ムダ毛の処理を行う場合は、注意が必要です。注意点を守らないと、肌へのリスクも心配でしょう。家庭用脱毛器によるVIO脱毛の注意点をご紹介します。

注意点①脱毛の効果が現れるには時間がかかる

脱毛による効果には個人差があります。早い方で2ヶ月ほどで毛が生えにくくなってきたという方もいます。

毛はまだ生えてきますが剛毛ではなくなり、細く弱々しい毛になってきたなどの効果が現れる場合もあるのです。

VIOゾーンは自分ではなかなかうまく処理しきれないことも多いでしょう。ですから、効果が出るまでに時間がかかるのが自然な流れだと言えます。

注意点②脱毛は換毛期に合わせて行う

家庭用のものの中には、出力が強いタイプの脱毛器もあります。しかし、それでもサロンやクリニックに比べると、安心安全に使うために出力が弱い傾向にあるのです。

出力が弱くて肌にも優しいからいつでも脱毛できる、どんどんやると効果が出てくるといったことはありません。毛が抜けてから生えてくるまでは「換毛期」と呼ばれ、サイクルに基づいて成り立っています。

換毛期の中でも、成長期に毛根へダメージを与えていかないと、脱毛もうまくいきません。セルフで脱毛する場合は、なかなか見抜くことができないため、効率よく脱毛できない可能性もあるのです。

その点、専門のサロンやクリニックなら、しっかり見極めて処理してくれるので、効果が期待できます。VIOを自分で脱毛するのは難しいと感じる場合、専門機関を頼るのもありでしょう。

注意点③家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

永久脱毛は医療行為になるので、専門のクリニックでないとできません。VIO部分は剛毛で、処理をするのもお金と痛みが伴う作業です。

家庭用脱毛器は、毛量を少なくしたり、毛を抑えたりする効果になります。永久脱毛はできませんが、痛みも少なく自宅で簡単にできるというのがうれしいポイントです。

毛量を抑えたい場合や面倒な処理の回数を少なくしたいという場合に家庭用脱毛器をおすすめします。完全に毛が生えないようにしたいなら、永久脱毛を視野に入れてみると良いでしょう。

家庭用脱毛器でVIOラインのお手入れをしよう

VIOが気になっている方の中には、自己処理したいと考えている方もいるのではないでしょうか。家庭用脱毛器があれば、毛が気になったらいつでも脱毛できて便利です。

特にVIOは痛みを強く感じやすいので、適切な方法で処理をしていく必要があります。さまざまな商品が販売されているので、自分に合ったものを見つけてください。家庭用脱毛器で、VIOラインのお手入れをしましょう!

その他の関連記事はこちらから




※記事の掲載内容は執筆当時のものです。