リスケジュール中に利用できる資金調達方法は?おすすめの方法を解説

引用:photoAC

リスケジュール中に利用できる資金調達方法は?おすすめの方法を解説

リスケジュールとは返済額を減額したり、返済期間を調整したりして、返済計画の条件を緩和してもらうことをいいます。

そのため資金繰りが悪化していても、問題なく返済できるようになります。

ただし、銀行内での格付けが下がるため、リスケジュール中は新たな融資を受けられません。

とはいえ、リスケジュールを行い返済計画を見直している状態に、どうにか資金調達をしなくてはならない場合もあるでしょう。

そこでこの記事では、リスケジュール時でも利用できるおすすめの資金調達方法について解説します。

リスケジュールとは?

そもそもリスケジュールとは、銀行から受けた融資の返済計画を見直すことです。

業績悪化をはじめ何らかの事情により、計画通りに返済できない場合があります。計画通りに返済できない場合、金融機関と相談して返済計画を見直します。

このスケジュールや返済条件の変更がリスケジュールです。返済計画を再度策定した上で、改めて返済返していきます。

しかし、リスケジュールを行った場合、金融機関からの新規借入はできなくなります。借入金の返済が終わっていないにもかかわらず、新規借入の要望は通りません。

返済計画を見直せるのは大きなメリットではあるものの、リスケジュールによって資金調達は非常に難しくなります。

リスケジュールを行うと格付けが変わる

リスケジュールを行えば返済計画を見直し、より楽な条件で返済できます。

しかしリスケジュールを行った企業は、銀行が定める格付けが変わってしまいます。格付けは以下の通りです。

  • 正常先
  • 要注意先
  • 破綻懸念先
  • 実質破綻先
  • 破綻先

一般的に問題なく返済できている企業は、正常先という格付け。この格付であれば、問題なく借り入れが可能となっており、追加の融資についても柔軟に対応してもらえます。

しかし、もし要注意先以下の格付けとなった場合、新規の融資は受けられません。これは問題なく返済される可能性が、低いと判断されるためです。

このように格付けが変わってしまえば、信用度が下がり融資を受けられなくなります。この格付けは、リスケジュールが解消されるまで変わりません。

リスケジュール中に利用できる資金調達方法

リスケジュール中は銀行から新しい融資を受けられなくなり、資金調達に苦労します。

しかし、そんなリスケジュール中であっても利用できる資金調達方法があるのをご存知でしょうか。具体的には、以下6つの方法が挙げられます。

  • 他行からの融資
  • 消費者金融からの融資
  • 条件変更改善型借入保証
  • 手形融資
  • 有担保ローン
  • ファクタリング

それぞれ一長一短があるため、自社にとって最適な借入方法はどれか比較検討しましょう。

ここからは、リスケジュール中に使える資金調達方法を詳しく解説します。

他行からの融資

現在借りている銀行からは、融資を受けられません。

しかし、別の銀行であれば融資を受けられる可能性があります。

リスケジュールを行っているとキチンと説明した上で、融資を受けられないかと相談・交渉を行いましょう。

ただ、他行から融資を受けるためには、リスケジュール中でも安定して返済できており、収益に問題がないことを示さなくてはなりません。

つまり経営状況をしっかり立て直しておかなければ、融資を受けるのは難しいでしょう。

消費者金融からの融資

消費者金融から融資を受ける方法もあります。

消費者金融は、企業向けのローンも用意しています。消費者金融は銀行に比べれば審査が甘く、リスケジュール中だったとしても返済能力さえ認められれば融資を行ってくれます。

ただし、なかには銀行のグループ企業である消費者金融もあります。リスケジュール中の銀行と同じグループの消費者金融だった場合、リスケジュールの情報が伝わり、融資を断られるかもしれません。

また消費者金融は銀行の融資に比べると金利が高く、将来的に返済が困難になる可能性があります。そのためリスケジュール中の利用はリスクが高く、慎重に検討しなくてはなりません。

条件変更改善型借入保証

条件変更改善型借入保証というのは、信用保証協会が提供するプログラム。リスケジュール中の企業が融資を受けられるように作られた制度です。

低金利で大きな融資を受けられる可能性が高く、現時点で借りている融資を一本化できるというメリットもあります。そのため融資が分散している場合は、条件変更改善型借入保証の利用がおすすめです。

ただし、事業計画の策定をはじめとした資料や報告が必要など、負担は大きくなります。条件が満たせないと判断されれば、融資前に断られる難易度の高い融資の方法となります。

手形融資

手形を作って支払いを約束させた上で、お金を貸すという方法があります。

手形は支払いを約束するものなので、リスケジュール中でも銀行が応じてくれる可能性はあります。

ただし、手形を作成して融資を行っている銀行はあまり多くありません。リスケジュール中の資金調達としては使いづらいでしょう。

有担保ローン

銀行から無担保で借りるのが難しいのであれば、有担保ローンを利用する方法があります。

有担保ローンとは、以下のようなローンが該当します。

  • 不動産担保ローン
  • 売掛債権担保ローン
  • ABL

これらの有担保ローンであれば、返済できなかった場合でも担保を回収できるため、契約してくれる可能性があります。

しかし、リスケジュール中ということもあり、審査は非常に厳しくなるのは言うまでもありません。

仮に融資が受けられても、返済できなければ担保を失います。リスクの高い方法なので、利用する際は慎重に検討しなくてはなりません。

ファクタリング

ファクタリングは売掛金の買取を行ってもらい、資金調達につなげる方法です。

ファクタリングは「融資」ではなく「買取」のため、リスケジュール中でも問題なく資金調達が可能です。

また、大きな売掛金に対応できる業者に売却すれば、簡単に大きな資金を調達できるでしょう。

ただ、なかには悪質な業者が混じっているのも事実。しっかりと比較し、安心して利用できる業者を探さなくてはなりません。

また手数料が必要なため、手数料を確認しておかなければ、受け取れる金額が想定よりも少ない場合もあります。

リスケジュール中におすすめな資金調達方法はファクタリング

リスケジュール中におすすめの資金調達方法はファクタリングです。

ファクタリングは以下の4つの点で優れています。

  • 融資ではなく買取なのでリスケジュールの影響がない
  • 早期の資金調達が可能
  • 高額資金を調達可能
  • 返済は売掛金を支払うだけ

融資ではなく買取という点が大きなメリットで、リスケジュール中であっても審査に影響がありません。

ここからは、ファクタリングが優れているポイントを詳しく説明します。

融資ではなく買取なのでリスケジュールの影響がない

ファクタリングは売掛金の買取によりお金を得る手法です。

つまり融資でありません。そのためリスケジュールによる格付け変更が、審査に影響しません。

リスケジュール中によるデメリットの影響を受けないのは、大きなメリットです。

早期の資金調達が可能

ファクタリングは買取までにかかる時間が非常に短く、すぐに資金調達できる可能性があります。

ファクタリング業者によって異なりますが、自社とファクタリング業者だけで取引する2社間ファクタリングを利用すれば、ほぼ即日でファクタリングができます。

売掛先企業も取引に加える3社間ファクタリングを利用する場合は、相手企業の考えによって資金調達にかかる時間が変わります。

早期の資金調達を希望するのであれば、2社間ファクタリングを利用しましょう。

高額資金を調達可能

大きな売掛金を提供すれば、それに応じて高額な資金を調達可能となります。

売掛金を買取る企業にさえ問題がなければ、リスケジュール中でも簡単に買取ってもらえます。売掛金の大きな企業であれば、ファクタリングを使うだけで必要な資金を確保できるでしょう。

返済は売掛金を支払うだけ

ファクタリングの返済は、相手企業から受け取った売掛金を業者に渡すだけです。

返済遅延や滞納と言ったリスクがないため、支払いの不安も起こらないでしょう。

リスケジュール中の調達方法まとめ

リスケジュールを行うと、新たな融資を受けられなくなります。

資金繰りが悪化しているにもかかわらず、融資を受けられなければ経営を続けるのは難しくなるでしょう。

そこでおすすめな資金調達方法がファクタリングです。融資ではなく、売掛金の買取という方法なので、リスケジュールによる影響を受けません。

リスケジュール中にぴったりな方法なので、ぜひ利用してみてください。

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。