個人事業主はファクタリングがおすすめ?早期に資金調達できる方法5選

引用:Photo-AC

個人事業主はファクタリングがおすすめ?早期に資金調達できる方法5選

個人事業主は資金繰りが困難な状況に陥っても、一般的な企業に比べ信用度が低いため融資を受けるのが難しくなります。

しかし個人事業主が資金を調達する方法が、全くないわけではありません。

個人事業主であっても資金調達する方法は様々あり、なかでもファクタリングは早期に多額の資金を調達できる可能性がありおすすめです。

そこでこの記事では、個人事業主が利用できる資金調達方法を5つ紹介します。

個人事業主へおすすめの資金調達方法5選

個人事業主であっても、短期間で資金調達を行える方法がいくつかあります。その中でも特におすすめな5つの方法を紹介します。

消費者金融の事業ローン

消費者金融の事業用ローンは一般のキャッシングとは違い、事業用資金に特化しています。

事業用資金であれば、個人事業主であっても利用可能です。提供している代表的な消費者金融は以下の通りです。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

消費者金融は銀行よりも審査が早く、場合によっては即日融資も期待できるでしょう。

しかし、消費者金融は銀行に比べると金利が高く、将来的に返済が苦しくなるリスクが高い方法でもあります。

消費者金融を利用するメリット
  • 即日融資が可能
  • 総量規制の影響を受けない
  • 借入額が多い

消費者金融では、個人向け融資は総量規制の対象です。しかし事業者ローンの場合、収入の3分の1以上の借入が認められる場合も多く、大きな融資を期待できます。

また短時間で審査が終わるのもメリットです。事前に準備を整えていれば、即日融資もできるでしょう。

少しでも早く資金調達を行いたいのであれば、消費者金融がおすすめです。

消費者金融を利用するデメリット
  • 金利が高い
  • 個人事業主に対応している業者が限られる
  • 必要書類が多い

消費者金融のデメリットは、何と言っても金利が高い点です。他の融資に比べて高い利息を取られてしまうため、融資を受ける際は返済計画をしっかりと立てましょう。

また個人事業主に対応している業者は限られるため、全ての消費者金融を利用できるわけではありません。

さらに必要な書類が多く、電話による本人確認などの手間もかかります。

補助金

補助金は中小企業向けの制度ですが、一部個人事業主でも利用できる場合があります。

補助金を提供しているのは国や地方自治体。地域によって得られる補助金の額や制度が異なるため、しっかりと確認する必要があります。

また補助金は後払いとなるケースもあるため、補助金の制度によっては資金調達までかなりの時間がかかる場合もあります。

補助金が自裁に手元に来るまでどのくらい時間がかかるのか、確認しておかなくてはなりません。

補助金を利用するメリット
  • 融資ではないため返済しなくてもいい
  • 補助金の種類が多い地域もある
  • 経営面での相談ができる

補助金は融資ではないため、返済の必要がありません。融資とは違い、資金を得た後に経営を圧迫しないのは大きなメリットです。

また地域によっては、様々な種類の補助金がある場合もあります。選択肢が多いだけではなく、複数の補助金を併用できれば、多額の資金を調達できるかもしれません。

そして補助金を受ける際に、担当者へ経営状況について相談できるというのも、嬉しいポイントです。

補助金を利用するデメリット
  • 得られる金額は少ない
  • 補助金は競争相手がいる
  • 所得税の対象となる

補助金はあまり大きな金額が得られないため、複数の補助金を使わないと資金が足りないかもしれません。

また個人事業主が対象に含まれない補助金もあります。

さらに補助金は競争相手がいます。申請した全員が補助金を受けられるわけではなく、競争に負ければ補助金を得られない可能性もあります。

そして補助金は所得税の対象です。金額や経営状況によっては、将来的に大きな負担となる恐れがあります。

クラウドファンディング

クラウドファンディング専門サイトを通して出資を募り、経営に必要な資金を確保する手法です。

出資の代わりに商品やノベルティを提供する必要があるものの、商品やサービスの反応を知れたり、ファンを獲得できたりと副次的な効果も得られる方法です。

クラウドファンディングは希望金額を提示して出資を募ることができ、早期に到達すればすぐに事業に使えます。

しかし魅力的なコンテンツがなければ、出資を受けにくいという問題があります。またお金を得るまでに時間がかかる場合もあります。

クラウドファンディングを利用するメリット
  • 融資ではないため返済の必要がない
  • 希望金額を提示できる
  • クラウドファンディングを通じて顧客を獲得できる

クラウドファンディングは融資ではなく、出資という形でお金を出してもらう方法です。

そのため返済の心配がありません。代わりに商品やノベルティなどを提供します。

また希望金額を提示できるため、上手くいけば高額な出資を得られるかもしれません。

さらにクラウドファンディングを通じて、サービスや製品のファンを得ることも可能です。「資金調達」と「新たな顧客の獲得」を一度に行える一挙両得の方法です。

クラウドファンディングを利用するデメリット
  • 競争相手が多い
  • 希望している金額に到達しない場合もある
  • 事前の準備が必要

クラウドファンディングのデメリットは、何と言っても競争相手の多さ。当然ながらクラウドファンディングは個人だけではなく、会社も利用しています。

強力なライバルが多い状況の中、あなたの事業を知ってもらうのはかなり大変です。

また希望金額に到達しないで終了するケースも多々あります。

商品やノベルティを用意する場合、準備に必要な時間は長くなります。早期の資金調達には不向きなため、少しでも早くお金を得たい場合はおすすめできません。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の審査を受け、問題がなければ融資を受けられます。

もちろん返済しなければなりませんが、比較的審査は甘くなっており、創業したばかりの個人事業主でも利用できます。

ただし、返済計画やどのような事業にお金を使うかなど、しっかりとした計画の説明が求められます。

日本政策金融公庫を利用するメリット
  • 融資を受けるの難易度が低い
  • 大きな融資を受けられる
  • 返済期間に余裕をもたせやすい

日本政策金融公庫は融資の審査が甘く、比較的難易度の低い資金調達方法です。また金額もそれなりの額が融資可能で、大きな借入が必要な際でも問題ありません。

さらに融資を受けられる期間が長く、返済にかかる時間が少し長くなっても大丈夫です。返済計画に余裕をもたせやすい資金調達方法です。

日本政策金融公庫を利用するデメリット
  • 審査が遅れると融資も遅くなる
  • 利息がかかる
  • 書類が多い

日本政策金融公庫の審査は、時間がかかる場合があります。特に書類不備で追加の書類を求められると、審査時間が延びてしまいます。

また融資であるため返済時には、利息をつけて返さなくてはなりません。

返済時の利息は消費者金融よりは抑えられるものの、返済が長期にわたると大きな負担となります。返済計画をしっかりと考えておくのはもちろん、できるだけ短期間で返済する必要があります。

ファクタリング

ファクタリングは持っている売掛金をファクタリング業者に売却し現金化する方法です。

売掛金を売却するため、融資ではなく返済する必要がありません。返済というリスクを負うことなく、比較的早期に資金調達できる手法です。

ただし個人事業主に対応していないファクタリング業者もあり、なかには悪質な業者も存在するため、利用する際は慎重に選ばなくてはなりません。

ファクタリングを利用するメリット
  • 大きな売掛金も買取可能
  • 即日で資金調達できる場合もある
  • 返済がない

ファクタリングは売掛金を買取ってもらうことで資金調達を行うので、手数料はあるものの、融資のように返済はありません。

また短時間で資金調達が可能です。そして大きな売掛金を売却すれば、それだけ大きな資金調達が可能となっています。

短期間のうちに、多額の資金を調達できるのがメリットです。

ファクタリングを利用するデメリット
  • 個人事業主に対応していない業者もいる
  • 売掛金が少ないと必要資金を調達できない
  • 3社間は時間がかかるので注意

ファクタリング業者は多数ありますが、なかには個人事業主には対応していない場合もあります。さらには悪質な業者もいるため、しっかりと比較検討して見極めましょう。

ファクタリングには2社間と3社間の2つの方法が存在します。2社間を選ぶと短時間で資金調達可能ですが、3社間は時間がかかりやすいため注意しましょう。

また当然ながら売掛金が少なければ、得られる資金も少なくなってしまいます。

個人事業主の資金調達にはファクタリングがおすすめ

個人事業主は信用度が低く、企業のように銀行から融資を受けるのは難しいのが実情です。

しかし銀行融資ができなくても、消費者金融やクラウドファンディング、補助金など資金調達の方法は多種多様に存在します。

なかでも個人事業主にはファクタリングがおすすめ。ファクタリングは短時間で資金調達ができ、高額な売掛金を売却すれば多額の資金を調達可能です。

消費者金融や銀行からの融資のように、返済や利子に経営が圧迫される心配もありません。資金繰りに困った際は、ファクタリングを検討してみてください。

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。