記事作成日:

濃い髭を薄くする方法とは?効果的な方法から脱毛クリニックまで徹底紹介!

濃いヒゲに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。髭剃りをしても、ヒゲが濃いと目立ってしまいます。毎朝の髭剃りの悩みを考えると、ヒゲを薄くしたいものです。濃いヒゲは、日常生活やケアをすることで、薄くすることもできます。濃い髭を薄くする方法、効果的な方法から脱毛クリニックまで徹底紹介します。

濃い髭(ヒゲ)を薄くする方法はある?

濃く見えるようなヒゲは扱いづらく、薄いのに比べてきれいに剃ることができないのが悩みになっている方もいるはずです。濃いと、清潔感があるように見られないことも多いでしょう。

また薄いと、見た目がきれいに見えるだけではなく、毎日の煩わしい髭処理からも解放されるので、薄くしたいと思う男性も多数存在します。

実際、誰でも簡単に取り組めるもので薄くすることも可能なので、ヒゲに悩みを抱えていて薄くしたい方は参考にしてみてください。

髭(ヒゲ)が濃い!その理由は?

ヒゲの色が真っ黒に見えてしまうのには、理由があります。それは、男性ホルモンによる分泌が盛んになること、手入れする時のNG行動からきているものだと言われているのです。

これらが増えることにより、体毛が濃くなってしまう傾向にあります。また、ヒゲを剃る時に、刃を強く当てすぎるなど肌に刺激を与えてしまうことで、肌を守ろうとする働きが出てくるのです。

それにより、太い毛が生えてきて、剛毛になってしまいます。男性ホルモンの増えを抑え、正しい髭剃りの方法をマスターすることがポイントです。

男性ホルモンの分泌が盛んになる理由

ヒゲが色濃くなるのは、男性ホルモンの分泌が盛んになるためです。別名テストステロンとも言いますが、思春期になるにつれて、活動的になっていくホルモンです。

テストステロンは、男性らしい身体つきを作るために必要不可欠なもので、毛を濃くする働きも持っています。

テストステロンの量は人それぞれですが、普段の生活面などから増えていきやすいです。その原因には、脂っこい食事が多かったり、ストレスが溜まっていて発散できていないなどが挙げられます。

薄いヒゲにするためには、テストステロンを抑制しなくてはいけません。そのために、普段の生活を見直してみることも必要だと言えるでしょう。

濃い髭(ヒゲ)を薄くする方法【生活編】

薄いヒゲにしたい場合、生活面ではどのようなことに気を付けなくてはいけないのでしょうか。生活スタイルから見る濃くなってしまったのを薄くする方法をご紹介します。簡単に取り組めるものも多いので、実践してみてください。

薄くする方法①食生活を改善する

ヒゲを薄く目立たなくしたい場合、食生活を改善させることがポイントです。食生活に乱れが起きていることが、濃さに繋がっていることが多いです。

たんぱく質やビタミンE・亜鉛が多く含まれているものを摂取すると、ホルモン量が増加してしまうため、食べ過ぎには注意しましょう。

たんぱく質には、動物性と植物性がありますが、その中でも植物性のものを積極的に摂っていくことがおすすめです。

また、テストステロンの増加を抑えるためには、イソフラボンも欠かせません。女性ホルモンと似た構造をしていることから、男性ホルモンを抑える働きがあると言われています。

ただし、イソフラボンがテストステロン量を抑えるからといって摂りすぎるのはNGです。栄養バランスを考えた食事を摂れているかを見直してみる必要があります。

薄くする方法②生活習慣を改善する

濃さが出てしまう原因として、生活習慣が関係していると言われています。生活習慣は人それぞれ違います。

偏った食生活をして運動を全くしていなかったり、タバコや飲酒の習慣があったり、ストレスが溜まることによっても、ヒゲが真黒く見えてしまうのです。ヒゲを目立たなくするためには、生活習慣を改善させることが重要です。

薄くする方法③アルカリ性の食べ物を摂る

ヒゲを薄くさっぱりさせたい場合は、アルカリ性の食べ物を積極的に摂り入れてみてください。ヒゲや体のあらゆる毛は、体内が酸性になるほど育っていきます。伸びやすくなるため、濃く見えてしまいがちです。

酸性の食べ物ばかりを摂り入れていると、酸性の体になってしまいます。ヒゲを薄くしたい場合には逆効果だと言えるでしょう。

体を酸性にする食べ物には、肉や魚、パンや米など高カロリーな物に酸性が多いです。偏った食事をしていると、体が酸性化してしまうので、つい摂りすぎてしまう食べ物には気を付ける必要があります。

体をアルカリ性にすることが大切です。アルカリ性の食べ物には、海藻類や食物繊維が豊富に含まれているもの、大豆イソフラボンを含むもの、果物類などを積極的に摂るように心がけましょう。

薄くする方法④サプリを摂る

ヒゲが真っ黒になるのは、テストステロンが活発化するためです。この物質を抑えることで、ヒゲが薄くなる可能性があります。

サプリに含まれている成分の一つにノコギリヤシがありますが、この成分がテストステロンを抑制させる働きがあるとされています。

ノコギリヤシは前立腺肥大の予防や改善に服用されることも多く、抜け毛や薄毛にも効果を発揮するのです。

ノコギリヤシは、男性にとって欠かせない成分であると言えます。栄養バランスの取れた食事をしながら、サプリでも活発化を抑えていくと良いです。

薄くする方法⑤筋トレのしすぎに注意

なぜ筋トレが関係してくるのか不思議に思う方も多いでしょう。筋トレを行うと、テストステロンが多くなります。ヒゲの成長する速さがアップし、濃さが出てくるため、筋トレを過剰にしすぎるのは注意が必要です。

重い負荷がかかるトレーニングをすると、それだけテストステロンが増えてしまう傾向にあるため、薄いヒゲを目指すには、負荷が少ない方法でトレーニングをしていくことが重要なポイントになります。

テストステロンは筋肉をつけるために必要なものなので、男らしい体を作るためにはヒゲや体毛も濃くなるということを頭の片隅に入れておいてください。

濃い髭(ヒゲ)を薄くする薄くする方法【ケア編】

日常生活から見る濃い髭から薄い髭に変化する方法をご紹介してきました。日常生活での習慣によっても、薄いヒゲを目指すことができるのです。

濃いヒゲは、毎日のケアによっても薄くなる可能性があります。毎日のケアから見てみる濃い髭から薄くする方法をご紹介していきます。

薄くする方法⑥正しい髭剃りを行う

髭が生えてきた時の処理方法は、どのように行っていますか?ヒゲを目立たないようにするためには、正確な方法で髭剃りをしていくことが大切です。

髭処理時にしてはいけないことが2つあります。それは逆剃りと毛抜きを使って処理をすることです。

逆剃りというのは、毛の流れとは反対の方向へ剃ることを言います。毛の流れに剃って剃ることで、肌に優しく剃ることができます。

しかし、毛の流れとは逆の方向へ刃を当てると、深剃りができますが、肌には負担がかかってしまうため、肌トラブルを起こしたり、ヒゲの濃い色が目立つ原因になります。

また、毛根から抜けるからとピンセットを使ってヒゲを抜いている方もいるかもしれません。ピンセットを使用すると、肌への刺激が強いために、負担がかかりやすいです。

毛根から抜けますが、肌に毛が埋もれてしまう埋没毛を起こしてしまう可能性も高くなります。正しい髭剃りの方法を取ることで、濃くなるのを防ぐことができるでしょう。

薄くする方法⑦髭用抑毛ローションを使う

ヒゲを薄くしたい場合、髭用抑毛ローションを使う方法もあります。このローションには、毛を抑える働きのある成分イソフラボンが含まれています。

女性ホルモンと似た構造をしていることから、テストステロンの増加を抑えることができます。手頃な値段で購入することができるので、ちょっと試してみたいと思った時にも惜しみなく使うことができるでしょう。

また、抑毛クリームというのもあり、肌に浸透しやすく、抑毛効果もしっかりと得ることができます。値段は高めに設定されているので、部分使いをする方が多数見受けられます。

薄くする方法⑧家庭用脱毛器を使う

脱毛器にはさまざまな商品がありますが、家庭で使えるものも出ていて便利です。サロンでも使われているフラッシュ脱毛器は、クリニックでの医療脱毛とは違い、必要な資格はありません。

ですから、誰でも使用できるという特徴があります。家庭用脱毛器を1台持っていると、ヒゲだけではなく、他の気になる体毛も処理することができるので、毛を目立たなくしたいという場合におすすめです。

薄くする方法⑨日焼けに気をつける

ヒゲの濃い薄いは、日焼けは関係ないと思っている方も多いかもしれません。肌の色が黒くなると、ヒゲが濃くたって目立たないように感じるでしょう。

しかし、肌が焼けるのはヒゲを濃くさせてしまう働きがあり、紫外線を浴びることになります。紫外線を浴び続けることで、皮がむけたり、炎症を起こしたりしてしまうのです。

肌が焼けると黒くなる方もいれば、赤くなって熱を持ち痛々しい状態になってしまう方もいるでしょう。

肌に紫外線を浴びるのは良いものではありません。外部の刺激から肌を保護するために、ヒゲがだんだんと濃くなっていくと言われています。

外出する時は、紫外線を浴びないようにするためにも、日焼け止めクリームを塗っておくことが重要なポイントです。

日焼け止めクリームは1回塗ればいいわけではなく、時間が経つと汗などでだんだんと取れてきてしまいますので、こまめに塗り直すことが大切です。

薄くする方法⑩髭を抜かない

ヒゲをピンセットなどの毛抜きで抜いている方はいますか?毛抜きで抜くと、毛根からしっかりと抜けるためにしばらく処理をしなくて良いと考えている方もいるかもしれません。

しかし、ヒゲの処理に用いることで、皮膚に相当なダメージを与えてしまいます。皮膚内部で炎症を起こしてしまうことで、濃くて丈夫な毛を増やそうという働きが出てくるのです。

また、ヒゲを抜いた場合、毛が皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になりがちです。埋没毛になってしまうと、きれいに抜き取るのは難しくなり、サロンや医療機関であるクリニックでさえも脱毛が困難になります。

濃さが気にならないようにするためにも、自分で抜いたりしないようにしましょう。ヒゲが嫌で脱毛したい場合は、自己流だと肌トラブルを起こしかねないので、サロンや医療機関で施術してもらう方が安心です。

濃い髭をお手入れする時の注意点

ヒゲを整えるには、自宅にある髭剃りを利用して処理することがほとんどでしょう。使用する道具には、電気シェーバーやカミソリなどが一般的ですが、正しく使用しないと肌に負担がかかり、カミソリ負けをして肌がかぶれたりといった肌トラブルを起こす原因にもなってしまいます。

電気シェーバーやカミソリを使用する時に、何もつけないままだと滑りが悪くなり、摩擦がかかってしまうのです。

それを防ぐためにも、使用する前にシェービングフォームを使って肌を保護したり、電気シェーバーの切れ味が悪くなってきたら、刃を定期的に取り替えるなどの対策が必要になります。

また、自己処理方法として、ヒゲにも使える除毛クリームで処理をする方もいるかもしれません。除毛クリームの中には、低刺激性のものもありますが、やはり毛を薬剤で溶かして絡め取っていくものなので、肌には刺激が強い成分が含まれています。

人によって合う合わないというのもありますし、肌にトラブルが生じてしまうことも考えられるので、十分に理解したうえで使用するようにしてください。

さらに、家庭用脱毛器を持っていたら、ヒゲ以外の体毛に使えて便利です。サロンで使われているものよりも、出力が弱くなっているので、安心して使用することができます。

ただし、出力が弱い分、なかなか効果が表れない場合もあるのです。即効性を求めるなら、家庭用脱毛器は向いていないかもしれません。

濃いヒゲのお手入れはなかなか難しいですが、肌に負担がかからないケアを目指し、正しく処理することで悩みから解放されるでしょう。

とにかくすぐに濃い髭(ヒゲ)を目立たなくする方法

濃いヒゲを今すぐ完全になくすのは難しいけれど、目立たなくすることはできます。濃いヒゲが目立ってきたら、隠せばいいのです。

今すぐにヒゲを隠すことができる便利アイテムには、コンシーラーやBBクリームがあります。コンシーラーは、気になる部分を隠すのに使うことができるので、ヒゲが気になる部分に伸ばしていきます。

コンシーラーはカバー力もあり、ニキビ跡や傷などを隠すのにもおすすめです。BBクリームは化粧下地としても使用できるもので、こちらもカバー力があるため、濃いヒゲを目立たなくすることができます。

ヒゲの気になる部分の範囲が狭い場合はコンシーラーの方が塗りやすいかもしれませんが、範囲が広い場合はBBクリームの方がしっかり伸びて使い勝手が良いでしょう。

どちらも手軽に手に入れることができ、男性用のものも販売されているため、男性の肌質に合わせて作られているのでおすすめです。

濃い髭(ヒゲ)を薄くする方法【サロン・クリニック】

濃いヒゲを薄くする方法として、生活やケアを見てきましたが、サロンやクリニックでヒゲを薄くしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。サロンやクリニックではどのようにヒゲを薄くすることができるのかをご紹介していきます。

サロンやクリニックで髭を脱毛する方法

サロンやクリニックでヒゲを脱毛したい場合、以下の方法があります。

  • 光脱毛

光脱毛はサロンで施術を受けることができます。比較的費用は安くすむため、経済的にもうれしいポイントです。

また、施術の痛みがあるのではないかと不安になってしまいますが、光脱毛は痛みが少ないため、痛みに弱い方でも安心安全に脱毛することができるでしょう。

光脱毛は、脱毛しながら肌もしっかりと保護するので、脱毛効果だけではなく、美肌効果も期待できるのです。

  • レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療機関ではないとできないものなので、クリニックで施術を受けることができます。

脱毛時に痛みがあるのが難点ですが、その分脱毛効果は十分に得られるので、クリニックに通う回数も少なくてすみます

脱毛時の痛みは麻酔で和らげてくれるので、痛みに弱い方でも施術を受けることができるのです。

  • ニードル脱毛

ニードル脱毛は、痛みが強く、費用も高額になりがちですが、脱毛効果は期待できます。毛を生えてこなくさせることができるので、永久脱毛が可能になるのです。

ニードル脱毛は、サロンでもクリニックでも行うことができますが、やっているところとやっていないところがあるので、通いたいサロンやクリニックであらかじめ確認しておくことが大切です。

クリニックとメンズエステの違い

クリニックとメンズエステでは、さまざまな違いがあります。

  • 効果の違い

脱毛を行うことで気になるのは、脱毛効果ではないでしょうか。脱毛効果はクリニックの方が高いです。

クリニックで施術できる医療レーザー脱毛は、毛乳頭を刺激して細胞を破壊する威力を持っています。ですから、永久脱毛に近い効果を得ることができるのです。

メンズエステでは、光脱毛を使用しますが、体毛を根本的になくすというよりも、減毛効果を期待できるものになります。効果を保つためには、継続して通うことが必要になるのです。

  • 出力の違い

クリニックで行われる医療レーザー脱毛の出力は高いため、脱毛効果もしっかりと実感することができます。

高い出力を扱うのは、医療従事者だけしかできません。メンズエステでは、出力が弱いために、脱毛効果を十分に発揮することができないのです。

  • 脱毛完了期間や回数の違い

クリニックでは、高出力のレーザー脱毛を使用し、脱毛効果も得られることから、通う回数も少なくてすみますし、脱毛が完了するまでの期間は約1年半~2年になります。

メンズエステでは、弱い出力を使用しているため、通う回数はクリニックよりも多く、プランを全て終了するまでに2年の月日がかかってきます。

しかし、毛は減ってきても減毛に過ぎないことから、この先も通い続けてきれいな肌を維持する必要があるのです。

濃い髭(ヒゲ)におすすめのサロンやクリニックの選び方

サロンやクリニックで脱毛をしたいと思っているけれど、どこのお店を選んだら良いのか悩んでいる方もいるでしょう。お店によって、どのような脱毛方法で行っているのかは変わってきます。濃いヒゲにおすすめのサロンやクリニックの選び方をご紹介します。

おすすめ①ゴリラクリニック(医療レーザー脱毛)

医療レーザー脱毛は、痛みが伴うため、脱毛を受けるのをためらってしまっている方もいるかもしれません。

ゴリラクリニックで行われている医療レーザー脱毛は、痛みの少ない蓄熱式の脱毛機「メディオスターNeXTPRO」を使用しています。少ない痛みで施術を受けることができるのがポイントです。

また、痛みに敏感な方のために、「笑気麻酔」「麻酔クリーム」の2種類の医療麻酔を用意しています。ゴリラクリニックでは、コース終了後は3年間追加1回100円で脱毛することができるのもうれしいです。

おすすめ②メンズTBC(ニードル脱毛)

メンズTBCでは、美容電気脱毛(ニードル脱毛)による方法で行っています。ニードル脱毛は、1本1本丁寧に処理をしていきます。処理が完了した毛は、もう生えてこなくなるので、自己処理する必要もありません。

1本単位で調整が可能なため、自然な濃さにしたり、細かくデザインをしたりすることができるのです。

日焼けしている肌も、産毛も処理することが可能になります。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では白髪を脱毛することはできませんが、ニードル脱毛では白髪の処理もできます。

おすすめ③リンクス(フラッシュ脱毛)

リンクスでは、リンクス独自開発の男性専用脱毛機を導入しています。男性特有の太い毛にも特化しており、高い脱毛効果を発揮しながら痛みの少ない脱毛を実現しているのです。

一人一人の肌質や毛質に合わせて、最適な光を選定します。15段階から細かく設定が可能です。また、リンクスでは社員全員が男性なので、女性スタッフがいると恥ずかしいということもありません。

カウンセリングでは、一人一人に合った一番お得なプランを親身になって考えてくれます。専門医師が施術から衛生管理まで監修しているため、信頼を持って安心して施術を受けることができるでしょう。

自分に合った方法で濃い髭のお悩みから解放されましょう

剃り跡が気になったり、濃いヒゲに悩んでいる男性も多いでしょう。ヒゲを薄くしたい場合、生活面やケアの方法を変えるだけでも薄くすることができます。偏った食事をするのではなく、栄養バランスの取れた食事を心がけてください。

またストレスを溜めるのも良くありません。ホルモンバランスが乱れることで、毛が濃くなってしまいます。男性ホルモンが過剰に分泌することでヒゲが濃くなりやすいので、男性ホルモンを抑えることが大切です。

また、ヒゲを自己処理する場合、電気シェーバーやカミソリを使用して行っている方も多いです。正しく髭剃りをしないと、埋没毛になってしまったり、肌荒れなどの肌トラブルを起こす原因となります。

髭を剃る時は、毛の流れとは反対の方向へ刃を当てないこと、毛抜きで抜こうとしないことがポイントです。この2つを行ってしまうと、肌に負担がかかりやすく、刺激となってしまいます。

刃は優しく当てるようにしたり、電気シェーバーやカミソリを使用する時はシェービングフォームを使うなど肌を保護することが大事だと言えるのです。

髭を薄くするにはさまざまな方法がありますが、自分に合った方法で濃いヒゲのお悩みから解放されましょう!

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。