記事作成日:

Freeeファクタリングとは?即日資金繰りの仕組みやポイント

ファクタリング会社にはいろいろあり、会社によってサービス内容はかなり異なっています。

ファクタリング会社によって強みも違っているので、資金繰りの際は賢くファクタリング会社を使い分けることが重要です。

Freeeファクタリングの資金調達や資金繰りはどうなっているのでしょう。この記事では、Freeeファクタリングの仕組みや特徴、ポイントなどを解説します。

他ファクタリング会社との比較や使い分けのときに参考にしていただければと思います。

ファクタリングとは?

Freeeファクタリングについて解説する前に、まずはファクタリングについて簡単におさらいします。

ファクタリングとは、債権を資金化することによって資金調達・資金繰りする方法です。

会社や個人事業主などが有している売掛金などの債権をファクタリング会社に売却・譲渡し、代わりに資金を受け取ります。これがファクタリングです。会社や個人事業主などの資金調達方法としてよく使われています。

ファクタリングは債権の資金化ですから、借入による資金繰りとは異なるのが特徴です。借金ではありませんから、返済は不要で信用情報にも関係ありません。

ファクタリングについては別の記事で詳しく解説しています。ファクタリングに基本的なポイントとメリットについて確認できる記事は以下の記事です。

 

ファクタリングの”全て”が分かる|利用前に読んでほしい徹底解説ガイド

売掛金の回収を早める方法「ファクタリング」とは?3つのメリットも解説

 

ファクタリングには2社間ファクタリング3社間ファクタリングという種類があります。

種類が異なってもファクタリング会社を通じて債権を資金化するという基本は変わりませんが、資金化の際の流れが異なっているため、念のために種類についても確認しておいてください。

 

ファクタリングの種類を完全網羅!

 

Freeeファクタリングとは?

Freeeファクタリングとは、Freeeのファクタリングサービスのことです。

Freeeは個人事業主や中小企業などの経営管理系のサービスを提供していることで有名な会社ですよね。

経営管理といえば資金調達や資金繰りについても当然ですが含まれるわけですから、経営管理に強みを持っている会社が経営関係のお悩みを解決するサービスを提供しているという図式になります。

FreeeファクタリングはFreeeの公式サイトで「請求書ファイナンス」という名前で提供されています。

 

https://www.freee.co.jp/finance/cash_management.html

 

Freeeファクタリング(請求書ファイナンス)とは

Freeeファクタリング(請求書ファイナンス)は基本的に普通のファクタリングと変わりません。

急に資金調達が必要になったときに請求書(債権)を買取してもらうという流れです。この点だけ見ると、他のファクタリング会社との差異は特にありません。

ただ、Freeeファクタリングには独自の特徴があります。他社との比較や使い分けのためにも、Freeeファクタリングの特徴はしっかり把握しておきましょう。

 

https://www.freee.co.jp/finance/invoice-finance/

 

Freeeファクタリング「請求書ファイナンス」の特徴

Freeeファクタリングには4つの特徴があります。

・即日入金

・オンライン完結

・Freeeとの互換性

・手数料

Freeeファクタリングと似たようなタイプの請求書買取サービスは他にもあります。

他のファクタリングサービスと使い分けや比較をおこなうために知っておきたいのは以上の4つの特徴なので、4つの特徴を踏まえて自分のニーズに合っているかよく確認することが重要です。

また、FreeeファクタリングはFreee系サービスのユーザーは特に使いやすい仕様になっています。この点についても詳しく説明しますので、順番に4つの特徴を見ていきましょう。

特徴①Freeeファクタリングは最短即日審査・即日入金である

Freeeファクタリングの最大の魅力は、買取オファー(買取の申出と申し込み)から最短即日審査がおこなわれ、入金も最短だと即日営業日内におこなわれるところです。

ファクタリング会社によって債権の資金化までのスピードは違っています。Freeeファクタリングの場合は最短即日なので、ファクタリング会社の中では資金化までのスピードが早めになっているのです。

すぐに資金調達したい。翌週まで資金化を使って債権を整理して、すっきりと週末を迎えたい。このようなときに向いているファクタリングサービスです。

特徴②Freeeファクタリングの手続きはオンライン完結である

Freeeファクタリングの手続きは、手続きから振り込みまでオンラインで完結します。請求書を資金化したいときにわざわざ実店舗などに足を運ぶ必要がないため、仕事の途中に「債権の整理をしておこう」「請求書で資金調達しよう」と思ったときに、仕事をしている机の上で手続きが完結します。

経理処理をしながら請求書を取捨選択し、資金化できるのです。

特徴③FreeeファクタリングはFreee系のサービスと互換性がある

FreeeファクタリングはFreee系の会計システムサービスと互換性があります。

通常のファクタリングは、会計は会計で別で、個人事業主や会社が経理や会計の処理、債権の整理などをおこないます。そのうえでファクタリングにより資金化したい債権を個別に選び、ファクタリング会社に申し込むという仕組みになっているのです。

しかしFreeeファクタリングの場合はFreeeのシステム上で買取できる可能性が高い債権を自動で提示してくれる仕組みになっています。連動しているため、会計や経理処理が便利です。

会計系サービスとシステムを提示しているFreeeだからこそできるファクタリングですね。

特徴④Freeeファクタリングの手数料は低めに設定されている

Freeeファクタリングはネット完結し人件費や手続き的な手間や負担を削減できるなどの理由から、ファクタリングの際に発生する手数料が低めに設定されています。

Freeeファクタリングの手数料は2~9%です。

Freeeファクタリングのメリット

Freeeファクタリングを使って資金調達・資金繰りなる場合、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。すでにご紹介したFreeeファクタリングの特徴も踏まえて、Freeeファクタリングのメリットを解説します。

Freeeファクタリングのメリットは4つあります。

メリット①Freeeファクタリングはシステムとの同期や経理の便利さが魅力

Freeeファクタリングの最大のメリットは、やはりFreeeのサービスとの同期ではないでしょうか。

Freeeのサービスを利用していれば、債権の整理や経理処理などをおこないながらファクタリングができるため、非常に便利です。

個人事業主や会社がFreee系サービスのユーザーであれば、Freee側から新設に「この債権は買取できる可能性が高いです」と申し出てくれるため、債権の取捨選択まで任せられる仕様になっています。

経理、会計関係のサービスとセットで使えるのがFreeeファクタリングの強みです。Freee系サービスを愛用していれば、他のファクタリング会社を利用するより便利に資金調達や資金繰りできるというメリットがあります。

経理まわりをfreeeでまとめてしまいたい人には、特にメリットがあるのではないでしょうか。

メリット②Freeeファクタリングは取引先に知られず担保も不要である

Freeeファクタリングの基本は取引先に知られることのない2社間ファクタリングです。

Freeeファクタリングで資金調達や資金繰りをおこない、取引先から入金があったら申込者(ファクタリングをした個人事業主や会社)からFreeeファクタリングへ支払い分を差し入れるという仕組みになっています。

よって、Freeeファクタリングで請求書を買い取ってもらっても、取引先に資金調達や資金繰りを知られることはありません

また、Freeeファクタリングは担保不要です。保証人もいりません。

ファクタリング自体が借り入れではなく請求書(債権)の買取により資金調達する方法ですから、Freeeファクタリングを利用しても借入のように担保や保証人を用意する必要がないのです。

メリット③Freeeファクタリングは個人事業主やFreeeを使いはじめたばかりの人もOK

Freeeファクタリングは個人事業主や会社などが使えるファクタリングサービスです。

ファクタリングによっては個人事業主を対象外にしているケースもあるのですが、Freeeファクタリングの場合は個人事業主の請求書買取もOKになっています。

Freeeのユーザーには個人事業主も多いといわれていますから、Freeeファクタリングが使えないとなると、利便性が落ちてしまいますよね。その点は特に心配いりません。

Freeeファクタリングは、Freee系のサービスを使いはじめた人でも利用可能です。

何年もかけてお得意様になってはじめて使えるサービスでなく、いきなり使えるファクタリングサービスになっています。

これから中小企業や個人事業を立ち上げるにあたって経理などのシステムに悩んでいたら、Freeeファクタリングを目当てにFreeeを使ってもいいわけです。

メリット④Freeeファクタリングは利用にあたって面談なしで最短1営業日内での入金

FreeeファクタリングはFreee系のサービスと同期しているため、手続きから入金までスムーズです。

Freeeの方としても、サービスの中にもうすでにデータを上げてもらっているわけですから、手続きの際に楽ですよね。だからこそ、Freeeファクタリングは面談なしで資金調達や資金繰りが可能です。

銀行融資などのように面談はなく、仮に確認したいことなどがあっても、電話で簡単にやり取りする程度になります。Freeeファクタリングの基本は「ネット完結」です。

ファクタリングでネット関係の会社はいくつもありますが、Freeeの強いところはやはりFreeeのサービスにデータがあり、そのデータをベースにしてファクタリングを進められるところではないでしょうか。

Freeeファクタリングは入金も迅速です。すでにお話ししましたが、最短で1営業日以内になります。

経理状況の整理をしながら「この請求書を売って資金調達しよう」ですぐに手続きができ、手続き後は迅速に振り込んでくれるという仕組みです。

Freeeファクタリングのデメリット

Freeeファクタリングにはメリットも多いのですが、反対にデメリットもあります。

Freeeファクタリングを検討するときに知っておきたいデメリットは3つです。

デメリット①Freeeユーザー以外には恩恵が薄い

FreeeファクタリングはFreee系のシステムと同期しているため便利ですが、逆に考えるとFreeeを使っていない個人事業主や中小企業には恩恵が薄いというデメリットがあります。

Freeeファクタリング以外にもファクタリングサービスは多数あり、個人事業主が使えるファクタリングや最短即日ファクタリングなどもあるのです。

Freeeサービスを特に使っていない人はFreeeファクタリングにこだわる必要はありません。別のファクタリングにも即日やネット完結などのニーズを満たすものがあるので、そちらを使ってもいいのではないでしょうか。

 

【2020年12月版】ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

審査が早いファクタリング会社はどこ?急ぎの資金調達にスピード対応の業者を比較

 

デメリット②Freeeファクタリングの使い方は特殊である

Freeeファクタリングの使い方はやや特殊です。

通常のファクタリングの場合、ファクタリング会社と資金化したい債権を申込側が選びます。しかしFreeeファクタリングの場合は「オファー」という変わったシステムが基本になっているのです。

FreeeファクタリングはFreeeのデータを試算し、買取できる可能性の高い債権をFreeeファクタリング側がオファーします。オファーに沿ってFreeeファクタリングの申し込みをするという点で通常のファクタリングとやや違っているのです。

Freeeのサービスをある程度使っていることが前提ということですね。やはり、Freeeユーザー以外でFreee以外を愛用している場合はメリットが薄いという結論です。

デメリット③Freeeファクタリングを使う条件が4つある

Freeeファクタリングを利用するためには条件が定められています。利用条件を満たしていないと、Freeeファクタリングは使えません

まず、Freeeファクタリングの対象になるのは「官公庁または法人の売掛債権」「支払日が確定している債権」になります。個人事業主への債権は対象外になっているのです。この他に、利用条件が3つあります。

・取引先が法人や官公庁で法人番号が入力されていなければならない

・債権の振り込み期日が入力されていなければならない

・Freeeのシステム上に最新の状況を入力し残高などに乖離がない

以上がFreeeファクタリングの利用条件になっています。Freeeのサービスの利用が前提になっていることがよくわかるはずです。Freeeユーザーには便利ですが、特に使っていないという人はFreeeを使うかどうかが利用検討の際のポイントになるのではないでしょうか。

Freeeファクタリング利用の目的が「迅速に資金調達したい」であれば、他ファクタリングでも事足ります。ただ、Freee系サービスで経理状況などを整理しながらファクタリングしたいということであれば、Freeeファクタリングは使いやすいかもしれません。

Freeeファクタリングについては、メリットとデメリットが表裏一体のような状態になっているのです。

最後に

Freeeファクタリングは迅速に売掛金債権などを資金化できるサービスです。個人事業主や会社が利用できますので、事業の資金繰りや資金調達の際に役立ちます。経理のお役立ちサービスの会社として名高いFreeeのサービスということで、心強さもあるのではないでしょうか。

Freeeファクタリングの最大の魅力は、Freeeのシステムとの一体感です。Freeeの方で情報を整理しておけば効率的かつ迅速に請求書を資金化できるというメリットがあります。

ただ、FreeeファクタリングはFreeeサービスの利用が基本になっているため、現状特にFreeeを使っていないという人にはメリットが薄いかもしれません。

ファクタリングサービスのみを見れば、Freeeファクタリングのようにネット完結で迅速な入金をしてくれる会社は他にもありますから、よく検討することをおすすめします。

資金調達や資金繰りは事業の要です。自分にとって使いやすいファクタリングサービスを見つけておきましょう!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。