記事作成日:

営業マンの仕事はつらい?仕事がキツい時の乗り越え方を徹底解説!

どんな仕事でも簡単なもの、楽なものはありませんが、営業マンの仕事はストレスが溜まりやすいと言われている通り、時には辛くしんどく感じてしまうものでしょう。ずっとそのような状態が続けば、いつか精神が壊れてしまいます。

そこでここでは、営業マンが抱える仕事のストレスを和らげる方法をご提案いたします。仕事がしんどくて辛い時は、こちらを参考にしてみて下さい。

そもそも営業とはどんな仕事なの?

営業マンの仕事は簡単に言うと商品説明だったり、その商品がいかに素晴らしいものなのかを分かりやすく説明することです。

例えば不動産の購入や、保険のサービスとなると、ご自身の目で見るだけでは何もわかりません。その分野に詳しい営業マンの説明があってこそ、魅力やメリット、デメリットを知ることができます。

時には正しい情報と思い込んで絶対に大丈夫と思っている商品でも、営業マンの目から見ると決してそうではなかったり、お客様にとって不利になるケースも十分あります。そういったすべての情報を提供してくれるのが、営業マンです。

営業の仕事がつらいと言われる原因

なぜここまで営業マンの仕事=しんどいというイメージになってしまうのでしょうか。具体的な実例を挙げて、その原因を探ってみましょう。

原因①ノルマがしんどい

どの会社でもそうですが、商品の売り上げが伸びないことには会社の成長や発展はありません。だからこそ営業マンがいるのですが、キツすぎるノルマが精神的に大きく伸しかかってくるでしょう。

会社側もノルマ数を設けることで営業マンの達成感や、今後のやる気に繋げたいと考えるのは当然です。しかしいき過ぎたノルマは今後のモチベーションにも繋がりにくくなっており、多くの営業マンを苦しめる結果となっています。

原因②飛び込み営業は迷惑がられる

営業の中でも特に飛び込み営業は体力も精神力も削られると言われており、ストレスの大きな原因となるでしょう。訪問される側もアポなしで来られるというのは恐怖と不信感を感じてしまうのは当然で、警戒するのは当たり前です。

「セールスお断り」の張り紙がされていたり、時には警察に通報されたりと、大きなリスクを抱えることになるでしょう。

しかし営業マンも少しでもノルマを達成しないといけないという責任感から、個人宅へ飛び込み営業をかけるはずです。お互いにとってデメリットしかないということが分かりますが、会社の方針もあって避けられない部分もあります。

原因③社内の目が気になる

営業は分かりやすく数字に表されてしまうので、営業成績が悪いことで周りから冷たい視線を向けられているような気分になります。

口には出さなくても内心「できない営業マン」というレッテルを貼られているのではないかと疑心暗鬼になってしまって、ちょっとしたことでも仕事のミスに繋がってしまう可能性も否定できません。

しかしこれは実のところ考えすぎな部分もあって、1人の営業結果のせいで会社が傾くようなことはありません。責任感を持つことは大切ですが、気負いしすぎないことも大切です。

原因④給料が上がらない

長年勤めていたとしても営業成績が好ましくないことで、給料アップが見込めない環境にある方も少なくありません。

もちろんボーナスにも反映してしまうので、正直なところモチベーションを保てなくなってしまっているのではないでしょうか。給料を上げるためには営業を頑張るしかないのですが、ストレスがたまりすぎてしまうことで、仕事の効率化が大幅に下がってしまうことも考えられます。

仕事の評価として賃金が与えられるということを考えると、給料が多くなればなるほど、やる気に繋がるのは仕方のないことでもあります。

原因⑤毎日気が休まらない

1つでも多くの契約を結ぶために顧客リストや営業方針、提供サービスのことをずっと考えているうちに、いざその日の仕事が終わったとしても緊張感が続いたままの方が多いです。

ゆっくり眠りたいのになかなか寝付けなかったり、気持ち的にもゆっくりできない原因はそこにあります。ストレスを知らないうちに溜め続けてしまうことに繋がります。

営業の仕事がつらいときの対処法!上手な乗り越え方は?

仕事が辛すぎてどうしようもなくなった時は、良くも悪くもご自身の力で乗り切るしかりません。ここではおすすめの対処方法や、うまく切り替えられる方法について解説していますので、参考の1つにしてみましょう。

乗り越え方①上司や同僚に相談する

どうしても営業がうまくいかない時は、思い切って上司や同僚に素直に相談してみてはいかがでしょうか。まったく違う観点からの意見がもらえるので、ご自身では気づかなかった新たな発見があるかもしれません。

ただしやみくもに「どうすればいいですか?」と聞くのではなく、自分なりの考えやシュミレーション、今後の策などを話した上でアドバイスを聞くようにして下さい。やる気を見せることで同僚も上司も親身になってくれる可能性が高くなって、成功への近道となります。

乗り越え方②つらい気持ちを吐き出す

辛いと思ったことは溜めこみすぎないようにすることが大事です。友人や同僚に話してみるのも1つの方法でしょう。もちろん誰かに話さなかったとしても、ご自宅で1人で嫌なことを言葉に出して吐き出してみるのもおすすめです。

例えば1日5分間だけ好きなことを言っても良いというルールを作ってみて、不満やイライラを口に出してみましょう。いざ言葉を発した後に気付くのですが、意外とスッキリしたりします。積極的にストレスを吐き出そうとすることで、少しではありますがストレス緩和になっていくはずです。

乗り越え方③転職を考えてみる

ストレスを蓄積した結果うつ病になってしまったという方もいるのではないでしょうか。そうなってしまうと完治まで時間がかかってしまうだけではなく、肉体的にも精神的にも大きな疲労となって、新たなストレスになってしまうかもしれません。

そんな状況になってしまうのであれば、思い切って転職してみるのも1つの方法と言えるでしょう。年齢を重ねるごとに転職しづらくなってしまうと思うかもしれませんが、いざ転職すると快適な毎日を送れるようになったというパターンもたくさんあります。

営業マンと別の仕事を探してみるのも、引き続き営業マンの仕事を探してみるのも、どちらもおすすめです。会社を変わるだけで成績が上がったなんていうこともありますので、諦めてはいけません。

営業の仕事はつらいだけじゃない!

もちろん営業はしんどくて辛いことばかりではなく、ご自身の成長やメリットに感じられるところもたくさんあります。ここでは営業の魅力について解説していますので、営業のことをもっと知ってみましょう。

ビジネススキルを身につけられる

毎日辛い思いをしているからこそ、気づかないうちに営業スキルが身に付くようになります。営業方法やルーティーン、策略方法が身に付くだけで、もし仕事が変わったとしてもそのままのスキルを活かせることができるでしょう。むしろ今までの経験値をプラスすることができるので、有力ポイントになるはずです。

そして知らないうちにメンタル面が強くなっています。これは今までご自身がたくさん悩んで、数々の解決法や仕事の持っていき方を考え抜いた結果培ったもので、誇れるスキルの1つとなります。

いつの間にか「○○だったから、次は○○しよう」というような目指す方向を見つけられるようになったりと、メリットになることもたくさんあります。辛いことばっかりでも、ご自身の成長に繋がっているところはプラスと考えられるのではないでしょうか。

顧客から感謝される

つらい仕事な分、お客様から感謝されるケースもたくさんあるはずです。直接「ありがとう」と言われたり、仲が深まったりと、営業をやっていてよかったと感じる部分がきっと出てきます。

また営業は会社の顔と呼ばれる花形職でもありますので、顧客からの評価が高いことで、必然的に会社での評価もUPします。そしてそれが別の仕事に繋がったり、顔を覚えてもらうことで人脈が広がったりと、大きな魅力となるでしょう。

営業はしんどい部分もたくさんありますが、そういったしんどいところが報われるような嬉しいこともたくさんあるということです。

つらいことが多い営業の仕事をうまくこなそう

しんどいこと、辛いことがたくさんある営業マンですが、毎日の仕事の中で少しずつストレスを放出していくことが、仕事をうまくこなせる秘訣となります。

本当に無理な状況まで追い込まないためにも、時には周りの方々に相談したり、アドバイスを求めることで、仕事がやりやすい環境づくりを目指しましょう。

もちろん今の仕事を辞めて、別の仕事に就くことも1つの手法です。色々なことにチャレンジしてみて、しっくりくる仕事方法を見つけましょう。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。