日払いと日給制の違いは?求人情報の読み方解説!

日払いと日給制の違いは?求人情報の読み方解説!

引用:pixabay
仕事を探すとき、あなたはどのくらい、じっくりと求人情報を読んでいますか?サラッと読んだ印象で「なかなか良さそうだな」と思っても、実際には思い描いた条件とは異なるケースもあります。今回は、求人情報を読む時にぜひチェックしてほしい、勘違いしやすい用語をピックアップして解説します。

「日払い」と「日給制」

引用:pixabay
とにかく早く手元に現金が欲しい!というときに目に留まるのが「日払い」や「日給制」という言葉ではないでしょうか。なんとなく似た印象のあるこの二つの用語ですが、実は意味は異なります。

「日払い」とは

「日払い」とは、給与計算の締めが一日単位で行われるという意味です。一般的には、本日分の給与が翌日に支払われるケースが多いようです。数日後や一週間後の支払いになる場合も少なくないので、求人情報に明記されていない場合は面接などで確認しましょう。

ちなみに、本日分の給与をその日の仕事終わりにもらえる形を「即日払い」と言います。この場合、銀行振込ではなく現場や事務所での現金手渡しが大半になります。

「日給制」とは

「日給制」も「日払い」に似たイメージがありますが、こちらは給与額が一日単位で決まっていることを意味します。「日払い」と同じように日単位で支払われる場合もありますが、週単位や月単位でまとめて支払われる場合も多いです。すぐに現金が欲しいと思っていたのに、翌月末まで待たないといけなかった…なんてこともあり得るので注意が必要です。

一ヶ月単位で給与額が決まっている「月給制」と比べると、働いた日数が多ければ多いだけもらえる給与が増えるので、休日が少なくなっても良いのでたくさん稼ぎたいという人に向いています。反対に、悪天候が続いたりして働けない日が多かった月は稼ぎも少なくなってしまい、不安定な側面もあります。

「週休二日制」と「完全週休二日制」

引用:ぱくたそ
プライベートも大切にしたい人にとって「週休二日制」というのは魅力的な言葉ですね。しかし、これも勘違いしやすい用語です。この機会に意味をきちんと確認しておきましょう。

「週休二日制」とは

週休二日制とは、「一年を通して、月に一回以上二日の休みがある週があり、他の週は一日以上の休みがあること」を意味します。つまり、毎週日曜日と第三水曜日が休み、というような場合がこれに当たります。基本的に毎週土曜・日曜が休みで年に何回か土曜出勤のある月もある、というような場合も「週休二日制」に該当します。

「あれ?思っていたのと違う」と感じた方も多いのではないでしょうか?「週休二日制」の場合、一回しか休みがない週のほうが多いこともあり得るし、二日休みがある週も土日の連休とは限らない、ということですね。

「完全週休二日制」とは

毎週土日が必ず休み、というパターンは「完全週休二日制」にあたります。但しほかにも、毎週水曜と日曜が必ず休み、というケースも「完全週休二日制」にあたりますし、シフト制で休みの曜日は毎週変わるけれど週に二日は必ず休み、というケースも「完全週休二日制」に該当します。

家族の休みと合わせたい、等の事情で「毎週土日は必ず休みたい」という希望がある方は、「完全週休二日制」の表記がある求人情報を探すとともに、休みの曜日も必ず確認してくださいね。

「社会保険完備」と「社会保険あり」

引用:ぱくたそ
安心して働けるための制度のひとつに「社会保険」があります。こういう点がしっかりしたところで働きたい、と考える人も多いと思います。ぜひ、社会保険についての表記もチェックしましょう。

「社会保険完備」とは

「社会保険完備」とは、健康保険・厚生年金保険・労働者災害補償保険・雇用保険のすべてに加入できるという意味です。

「社会保険あり」とは

ここで、各保険の加入条件を確認しましょう。

労働者災害補償保険は、働く人全てが適用となります。また、フルタイム勤務の場合、健康保険・厚生年金保険・雇用保険に強制加入となります。アルバイト・パートの場合も、労働時間や労働日数が一定以上の場合、健康保険と厚生年金保険には加入することになります。また、一定基準以上の雇用の見込みがある場合は雇用保険にも加入することになります。

このため、「社会保険完備」ではなく「社会保険あり」の表記になっている場合、健康保険・厚生年金保険・労働者災害補償保険・雇用保険のすべてに加入できるわけではない可能性があり、雇用条件との兼ね合いによっては違法になる可能性も否めません。「社会保険あり」と求人情報に書かれていたら、加入できるのはどれなのかしっかり確認したいですね。

「交通費支給」と「交通費全額支給」

引用:ぱくたそ
遠くの現場で働く場合、交通費が出るのかどうかも気になるところです。

「交通費支給」とは

求人情報に「交通費支給」と表記されている場合、必ずしも実際にかかった交通費が全額支給されるとは限りません。

規定によって定められた一律の額が支給される形や、一定の上限額までなら支給されるがそれを超えた分は支給されない、という形もよくあります。全く支給されないよりは良いですが、場合によってはかなり自己負担額が多くなってしまうことも考えられます。

また、最短ルートで乗り継いだ場合の額が支給され、それより運賃が高くなる経路を使った場合の差額は出ない、というケースも多いです。

「交通費全額支給」とは

「交通費全額支給」と表記されている場合、上限規定なしにかかった運賃が全て支給されることを意味します。

しかし、担当者がこのことを知らずに求人情報に「交通費全額支給」と記載していることも実際には多いようです。社内規定上は「○○円まで」と定められているのに、「まさか○○円以上かかるところから来る人はいないだろう」と思いこんでいるケースなどです。もし求人情報に「交通費全額支給」と書かれていた場合、本当に上限なしに支給されるのか確認したほうが良いかもしれません。

求人情報のほかにここも大切!


ここまで、求人情報で勘違いしやすい用語の代表的なものをご紹介してきました。用語の細かい意味の違いが分かるようになると、「この求人は『日給制』と書いてあるけど、実際に給与が入るのはいつになるのかな」など、確認したいポイントがはっきりしてきます。気になる点は予めまとめておき、問い合わせや応募、面接などの機会にしっかり確認したいですね。

なかには、「週休二日制」と書いてあったので毎週二日休めるわけではないのだと思っていたら、実際にはほとんどの週が土日休みで、実質的にはほぼ完全週休二日制の職場だったということもあります。そういった詳しい部分は求人情報だけでは読み取りにくいので、直接採用担当者とコミュニケーションをとるなかで理解していきましょう。

ぴったりの仕事を見つけよう

どんな仕事をするか、どんな条件で働くかによって生活は大きく変わります。給与や休日・福利厚生などさまざまな条件のなかから自分にとって譲れないポイントはどこなのか明確にし、納得して働ける職場を見つけたいですね。以下に現業系・技能系の仕事が探せるサイトをご紹介します!

業界NO1サイト【工場ワークス】



今まで製造業で働いてきたから知識や技術を生かしたい!ものづくりの現場で働きたい!そんな願いをかなえる求人サイトが【工場ワークス】です。全国各地の工場求人情報、工場に従事するいろいろな職種の求人情報が毎日更新されており、その数は33,000件以上!サイトも見やすく、働く場所や職種、雇用形態、その他の条件などを細かく指定して選べる簡単な検索機能もあるので、素早く自分にぴったりの職場を探すことができます!

製造業初心者もこれで安心!?

今までデスクワーク中心だったけど、製造業にチャレンジしたい。そんな方は全く未知の世界に飛び込むのは不安ですよね。同じ職種の間で通じる言葉やその現場の常識など、全くの未経験で新しい職場だと人一倍戸惑うことばかりです。【工場ワークス】では履歴書の書き方から製造業の用語集も掲載。また、ものづくりの今がわかる『工場タイムス』というニュースサイトもあり、今製造業で活躍している方にもオススメです!求人情報の掲載だけでなく、それに伴う基礎知識が手に入るのも魅力ですね!

掲載求人の特徴

【工場ワークス】では、全国の工場に関連した様々な求人が掲載されております。フォークリフトやクレーンの操作、梱包・ピッキングなどの軽作業、工場事務なども掲載。幅広い作業に対応していますので、バリ取り、溶接、金属設計など細かな作業を指定して自分が今まで培ってきた経験を生かすことも可能です。男女問わず18歳~50代までの幅広い年齢層に対応しているのでどんな方にもお勧めできるサイトです。

おすすめポイント

未経験でも高収入可能な求人が多数掲載されているのが【工場ワークス】の特徴です。遠方でも寮に入ってしっかり稼ぎたい、未経験から正社員を目指してじっくり働きたい、子育て中で安心のサポート体制が欲しい、など探す方のニーズにこたえる幅広い求人情報の掲載が魅力です!


ドライバー専門の求人サイト【ランクリードドライバー】




人手不足のドライバー業界。今、最も求められているドライバーは負担が大きくなるばかりでやめてしまう方も少なくありません。でも、せっかくなら自分の資格や経験を生かしたドライバーの仕事を続けたくありませんか?もっと良い職場で働きたいというドライバーの願いを叶える求人サイトが【ランクリードドライバー】です。

この職場大丈夫?の不安を払しょくする!

通常の求人情報だけでは伝わらない企業の素顔を公開する『だれどこ?』のコンテンツが【ランクリードドライバー】の特徴です。実際に働いている方からの生の声で一日の流れや作業の内容などを紹介。その会社個々の個性が出ていますので、ぜひとも確認していただきたい項目です!

掲載求人の特徴

【ランクリードドライバー】では、関東、北信越、関西、中国、四国にあるドライバー求人を掲載しています。バスの運転手から新聞配達まで様々な『配送』に関わる仕事を掲載しています。特に企業を指定して探すこともできますし、通常の求人情報では得られない社内の生の声も知ることができるので、今まで抱いていた企業イメージが変わった!という場合もあります。

おすすめポイント

求職されているドライバーさんは、今までの職場で不満がありやめたというケースが多いですので、次の職場を探す場合も不安が多く、ドライバーをやめてしまうといったケースも少なくありません。【ランクリードドライバー】では、企業と求職者のミスマッチをなくして、安心して働ける職場を紹介することに力を入れています。もちろん、ドライバー経験者だけでなく、自動車免許(中型や大型など)を持っている方なら未経験でも大歓迎の仕事がありますのでドライバーの仕事をお探しのすべての方におすすめです!


建築・設備・土木に特化した転職支援サービス【転職設計事務所】




今求められている、建築・設備・土木関連技術者に特化した求人サービスが【転職設計事務所】です。求職者が保有する資格だけに頼らず、今まで培ってきた技術や知識を生かせる求人を紹介することができます。コンサルタントの質も非常に高く、業界や技術に関する豊富な知識を保有していることから求職者の希望にしっかり応えるマッチングを提案することができます。

掲載求人の特徴

全国の建築・建築設備・土木関連の求人を専門としており、非公開の求人も取り扱っています。もともと建築業界で約30年の実績を持つ設計事務所が運営する転職エージェントであり、実際に目の当たりにしてきた技術者の方の状況を憂い、それを支援する目的で設立されました。経験豊富な40~60代のシニア技術者の方を紹介してきた実績も多く、求人する企業側にも信頼あるサービスです。

おすすめポイント

本業を通じて培った技術知見や業界内のパイプを存分に活かし、現場責任者や経営層からの直接のオーダーや独占求人など他では探せない求人を多く取り扱っています。求職者の経験や志向に応じて、経歴を効果的に売り込むことを得意としていますので、企業側も求職者側も納得の安心した転職が可能です!



★★手に職をつけるなら、今注目のこんな職業はいかが?★★

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。