記事作成日:

クレジットカードなぜ審査落ちした?審査が通りやすいおすすめカードをご紹介!

クレジットカードを申し込もうとしている方の中には、ちゃんと発行してもらえるのか心配だと感じている方も多いのではないでしょうか。カードを申し込む際には、カード会社から審査が行われますので、確実に発行してもらうためには審査のポイントを押さえておくことが大切です。また、これまで審査で引っ掛かってしまった場合でも、きちんと対策をすることで発行してもらえる可能性が上がります。

審査なしのクレジットカードは存在しない

なぜ、審査を受けずに取得できるクレジットカードが存在しないのでしょうか。その答えは、クレジットカードの仕組みにあります。クレジットカードで支払ったお金は、一度カード会社に支払われます。

そのため、支払い時点で利用者の口座が空になっていても、利用者は限度額まで自由に買い物をすることができます。そして、カード会社が指定した日に、その月の利用金額が利用者の口座から引き落とされます。

限度額いっぱいまでカードを利用したにもかかわらず、口座にお金が入らない場合はどうなるでしょうか。最悪の場合、カード会社は貸し倒れになってしまいます。

このようなリスクを回避するためには、クレジットカードを申し込む際に、申込者に返済能力があるかどうかを審査する必要があります。審査を受けずにクレジットカードを申し込むと、返済能力のない方がカードを持てるようになってしまいます。

カード会社にとっては、不良債権は大きな損失です。そのため、返済能力があると判断された方だけがクレジットカードを持つことができるのです。

このような審査があるからこそ、クレジットカードにはステータスがあるともいえます。クレジットカード会社が「この人は信頼できる」と判断したということで、社会的な信頼が高まるのです。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準を理解すれば、申し込みの際に押さえておくべきポイントがはっきりしてきます。これから申し込みを考えている方は以下に挙げる3つの審査基準を確認しておきましょう。

審査基準①過去の取引の履歴

1つ目の審査基準は「過去の取引履歴」です。これは、クレジットカード会社が、申込者の過去の取引履歴を確認するということです。

この情報は自己申告ではなく、カード会社が信用情報機関から申込者の情報を参照します。過去に債務整理や自己破産をしたことがあったり、支払いが遅れたことがあったりすると、この段階で審査に落ちてしまう可能性が高いです。

これは、利用しようとしている申込者がきちんと支払いをしてくれる信頼できる人かどうかを確認するための重要なステップなのです。自分のクレジットヒストリーの状況を知りたい場合は、信用情報機関に問い合わせてみましょう。

スマートフォンからでも簡単に問い合わせることができますので、気になる方はぜひ検討してみてください。

審査基準②現在の借入状況

また、現在の借り入れ状況は、審査の通過率に大きく影響します。申し込みの際には、現在何社から借りているのか、合計でいくら借りているのかを申告する必要があります。この申告を間違えてしまうと、審査に通らなくなってしまいます。

また、故意ではなくても、申告した内容と実際にカード会社が持っている情報が違っていれば、誤った情報を提供したと判断されてしまいます。借り入れ状況を誤認している場合も多いので、申し込み前によく確認しておきましょう。

また、借入件数が多かったり、申込者の収入に対して金額が大きかったりすると、審査に通るのは難しくなります。これは、「限度額がいっぱいなので、他社のクレジットカードを申し込んだ」と判断されてしまうからです。クレジットカードを申し込む前に、自分の借入状況のバランスをよく考えておく必要があります。

審査基準③属性情報

クレジットカードの審査では、カード会社は申込者の「属性情報」を見て判断していると言われています。各カード会社は、独自の基準で申込者の属性情報を点数化し、その総合点をもとに、審査基準を満たしていれば「審査通過」、基準を下回っていれば「審査落ち」となります。

属性情報は様々な項目を点数化して総合的に判断すると言われていますので、項目によってはそれだけでは審査の合否が決まらないことも予想されます。しかし、一般的に有利・不利と言われている目安はあります。

まず、1つ目のポイントは年収です。年収が高い方が低い方よりも有利になることが予想されますが、必ずしも年収が高ければ良いというわけではありません。

例えば、転職して1年未満で年収600万円の方と、公務員や大企業に勤めていて年収600万円の方とでは、信用度が違ってきます。

2つ目のポイントは、働いている会社です。先ほどのポイントと少し似ていますが、公務員や大企業・上場企業の方は評価が高くなる傾向にあります。その他、カード会社によっては、業種などもスコアリングに影響することが予想されます。

勤務形態については、正社員が最も安定しており、評価が高くなる傾向にあります。派遣社員、契約社員、パートタイマーの場合は、正社員に比べてスコアが低くなります。自営業者や個人事業主の場合は、勤続年数が審査の対象となる場合があります。

クレジットカードの審査に落ちる原因は?

ここでは、クレジットカードの審査に落ちてしまう理由を詳しく説明します。審査でチェックされた項目のうち、厳しいとカード会社から判断された場合は不合格となります。これからご紹介する要素は、不合格になる可能性を大幅に高めますので、できるだけ避けるようにしましょう。

原因①収入が基準に満たない

収入がないと、「返済能力がない」と判断され、審査に落ちてしまいます。そのため、基本的に限度額を最低限に調整することが、審査に通るための有効な手段となります。利用限度額によっては、収入がほとんどない方でも審査に通ることがあります。つまり、審査に落ちるということは、欲張った限度額を設定しているケースが多いのです。

原因②多重申し込み

また、多重申し込みをしていると、審査が難しくなる傾向があります。多重申し込みとは、短期間に複数のクレジットカードに申し込むことです。このような行為は、入会キャンペーンを狙っているのではないかと疑われることがあります。

また、他社への支払いに苦労していると不信感を持たれることもあります。いずれにしても、好印象を与えるものではないことを知っておきましょう。

原因③すでに多額の借入をしている

すでにクレジットカードのキャッシングやリボ払いなど、消費者金融からお金を借りている場合は、申込者の属性や信用情報から、返済能力が低いと判断されることがあります。すでに借金をされている方は、できるだけ借金額を減らしてから、クレジットカードの申し込みをしてください。

原因④事故情報がある

信用情報に事故情報がある場合は、まずクレジットカードの審査には通りません。事故情報とは、過去の延滞・未払い・債務整理などの履歴が信用情報機関に登録されていることです。事故情報が登録されることを「ブラックリストに載る」と表現することもあります。

信用情報機関に事故情報が登録されるケースとしては、「債務整理をしたことがある」「携帯電話料金を数か月以上滞納したことがある」「借金の返済を2~3ヵ月以上滞納したことがある」「奨学金の返済を3ヵ月以上滞納したことがある」などがあります。

事故情報が登録されている期間は、一般的にはクレジットカードはもちろん、ローンを組むこともできません。事故情報が削除されるまでには、約5年かかると言われています。

事故情報が削除されれば、クレジットカードが持てるようになる可能性があります。事故情報があるかどうかを調べるには、情報開示を行うことができます。

原因⑤書類の不備や虚偽の記載

書類に不備があり、この状況では審査を進めることができないと判断された場合、審査落ちとなります。また、書類を提出しないことで審査を妨害している場合も同様の扱いとなり、審査を受けることができませんのでご注意ください。

また、応募書類に虚偽の記載をしたことが判明した場合にも、審査に落ちます。虚偽の情報は重大な与信違反となりますので、自分の情報を良く見せたいと思っても避けてください。悪質な場合は、ブラックリストとして扱われます。

クレジットカードで審査落ちした場合の対策法

それでは、審査落ちしたときはどうすればいいのでしょうか。実は、ちょっとしたコツを頭に入れておくだけで、審査通過の可能性は高くなります。審査に落ちることを心配しているクレジットカード初心者の方は、ぜひチェックしてみてください。

対策①時間を開けて再度申し込む

クレジットカードの審査に通らなかった場合は、時間をおいてからクレジットカードに申し込むことも大切です。クレジットカードの審査情報や申込履歴は、一定期間、信用情報機関に登録されます。

信用情報機関に登録された情報は、各クレジットカード会社や金融機関が審査の際に確認する情報です。クレジットカードの審査に落ちた場合は、返済能力がないと判断され、複数回の申し込み履歴がある場合は、経済的に困っていると判断される傾向にあります。

クレジットカードの申込履歴は6ヶ月間残ります。複数のクレジットカードの申し込みに失敗した場合は、最低でも半年以上の期間を空けてから申し込みをしてみましょう。

対策②申し込み情報を正確かつ詳細に記入する

クレジットカードを申し込む際には、個人情報を他の項目と一緒に入力する必要があります。すべての項目を丁寧に記入しましょう。記入するのが面倒だからといって、記入漏れや間違いがあると、カード会社に悪い印象を与えてしまいます。

また、必要な情報が抜けていると、審査がうまくいかず、時間がかかってしまいます。もちろん、虚偽の情報を記入しないことは言うまでもありません。カード会社の情報網は広いので、嘘はすぐにバレてしまいます。

嘘をついていることが発覚すると、誠実さに欠ける人と判断され、審査に落ちる可能性が高くなります。そのため、フォームはとにかく正確に記入し、提出する前に何度か確認して、間違いがないようにしましょう。

対策③キャッシング枠を0円に設定

あまり知られていませんが、キャッシング枠を設定していない方が審査に通りやすくなります。最初の申し込み時にキャッシング枠をゼロにしていても、きちんとクレジットカードを使って支払いを繰り返していると、カード会社の担当者がキャッシング枠の利用を勧めてくるケースが多いです。

クレジットカードを適度に利用し、支払いを滞りなく行うことで信用を築いていけば、キャッシング枠を確保することは比較的容易です。後からキャッシング枠を申請することも十分可能ですので、審査に落ちてしまった方や、審査が不安な方は、キャッシング枠をゼロにして、審査にチャレンジしてみてください。

審査が通りやすいおすすめのクレジットカード

審査が不安な方は、なるべく消費者金融系、流通系のカテゴリーの中からクレジットカードを選ぶとよいでしょう。ここからは、審査に通りやすいと言われているクレジットカードを5枚ご紹介します。

おすすめ①ACマスターカード

ACマスターカードは、最短30分で審査が完了するアコムのクレジットカードです。土日祝日でも即日発行が可能なので、すぐに手に入れたい方にもおすすめです。

ACマスターカードの特徴

審査はかなり甘く、アルバイトや派遣社員でも問題なく申し込むことができます。年会費は無料なので、カードの維持費もかかりませんので、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめです。ポイント還元はありませんが、毎月の利用額の0.25%が自動的に還元されるのが魅力です。

ACマスターカードの基本データ

年会費 無料
国際ブランド Mastercard
ポイントの種類 キャッシュバック
ショッピング還元率 0.25%
電子マネー(還元率)
モバイル決済
申込条件 20歳以上69歳以下

ACマスターカードの申し込みはこちらから

おすすめ②楽天カード

楽天カードは審査基準が甘いクレジットカードとして知られています。オンライン詐欺セーフティーシステム、不正検知システムなど、ネットショッピングのトラブルに対応する仕組みを備えています。デザインは「ディズニーデザイン」や「お買い物パンダデザイン」などから選べます。

楽天カードの特徴

応募条件は高校生を除く18歳以上で、アルバイトの方でも応募可能となっています。インターネットでよくお買い物をされる方におすすめで、楽天市場ではポイントが3倍以上になります。年会費も無料なので、維持費もかかりません。

楽天カードの基本データ

年会費 無料
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard/AMEX
ポイントの種類 楽天ポイント
ショッピング還元率 1.00%~3.00%
電子マネー モバイルSuica、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay、楽天Pay
申込条件 18歳以上

楽天カードの申し込みはこちらから

おすすめ③三井住友カードNL

三井住友カード(NL)は、大手コンビニ3社とマクドナルドで最大5%のポイント還元が受けられるクレジットカードです。インターネットで申し込むと、最短5分でカードが即発行されます。

三井住友カードNLの特徴

カードの両面に番号が印字されていないので、カード番号を盗まれることはありません。また、Vpassアプリはカードを使用するたびに通知してくれるので、不正使用にも気づくことができます。年会費も無料ですので、安心して申し込めます。

三井住友カードNLの基本データ

年会費 永年無料
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイントの種類 Vポイント
ショッピング還元率 0.50%~5.00%
電子マネー iD、WAON
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
申込条件 18歳以上

三井住友カードNLの申し込みはこちらから

おすすめ④イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオンでよく買い物をする方に特におすすめです。イオンカードセレクトの申込基準は、18歳以上で電話連絡が可能な方となっています。多数の申込者を対象としているため、審査が甘くなる傾向にあると言われています。

イオンカードセレクトの特徴

イオングループで買い物することでポイントの還元率が二倍になるサービスや、お客様感謝デーの割引など、イオンカードセレクトは、イオングループでの買い物に欠かせないカードです。

イオンカードセレクトの基本データ

年会費 無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
ポイントの種類 ときめきポイント
ショッピング還元率 0.50%~1.33%
電子マネー(還元率) WAON(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、楽天Pay
申込条件 18歳以上

イオンカードセレクトの申し込みはこちらから

おすすめ⑤JCB CARD W

39歳までに入会すれば年会費が永年無料で、WEBで申し込みが完了します。最短で3営業日で発行され、約1週間で手元に届きます。また、海外旅行傷害保険やショッピング保険のほか、インターネット上でのカード不正使用を補償する「JCBでe安心」制度も付帯しています。また、カードの紛失・盗難時には、60日前までの被害額を補償してくれます。

JCB CARD Wの特徴

1,000円につき2ポイントと、通常のJCBカードの2倍のポイントが貯まり、Amazonやセブンイレブン、スターバックスなどの加盟店でカードを利用すると、還元率がアップします。獲得したポイントは、そのままAmazonでの支払いに利用できるほか、ギフトカードやマイルに交換することもできます。ショッピング保険や海外旅行保険もカード決済で利用できます。

JCB CARD Wの基本データ

年会費 永年無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Dokiポイント
ショッピング還元率 1.00%~5.50%
電子マネー(還元率)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 39歳まで

JCB CARD Wの申し込みはこちらから

審査が通りやすいクレジットカードを作っていこう!

今回は、「クレジットカードの審査に落ちるのが不安」という方におすすめのカードをご紹介しました。審査基準はカード会社によって異なりますが、主に信用情報と収入を重視しています。審査のポイントを理解して対策を立てれば、審査通過の可能性を高めることができるでしょう。一度審査に落ちたからといって、あきらめないでください。原因がわかれば、何らかの対策がとれるかもしれません。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。