記事作成日:

審査が甘いクレジットカードおすすめ3選!審査基準や特徴を詳しく解説!

クレジットカードを申し込むときは、少なからず不安を感じるものです。せっかくクレジットカードを申し込んでも、審査に通らなければカードを手に入れることはできません。審査をスムーズに通過するためには、審査のポイントを押さえておくことが大切です。過去に審査落ちの経験があったとしても、適切な対策をとれば審査通過の可能性を高めることができます。

クレジットカードの審査基準とは?

クレジットカードの審査基準を知っていれば、審査に通過するためのポイントが見えてくるはずです。カード会社がどのような基準でカード発行の審査を行っているのか、三つのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

審査基準①過去の取引履歴

1つ目の基準は、クレジットカードの履歴です。これはクレヒスと呼ばれることもあり、過去数年間の取引履歴内容がどうか審査されます。もし、過去に延滞や滞納を繰り返していると、当然信用してもらうのは難しくなるでしょう。カード会社から信用してもらえないと、カード発行も期待できません。

また、クレジットカードの審査では、携帯電話や奨学金の支払い状況も確認されます。注意するようにしましょう。一方、家賃や公共料金の支払いは、一般的には審査基準に含まれません。

審査基準②借り入れ状況

また、申し込みの際には、現在何社から借りているのか、合計でいくら借りているのかを申告する必要がありますが、この申告を間違えてしまうと、審査に引っ掛かります。わざと事実と異なる内容を記入することはないとしても、勘違いで間違った情報を記入した場合に、正直に申告していないとみなされることもあります。

また、借入件数が多すぎたり、申込者の収入に対して金額が大きすぎたりすると、審査に通らない可能性があります。そのため、現在の借入状況に関する書類は慎重に、また正確に記入するように気をつけましょう。

審査基準③属性情報

個人情報を見るのは、クレジットカードを作った場合に、きちんと支払い能力があるかどうかを確認するためです。継続して安定した収入があるかどうかは大変重要で、起業したばかりの自営業者や個人事業主(フリーランス)よりも、職歴の長い正社員のほうが評価が高くなる傾向にあります。

また、仕事や収入だけでなく、家を持っているか借りているか、住宅ローンを組んでいるかどうか、何年住んでいるかなども評価の対象になります。持ち家の人と借り家の人では、持ち家の人の方が有利といえます。

なぜかというと、自分の家を持っていれば、有形財産があることになりますし、連絡が取れなくなって逃げられたりするリスクも少ないと見なされるからです。

クレジットカード会社は、クレジットカードの請求額が支払われないという事態を避ける必要があります。そのため、社会的信用度が高いと思われる人は評価が高くなるのです。

審査が甘いクレジットカードの特徴

インターネット上では、さまざまなカードを比較して審査が通りやすいとか、通りにくいとかいう情報をよく目にします。実際、カードごとに審査の難易度に違いはあるのでしょうか。ここでは、審査が甘いと言われるクレジットカードの特徴についてご紹介します。

特徴①ステータス性が高くない

基準は、カード会社によって異なるため、一概に甘い、厳しいとは言えません。しかし、一般的には、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどのステータス性の高いカードは、比較的審査が難しいとされています。その点、一般的なランクのカードは、比較的審査に通りやすい傾向があります。

特徴②流通系クレジットカード

なお、クレジットカードの審査難易度は、発行会社によって異なります。クレジットカードを発行している会社には銀行系、流通系などがありますが、銀行系は審査が厳しいことで有名です。逆に流通系なら比較的簡単にカードを手に入れられるといわれています。とはいえ、カードのランクや種類により審査の難易度には差がありますので、目安程度に考えてください。

特徴③年会費が無料

審査に甘いカードのもう1つの特徴は、年会費無料のものが多いということです。そもそも、年会費無料のカードが対象としている顧客層は、一般のサラリーマンはもちろんのこと、有料のカードを取得するのが難しいと思われる学生の方や主婦なども含まれています。そのため、年会費無料のクレジットカードは審査に通りやすい傾向があります。逆に、審査が厳しく、ステータス性の高いクレジットカードは、年会費が高いことが多いです。

クレジットカードの審査に落ちる原因

世の中には、クレジットカードの審査に落ちてしまった方がたくさんいます。そこで今回は、クレジットカードの審査が通らないときに考えられる4つの理由を解説します。拒否された理由がわかれば、次の申し込みに向けて必要な対策をとることができますので、カードの審査に落ちたことがある方、これから申し込もうと思っている方は必読です。

原因①収入が基準より低い

収入が基準より低い方は審査落ちする可能性があります。つまり、審査にパスするためには、収入が重要な要素となる、ということです。その理由は、安定した収入がないと、クレジットカードの返済が困難になる傾向があるからです。

カード会社側としても、返済してもらえない場合にはカード会社の損失となりますので、できるだけカード申込みの段階でリスクを排除しておきたいと思うことでしょう。

そのため、収入がなかったり、勤続年数が短かったり、起業したばかりだったりすると、クレジットカードの審査に通らないことがあります。収入については、年収よりも安定性が重要です。無職であっても、毎月定期的な収入があれば、クレジットカードの審査に通る可能性が高まります。

原因②初めてクレジットカードを持つ

初めてクレジットカードを作る場合は、過去の取引履歴がない、つまりクレジットヒストリー(クレヒス)がないため、社会的信用度の評価が難しく、審査に通らないことがあります。初めてのクレジットカードは、審査が厳しくないカードや、金融機関のクレジットカードを選び、きちんと支払いをしてクレヒスを積むことが大切です。

原因③キャッシング枠を高額に設定している

また、クレジットカードの中には、ショッピング機能に加えてキャッシング機能が付いているものもあります。キャッシングとは、クレジットカードを使って現金を借りることができる機能です。

多くのクレジットカードでは、申し込み時にキャッシングの限度額を自分で設定することができます。限度額の高いクレジットカードを持っていれば、それだけ多くのお金を借りることができます。

とはいえ、申込時にキャッシング枠を高額にすることで、失敗する例もあるようです。キャッシング機能を必要としない場合は、キャッシング枠をゼロにすることで、より審査に通りやすくなります。

原因④過去取引でブラックリストに登録されている

これまでにクレジットカードの支払いを延滞したことがあったり、自己破産をしたことがあったりすると、個人信用情報機関の「ブラックリスト」に登録されてしまいます。ブラックリストに載っていると、クレジットカードの審査に通らない可能性が高く、また別のクレジットカードに申し込んでも審査に通らない可能性が高くなります。

審査が甘い!通りやすいおすすめクレジットカード3選

ここでは、審査に不安がある人に向いているクレジットカードを3つ紹介します。因みに、審査に通りやすいクレジットカードは、この3枚の中から選ぶことができます。

審査が甘いクレジットカード①ACマスターカード

即日発行が可能で、自動契約機コーナー「むじんくん」でも入手できるので、すぐにカードを手に入れたい方には最適です。また、20歳以上でアルバイトをしている方、手軽に申し込めるクレジットカードをお探しの方は、ACマスターカードがお勧めです。

ACマスターカードの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード②楽天カード

申し込みやすいクレジットカードを探している方にはおすすめです。アルバイトの方でも、クレジットカードを申し込むことができますし、年会費も無料ですので、お気軽にお申し込みください。

楽天カードの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード③三井住友カード RevoStyle

「三井住友カード RevoStyle」のお支払い方法は、クレジットカードの名前の通り、自動的にリボ払いとなります。残高スライドコースの「マイ・ペイすリ」という支払い方法に登録され、残高に応じて支払い金額が変わります。

リボ払いの手数料は通常2桁ですが、「リボスタイル」の場合、手数料率は9.8%と低く設定されています。毎月の支払額は常に一定なので、支払いに追われて残高が極端に減ってしまう心配もありません。旅行保険はありませんが、ショッピング保険は年間100万円まで補償されます。

三井住友カード RevoStyleの申し込みはこちらから

審査の甘い会社でクレジットカードを作ろう!

今回は、クレジットカードの審査に落ちるのが不安な方におすすめのカードを紹介しました。クレジットカードの審査基準は会社によって異なりますが、主にクレジットヒストリーと収入を重視しています。審査のポイントを理解して対策を行えば、審査通過の可能性を高めることができます。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。