記事更新日:

一条工務店の坪単価ってどのくらい?価格相場を徹底解説!

高いデザイン性と高性能・高品質な注文住宅を建てることができるハウスメーカーに世界的にも有名な一条工務店。一条工務店は、高い技術を持ち、一流の注文住宅が建てられるハウスメーカーです。

そんな高評価を得ている一条工務店について、今回は、販売する商品の坪単価や価格相場について詳しく解説していきます。

一条工務店の坪単価

最初に一条工務店が販売する数多くの商品について、それぞれの商品の坪単価についてみていきましょう。

一条工務店の坪単価には幅がある!

一条工務店は、そのデザイン性や機能性、住宅設備のどれをとっても、他のハウスメーカーに引けを取らないほど高性能な注文住宅を建てることができます。そんな様々な利点を持つ一条工務店の気になる坪単価は、販売する商品によって異なりますが、一般的には45万円〜80万円、商品によって90万円の坪単価を持つものもあります。

このように、一条工務店が販売する商品には、坪単価に幅のあるラインアップとなっています。では、一条工務店が販売する以下の商品について、それぞれの坪単価をみていきましょう。

商品 坪単価 特徴
グランセゾン 75万円〜 華麗さ・重厚感を演出
i-smart(アイ-スマート2) 72万円〜 省エネ・シンプルモダン
i-cube(アイ-キューブ2) 65万円〜 超省エネ・超健康住宅
セゾンA 65万円〜 カジュアル・モダン・ヨーロピアン
セゾン 68万円〜 ヨーロピアンデザイン
ブリアール 65万円〜 南欧風
円熟の家「百年」 70万円〜 本格的和風住宅
i-palette(アイパレット) 60万円〜 高性能分譲住宅

 

このように、一条工務店で販売する商品は、大きく幅を持たせた坪単価となっています、高いデザイン性と高機能な住宅を建てることができる商品を多数展開しています。

一条工務店の坪単価は値上がり中

ハウスメーカーはたくさんある中で、価格だけを捉えてみても、一条工務店が提供、販売する商品よりもはるかに坪単価も安価なハウスメーカーが存在しています。それにも関わらず、現在でも一条工務店の坪単価は値上がりを見せています。これには様々な世の中の影響があると言われています。

その理由を考えてみると、新型コロナウイルスの影響で、資材や建材の入手が難しいこと、また、工事着工のための作業に携わる人材を確保することに困難を来していることが挙げられます。そして、一条工務店の注文住宅が高評価であることから、より多くの注文住宅を建てる方が増えていることが値上がりの理由であると考えられています。

このように、時代の流れとは裏腹に、大きな飛躍を遂げる一条工務店は、この先も右肩上がりの急成長を見せていくことでしょう。

ライフルホームズでハウスメーカーのカタログを比較してみよう!

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」では、ハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せることができます。色んなカタログを見比べることで、自分が住みたい家・理想の家のイメージを具体化し、ある程度候補を絞ることで効率的に家を建てることができるでしょう。

また、無料カタログを取り寄せた方全員に、「はじめての家づくりノート」をプレゼントしています。家づくりノートは、自分や家族が住みたい家のイメージを明確にするためのノートです。

家を建てる際に必要な情報、かかるお金やローンのこと、気をつけたいポイントなどが分かり、間取りや家具の配置など、気になったことを細かく書き込むことができます。よいと感じるものを盛り込んでいくことで、理想とする家の情報をまとめた一冊ができあがり、ハウスメーカーとの打ち合わせの時に大きく役立つはずです。

「そろそろ家を建てたい」「どんな家がよいか分からない」そう思ったら、まずはライフルホームズで気になるハウスメーカーのカタログを入手することから始めてみましょう。

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

一条工務店の商品ごとの坪単価と特徴

それではここからは、一条工務店が取り扱う注文住宅で、高いデザイン性、そして機能を兼ね揃えたおすすめの商品の特徴をご紹介するとともに、それぞれの住宅を建てる際の坪単価についてご紹介していきます。

セゾンの坪単価と特徴

坪単価を抑え、おしゃれな外観仕様に仕上げ、まるでヨーロッパの雰囲気を思わせる美しいフォルムを持つ一条工務店の「セゾン」は、たくさんの無垢材を採用し、室内を落ち着いた雰囲気と質の高い仕上がりにしています。レンガ造りの外観がとてもおしゃれに見せてくれます。

木造注文住宅のため、あたたかさを実感できる住宅としておすすめです。そして、地震や台風などの天災にも耐えうることが可能な構造を用いて建築しているため、より安心の暮らしを実現させることができます。

気になる「セゾン」の坪単価は65万円〜と比較的リーズナブルな価格で建てることができるとてもお得な商品です。

グランセゾンの坪単価と特徴

「グラン・セゾン」は、一条工務店のi-smartと設備仕様が同等となり、坪単価が75万円〜のため、高額な商品の位置付けとなっています。その分、外壁にはハイドロテクトタイルを採用し、さらにルーバーなどを採用することでデザイン性に富んだスタイリッシュな風合いの家を建てることができます。

さらに、内装へのこだわりが高く、室内は天井高とすることでより開放的な空間を作り、質感の良いフローリングの材質を選択することもできます。住みやすさを重視した仕様があらゆる場所に設計されていることで、どんな年代の方が注文住宅を建てても暮らしやすいと感じる環境作りを可能にしグラン・セゾンの魅力が感じられる住宅です。

アイスマートの坪単価と特徴

坪単価72万円〜となる「i-smart」は、多くのプランから選択可能な商品のため、ひとりひとりの希望によって坪単価が変動することになります。そんなi-smartは、高機能な設備を有している上、暮らしの中の動線にも目を向けた設計の住宅です。そこにデザイン性も加わり、おしゃれで飽きのこない空間で生活することができます。

間取りはあなたのライフスタイルに合わせて選択できるほど豊富な種類があるため、きっとお気に入りの間取りが見つかるはず。そして省エネ住宅を採用した「ロスガード90」も取り入れた設計のため、生涯快適な暮らしを実現させることができるでしょう。クリーンな空気の中で健康的な生活を送りましょう。

アイキューブの坪単価と特徴

より予算を抑えた坪単価65万円〜で建てることができる「アイ・キューブ」は、i-smartの機能も備えながらも、コストを抑えた商品として提供されています。コストカットできる理由は、細部にわたるサッシやキッチンなど、また内装について仕様の選択肢が少なくなるためです。

とは言え、全室・全館床暖房システム、ロスガード90の採用によって、24時間クリアでクリーンな空気循環を可能としており、快適な生活を送る為の住宅を理想とした商品です。

そのため、i-smartの仕様を保ちながらも、少しコストを抑え、予算内での注文住宅を建てたいという方にはアイ・キューブがおすすめです。

アイスマイルの坪単価と特徴

よりコストを抑え、自由な間取りプランから選択することができるセミオーダー式の注文住宅「i-smile(アイスマイル)」は、自宅にいながら専用タブレットを用いた設計を自身で選択することができる、坪単価50〜60万円となる満足度の高い商品です。

また、この「i-smile(アイスマイル)」は、1000棟限定で販売されている商品のためおすすめです。このi-smile(アイスマイル)は、耐震等級3と最高数を保持し、一条工務店ならではの全室・全館床暖房システムはもちろん、24時間換気システムとなるロスガード90も標準装備されているため、高性能な注文住宅を建てることができます。

アイパレットの坪単価と特徴

建売住宅となる「i-pallet(アイパレット)」は、ツーバイフォー工法を採用して建築する住宅です。太陽光発電や全面タイル貼りの外壁、そして全室・全館床暖房システムを搭載、さらに、安心の耐震等級3を得た住宅です。高気密・高断熱性を重視した住宅のため、夏は快適に、そして冬はぬくもりを感じられるなど、建売住宅と思えない仕様が人気となっています。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

一条工務店の性能ってどうなの?

日本国内に数多くのハウスメーカーや工務店が軒を連ねている中でも、一条工務店は世界的にも認められる高性能な家づくりを行うことができるとしてとても人気を集めています。実際、他のハウスメーカーや工務店がオプション設備として設計し、別途費用がかかるとされる設備や仕様を標準装備としていることが、どこにも真似できない強みであると言えます。

そのため、モデルハウスと同様の断熱性・気密性、耐震性に優れた高機能でデザイン性の高さもうかがえる、素晴らしい住宅を建てることができます。そんな一条工務店が提供する注文住宅にかける性能にはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、一条工務店が持つ高性能な仕様をご紹介します。

耐震・断熱・気密すべてトップクラス

一条工務店は広告宣伝費をかけずに運営するハウスメーカーです。そのため、他のハウスメーカーが多くのメディアに露出する、あるいはCM放送が行われているのとは異なり、ほぼ宣伝のないメーカーです。その分、すべての仕様を標準装備させることに成功。そのため、性能やデザイン性についてもトップクラスを誇るハウスメーカーとして、世界にもその名が知れ渡るほどです。

このように、通常、他のハウスメーカーであればオプション仕様となり、予算オーバーになってしまうことも多々ある中、一条工務店については、耐震性、断熱性、気密性のどれをとってもそのすべてを標準装備としているため、別途費用の発生はなく、予算の範囲内で注文住宅を建てることができます。

一条工務店の工法

一条工務店で注文住宅を建てる際は、その「工法」についても着目してみてください。一条工務店の注文住宅は、木造軸組にツインモノコック構造とすることで耐震性をはかり、地震の揺れを分散させ、強度をはかる「2×6」工法を用いた建築を行っています。

ツインモノコックとすることで、家の歪みを引き起こしにくく、耐震性を強化させることを主とした工法です。また、断熱性、気密性にも優れ、さらに耐火性を持つ住宅としてもおすすめです。ツインモノコック構造とする一条工務店の商品には、「i-smart」「i-cube」「i-palette」があります。

一条工務店の省エネ性能

そして一条工務店と言えば、その「省エネ」性能についてはとても高く、高性能を重視した造りを採用しているため、冷暖房費を1/5に抑え、コストをかけずに快適な暮らしを実現させることができます。省エネを可能としているのは、以下の装備が行われているためです。どのような省エネ性能を備えているかを確認していきましょう。

外内ダブル断熱構法によるあたたかい家を実現

外内ダブル断熱構法を用いた建築設計とすることで、家の中をあたたかく保ち、暖房器具に頼らない快適な暮らしを送ることができます。実際、室内は常に一定の温度を保ち、暑さや寒さの寒暖差を大きく感じることのない毎日を過ごせます。

全室・全館床暖房システムを採用

あまり例をみない構法で建築を行う一条工務店は、室内のみならず、浴室や廊下、玄関など、すべてのフロアや場所に床暖房を備えています。そのため、室内にいる時に極端な温度差を感じることがありません。ヒートショックに見舞われることを予防した暮らしを送ることができるため、おすすめです。

ロスガード90を採用する快適な空間

家の中の空気を常にきれいな状態に保ち続けることができる「ロスガード90」は、快適な換気によって室内はいつもクリーンな状況を保つことができる装備です。標準仕様で搭載される機能のため、将来に渡り健康的な暮らしを送ることができます。

トリプル樹脂サッシを採用することで断熱性を向上

特に冷暖房を使用する季節は、室内が結露しやすくなります。一条工務店ではトリプル樹脂サッシを採用することで、不要な結露を招くことなく、湿度が上昇することのない仕様となるため、湿度に対するストレスもなく快適に過ごすことができます。

安心の耐震等級3を取得

地震大国とも言われる日本において、注文住宅を建てる際に最も気がかりなのは耐震構造。一条工務店の販売する商品は、耐震等級3となる最高等級を取得しているため、地震に強く、安心の暮らしを実現させることができるとして高い評価を得ているハウスメーカーです。その性能は世界でも知られるほど。安全な生活を送るための耐震性能をクリアしているため、安心です。

歪みのない安心のツインモノコック構法を採用

地震の際、揺れを分散させ、一点だけに強い力が加わることを避けた構法となるツインモノコック構法を用いることで、より耐震性能を高めた注文住宅を建てることができます。自社生産で高性能な設備を作り、確実に安心して暮らせる家を目指しています。

安心の性能と高いコスパ

メーカー 坪単価
一条工務店 約50-60万円
三井ホーム 約60-90万円
住友林業 約70-90万円
積水ハウス 約50-80万円

一条工務店は、注文住宅建築のための資材や製品にこだわりを持ち、それらをすべて自社グループ工場において開発、製造、生産しているため、高品質なものを安く提供することができます。

さらに、開発、製造、生産したものは、組み立てを行った上で出荷され、住宅設備に組み込まれます。そのため、工事を行う際の手間が省ける分、時間的効率の良い作業を行うことができます。

また、職人が手作業で行うことで生じる誤差をなくすため、専用組み立てラインを採用し、徹底した品質管理を行うことで、さらなる品質の向上を目指しています。

このように、一条工務店では、自社グループ工場において高性能な製品を開発し、注文住宅建築の際の設備に採用しているため、コストパフォーマンスに優れた住宅を建てることができると言えるでしょう。

一条工務店が世界にも認められるハウスメーカーである背景には、このような安心の性能と高いコスパが根付いているからだと言えます。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

家を建てるにはどんな費用がかかる?

注文住宅を建てる際は、土地を購入し、準備するのはもちろん、実際に家を建てるには本体価格以外にも様々な費用がかかります。では、注文住宅の建築の際に必要になる他の費用について詳しくみていきましょう。

建物本体工事

注文住宅を建てる際は、建物に対する本体工事を行う必要があります。建物工事費用は「建延面積×坪単価」によってその費用が算出されます。

建物申請費用

多くの方は、ハウスメーカーや工務店等で注文住宅を建てる際、必要費用は建物本体工事のみというイメージをお持ちの方も多いでしょう。

しかし実際は、建築のための建築申請やその他、業務を行うための諸費用を含めると、別途約43万円が必要になります。それぞれの概算費用は以下の通りとなります。

      • 建築確認申請書発行費用:30,000円
      • 建築工事手続等、その他必要な諸費用:139,100円
      • 住宅性能証明書発行:80,000円
      • ZEH支援事業申請図書作成費用:80,000円

これらを含めると、総額約430,000円が必要になることが分かります。

給排水工事

住宅建築のためには、日常生活における給排水工事を行うことが必須となります。それらの工事費用は住宅建築費用とは別途必要になる費用です。それぞれどのようなところにいくら必要になるか概算費用をみていきましょう。

      • 共通仮設費:300,000円
      • 屋外給水設備工事:220,000円
      • 屋外排水設備工事:230,900円
      • 屋外雨水設備工事:190,000円

合計約940,000円が別途必要です。

標準仕様以外のオプション費用

一条工務店で注文住宅を建てる際は、様々な仕様が標準装備となるため、実質的なオプション費用は大きくかかることはありません。

しかし、他のハウスメーカーの場合、水回りのキッチンや床暖房、設計の上では収納設備など、より快適性を求める仕様にするにはオプション費用の負担が必要となります。

その際、平均費用は2,000,000円だと言われています。もちろん、それ以上に設備投資を行う場合は、200,000円以上になることも。このように考えると、一条工務店の標準仕様はとても高性能であることが分かります。

外構工事

注文住宅を建てる際、実質的な費用は建物に対する費用となり、外構費用については別途負担することになります。たとえば、玄関アプローチの工事やカーポートの設置、また、花壇工事など、エクステリアを整備する費用、その他、重機使用料、消費税などを含めると、外構費用に200,000円以上が必要になります。

この時、提携業者へ依頼することが必須ではなく、依頼主が自身で業者へ依頼することも可能です。その場合、中間マージンの支払いがなくなるため、費用を抑えられる可能性があります。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

これをすると坪単価が上がってしまう!

まさか注文住宅を建てる際、できるだけ費用を抑えて建築したいもの。しかし、建て方や方法によっては坪単価が上がってしまうこともあります。では、どんなことをすると坪単価が上がってしまうのか、詳しくみていきましょう。

そもそも坪単価とは?

坪単価とは床面積1坪=33平方メートル当たりの家の建築費用を指します。坪単価の計算は「家の本体価格」÷「延床面積」=坪単価となります。延床面積は建物各階の床面積の合計を指します。

ただし、ハウスメーカーによって家の本体価格の中に照明や電気設備などの費用を含めていたり、含めていなかったりします。また、家の本体価格を延床面積ではなく、施工面積で割って坪単価を算出するメーカーもあります。
(施工面積とは、吹き抜けなどの建築基準法で延床面積に含めない部分も含めた面積)

坪単価を調べる際は、各ハウスメーカーの坪単価算出方法を正確に知る必要があります。

家の坪数が小さくなると割高になる

一条工務店は、他のハウスメーカーとは異なり、家の坪数が小さくなればなるほど価格は割高となり、建築費用が高額になる傾向のため、その点に注意して購入検討するようにしましょう。

平屋は割高になる

一条工務店で平家の建築を検討されている方は、2階建て住宅の建築よりも坪単価が3万円ほど高額になる傾向があります。これは、平家を建てると、屋根の構造や基礎工事、外壁工事に別途費用がかかるためです。

このように、平家の建築を一条工務店へ依頼した場合は、2階建て住宅と比べて高額な建築となるため、その点を踏まえて建築依頼を行うようにしましょう。

価格を抑えるコツ!

ここからみていきたいのは、注文住宅を建てる際、誰もが少しでも価格を抑えて購入したいと思うはず。では、実際に注文住宅を建てる際に価格を抑えるコツについてそのポイントを詳しくみていきましょう。

コツ①値引きキャンペーン

一流ハウスメーカーとなる一条工務店で注文住宅の建築を行う際、少しでも割安に建てるためには、一条工務店で開催されている値引きキャンペーンの利用をおすすめします。値引きキャンペーンとしては、「友達割引」「親族割引」「法人割引」があります。

この時、値引きの対象となるのは、本体工事価格となり、オプション費用についてはその対象外となる点に注意しましょう。

コツ②期間限定キャンペーン

一条工務店では、その時々に応じた期間限定キャンペーンを開催しているため、それらのキャンペーンを利用することで、価格を抑えて注文住宅を建てることができます。

コツ③提携業者の利用は避ける

注文住宅を建てる際に注意したいことに、その他の費用で必ず必要になる「火災保険」「外構費用」。いずれも建築する以上必要となるのは否めません。その際、自分で探して依頼することを面倒に感じると、誰もが建築依頼を行ったハウスメーカーへ依頼するでしょう。

しかし、提携業者へ依頼することで、中間マージンの支払いが生じる分、その費用をプラスにして負担しなければなりません。提携業者ではない業者へ依頼する際の費用と比較しても、火災保険だけでも約3万円、外構費用は約75万円も負担額が増えることに。

このようなことを避けるためにも、提携業者への依頼は避けることが賢明です。

予算に合った商品で快適な家を建てよう!

世界的にも有名なハウスメーカーとして知られる一条工務店が販売する商品の坪単価や価格相場について詳しく解説しました。一条工務店には、選べる商品ラインナップがあるため、目的に合った住宅を建てることができます。

また、高性能な住宅が建てられるのは一条工務店だけです。予算の範囲内であなたが快適に暮らせる家を建て、健康に楽しい暮らしを実現させましょう。

その他の関連記事はこちらから











※記事の掲載内容は執筆当時のものです。