不動産投資初心者におすすめの本ランキング15選!これを読めば分かる!

あまり知識がないという方でも、不動産投資を行うことで、あなたにとって一層のビジネスチャンスになり、さらには大成功をおさめることもあります。そこで今回は、不動産投資を行うことが初めてであるという方を対象とした「不動産投資のための本」でおすすめの15選を詳しく解説します。ぜひ正しい知識を持って不動産取得に役立ててください。

不動産投資で得るメリット

少し難しい表現に感じる方もいるかもしれませんが、私たちが不動産投資を行うことには様々なメリットがあると言われています。では、実際に不動産投資を行った場合、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

ここからは不動産投資を行った時にあなたが実感するであろうメリットをひとつずつ詳しくみていきましょう。

不動産投資のメリット①将来に向けた安定収入が得られる

あなたがマンションを1棟不動産投資として保有していた場合、そこに居住する人が退居しない限り、あなたには毎月、居住者からの家賃を収入として得ることができるということが分かります。

それが、複数世帯が居住するマンションであり、すべての部屋に居住者がいる場合、「1軒の家賃×〇世帯」という計算が成り立ち、その合計金額があなたの安定収入ということになります。将来に向けた安定収入の確保のためにも不動産投資が有効に作用することがわかります。

不動産投資のメリット②老後の資金を貯蓄できる

私たちは、年齢を重ねる毎に生活に不安を抱くものです。これは、いつまで健康に働いていられるかは誰にも分らないからです。そのような不安を拭い去るために不動産投資を行う方が増えています。あなたが不動産投資を行っていることで、必然的に毎月安定した収入を得ることができます。その収入を貯蓄しておけば、老後の生活に不安を感じることがなくなります。

このように、あなたの老後の生活資金を確保するためにも、不動産投資を始めてみることをおすすめします。

不動産投資のメリット③ローンを活用して不動産を手に入れることができる

不動産投資は、取得する際に数百万円の頭金の準備が可能な方であれば、銀行ローンを組むことができます。そのため、資金繰りに不安を抱くことなく不動産投資を実行できる可能性が高くなります。そのため、多額の自己資金がなくても不動産取得が可能となり、今や一般サラリーマンの方が、会社勤めであるなど属性を活用し、不動産投資を行う方が増えています。

このように、ローンを活用することで不動産を手に入れることができるため、あなたにも大きなチャンスがあると言えるでしょう。

不動産投資のメリット④リスクが低い

一攫千金を狙う株への投資、またFXなど、実際に経験されたことがあるという方も多いでしょう。しかし、これらの投資には社会の動きによって、また世界へ目を向けた時にどうしても大きなリスクが伴います。時に大損してしまうということも少なくありません。

株式への投資やFXなどと比較すると、不動産投資はとても安定的でかつ穏やかな値動きを見せるだけで、あなたにとって大きな損失を防ぐことができます。そのため、大きなメリットがあると言えるでしょう。

不動産投資のメリット⑤節税対策に効果的

不動産への投資を行い、マンション1棟を買い上げたとしましょう。その際、不動産取得後1〜2年、所得税控除の対象となるため、節税効果を発揮してくれます。さらに、相続税を抑えることができるなど、あらゆる税金対策としても最適な方法だと言えるでしょう。

不動産投資のメリット⑥生命保険の扱いとして

誰もが不動産を取得した際、万一の事故や病気によってローン完済が難しくなった場合に備え、団体信用生命保険への加入が義務付けられます。これは、生命保険の扱いとなるため、返済者がローン完済不能や事故や病気による死亡の場合、残債の返済を保証してもらえるからです。

さらに、不動産資産に加え、家賃収入も得られる仕組みとなっていることから、不動産投資を生命保険の位置付けとして取得する方も増えています。

不動産投資のメリット⑦世の中のインフレに強い

世の中が不景気に転じている場合でも、不動産はそもそもの資産価値が損なわれることのない、インフレに強い存在のため、行っておくべきことが不動産投資であると言われています。

不動産投資初心者におすすめの本ランキング【①~⑤位】

それでは、初めて不動産投資を行う方にとって、そもそも「不動産投資」とはいったいどのようなことを指すのか、また、基礎的な知識から身に付けていかなければならず、以下に1位〜5位で、おすすめの本をご紹介していきます。

【1位】不動産投資 最強の教科書

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書
初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書

出版社 : 東洋経済新報社
単行本 : 288ページ

ごく普通のサラリーマンとして働いていた鈴木 宏史氏が著者となる本です。サラリーマンから不動産投資家へ転身した流れや、実際に1棟のマンションを手に入れたことによって得られる実収入など、すべて実話を公開しています。

それと同時に、不動産投資を行う際にぜひ知っておきたい基礎的な知識から、失敗しない不動産の選び方を解説しています。さらに、筆者が体験した小さな失敗をリアルに、そして不動産投資を行うことで成功を掴み取るための方法を詳しく紹介している1冊です。

【2位】不動産投資のお金の残し方 裏教科書

不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える
不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える

出版社 : ぱる出版
単行本 : 240ページ

始めて不動産投資を行うという方が不安に思うお金の動き方や、物件を選ぶための方法やポイント、さらに、消費税を還付してもらうための技を詳しく解説した一冊です。筆者の石井彰男氏は、税理士として活躍し、経営コンサルティング会社に勤めている最中、不動産投資をスタートさせました。そして6年でキャッシュフロー2000万円をたたき、大成功をおさめた人物です。

その際、不動産に対しての知識が乏しかったために、申告を税理士へ依頼。しかし、大きな税金を払うことになったことをきっかけに、自身が税理士の資格を取得し、現在、税理士でありながらも多くの物件を持つ大家として、さらには数々のセミナーを開催するなど講師としても活躍する、とても珍しい経歴を持つ人物です。

これらの経験を経て、不動産投資を行うことでどうすればお金が残るかをしっかりと理解できる内容に集約した教科書でおすすめです。

【3位】40代から始めて100歳までHappyに生きる不動産投資術

元外資系サラリーマンがおこなう! 40代から始めて100歳までHappyに生きる不動産投資術
元外資系サラリーマンがおこなう! 40代から始めて100歳までHappyに生きる不動産投資術

出版社 : ごま書房新社
単行本 : 210ページ

一般サラリーマンとして毎日を淡々と何気なく過ごしていた筆者が、自身の人生の変革と、不動産投資に関する実話や購入のポイント、お金の回し方、さらに、不動産投資を行うことで得られる知識とスキルについて詳しく解説しています。

しかも、まだ40代という若さから始めた不動産投資によって自身の人生が大きく変革し、ストレスのない楽しい暮らしが実現しています。自分の目的に向かって突き進んだことも転機となったのかもしれません。自身の人生を考え、行動に移した筆者の生き様を書いた1冊に仕上がっています。

【4位】まずはアパート一棟、買いなさい!

まずはアパート一棟、買いなさい!
まずはアパート一棟、買いなさい!

17刷のロングセラー! 「不動産投資」の最強入門書に、アップトゥデートな情報が加わって再登場!

このままサラリーマン家庭で終わりたくない…。など、多くの方が感じている実情ではないでしょうか?この不動産投資のための本には、実際に物件を購入する際の手法や注意点はもちろん、大家としてオーナーとなった際の心得までが紹介されています。

不動産投資は、単に物件を買うというシンプルなことではありません。その他にも様々な不動産に対する知識が必要になります。その心得を知ることもできるため、本当に不動産投資を行い、将来設計を考えている方は、ぜひ読んでほしい一冊だと言えます。

実際にローンを依頼するであろう主要金融機関についても触れた内容を記載しているため、しっかりとチェックし、読み進めてみてください。きっとこれから不動産投資を行うあなたのための最良の知識となるでしょう。

【5位】知りたいことが全部わかる!不動産の教科書

知りたいことが全部わかる!不動産の教科書
知りたいことが全部わかる!不動産の教科書

出版社 : ソーテック社
単行本 : 288ページ

あなた自身が不動産投資を行う際、不動産業界で働く人のように豊富な知識を持っていたら、きっと失敗なく踏み切れるのでは…。と感じていませんか?そんなあなたにおすすめなのが、不動産投資を行う前に、実際の不動産業界の知識を習得しておけば、あなたが不動産の物件を手に入れ、大家になった時は、立派に知識のある人物になれるでしょう。

自学することで得られる不動産にまつわる様々な情報や知識を自分のものにして、成功を成し遂げる不動産投資を行っていくことをおすすめします。この1冊があれば、あなたも不動産投資のノウハウをしっかりと掴むことができるでしょう。

不動産投資初心者におすすめの本ランキング【⑥~⑩位】

さらにこの後も、あなたが不動産投資を行う際に、ぜひ知り得ておきたい知識やノウハウをギュッと詰め込んだ書物を引き続きご紹介していきます。次は6位〜10位までをみていきましょう。

【6位】現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法

現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法
現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法

出版社 : サンクチュアリ出版
単行本(ソフトカバー) : 200ページ

「不動産投資」というフレーズを耳にするだけで、大きなお金が動く反面、悪意の第三者によって、何か不当に騙されるなど、悪戯に巻き込まれてしまいそうな悪い予感が頭をよぎることはあるでしょう。そこでご紹介したいのが、不動産業界で知っておくべき「嘘と本当」を見抜くために、ぜひ読んでおきたい1冊です。

ここには実際の不動産投資での注意点や、銀行から融資を受けるための方法、また、投資を行うための心得についても詳しく解説しています。様々なリスク回避を行いながら成功を掴み取れるよう、ぜひ目を通しておいて欲しい1冊だと言えるでしょう。

【7位】はじめての不動産投資成功の法則

はじめての不動産投資成功の法則 改訂版
はじめての不動産投資成功の法則 改訂版

出版社 : 幻冬舎
単行本(ソフトカバー) : 213ページ

まったく知識のない方が、初めて不動産投資を行う際に得ておくべき基礎知識や、不動産投資を行い、実践するために行うべき行動など、様々な手法を具体的に伝えている本です。

特に不動産に対しての知識があまりないという方は、文章だけでは内容を具体化しにくく、理解度が低くなりがち。そこを図解で詳しく、そして分かりやすくかみ砕いた説明を加えてくれている1冊のため、本当に初心者であるという方でも納得の内容となっています。

不動産投資を行う際に失敗しないための手法もご紹介した本書を活用し、事前の知識をしっかりと得ておくことをおすすめします。理解度が深まった段階で不動産投資を始めると良いでしょう。

【8位】不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさい

不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさい
不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさい

出版社 : ぱる出版
単行本 : 224ページ

現在、不動産に関するコンサルティング業務を行う傍らで、自身も2,500戸以上もの不動産投資を行う大家でもある筆者が書いた本が、「不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさい」です。

不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさいの本書には、不動産投資を行う際に空室のリスクを学べること、また、現在不動産オーナーである方へ、所有している物件を万室の状態で高嶺で売却するための方法など、具体的な実例を挙げて詳しく解説した1冊となっています。

そのため、空室となった際にどのような対策を講じるべきか、また、満室の場合の実情、そして空室のままで放置しないテクニックをご紹介しています。これ1冊あれば、あなたが実際に不動産投資を行う際の良い刺激となるはずです。ぜひ投資を行う前に読み進めてみてください。

【9位】図解 知識ゼロからはじめる 不動産投資の入門書

図解 知識ゼロからはじめる 不動産投資の入門書
図解 知識ゼロからはじめる 不動産投資の入門書

出版社 : ソシム
単行本 : 168ページ

これまで一度も不動産とは無縁だったという、不動産投資を初めて行うという方にとって、知識がゼロの状態ではうまくいくはずがありません。そんな方へ向けた不動産投資に関する情報をより詳しく、そして図解で分かりやすくかみ砕いた説明を加えてくれているのが「知識ゼロからはじめる 不動産投資の入門書」です。まったく無知なあなたにうってつけの1冊でおすすめです。

【10位】不動産投資の「収益計算」本格入門

不動産投資専門税理士が教える 不動産投資の「収益計算」 本格入門
不動産投資専門税理士が教える 不動産投資の「収益計算」 本格入門

出版社 : ソシム
単行本 : 271ページ

時代とともに、そして環境がめまぐるしく変化する社会の状態に柔軟な対応が行えるよう、あなた自身が収益計算や将来に渡る様々なシュミレーションを行うことができなければ、不動産投資において投資計画を行うことができません。また、確定申告などの申告書作成など、円滑な取引を行う手段を身につけておくことが大切です。

このような不動産投資に監視ての実務や必要となる予備知識、また、あらゆる状況や情勢に対応するための能力を養う方法を解説しています。そのため、この1冊の本を読むことで、あなたが不動産投資を行う際の一連の流れを理解し、把握することができます。

不動産投資初心者におすすめの本ランキング【⑪~⑮位】

この後も、初めて不動産投資を行うという方にこそ、ぜひとも読み進めていただきたい参考となる本をご紹介していきます。次は11位〜15位のおすすめの本をそれぞれ詳細をみていきましょう。

【11位】フツーのサラリーマンですが、不動産投資の儲け方を教えてください!

フツーのサラリーマンですが、不動産投資の儲け方を教えてください!
フツーのサラリーマンですが、不動産投資の儲け方を教えてください!

出版社 : ぱる出版
単行本(ソフトカバー) : 240ページ

筆者は早稲田大学法学部を卒業後、住友海上火災保険株式会社へ就職、一般的なサラリーマン街道で突き進んでいました。しかし、在職中から不動産投資に関する知識を独学で得た上、3年半という短期間のうちに家賃収入として5,000万円を得るほどのサラリーマンに昇りつめました。その後、脱サラを経て、現在174戸もの賃貸物件による家賃収入として1億円以上を得る大家として暮らしています。

この本では、筆者が実際に行った管理運営や経営論、また、安定収入を得るためのノウハウを紹介しています。また、不動産投資を成功させるための手法を簡潔・丁寧に解説してくれているため、ぜひ目を通してもらいたい1冊に仕上がっています。

【12位】高家賃でも空室ゼロ!

高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です
高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です

出版社 : 秀和システム
単行本 : 320ページ

地方でサラリーマンとして何気ない毎日を送っていたという筆者。不動産投資のために、よほどのことがない限り、高級物件には手を出さないであろうなどと言われる超がつくほどの優良物件に対し不動産投資を行いました。

目を付け、実際に購入したのは、デザイナーズ物件。当然、デザイナーズ物件という名目上、他の物件と比較しても高級感があり、価格も高級であることはお分かりでしょう。しかし、この手法が人との差別化を図り、高級志向を好む方が物件を気に入り、それがビジネスへと転じた経緯について詳しく解説した1冊です。

多くの情報を盛り込み、高級物件こそビジネスへの近道であることを紹介しています。

【13位】普通のサラリーマンが実現させた毎年年収1000万円の不動産投資

普通のサラリーマンが実現させた(毎年)年収1000万円の不動産投資
普通のサラリーマンが実現させた(毎年)年収1000万円の不動産投資

出版社 : standards
単行本 : 288ページ

これまで普通にサラリーマンとして企業に勤め、それでも一般的な年収よりもはるかに多いと言われる1,000万円超だった筆者が、それ以上の年収を得るために始めた不動産投資についてが書かれた本です。

本の内容は、物件をどのように選ぶべきか、また、金融機関からお金を借りるための方法、そして将来に渡り安定した収入を得て暮らせる方法など、あらゆる情報を組み込んだ1冊です。これから不動産投資に乗り出そうというサラリーマンには、共感できる部分も多くおすすめの本だと言えるでしょう。

【14位】大家さん、その対応は法律違反です!

大家さん、その対応は法律違反です! 〜不動産投資の法律トラブルと対策 Q&A
大家さん、その対応は法律違反です! 〜不動産投資の法律トラブルと対策 Q&A

出版社 : ぱる出版
単行本(ソフトカバー) : 224ページ

たった200万円だった自己資産を、80億円という多額の資産にまで増やすことに成功した不動産投資家の岡田氏は、様々な経験を経て、現在は大家として活動しています。この本には、不動産投資の際のトラブル事例や契約について、トラブルに巻き込まれず円滑な不動産投資を行うための方法を紹介しています。

また、宅地建物取引業法に基づくトラブルへの正しい対処法を学ぶことができるおすすめの本です。万一自身が不動産投資によってトラブルに見舞われることがあった場合、どのように対処すべきかがわかる本のため、知識を持つためにもぜひ読んでみてください。

【15位】やってはいけない不動産投資

やってはいけない不動産投資
やってはいけない不動産投資

出版社 : 朝日新聞出版
新書 : 198ページ

世の中生きる上で、あらゆる成功談や失敗談があります。しかし、不動産投資はその名の通り、投資額が高額なため、失敗するわけにはいきません。それならどのような手法で不動産投資を行えば良いか、また、気を付けるべきポイント、そして取引相手の見極め方法、さらには失敗のない不動産投資を行うためのノウハウを知ることができる1冊です。

失敗は成功の元と言われますが、そのリスクを最小限に抑えるための方法を学んでみましょう。

不動産投資の勉強に読む本の選び方

一攫千金を狙うというよりも、これでの生活を一変し、不動産投資によってあなたも大家としてデビューする方法や、デビュー後の更なる成功術を紹介した本をご紹介しました。

ここからは、より不動産投資を深めていくためにも、どんな勉強本を選ぶべきか、その選び方の指針を詳しくみていきましょう。

選び方①情報が新しい本

時代が進み、年々変化を見せると同時に、不動産投資市場にも変化がみられるようになります。そのため、不動産投資を行う際は、現在の社会情勢や経済事情、不動産の価格相場など様々な情報を入手しておくことが大切です。

だからこそ、常に最新の情報が得られるよう、新聞や書店など、最新情報に目を向けておくことが大切です。

選び方②デメリットの記載

あなたが不動産投資を行う際、その対象物件には一軒家もあればマンションやアパートもあります。どの物件を投資対象として決めるかは、その物件がどれほどの運用実績を持っているかによって異なります。では、それぞれの物件を投資対象とした際、どのような本を選ぶべきかみていきましょう。

【一軒家へ不動産投資する場合】

一軒家を不動産投資として家賃収入を得ている方もいます。これはマンションの一室を持つ際の運用方法とは気を付けるべき点も異なるため、あえて一軒家へ不動産投資するノウハウを紹介した本を選ぶようにしましょう。

【マンションやアパートへ不動産投資する場合】

一軒家とは異なり、マンションやアパートは、そのうちの1部屋に対して不動産投資を行う場合と、1棟買いにして複数の部屋を不動産投資の対象とする場合があります。この時、購入価格はずいぶんと差が生じる上、1棟買いならそれだけメンテナンス費用もかかるなど、投資の方法や維持費なども異なります。

そのため、マンションやアパートをどのように購入するか、その購入携帯で発生する費用など様々なことを考慮すると、そのノウハウを記載した本を読み進めることをおすすめします。

選び方③対象物件

初めて不動産投資を行う方にとって、どんな本を参考にすべきか悩むことも多いでしょう。また、その対象となる物件をピックアップしてみると、すべてが新築物件であるとは言い切れません。中には中古物件を不動産投資対象として検討する方も少なくありません。

このように、不動産投資を行う際、あなたがどのタイプを選ぶかによって、様々に記載している不動産のためのノウハウを活かしていくことをおすすめします。

不動産投資初心者におすすめ!入門書籍で知識を深めよう

初めて不動産投資を行うという初心者にぜひおすすめしたい「不動産投資のための本」を15選、詳しく解説しました。不動産投資を初めて行うという方は、きっと多くの不安を抱えていることでしょう。

少しでもそのような不安を解消できるよう、ここでご紹介した不動産投資初心者に向けた入門書籍を参考に、多くの収益をあげる不動産投資家を目指してください。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。