記事作成日:

安っぽい家・ダサい家の特徴とは?おしゃれな家にするアイデアをご紹介!

注文住宅を建てるなら、何千万円も出して買うのですから、安っぽい家では困ります。友人を招いたとき、明らかに外観に気を遣っていないことがわかるようなコメントをされたらショックでしょう。外観にこだわりたいと思うのは当然です。そこで今回は、安っぽく見える家の特徴について解説していきます。もし、ダサい外装は嫌だ、と本気で思っている方はぜひ参考にしてください。

ローコストでも安っぽい家にしたくない!

家を建てるときに人それぞれ好みがあるように、家を建てるときの予算も人それぞれです。例えば、「子どもの教育費などにある程度余裕を持たせたいから、家の予算は低く抑えたい」というケースもあります。

そのような場合に多くのが方に選択されているマイホームが、いわゆる「ローコスト住宅」と呼ばれるものです。

ローコスト住宅の明確な定義はありませんが、一般的には坪単価40万円以下、総費用1000万円台で建てられた住宅をローコスト住宅と呼ぶことが多いようです。

大手ハウスメーカーが建てた家が坪単価70万円以上することを考えると、ローコスト住宅はもっと少ない予算で建てることができるのです。

一方で、ローコスト住宅で建てた家が、値段の割に住み心地が悪かったり、おしゃれでなかったりするケースもよく耳にします。

ローコストで家を建てられるのはいいことですが、せっかく建てた家が住み心地が悪かったり、賃貸住宅と変わらないような家だったりしたら、悲しいのではないでしょうか。

今回は、ダサいと思われがちな家の特徴に加え、ローコストでも快適でおしゃれな家にするためのポイントを解説していきます。低価格でおしゃれな家を建てたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

安っぽい・ダサい家の外観の特徴

まずは、安っぽく見える家の特徴をご紹介します。安っぽい家の特徴を知ることで、ダサい家にならないようにすることができます。

安っぽい家の特徴①外壁の重厚感がない

外壁に重厚感がないと、安っぽく見えることでしょう。全体的に、吹き飛ばされそうな家とも言えます。強い台風や地震に耐えられるだろうか、と心配になるような家は、当然のことです。

例えば、サイディングは、ローコスト住宅によく使われる素材です。デザイン性に優れていますが、これが仇となることもあります。

逆に、タイル調や木調など、重厚感を感じさせるデザインは、野暮ったく見えてしまうことがありますが、これは外壁材の薄さが原因かもしれません。また、重厚な外壁には凹凸も重要なアクセントになります。

凹凸に関係なく、薄いサイディングに無理やり重厚なデザインを盛り込むメーカーもありますが、背伸びをしようとしているように見えて、ダサいので注意が必要です。

ガルバリウム銅板も人気のある外壁材ですが、デザイン性に欠けるのが欠点です。仕上がりが倉庫のような外観になるケースが多いので、注意が必要です。

安っぽい家の特徴②玄関のドアがシンプル

玄関は家の顔ですから、少し高級感のあるものを選ぶとよいでしょう。ただし、家の大きさや外壁・外構とのバランスを考えないと、かえって無骨な印象になります。

たとえば、シンプルな2階建ての家に重厚な両開きドアを設置しても、あまり見栄えがよくはありません。逆に、シンプルな片開きドアでは、家全体が安っぽく見えてしまうかもしれません。

また、装飾性の高い玄関ドアも浮いてしまう可能性があるので、全体のバランスを考えてドアを選ぶことが大切です。玄関ドアの相場は、安価なもので10~20万円程度、高価なものでも20~40万円程度です。

安っぽい家の特徴③窓のバランスが悪い

窓の位置や種類に統一感がないと、落ち着かない外観になってしまいます。かといって、引き違い窓ばかりでは、おしゃれな家とは言えません。

引き違い窓のメリットは、ガラス面が広いので採光がしやすく、比較的安価なことですが、おしゃれさには欠けます。バルコニーへの出入りに使う掃き出し窓などはともかく、ほとんど開閉しない小窓は安っぽく見えがちです。

引き違い窓は、ローコスト住宅でよく使われますが、安っぽく見せたくないなら、道路側などはっきりと見える場所での使用は避けた方がよいでしょう。また、窓の位置はできるだけすっきりさせるよう心がけることが大切です。

安っぽい家の特徴④屋根材やデザインが悪い

屋根を変えるだけで、家の印象は大きく変わります。屋根の素材やデザインによっては、家が安っぽく見えてしまうこともあります。外壁の場合にも説明しましたが、ガルバリウム銅板は倉庫のような印象になりがちです。

おしゃれでカッコイイと思う人もいれば、倉庫のような安っぽい家に見えてしまう人もいます。また、切妻屋根や片流れ屋根の場合は全体のバランスも重要です。デザイン的には問題ないのですが、全体のバランスが悪いと安っぽく見えてしまうことがあります。

コスト重視で採用されることが多いコロニアルも、みすぼらしく見えてしまうことがあります。屋根は家の印象を変える要素の一つです。素材にこだわらないと、安っぽく見えてしまうこともあります。

安っぽい・ダサい家の内観の特徴

マイホームづくりで一番難しいのは、内装でしょう。せっかく作った注文住宅が安っぽく見えてしまったら残念です。ここでは、安っぽく見えてしまう原因について解説します。

安っぽい家の特徴①どこにでもある間取り

建売住宅にありがちな間取りの家はやはり安っぽく見えてしまうでしょう。間取りによっては、家の外観に影響を与えることもあります。間取りを考える際には、使い勝手や家全体のフォルム、10年後、20年後の姿まで考えておくことが大切です。

どこにでもあるような間取りの家は、もしかすると一般的に使いやすい、あるいは一般的な家族構成に適した造りになっていることがあります。そのため、多くのご家庭ではコスト面でも住みやすさの面でも妥協できるレベルの家かもしれません。

とはいえ、もし安っぽい家を避けようと思っているなら、間取りにこだわることをおすすめします。その点でも、建売よりも注文住宅の方が満足度が高い可能性があります。

安っぽい家の特徴②壁がフラット

デザイン性の低いローコスト住宅の内装は、平面的で薄っぺらな印象があります。特に、部屋の中で最も大きな面積を占める壁紙は、インテリアのイメージに大きく影響します。

大きな面積を占めるため、質の悪い壁紙を選ぶとチープなイメージが強くなってしまいます。また、派手なデザインやポップな色使いの壁紙は、人の出入りが少ない部屋に使い、リビングや寝室など人の出入りが多い場所には使わないようにしましょう。

安っぽい家の特徴③床材が安っぽい

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様が床を傷つけるリスクを考え、安価な床材を選ぶ傾向があります。安価な床材を選ぶと、思った以上に傷が目立ってしまうことがあります。

床は壁と同様、内装の中でも大きな面積を占めるので、こだわりの素材を選ぶようにしましょう。住まいの完成度やインテリアの中で、床が占める割合は非常に大きいと言えます。

しかし、そのことはあまり知られていません。床が重要な意味を持つ理由のひとつは、人が日常生活で最初に目にする場所だからです。実際、人間の視線が斜め下に向くのは自然なことです。

それはおそらく、私たちが二足歩行するようになったことと関係があるのでしょう。立って歩くようになった人間にとって、足元は常に不安だったはずです。そのようなわけで、下を注意深く見るようになったのでしょう。

床は、ごく自然な記憶なのです。同時に、床はインテリアのグレードを決定するものでもあります。家を建てるときやリフォームするとき、安い床を選んで価格を調整する人は少なくありません。しかし、それは絶対にやめるべきです。

その床にお気に入りの家具を置くと、安っぽく見えてしまうからです。床は、その上に置かれるすべてのもののグレードを決定します。床が魅力的であれば、家具を引き立てることさえできるのです。

安っぽい家の特徴④統一感のないインテリア

また、安っぽく見える家の内装は、統一感に欠けるものです。インテリアに統一感を持たせることで、少しでも雰囲気を良くすることができます。

例えば、無機質なスチール製のテーブルとアジアンテイストのソファの組み合わせに違和感を覚えるかもしれません。また、色調にも気を配りたいものです。色味がバラバラだと部屋がちぐはぐな印象になります。

色彩にあふれた部屋は明るいイメージですが、子供っぽい安っぽさが出てしまい、洗練された空間とは言えません。

おしゃれな家にする外観のアイデア

数ある住宅の中でも、ひときわ目を引く外観の家は、「デザイン」と「色使い」のバランスが良いことが特徴です。ここでは、おしゃれな外観を作るためのアイデアをご紹介します。

アイデア①外壁の素材・色選び

家の第一印象を決める外壁ですから、素材や色柄は慎重に選びたいものです。素材には「ALCパネル」「タイル」「モルタル」「サイディング」などがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

例えば、サイディングはデザインが豊富で、比較的安価に購入できるというメリットがあります。しかし、板を繋ぐシーリングが劣化しやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。施工時の費用だけでなく、メンテナンスにかかる費用も考慮して外壁材を選ぶことが大切です。

アイデア②窓の形にこだわる

窓の大きさや形は、外観の印象を大きく変えます。野暮ったい外観を避けたいなら、大きくて迫力のある窓や形状にこだわりましょう。古いデザインの窓サッシはダサいイメージになりがちです。

どの部屋にも同じ大きさの窓がある家の外観は、見る人に何の印象も与えません。ダサいというか、つまらない佇まいです。また、リビングの窓が小さいと、安普請で建てられた家という印象を与えてしまいます。

大きな窓で太陽の光を反射する外観を想像してみてください。光が家のアクセントになります。光の受け止め方もエクステリアには必要です。統一感の必要性を説明しましたが、窓は別です。

標準的な窓は、家の外観をつまらなくしてしまいます。そのため、窓はいろいろな形の窓を配置することにこだわってください。そして、リビングの窓はできるだけ大きくすること、これがおしゃれな外観にするポイントです。

アイデア③屋根の形・勾配にもこだわる

屋根には、平らな屋根、三角屋根と聞いてイメージする切妻屋根、片側に流れるような形が印象的な片流れ屋根など、さまざまな形があります。

デザインによって可能な形もあれば、不可能な形もあるとはいえ、屋根の形にこだわるのは大切です。また、形状だけでなく、屋根の勾配にもこだわると、個性的なデザインに仕上がります。

さらに、どんな素材を選ぶかによっても印象は変わってきます。外壁に比べれば、屋根は家の中のほんの一部です。しかし、周囲に与える印象は大きいので、素材にもこだわって選びましょう。

おしゃれな家にする内観のアイデア

インテリアは、おしゃれな家づくりに欠かせない重要な要素です。おしゃれな住まいのインテリアを決める際には、インテリアも同時に検討することをおすすめします。

アイデア①インテリアの趣向を決めておく

おしゃれな家のインテリアのための家具やインテリア選びのポイントとしては、まず、家のインテリアや内装と統一感を持たせることが挙げられます。

家のインテリアやデザインはそれぞれテーマを持って家づくりをしていますが、家具やインテリアを取り入れる際には、インテリアやデザインとの統一感を出すことも意識したいところです。

家具やインテリアには様々なデザインがありますが、インテリアと相性の良いデザインを取り入れることで、空間全体に統一感を持たせることができます。

アイデア②家のイメージに合ったカラーコーディネート

おしゃれな家のインテリアを実現する家具・インテリア選びのポイントの2つ目は、家の外観や内装とカラーコーディネートすることです。

住宅の外装や内装にはそれぞれテーマやスタイルがあり、そのイメージに合った色を取り入れることで、空間をおしゃれに引き立てることができます。

こだわりのエクステリアやインテリアで仕上げた空間をより魅力的に見せるには、家のエクステリアやインテリアに合わせたテーマカラーをイメージするとよいでしょう。

色によって雰囲気は異なりますが、思い描く家のイメージに合った色をコーディネートすることで、理想のオシャレに近づくことができます。

安っぽい家の特徴を把握しておしゃれな家にしよう

安っぽい家の特徴と、対策についてお伝えしましたが、いかがでしたか?ローコスト住宅は、どうしても安っぽくダサくなりがちです。

特に外観は後から手を加えたり変更したりすることが難しいので、失敗しやすいポイントを押さえておき、最初からその家のイメージに合わない理由を探すようにするのがベストな方法です。

また、新築住宅の外観は基本的に間取りと同時に検討されますが、住宅会社によっては間取りが優先で外観は後回しというスタンスのところもあります。

間取りが決まってから変更できる箇所はかなり限られますので、間取りの早い段階で外観を確認するようにしましょう。当記事で取り上げた情報を参考に、一生に一度かもしれないマイホーム選びに成功されることを願っています。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。