記事作成日:

鍵の修理・交換はどこに頼む?業者の選び方や費用を徹底解説!

鍵を無くした、鍵が開かない、などの鍵トラブルを経験したことのある方は多いのではないでしょうか。また、防犯上引越し先で鍵を交換したいという場合や、なんらかの理由で早急に鍵を替える必要が出ることもあるでしょう。とはいえ、自分で鍵を修理することは、素人にはなかなか難しいものです。当記事では鍵トラブルに巻き込まれた際に修理を依頼できる業者の種類や費用などの情報を提供していますので、ぜひお役立てください。

鍵の修理・交換をしてくれるのは?

業者に依頼した場合、専門家がドアに合った鍵を用意し、スムーズに取り付けてくれるので、失敗がありません。また、防犯性や鍵の使いやすさなど、プロの視点から幅広い提案をしてもらうことができます。

作業中に部品を紛失したり破損したりする心配もなく、万が一トラブルが発生しても業者が対応してくれます。鍵の修理や交換を依頼できる業者には、メーカー、便利屋、鍵屋(鍵の専門業者)の3種類があります。

鍵が回らない、鍵が壊れた、鍵をなくしたなど、様々な鍵のトラブルに対応してくれますが、それぞれ特徴があります。ひとつひとつ見ていきましょう。

鍵の交換や修理業者①メーカー

家を建てた時の住宅メーカーや、トステムなどのドアや鍵のメーカーに連絡すれば、鍵の交換をしてくれます。メーカーなので信頼性は高いですが、料金は便利屋や鍵屋に比べると割高になります。

鍵の交換や修理業者②鍵屋

DIYでの鍵交換と違い、鍵のプロに任せると鍵の選定や取り付けを間違える心配がありません。また、ドアや鍵の状態を確認し、豊富な知識と経験から最適な鍵を即座に判断し、新しい鍵を提案できることもメリットです。

また、仕上がりの美しさにもこだわっています。簡単な鍵交換であれば1時間程度で完了しますので、鍵を紛失して急遽交換が必要になった場合でも、プロが迅速に解決してくれて安心です。

鍵の交換や修理業者③便利屋

街の便利屋さんやホームセンターでも受け付けているところがあります。自宅から近いなど探しやすい反面、知識や技術に不安があるのも事実です。鍵交換のスキルは作業員によって異なるため、特殊な鍵に対応できない場合もあります。

鍵の修理・交換業者の選び方ポイント

業者を見極めるポイントは、多くの優良業者に当てはまるポイントを意識することです。鍵の種類が多いように、鍵屋の作業料金も数千円から十数万円までと幅があります。

あくまで一般的な基準であり、例外もありますが、信頼できる業者の特徴を以下にまとめましたので、参考にしてください。

業者の選び方①料金

「作業前に料金をお知らせします」と明言している業者は、信頼できる業者である可能性が高いです。値段がわからないものは買いたくないのと同じで、値段が不明確だと作業してもらうのが不安と感じることが多いからです。

評価の高い鍵屋は、必ず「作業前に出張見積もりをします」という文言をホームページに載せています。そのため、申し込む前には業者のホームページをチェックしてみましょう。

また、一般的に、優良な業者は見積もり段階でのキャンセルはキャンセル料を請求しないことが一般的です。

これは、作業員が現場に到着する前に既に問題が解決している場合があること、逆に予想以上に費用がかかってしまい、出費がかさむ可能性があるからです。

スタッフが派遣された後にキャンセルする場合、何らかのキャンセル料が発生することがあります。とはいえ、「見積もり時のキャンセルは無料」なことが多く、これは信頼できる優良業者が徹底しているポイントです。

業者の選び方②アフターフォロー

鍵屋に鍵の修理や交換を依頼する場合は、保証やアフターサービスが充実している業者を選びましょう。鍵の修理をしてもらった後に不具合が発生した場合、保証やアフターサービスが充実している業者であれば対応してもらえます。

保証やアフターサービスがない業者に依頼した場合、修理後にトラブルが発生しても対応してもらえず、トラブルに発展する可能性があります。トラブルを未然に防ぐためにも、保証やアフターサービスが充実している業者を選ぶことをおすすめします。

業者の選び方③資格の有無

資格の有無の確認も忘れずに行いましょう。鍵屋は職人的な要素が強い職業で、一般的に学歴や年齢を問わないため、やる気さえあれば誰でも目指すことができます。しかし、専門的な知識や技術が必要なため、一人前の鍵屋になるにはそれなりの時間がかかります。

鍵屋になるために絶対必要な資格はありませんが、鍵屋になるための知識と技術を備えていることを証明する資格として、日本ロックスミス協会が認定する「鍵師技能検定」というものがあります。

この認定試験に合格すると、「認定鍵屋」であることを示すことができ、お客様からの信頼や信用という点でも有利になります。

鍵の修理・交換にかかる費用は?

実際に鍵を交換することになった場合、どれくらいの費用がかかるのか把握しておくとよいでしょう。以下では、鍵屋に鍵の交換を依頼した場合の妥当な費用の目安をご紹介します。

相場①鍵の修理費用

鍵の修理と交換の費用は異なります。一般的に、鍵の修理にかかる費用は1万円程度といわれています。一方、鍵交換は工賃に加えて部品代がかかるため、相場は15,000円~30,000円と少し割高になります。

鍵の修理・交換業者を選ぶ際には、この価格帯から大きく外れない業者を選ぶようにしましょう。料金が高すぎる業者はもちろん候補から外れますが、極端に安い料金の業者も要注意です。

安い業者には鍵の修理や交換をする業者が多いのですが、知識がないアルバイトが作業をしていたり、後から高い追加料金を請求してきたりと、トラブルが多いのです。

相場②鍵交換費用

「刻みキー」の部品代は、およそ1万円から1万5千円です。鍵の形状がギザギザしているものを「刻みキー」と呼びます。業者に鍵の交換を依頼した場合、部品代とは別に交換費用が発生します。

どの部品を交換するのか、どのような作業をするのかにより、料金は大きく異なります。業者によって見積もりが異なるため、見積もりを比較し、納得のいく業者を選ぶとよいでしょう。

「ディンプルキー」の部品代は、15,000円~30,000円程度が相場です。ディンプルキーとは、表面に穴が開いている鍵のことです。合鍵の不正な複製を防ぐために登録されている鍵もあり、防犯性の高い鍵です。

部品代に加え、交換作業にも料金がかかります。錠前全体かシリンダーだけか、調整作業が必要かどうかなどで最終的な価格は大きく変わります。

「インテグラル錠」の部品代は、約12,000円~22,000円です。ドアノブで施錠できるものをインテグラルロックと呼びます。部品代のほかに交換作業が発生し、調整作業が必要かどうかで最終的な価格が大きく異なります。

「プッシュプル錠」の部品代は、約18,000~38,000円です。プッシュプル錠は、ハンドルを押したり引いたりすることで開閉できるため、弱い力でも開閉が可能です。部品代に加え、交換作業が発生し、調整作業が必要かどうかで最終的な価格が大きく違ってきます。

「装飾錠・アンティーク錠」の部品代は、約27,000円~54,000円です。装飾錠とは、特徴的な掘り込み模様のある錠前です。現在は製品自体が生産中止となっており、交換の際には代用品が取り付けられることが多いです。

「電子錠」の部品代は、約2万円~10万円です。電子錠とは、電池を使って解錠・施錠ができる錠前です。最近では、様々なタイプの電子錠が販売されています。

電子錠を交換する場合、シリンダー錠から電子錠への交換は新規の工事となり、ドアの加工があるかないかで価格が大きく異なります。

「引き違い戸錠」の部品代は、約15,000円~25,000円程度です。引き戸錠は、交換する部品によって取り付け可能な部品が異なりますので、ご自宅のドアに合ったパーツをお選びください。業者に引き戸錠の交換を依頼した場合、部品代とは別に交換費用がかかります。

鍵の修理や交換は自分でできないの?

鍵が壊れたときは、専門知識を持った鍵修理業者に連絡し、修理してもらうのが一番です。しかし、状況によってはスケジュールやお金などの関係で、すぐに業者に連絡することが難しい場合もあります。ここでは、鍵が回らないときに自分でできる鍵の修理方法を紹介します。

鍵が回らないときのセルフ修理術

まず1つ目の方法は、鍵に付着した汚れを払い落とすことです。鍵の溝にゴミが入っていることがあるので、ブラシで掃除しましょう。

特にディンプルキーの場合、穴のくぼみにゴミが溜まっていることがあるので、定期的にブラシで掃除すると、鍵がスムーズに回るようになります。

2つ目の方法は、掃除機で鍵穴を掃除する方法です。鍵穴の中にはホコリやゴミが溜まっているので、掃除機でゴミを吸い取ります。掃除機以外では、エアダスターでパソコンのキーボードのホコリを吹き飛ばしても同じ効果があります。

3つ目の方法は、鍵穴専用の潤滑剤を使用することです。鍵穴に潤滑剤を使用することで、鍵の滑りをスムーズにすることができます。

専用の潤滑剤はインターネットやホームセンターで1,000~2,000円程度で購入することができます。また、鍵の切り欠き部分を鉛筆の芯でなぞってみるのもよいでしょう。

鉛筆の芯に含まれる黒鉛は、金属部分に付着して自己潤滑性を発揮する性質があります。そのため、キーの切り欠きに鉛筆の芯を当てると、潤滑油の役割を果たし、キーの滑りがよくなります。

ただし、上記の方法はあくまで応急処置です。壊れた鍵を確実かつ安全に修理するためには、鍵の修理・交換業者に依頼することをおすすめします。

鍵が回りにくい時の対処法を動画でチェック

鍵修理は安心できる業者を選ぼう

鍵の修理や交換は、専門の業者に依頼することをおすすめします。ご自身でできる場合もありますが、無理に行うと防犯性が低下したり、ドアや鍵が破損したりする可能性があります。

鍵の修理・交換を依頼する場合、会社によって技術や知識が異なるため、慎重に選びましょう。業者選びを間違えると、お金と時間を無駄にすることになります。料金体系が明確で、アフターサービスが充実している会社を選ぶことが大切です。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。