記事更新日:

ローコストの安さの理由を解説!おすすめのローコストハウスメーカーもご紹介!

広告

結婚をして子供ができると今まで住んでいた場所は狭くなってしまい、一戸建てを考える時期になってくるのではないでしょうか。安く購入できるならうれしいものですが、安いと少し不安になってしまうこともあります。お得に購入ができれば経済的にも優しいです。この記事では、ローコストの安さの理由を解説するのと共に、おすすめのローコストハウスメーカもご紹介していくので、参考にしてみてください!

ローコスト住宅の特徴&費用相場

ローコスト住宅は、費用を抑えて作られる住宅のことですが、1000万円台前半で建てることができるのが一般的だと言えるでしょう。家を建てる時は坪単価がいくらかによって総額も異なってきます。

例えば北海道で家を建てたいと思っている場合は、平均的な坪単価が60万以上はしてくるため、坪単価が50万円で30坪の住宅を建てたい場合は1,500万円で建てることができます。一方ローコスト住宅ではない場合は、坪単価75万円で30坪の住宅を建てると2,250万円となるのです。

ローコストと注文住宅の場合では大きな差が出てくると言えるでしょう。注文住宅は要望に合わせて家を建てていくため、自分の理想通りの住宅を建てることができます。しかし、材料費や設計費などその他費用が多くかかってしまいます。

ローコストだとデザインや間取りはパターンが決まっているため、設計費やデザインにかかる費用の負担を軽減することが可能となります。さまざまなコストを削減しているのがローコスト住宅の特徴だと言えるのです。

マイホームは欲しいけれど、費用は浮かせてその分別の部分にお金をかけたいと思っている方におすすめの住宅です。逆に家づくりにこだわりがあり、デザインや間取りを自由に決めたい場合は、注文住宅がおすすめだと言えるでしょう。

ローコスト住宅が安い理由は「3つの削除」

ローコスト住宅は安く建てられるのが魅力的ですが、3つの削除があるから実現しているものです。ローコスト住宅が安い理由である3つの削除とは何なのかをご紹介していきます。

材料費を削減

材料費を削減していることが安い理由の1つです。同じ材料をまとめて購入することでコストを抑えています。材料が異なれば価格も違ってくるので、それぞれの住宅にかかる費用も大きく変わってくるでしょう。

そのため、同じ材料を使用することで仕入れ価格を下げてもらう交渉を行います。その結果安く仕入れることは可能になりますが、他の材料は通常よりも高くなってしまう傾向にあります。

家を建てる方には標準以外のものは選ばせないようにすることが大切になってきます。そのため、標準以外の材料についてはオプションという形で費用を高くするようにされているのです。

人件費を削減

ローコスト住宅は、人件費を削減しているために安く建てることができます。施行期間が短いため、大工や職員の数を少なく配置することが可能です。

また、デザインや規格はもともと決まっているものなので、必ずしもベテラン職人を配置する必要はなく、経験が少ない職人を使用することでより人件費を削減している住宅会社や工務店もあります。

広告費を削減

ローコスト住宅が安い理由には、広告費を削減していることが挙げられます。広告費にお金をかけている住宅会社は、建築費用に上乗せされていることも多く、その分高くなりがちです。

しかし、ローコスト住宅の場合は広告費にお金をかけないことで、適正価格で購入することができ、その分削減できていると言えるでしょう。

HOME4U家づくりのとびらで希望のプランを提案してもらおう!

HOME4Uの公式サイトのTOP画像

引用:HOME4U

初めての家づくりは、分からないことが多く悩みが付きもの。そんな時に味方になってくれるのがHOME4U家づくりのとびらです!

HOME4U家づくりのとびらは、20年以上にわたり不動産系比較サイトを運営し、サービス全体の累計利用数は45万件以上を誇ります。全国に対応しており、提携ハウスメーカー・工務店はなんと120社以上。

プラン作成を依頼することで、メリットが盛りだくさん!「間取り図プラン」「資金計画プラン」「土地探し」と家づくりに大切なことを、コーディネーターがサポートをしてくれるので、カタログでは得られない、あなただけの理想のお家づくりプランが詳細に取得できます。

無料でプラン作成ができるためおすすめですよ。

もちろん、独自の審査基準をクリアした優良企業を厳選して案内してくれるため、安心して利用できます。

最初に何をすればいいのか分からない

プロに手取り足取り教えてほしい

予算内に収めるのが難しい

と考えている方は、ぜひHOME4U家づくりのとびらで無料のプラン作成をしてみてください。きっと満足できる提案・サポートをしてくれますよ。

無料で間取りプランを作成してみる

ローコスト住宅のメリット・デメリット

できるだけ費用を抑えたいとローコスト住宅を検討中の方もいるのではないでしょうか。メリットも多いですが、デメリットもあります。どちらも踏まえたうえで選んでみてください。

メリット

ローコスト住宅を建てることの一番のメリットは、安く建てられることです。豪華で高額な住宅なら購入するのも一苦労します。しかし、ローコストなら月々の家賃と同じくらいに設定することができますし、それ以下に抑えることも可能です。

賃貸の場合は家賃として消えていくばかりですが、住宅を建てることで最終的には家が残ります。住宅費用を削減できれば、余った分を教育費や老後のための資金として充てることもでき、余裕ができます。

また、結婚や子供が産まれたなど、将来今までの生活が変わることもあるでしょう。ローコスト住宅にすることで、ローンも少なくすることができ、変化にスムーズに動くことができます。

さらに、借入金額が少なくなることから、住宅ローンの審査にも通りやすくなるというメリットがあります。高額な住宅を建てるのであれば、借入額は多くなってしまい、負担が大きくなります。

デメリット

ローコスト住宅にすると、デザインや間取りは決められており、自分でこだわって決められないというデメリットがあります。また、必要な材料や設備のグレードも低いです。

また、オプションを追加したいといった場合もあるでしょう。カスタマイズをしようとすると高くなるケースが多いです。メリットもデメリットもあり、どちらも参考にしながら見極めていくことが大切になってきます。

無料で間取りプランを作成してみる

ローコストハウスメーカーの選び方

ローコストハウスメーカーは豊富にあるため、何を基準にして選んだら良いのか悩むところです。安心して家を購入するためにも、信頼して任せることができる住宅会社や工務店であることがおすすめです。ローコストハウスメーカーの選び方についてご紹介していきます。

選び方①モデルハウスを見学

ローコストハウスメーカーを選ぶ際には、モデルハウスを見学することです。モデルハウスを見学することで、内観や外観のイメージもつきますし、性能部分を確認することもできます。

気になっているハウスメーカーのモデルハウスを見学することができれば、事前に情報を集めてから行くことが大切です。

選び方②価格の内訳・オプション料金

ローコストハウスメーカーを選ぶ際には、価格の内訳やオプション料金についても確認しておくことが大切です。いくらと金額が記載されている場合は、本体工事費のみとなっている場合が多いです。

本体工事費以外にも外装工事や電気、排水などにかかる費用、住宅ローン手数料などの諸経費も必要になってきます。

また、オプションも豊富にあるので追加したくなってしまいますが、追加するたびに費用がかさんでくるため注意が必要です。総額でいくらで建てることができるのかをチェックしておくことがポイントとなります。

選び方③保証内容と期間

ローコストハウスメーカーを選ぶ際には、保証内容と期間についてもチェックしておくことが必要です。住宅会社は、10年間の担保責任が伴ってきます。そのため、10年経過後に保証が手厚いかを確認しておくことが大切です。

保証期間を延長するための長期保証制度や、メンテナンス無料コールセンターへの問い合わせなどそれぞれの会社によってさまざまです。住んでからさまざまなトラブルが起こる可能性も十分にあり得るので、保証内容と期間はしっかりしておいた方が良いでしょう。

選び方④営業担当者との相性

ローコスト住宅を選ぶ際には、営業担当者との相性も見ておくことをおすすめします。営業担当者との相性は選ぶ決め手となっている方も多いです。

しかしこの部分はホームページや口コミを見ていてもわからない部分であるため、実際に住宅展示場に足を運んでコミュニケーションをとってみることが大切です。相性が良いと感じたなら、気持ちよく家づくりを進めていけそうです。

無料で間取りプランを作成してみる

ローコストハウスメーカーのおすすめ8選

ローコストハウスメーカーは豊富にあります。一般的に一生のうちに一度の大きな買い物でもあるため、後悔のないようにしたいものです。おすすめのローコストハウスメーカーをご紹介していきます。

ローコストハウスメーカー①アイダ設計

アイダ設計は、正直な説明と正直な見積もりで誠実な家づくりを提案しています。良い家は高いというイメージが強いですが、価格にも品質にも満足できる家を提供してくれるハウスメーカーです。

1000万円以下で住宅を建てられるプランがあり、追加費用なしで満足のいく住まいを手に入れることが可能です。また、丈夫で長持ちする家を作るためにも、品質や性能にはこだわりを持っています。熟練の職人が多く在籍しており、自社の建設担当者により、厳しい目で現場管理を行っています。

さらに注文住宅では35年保証を付けており、アフターサービスも充実しているのです。耐震実験を行っており、震度7を想定し住宅の強度をチェックしているため、快適かつ安心に住むことができます。

アイダ設計の公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー②タマホーム

タマホームは、テレビCMもしており、知名度のあるハウスメーカーです。こだわりを叶える自由設計、耐震性や耐久性など住宅性能も良く、住む方に合わせた良質低価格の商品がラインナップされています。

コストを徹底的に削減して、適正価格での購入が可能です。実際に家を建てた方は1000万円台が平均値となります。999万円以下で建てたという方もいるので、ローコストで建てられます。低価格でありながら快適で住み心地も良いです。

タマホームの公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー③アエラホーム

アエラホームは、建物をアルミ箔で覆われた高性能断熱材で包み込んだ外張断熱の家が魅力的です。住宅内の温度を快適に保つことができるため、室内の気温差も少なく、冷暖房のロスも少ないので、快適に健康的に暮らすことができます。

また長期保証サービスがあり、10年目の有料メンテナンスが不要となります。アエラホームの坪単価は、40~60万円程度となっており、低コストなのに長きにわたって快適に住める家の実現が可能です。

アエラホームの公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー④アイフルホーム

アイフルホームは、安心快適に暮らせる家を提案してくれます。住みやすい環境を作るためにも、こだわって作りたいものです。こちらでは、お客様のニーズをくみ取り、理想の家づくりをサポートしていきます。

アイフルホームの坪単価は、25~65万円程度となっています。2階建ての家はもちろん、3階建てや平屋もあります。ローコストで建てられるので安心です。

アイフルホームの公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー⑤ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームは、床にこだわりを持っており、振動や白アリにも強く、床下浸水の心配もありません。また、1階全面が床暖房で部屋間の温度差がないため、快適に暮らすことが可能です。

豊富な知識を持ったスタッフがお客様目線となって、ライフスタイルを提案してくれます。将来まで見据えた提案で健康的にかつ快適な暮らしを守ります。

部材を一括で仕入れたり、無駄な経費を削減していることから、ローコストで住宅を手に入れることができるのです。低価格でありながら、耐震性や耐久性、耐火性、遮音性など基本性能は高く、安心安全で快適な暮らしを支えています。坪単価は40~55万円程度で建てることができます。

ユニバーサルホームの公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー⑥アキュラホーム

アキュラホームは、建設コストを抑えるさまざまな工夫がされており、メンテナンス費を削減する高性能住宅で納得の適正価格を実現しています。ライフサイクルコストを考えた一生お得な暮らしができます。

坪単価は45~60万円となっており、ローコストで建てることが可能です。また、保証やアフターサービスも充実しています。アキュラホームでは初期保証は20年で、保証延長制度は長くて35年間用意されています。

20年目以降は5年ごとの無償点検と有償メンテナンス工事を行うという条件になっているのです。ローコスト住宅において、初期保証が20年となっているところは少ないので、保証が充実していると言えるでしょう。

アキュラホームの公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー⑦レオハウス

レオハウスは、高品質高性能な住宅を手に入れることができます。仕入れによるコストダウンに加え、知識と経験が豊富でプロ目線により細かなところまで配慮した家づくりを行っています。

「信頼できる構造の会社」「金額満足度」「施工品質満足度」の3冠を達成しているローコストハウスメーカーです。またレオハウスでは、末永く快適に住んでいくために、長期アフターサービス体制を用意されています。

初期保証は20年となっており、定期的にしっかりと点検やメンテナンスを行うことで最長60年の保証が続くのです。さらに10年間の設備保証付きになり、メーカー保証終了後も続きます。

住宅設備に故障や不具合が生じた時には、修理交換経費が無料となっています。さらに、24時間365日コールセンターでトラブル対応を受け付けています。緊急性の高いトラブルについては、24時間緊急出動し、専門スタッフが迅速に対応していくことが可能です。

レオハウスの公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカー⑧ヤマト住建

ヤマト住建は、断熱機能にこだわった家づくりを目指しています。地震にも強い家を実現しているため、いざという時にも安心です。また、広告費は最低限に抑え、高性能住宅を適正価格で提供してくれます。

さらに、長期保証とアフターサービスも充実しており、条件をクリアすると長期30年保証となります。住宅設備10年保証が導入され、アフターサポートでは電話でお問い合わせを受け付けています。

ヤマト住建の公式HPを詳しく見る

ローコストハウスメーカーで理想の家づくりを!

高品質で高性能な家を安価で手に入れることができればうれしいものです。ローコストで建てられる家は長持ちしないのではないかと思っている方も多いかもしれません。しかし、今のローコスト住宅は品質もしっかりしたうえでよりよい健康的で快適な暮らしができます。

人生の中で一度きりの大きな買い物なので、後悔の残らないようにしっかり見極めて選んでいく必要があります。ローコストメーカーで理想の家づくりを目指しましょう!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。