記事更新日:

家の建て替え費用の相場や安く抑えるためのコツを徹底解説!

広告

家の老朽化や生活に不便さを感じると、建て替えやリフォームを考えることがあります。しかし、どのくらい費用がかかるのか分らないため、建て替える決心がつかないという方もいるはずです。この記事では、土地あり家の建て替えの費用相場や家の建て替えを安く抑えるコツを徹底解説していくので、建て替えを考えている方はぜひご覧ください。

家の建て替えとは

家の建て替えとは、今住んでいる建物の基礎部分などのすべてを取り壊し、同じ土地に新しい建物をと建てることをいいます。ここでは、建て替えとリフォームの違いや建て替えの流れを詳しく解説していきます。

リフォームとの違い

住んでいる家が老朽化してきたり生活に不便さを感じたりすると、建て替えやリフォームを考えはじめます。一見同じことのように思える行為ですが、工事内容や工程・工事費など様々違いがあります。

では、建て替えとリフォームにはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、建て替えとリフォームの違いをチェックしていきましょう。先程の解説しましたが、建て替えとは既存の建物の基礎部分や建物などすべてを取り壊し、一度更地に戻してから新しい建物を建てます。

新しく家を建て直すため、建物の形や向きなども大幅に変更するなど理想の家を建てることができます。一方リフォームとは基礎・柱・梁などは残し、家を作り直す工事です。全体に手を加えてフルリフォームする場合とキッチンやお風呂場・トイレなど一部をリフォームする場合があります。

建て替えには、建物の解体費や廃材の破棄費用にほかに施工中の借り住まいの家賃や引っ越し費用などがかかるため、リフォームの方が安く済む場合がほとんどです。

建て替えの流れ

建て替えを考えたときに最初に確認しておきたいポイントは、その土地が再度家を建てられる土地がどうかです。土地の中には、一度更地に戻してしまうと再度家を建てることができない「再建築不可物件」があります。

再建築不可物件には「道路に接する敷地の間口が2m未満「土地が道路に面していない」「接する道路が建築基準法の規定外」「道路に接する路地部分が短い」などの条件があり、これまで家が建っていた土地でもこれに該当する場合があります。土地を更地にしてから、家が建てられなかったといトラブルを避けるためにも、解体する前に必ず確認するようにしてください。

次に、どのような家を建てたいのか?いつ頃着工したいのか?など大まかなスケジュールを立て、依頼する業者を探して具体的なプランを決めていきます。おおよその金額が分かったら、住宅ローンを組むなど資金の調達方法を考えます。

続いて、建て替えの間住む家を探します。仮住まいは、できるかぎり今の生活圏内でみつけるのがポイントです。依頼する業者と契約を結び、工事の着工が決定したら仮住まいに引っ越します。

住んでいた建物を解体・地盤調査(結果によっては地番改良工事が必要な場合があります)を行い、新築工事に入ります。完成後、問題がなければ引き渡しです。

工事期間は3~8ヶ月程度ですが、プランを決めたり仮住まいを探したりと4ヶ月前後の準備期間が必要になるので、建て替えを決めてから引き渡しまでは1年程度はかかると覚えておきましょう。

HOME4U家づくりのとびらで希望のプランを提案してもらおう!

HOME4Uの公式サイトのTOP画像

引用:HOME4U

初めての家づくりは、分からないことが多く悩みが付きもの。そんな時に味方になってくれるのがHOME4U家づくりのとびらです!

HOME4U家づくりのとびらは、20年以上にわたり不動産系比較サイトを運営し、サービス全体の累計利用数は45万件以上を誇ります。全国に対応しており、提携ハウスメーカー・工務店はなんと120社以上。

プラン作成を依頼することで、メリットが盛りだくさん!「間取り図プラン」「資金計画プラン」「土地探し」と家づくりに大切なことを、コーディネーターがサポートをしてくれるので、カタログでは得られない、あなただけの理想のお家づくりプランが詳細に取得できます。

無料でプラン作成ができるためおすすめですよ。

もちろん、独自の審査基準をクリアした優良企業を厳選して案内してくれるため、安心して利用できます。

最初に何をすればいいのか分からない

プロに手取り足取り教えてほしい

予算内に収めるのが難しい

と考えている方は、ぜひHOME4U家づくりのとびらで無料のプラン作成をしてみてください。きっと満足できる提案・サポートをしてくれますよ。

無料で間取りプランを作成してみる

土地ありの家の建て替え費用相場

ここまでは、建て替えとリフォームの違いや建て替えの流れを詳しく解説してきました。ここからは、土地ありの家の建て替え費用の相場を各項目ごとにご紹介していきます。

建て替え費用相場①家の解体

まずは「家の解体の費用相場」からみていきましょう。解体費用や建物の大きさや構造によってことなりますが、30坪ほどの一軒家なら木造住宅で90~150万円・鉄骨造で150~210万円・RC造で180~240万円が家の解体費の相場です。また、家の中に家具などが残っていると費用が高くなることがあるので注意してください。

建て替え費用相場②家の建築

家の建築費にかかる費用相場も坪数や工事内容によって違ってきますが、20坪程度の土地なら1,500万~2,500万円・30坪程度の土地で2,000万~3,000万円・40坪程度の土地の場合3,500万~4,500万円が目安です。延床面積が90~110㎡ほどで、低コスト素材を使用したシンプルなものなら1,000万程度の予算で抑えることも可能です。

建て替え費用相場③諸費用

諸経費には「登記費用」「各種税金」「住宅ローン関連費用」「火災保険料」「地鎮祭・上棟式の費用」といったものに加え、家具や照明などの買い替え費用・仮住まいの家賃・引っ越し費用などが含まれ、総額で180万~240万円はかかると考えておきましょう。また、地盤調査で問題が合ったときには地番改良工事費が必要な場合もあります。

無料で間取りプランを作成してみる

家の建て替え費用は坪数によっても変わる

ここまでは家の建て替え費用相場を、家の解体費・家の建築費・諸経費に分けてご紹介しました。家の建て替え費用は坪数によっても変わってきます。ここからは、30坪・40坪の家の建て替え費用相場と二世帯住宅の建て替え費用相場をチェックしていきましょう。

30坪・40坪の家の建て替え費用相場

建売住宅の平均坪数は約30坪で注文住宅の平均坪数は約38坪と言われており、30坪~40坪いえば平均的な土地の広さです。30坪~35坪なら3LDK~4LDKの間取りで家が建てられ35坪~40坪あれば3LDK~5LDK中心に工夫次第では6LDK間取りも実現できます。

建物の階数や構造・使用する素材や設備によっても価格は違ってきますが、30坪の土地で1,500万~3,000万円・40坪の土地なら2,000万~4,500万円が建て替えの費用相場だと言われています。

二世帯住宅も建て替え費用が高くなる

一般的な建て替え費用と比べると二世帯住宅に建て替えた方が費用が高くなる傾向にあります。なぜなら二世帯住宅は、家が大きくなったり延床面積が広くなったりするからです。

また、キッチンやお風呂・トイレ・玄関など生活に必要な設備を複数設置する必要があるのも二世帯住宅が高くなる理由です。二世帯住宅には、完全分離タイプ・一部併用タイプ・完全同居タイプの3つがタイプがあります。

一部併用タイプや完全同居タイプなら、キッチンやお風呂・トイレなどの設備を1ヶ所で済ませることもできますが、完全分離タイプとなるとキッチンやお風呂・トイレなどがそれぞれに必要になるので、一般的な住宅よりも、1.5~2倍は高くつく計算です。

家の建て替えの費用を安く抑えるコツ

では、建て替え費用を少しでも抑えるためにはどのようにしたら良いのでしょうか?ここからは、家の建て替えの費用を安く抑えるコツを解説してきます。

コツ①利用できる給付金や補助金を確認

家の建て替えの費用を安く抑えるコツ1つ目は「利用できる給付金や助成金を確認する」です。家の建て替えを行うとき、条件によって国や自治体からの給付金や援助金を受けられる場合があります。

どういったものが利用できるのかを事前にチェックしておき、うまく利用するようにしてください。いろいろ調べるのが面倒な方やよく分からないという方は、プロに相談してみると良いでしょう。

コツ②シンプルな形状や間取りにする

家の建て替えの費用を安く抑えるコツ2つ目は「シンプルな形状や間取りにする」です。建築費用は、建物の大きさや形状・機能性などによって価格が変わります。少しでも経費を抑えたなら、できるだけシンプルな形状や間取りにするのがおすすめです。

コツ③複数の業者で見積もりをとる

家の建て替えの費用を安く抑えるコツ3つ目は「複数の業者で見積もりをとる」です。建物の大きさや形状・間取りによってことなる建築費用ですが、依頼する業者によっても価格は違ってきます。1社だけでは価格相場を知ること難しいので、複数の業者に見積もりを取って自分の条件にあった業者をみつけてください。

コツ④引越しは閑散期に合わせる

家の建て替えの費用を安く抑えるコツ4つ目は「引越しは閑散期に合わせる」です。引っ越しの繁忙期は新しい生活が始まる3~4月や休みが多くなる5月・8月といった時期です。この時期は引っ越し費用も通常より高く設定されています。11~2月頃は引っ越し費用が比較的安く済む時期なので、そういった時期を狙うようにしましょう。

コツ⑤二世帯住宅は部分共有型を検討する

家の建て替えの費用を安く抑えるコツ5つ目は「二世帯住宅は部分共有型を検討する」です。二世帯住宅への建て替えを考えている方は、完全分離型ではなく一部併用タイプや完全同居タイプを検討してみましょう。玄関やキッチンなど水回りは共有することで、建築費用が抑えられるはずです。

無料で間取りプランを作成してみる

家の建て替えにかかる費用をきちんと把握しておこう

今回は家の建て替えを考えている方のために、建て替えとリフォームの違いや建て替えの流れ・土地ありの家の建て替え費用相場について詳しくまとめてみました。また、30坪・40坪の建て替え費用相場・二世帯住宅の建て替え費用相場や家の建て替えの費用を安く抑えるコツについても解説しています。ここでご紹介したことを参考に、家の建て替えにかかる費用をきちんと把握しておきましょう。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。