記事更新日:

外断熱・内断熱とは?違いから特徴まで徹底解説!

家を建てたりリフォームをする際に、やはり夏は涼しく冬は暖かい家を望む方が多いです。そこで必要となるのが外断熱や内断熱です。外断熱と内断熱の違いや特徴を徹底解説、選び方のコツも併せてご紹介していきます。メリットやデメリットを理解して、上手に断熱して快適な家にしましょう。

そもそも外断熱・内断熱とは?

内断熱や外断熱という言葉は聞いたことがあったり、家で快適に過ごしたいなら断熱が必要だということは分かっている方も多いですが、実際にどう違うのかを説明するとなると答えられなかったり、曖昧にしか分かっていない方がほとんどかもしれません。

これから家を建てたりリフォームで断熱したいと言う方は、違いをチェックして工法による特徴を把握しておきましょう

ライフルホームズでハウスメーカーのカタログを比較してみよう!

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」では、ハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せることができます。色んなカタログを見比べることで、自分が住みたい家・理想の家のイメージを具体化し、ある程度候補を絞ることで効率的に家を建てることができるでしょう。

また、無料カタログを取り寄せた方全員に、「はじめての家づくりノート」をプレゼントしています。家づくりノートは、自分や家族が住みたい家のイメージを明確にするためのノートです。

家を建てる際に必要な情報、かかるお金やローンのこと、気をつけたいポイントなどが分かり、間取りや家具の配置など、気になったことを細かく書き込むことができます。よいと感じるものを盛り込んでいくことで、理想とする家の情報をまとめた一冊ができあがり、ハウスメーカーとの打ち合わせの時に大きく役立つはずです。

「そろそろ家を建てたい」「どんな家がよいか分からない」そう思ったら、まずはライフルホームズで気になるハウスメーカーのカタログを入手することから始めてみましょう。

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

外断熱工法の特徴

まずは外断熱工法の特徴です。断熱はそもそも断熱材を壁や床に入れて、外気の熱の出入りを遮って家を暖かくしたり、涼しくしたりします。この断熱材を入れる場所の違いで外断熱と呼ばれたり、内断熱と呼ばれたりします。

外断熱と呼ばれる場合は、断熱材が柱と壁の間に入ります。梁や屋根なども含めて建物全体を断熱材で包むような状態になり、外からだと外壁仕上げ材のすぐ下が断熱材、ということになります。

内断熱工法の特徴

内断熱工法の特徴は、断熱材が入る場所が、床や壁は柱と柱(または間柱)の間に入り、屋根は天井部分に断熱材が入ります。グラスウールなどの繊維系断熱材を使用する方法は昔からある一般的な手法で、断熱材と柱の間には隙間が出来てしまいます。柱部分は断熱材が入っていません。

もう1つ、吹き付け断熱材を使用する方法もあります。家の内側から専門の吹き付け業者が責任施行で行うもので、気密工事も同時に行えます。

外断熱と内断熱のメリット・デメリットを比較

ここからは外断熱と内断熱のメリットとデメリットをそれぞれご紹介していきます。断熱すると、家での生活が快適になります。メリット、デメリットを踏まえた上で、どちらが取り入れやすいかを検討してみて下さい。

外断熱のメリット

外断熱のメリットは、家の中の室温を一定に保てることです。真夏や真冬は、外の熱や冷たい外気などを遮断してくれるため、建物の外側と中側の温度差がなくなります。そのおかげで結露が起きにくくなります。

結露によって柱が腐ったり、カビたりして家が傷むため、家の劣化から守るためにも結露を少なくするのは重要です。結露が抑えられることでダニの発生も抑制出来るので、アレルギーがある方にとっては結露を起きにくくすることでアレルギー源を少なくして快適な生活を手に入れられます。

また、室温が外気の温度の左右されないため、冷暖房費も抑えられるというメリットもあります。外断熱施工後は省エネで暮らすことが可能です。建物を包み込むような状態なので気密性も高いため、外部の音も聞こえにくいです。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

外断熱のデメリット

外断熱のデメリットは、外壁に厚みが出ることです。外壁に厚みが出てしまうと室内が狭くなってしまうので、間取りや敷地がギリギリな狭小地には余裕がないため不向きになります。また、もう一点は費用が高額になるというデメリットがあります。

高気密のため換気が必要で、熱交換システムを入れたりすることになって費用がかかったり、窓やガラスも高性能なものを選ぶことが多いため、材料費も費用がかさみます。

また、施工費用の高さには、工期が長いのも一因にあります。手間がかかる工事のため、設計や準備にも時間がかかり、工期が長いうえ施工費用も高くなってしまいます。

内断熱のメリット

内断熱のメリットは、コストが安いことです。一般的な手法のため、多くの施工業者が行っているため工事費も安く、技術面も安心です。断熱材の素材によってはさらにコストダウンも可能になってくることや、内断熱ならほとんどの断熱材が使用できます。

また外断熱と違って外壁が厚くなることはないため狭小地の家でも内断熱は可能で、地下など内断熱工法しか用いることが出来ない場合もあります。

内断熱のデメリット

内断熱のデメリットは、壁内結露です。柱やコンセント部分などは断熱材が入っていないため、断熱性が弱くなります。繊維系断熱材を使用する方法の場合は柱と断熱材の間は構造上、隙間が出来てしまうので気密性が低いため、壁内に結露ができやすくなります。

家が木造と鉄筋コンクリート造では、鉄筋コンクリート造の方が外と内側で温度差がある為に、結露ができやすくなります。また、断熱材の素材にもよりますが、施工後に配線などの変更がしにくいというデメリットもあります。断熱工事の際に配線なども一緒にきっちりしておくと安心です。

外断熱と内断熱の費用の違いは?

 

外断熱と内断熱では、外断熱の方が費用が高く、内断熱の方が費用が安いとメリット・デメリットでもご紹介してきましたが、断熱後のコストを考えると、トータルで見ると外断熱の方が得な場合があります

外断熱の方が冷暖房費がかからず、カビや腐敗による家の劣化のスピードも遅くなります。今後住む年数や冷暖房費を考えると、長く住む場合は外断熱の方が得になる場合もあるのです。

また、費用は断熱材の種類によって価格がかなり違います。同じ工法でも違うので、断熱材ごとに費用を確認しておくといいでしょう。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

外断熱と内断熱のどっちがいいの?上手な選び方のコツ

ここからは外断熱と内断熱の上手な選び方をご紹介していきます。メリット、デメリットを見ると、どちらの工法にしたらよいか、ますます悩んでしまった方もおられるかもしれません。

工法だけ見ると悩みますが、人によっては家の状況によってどちらか1択しか選びようがない場合もあります。選び方を参考に、外断熱にするか内断熱にするか、検討してみてください。

選び方①住宅構造

選び方1つ目は、住宅構造です。鉄筋コンクリート造の場合、暖房をつけても温まりにくいですが冷めにくいという特徴があります。その特徴を生かすには外断熱の方が有効です。

外断熱で壁をくるんだ状態になると暖房で温まるまでは時間がかかっても、温まった後はコンクリートの壁が蓄熱するので、暖房を切っても温かいまま持続してくれます。木造の場合は内断熱と外断熱の差はあまりありません。

また、外断熱のデメリットでもご紹介しましたが、狭小地の家に外断熱は向きません。複雑な構造をしたデザインの家にも間取りに余裕がないと外断熱は不向きなので、家の構造が外断熱に向いている構造かどうかを確認してみましょう。外断熱に不向きとなれば内断熱1択になります。

選び方②予算

選び方2つ目は、予算です。これから建てる家の断熱にどちらで断熱するか、今ある家にリフォームで断熱するのかでもかかる金額や予算は違いますが、どちらにせよ最初にかかる費用としては外断熱の方が多くかかります。

海外では外断熱も多く施工されていますが、日本では内断熱の方が一般的です。外断熱の施工方法も確立されているわけではないため施工できない業者もあるため、内断熱しか選択肢がなかったり、施工費も高額になりがちです。

それでも最初に予算を多くかけられるのであれば、外断熱を選ぶ方がおすすめです。長く住む場合には家も傷みにくく、トータル的に省エネで経済的です。

選び方③居住地域

選び方3つ目は、移住地域です。日本の中では北海道や東北地方など、寒い地域のお住まいの場合は、寒い外気をシャットアウトする隙間のない外断熱がおすすめです。東北より南の地域などは外断熱でも内断熱でも大丈夫ですが、雪が良く降る地域や山の中など、寒さが厳しい場所にお住まいな場合は外断熱を選ぶといいでしょう。

外断熱と内断熱の違いを正しく理解しておこう

外断熱と内断熱の特徴やメリット・デメリットをご紹介してきましたが、家の構造や移住地域などによって、選ぶべき断熱方法が違ってくることがご理解いただけたのではないでしょうか。それぞれの工法にメリットもデメリットもあるので、違いを正しく理解をして選んでください。

ただ、どちらの工法でも選ぶ断熱材によって費用が変わってきます。外断熱はもちろん、内断熱にしても費用はそれなりにかかるので、どちらの工法を選んでも施工業者とよく相談をしながら決めるのがおすすめです。

外断熱も内断熱も、一度工事をして完成してしまうと壁の中を確認することが出来ません。施工中も工事の内容や状況を自分の目で確認しつつ、進めていくと安心です。断熱が上手くいけば夏涼しく冬暖かい、快適な暮らしが手に入れられます。断熱工事をしっかり行って、長く住める快適な住まいにしましょう。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

その他の関連記事はこちらから

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。