記事更新日:

人気の注文住宅ランキング18選!失敗しないハウスメーカーの選び方!

注文住宅を建てることで夢のマイホームを実現したいと願う方は多いのではないでしょうか?しかし、注文住宅を建てる際に利用するハウスメーカーや工務店はたくさんあります。いったいどこを選んで建築すべきか迷う方も少なくありません。そこで今回は、人気の注文住宅を建てることができるハウスメーカーの選び方を詳しく解説していきます。

失敗しない注文住宅のハウスメーカーの選び方

ここからは、あなたが注文住宅を建てる際に失敗のないよう、たくさんあるハウスメーカーや工務店を選ぶポイント、また、その選び方について以下に4点詳しくみてみましょう。

選び方①悪い評判がないか

注文住宅を建てるということは、とても大金を費やすことになります。そのため、ハウスメーカーや工務店選びに失敗はしたくありません。そのような失敗がないよう、各ハウスメーカーに悪い評判がないか、またどのような口コミが多いかなど、顧客満足度をはかる様々な情報をチェックしてみてください。口コミなどはネット上で検索することができるため、事前にリサーチしておかれることをおすすめします。

選び方②担当者

数多くあるハウスメーカーがある中で、あなたが気に入ったハウスメーカーをいくつかピックアップしておきましょう。その中でも特に注文住宅の建築を依頼したいと思うハウスメーカーには、直接足を運んでみることをおすすめします。その際、あなたとメーカーの担当者の相性が合うか、また、親身になって様々な相談に乗ってくれるかなど、担当者の対応の仕方次第でハウスメーカーを決めると良いでしょう。家は一生に一度の大きな買い物です。そのため、真摯な対応で最後まで適切な対応をしてくれる、誠実かつ堅実な担当者であるかを見極めましょう。

選び方③工法

各ハウスメーカーが採用する注文住宅建築のための工法は、それぞれのメーカーによっても異なります。では、一般的にどのような工法によって注文住宅を建てるのか、以下にその方法を5つピックアップしてご紹介していきます。

【木造軸組工法】

木の柱と梁を利用し、支える木造軸組工法は、注文住宅を建てる上で採用される方法です。この木造軸組工法は、間取りを設計しやすく、また、家のリフォームとして増築や改築も行いやすい工法として取り入れられています。

【ツーバイフォー工法】

ツーバイフォー工法は角材で枠を作り、そこに構造用合板を打ち、壁または床で建物全体を支えて建築を行う工法となり、多くのハウスメーカーが採用する方法です。施工のしやすさだけではなく、その高い品質にも信頼感があることから、ツーバイフォー工法を採用する注文住宅を建てる方が増えています。

【軽量鉄骨造りの家】

大手のハウスメーカーでは、軽量鉄骨造りを採用することも多く、コスト削減で予算以上に見栄えする注文住宅を建てることができます。また、安価でも丈夫な造りであるという点も魅力的であると言えるでしょう。

【重量鉄骨造りの家】

丈夫さと耐久性に優れた注文住宅を建てるなら、重量鉄骨造りの家を建築するのがおすすめ。しかし、他の工法と比較しても少しコストがかかってしまいます。

【RC造による家】

RC造は、簡単に言うと、鉄筋コンクリートの建物のことを言います。そのため、あらゆる場所に立つマンションがこれに該当します。実際、RC構造は火災でも強い造りとなり、また、断熱材によって温かく暮らしやすい家を実現させることができるでしょう。このように、RC造りによる家はおすすめです。

選び方④アフター保証

注文住宅を建てると、その大半は10年保証が付くハウスメーカーが多いです。中でも60年という長期保証が付くハウスメーカーもあります。また、アフター保証が付いていると、家の点検や破損個所の修理などをハウスメーカーがフォローしてくれるととても安心です。このように、ハウスメーカーを選ぶ際は、アウター保証が付いていることを確認してから依頼を行うようにしましょう。

人気注文住宅おすすめランキング【1位~3位】

ここでは、ぜひおすすめしたいハウスメーカーとして、多くの方からの高い支持を得ている人気のハウスメーカーを1位〜3位までご紹介します。それぞれのハウスメーカーの特徴やおすすめポイントもおさえていきましょう。

ランキング1位 一条工務店

一条工務店は、ハウスメーカーの中でも大手となる住宅メーカーとして、すでに全国各地に約20万棟もの注文住宅を手掛け、多くの方々に高い人気を誇っています。また、木造住宅でありながらも、高い耐震性、断熱性、気密性に優れた注文住宅を建てることができます。

和をデザインした外観、また、スタイリッシュなデザイン性に富んだ外観、さらにはモダンテイストに仕上げた美しいフォルムを実現させる外観を持つ注文住宅を、自由自在に設計することができます。そして、あなたの思うままのマイホームを作り上げることができるハウスメーカーです。

さらに、省エネ効果抜群の造りとすることで、エコ住宅としても知られています。何よりも、他のハウスメーカーとは異なり、標準装備で全室床暖房を採用するなど、わたし達の快適な暮らしを実現&守ってくれる、そんな注文住宅を建てることができるハウスメーカーこそ、一条工務店です。

【おすすめポイント】

  • 耐震性、耐久性、気密性、断熱性に優れた木造住宅の建築が可能
  • 様々な外観を持つ注文住宅を建てることができる
  • 全室床暖房が標準装備
  • 約20万棟もの注文住宅を手掛けるハウスメーカー

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

ランキング2位 カリフォルニア工務店

アメリカンな雰囲気を味わい、開放感溢れる自然に調和した注文住宅の建築を可能とする大手ハウスメーカーとして知られる「カリフォルニア工務店」。大手のハウスメーカーでかつ、坪単価60〜90万円となり、建築資材に天然無垢材を採用することで、よりおしゃれでより落ち着いた雰囲気の注文住宅を建てることができます。そして、多くの方から高い支持を得ているハウスメーカーです。

外観や内装、間取りや建具などの設備についても、あなたの主観や好みに合わせ、自由な設計を行うことができるなど、魅力的なポイントがたくさんあります。天然無垢材を使用することで、温かさと自然を感じることかできる、独創性のある注文住宅を建てることができます。

見た目にもアンティークな雰囲気を見せることで、デザイン性の高い住宅を造り上げ、ツーバイフォー工法を採用することで、建物の耐震強度を強化、火災時も火の燃え広がりを防ぐことができます。

【おすすめポイント】

  • 外観や内装、建具などの設備をすべてカスタマイズして建築することができる
  • ツーバイフォー工法を採用することで耐震性をアップ
  • 外壁材は塩害予防効果の高いレッドシダーを採用

ランキング3位 スウェーデンハウス

スウェーデンハウスはその名の通り、大手ハウスメーカーとして、北欧スタイルの外観で仕上げるデザイン性の高い注文住宅です。日本家屋のようなデザインとは異なる洋風仕上げのため、高見えし、その外観を好む方が増えています。

スウェーデンハウスは、高い断熱性と気密性に優れた住宅で、冬の寒さは北欧の国ならではとなり、湿気のない温かいぬくもりのある注文住宅を建てることができます。また、現在人気の平屋建築にも対応した設計が可能。天井高を2.7mにとったデザインが可能なため、家の中でも開放的な空間を楽しむことができます。

耐震等級3を持つスウェーデンハウスは耐震性の高いハウスメーカーとしてもおすすめです。

【おすすめポイント】

  • 北欧ならではの高い断熱性と気密性を持たせた設計
  • 洋風の外観がとてもおしゃれに映える
  • 天井高を2.7mにとる設計で空間をとった開放的な造りとすることができる

 

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

 

人気注文住宅おすすめランキング【4位~6位】

さらにこの後は、年間建築数も多く、豊富な種類の注文住宅を建てることができる人気のハウスメーカーの4位〜9位をご紹介します。

ランキング4位 ポラス

現在すでに着工数97万棟以上もの注文住宅を手掛ける大手ハウスメーカーの「ポラス」は、耐震構造の強みと、外観デザインの高さが多くの方からの人気を集めています。それもそのはず。多くの和のデザインだけではなく、洋となる近代風な建築仕様とするデザイン性の高い住宅の設計にも対応しているため、あなたの思うスタイルに近付けた注文住宅を建てることができます。

また、地震など天災に強い注文住宅を建てることができるのもボラスだからこそ。さらに、強耐震構造とする中でも900万円〜というリーズナブルな価格で建てられるセレクト住宅をはじめ、檜自由設計住宅として1,100万円〜という低予算からの注文住宅にも対応しているハウスメーカーです。

地域密着型の人気ハウスメーカーとなるため、多くの方から高い支持を得ていると言えるでしょう。さらに、17年連続グッドデザイン賞を受賞するなど、美しいフォルムに魅せるボラスの注文住宅はおすすめです。

【おすすめポイント】

  • 関東圏を中心とした人気のハウスメーカー
  • グッドデザイン賞17年連続受賞&高いデザイン性に富んだ注文住宅を建てることができる
  • セレクト住宅900万円~、檜自由設計住宅1,100万円〜の建築が可能
  • 耐震性に優れた工法による建築

ランキング5位 ヘーベルハウス

坪単価70〜80万円のへーベルハウスは、高い安全性を持った素材を採用し、さらに耐震性能に富んだ設計を行う注文住宅を建てることができます。また、ヘーベルハウスは外壁材に発砲コンクリート板を採用することで、30年間メンテナンスフリーとなる大きな特徴を持っています。

また、コーキングの劣化を防ぐため、3層アクリルシリコン塗装を行うことで、メンテナンス不要の注文住宅建築を実現しています。何世代にも続くヘーベルハウスを、住みやすさを変えずに長期的に利用することができるおすすめのハウスメーカーです。

【おすすめポイント】

  • 重量鉄骨造によって耐震性を向上
  • 3層アクリルシリコン&発砲コンクリート板を使用した外壁を採用し30年間メンテナンスフリーに
  • 坪単価70〜80万円で思うままの注文住宅を建てることができる

ランキング6位 住友林業

坪単価80〜90万円と少し価格帯が他のハウスメーカーよりも高額となる住友林業は、天然木を使用した木造住宅を建てることができる大手のハウスメーカーとして知られています。マルチバランス工法、ビッグフレーム工法、ツーバイフォー工法によって建築を行うことができるため、あなたの好みに合った工法を採用することで快適な注文住宅の建築を実現させることができます。

また、断熱性、気密性に優れた快適な生活を送ることができる上、太陽光発電システムによって省エネ効果を実現するなど、暮らしにこだわりある注文住宅を建てることができます。

【おすすめポイント】

  • Low-E複層ガラスを窓に採用することで熱効率性をアップ&紫外線を効果的にカット
  • 様々な工法によって注文住宅を建てることができる
  • 断熱性&気密性に富んだ快適な注文住宅を設計できる

人気注文住宅おすすめランキング【7位~9位】

さらにこの後も引き続き、あなたが思うままの注文住宅を建てることができる人気のハウスメーカーを、7位〜9位まで引き続き確認していきます。

ランキング7位 積水ハウス

積水ハウスは、常にトップをひた走る大手のハウスメーカーとして、販売実績個数も48,000戸以上と多く、安心と信頼が高くおすすめです。また、木造住宅以外にも鉄骨での建築も可能です。そんなセキスイハウスは、化学物質の抑制を促す「エアキス」によって、多くの有害物質を除去することができる他、産後ケアによるフォローもあり、常に定期的な点検を行っています。

完成後もしっかりとアフターフォローしてもらえるため、安心して注文住宅建築の依頼を行うことができると言えるでしょう。

【おすすめポイント】

  • 30年保障が約束された物件
  • アフターフォローが万全な体制
  • 木造住宅&鉄骨住宅の建築にも対応可能

ランキング8位 ダイワハウス

大手ハウスメーカーの位置付にある「ダイワハウス」は、注文住宅を建てる際にまず検討するハウスメーカーだと言えるでしょう。それだけ知名度が高く、多くの方が知るハウスメーカーであることが分かります。そんなダイワハウスは、重量鉄骨造や木造住宅の注文住宅を建てることができます。

外張り断熱通気外壁を採用することで、高い断熱性と気密性を持たせ、さらに24時間換気システムを採用することで、より快適な暮らしを実現させています。また、耐震構造を駆使した建築のため、優れた耐震性を持つ住宅に仕上がります。太陽光発電を採用することで省エネ住宅を実現するなど、高い性能をたくさん備えた注文住宅を建てることができるハウスメーカーこそ、ダイワハウスです。

60年という長期保証を持ち、定期点検や補修などにも即座に対応してもらえるため、安心のハウスメーカーです。

【おすすめポイント】

  • 重量鉄骨造&木造住宅の注文住宅を建てることができる
  • 断熱性・気密性・耐震性に優れた住宅
  • 太陽光発電を採用し省エネ効果を実現
  • 60年の長期保証付き

 

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

ランキング9位 セキスイハイム

セキスイハイムで建てる注文住宅は、ユニット工法を採用しているため、現場での作業をカットすることができます。それによって同じ品質を保ち、工期を最短で仕上げることが可能です。また、耐震性が高く、地震に強い家を建てることができます。

そして、エコに住みやすい家を建てることができる「スマートハイム」の、快適エアリーを用いた空調システム、また、太陽光発電の採用、さらに蓄電システムを取り入れることでより省エネ効果を発揮した生活を送ることができるでしょう。このようなエコなシステムを取り入れる大手ハウスメーカーとしてセキスイハイムがおすすめです。

【おすすめポイント】

  • 耐震性の高い注文住宅を建てることができる
  • 太陽光発電、蓄電システム、空調システムを採用することでエコな住宅を実現
  • 坪単価65〜75万円で若者世代でも低予算で購入可能

人気注文住宅おすすめランキング【10位~12位】

この後もさらに、注文住宅を建てるならぜひ選びたいと思うおすすめのハウスメーカーを10位〜12位までみていきましょう。

ランキング10位 オープンハウス

坪単価35万円〜というとてもリーズナブルな価格で注文住宅を建てることができ、予算の範囲内で理想の注文住宅を建てたいと思う若年層の方にも人気の「オープンハウス」は、総合不動産グループが運営するハウスメーカーです。

ここでは、オープンハウスだからこそ建てることができる限定物件、さらに、セミオーダー可能な注文住宅など、様々なプランを提供しています。また、ゼロから間取りを設計しなくても、決まったプランから内装や外装、設備を選択することでより手軽に理想の注文住宅をオーダーできるため、センスが良く、デザイン性を重視したい方におすすめのハウスメーカーです。

1年間に2,600棟以上もの注文住宅を建てるハウスメーカーとして人気を集めています。

【おすすめポイント】

  • リーズナブルな価格&低予算で注文住宅を建てることができる
  • セミオーダー式のプランを選択することで手軽に設計できる
  • 年間2,600棟以上もの注文住宅を建てる人気ハウスメーカー

ランキング11位 アキュラホーム

日本全国各地に工務店を展開しているアキュラホームは、多くの方の満足度が高く、低コストで好きな間取りに自由設計可能な木造注文住宅を建てることができます。高品質かつデザイン性の高さが人気に拍車をかけています。

使用する資材にもこだわりを持ち、低コストで良い品を提供していることから、品質の高さゆえ、私たちから高い支持を得ている信頼おけるハウスメーカーとしておすすめです。

【おすすめポイント】

  • 職人技が光る木造建築で高いデザイン性を誇る
  • 自由自在に設計できる注文住宅
  • 品質高く、低価格で注文住宅を建てることができる満足度の高いハウスメーカー

ランキング12位 タマホーム

坪単価35万円〜と低価格で注文住宅を建てることができ、若年層をはじめ、高齢層まで幅広い年齢層の方から支持を得ているタマホームは、他のハウスメーカーに真似できないサービスを提供している大手で人気のハウスメーカーです。これは、大量仕入れによって大幅にコストカットを行い、それを注文者に対し還元する仕組みのため、私たちが安価に注文住宅を建てることが可能となっているからです。

また、耐震性は建築基準法の1.5倍と高く、信頼ある工法で設計されているため、安心感があります。内装や外装、設備やオプションなど、様々な選択肢があるため、あなたの建てたかった注文住宅を実現させることができる、そんなハウスメーカーです。

【おすすめポイント】

  • 坪単価35万円〜のため低予算で注文住宅を建てることができる
  • 最長60年の長期保証あり
  • 建築基準法の1.5倍にもなる耐震性を誇る安心&安全の注文住宅

人気注文住宅おすすめランキング【13位~15位】

この後もまだたくさんおすすめの大手ハウスメーカーがあります。各ハウスメーカーが持つ様々な特徴を踏まえご紹介するとともに、おすすめポイントもまとめてみます。ここでは13位〜15位をみていきましょう。

ランキング13位 ミサワホーム

「ミサワホーム」は、圧倒的なデザイン性の高い注文住宅を建てることができる他、南極でも耐え抜くことができると言われるほど、断熱性・気密性の高い注文住宅です。シンプルなデザインこそ飽きのない、長く親しみ住める家を実現。エコにこだわり、エネルギーを自給自足するシステムを導入した注文住宅が実現します。

さらに、収納力に優れ、無駄のない設計を行うことで、快適さが増す生活を送ることができます。

【おすすめポイント】

  • 高いデザイン性を誇るおすすめのハウスメーカー
  • 無駄のない配置・設計を行うことで収納力を持つ注文住宅を建てることができる
  • 断熱性・気密性が高く暑い日も寒い日も快適な暮らしを実現

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

ランキング14位 パナソニックホームズ

2018年に改称し誕生したハウスメーカーがパナソニックホームズです。パナソニックホームズは、環境にやさしく、そして品質高くこだわりのある注文住宅を建てることができます。建築の際は「太陽光発電システム」を採用することで、省エネ効果を実現、また、エコナビ搭載換気システム「HEPA+」を取り入れることで、家の中の空気をクリーンにしてくれます。

さらに、外壁にNTC外装材を採用することで、火災の広がりを予防する資材を積極的に使用した注文住宅を建築しています。

【おすすめポイント】

  • 太陽光発電システム採用により省エネ効果を発揮する注文住宅を建てることができる
  • 家の中の空気循環を行うエコナビ搭載換気システム「HEPA+」を設置
  • NTC外装材を外壁に採用し火災の広がりを予防

ランキング15位 トヨタホーム

トヨタホームは、「鉄骨ラーメン構造」「鉄骨軸組工法」による注文住宅を建てることができます。建築は平屋をはじめ、2階建て、3階建て、二世帯住宅など、幅広い建築を可能としています。また、制振装置「T4システム」を採用し、耐震構造を確実に行っています。また、「EST工法」と呼ばれる鉄骨軸組工法とすることで、性能高く、また、自由な工法で建築可能な方法を採用しています。

さらに、全室に「スマート・エアーズ」と呼ばれる空調システムを採用することで、通年快適な暮らしを実現させることができます。このように、様々な構法やシステムを採用することで、より快適な注文住宅を建てることができる人気のハウスメーカーです。

【おすすめポイント】

  • 制振装置「T4システム」を採用することで耐震性を向上
  • 平屋から二世帯住宅まで幅広い建築が可能
  • 「スマート・エアーズ」の空調システムにより通年快適な生活が可能

人気注文住宅おすすめランキング【16位~18位】

最後に、デザイン性が高く、コスパに優れた、16位〜18位ランクインする人気のハウスメーカーをご紹介していきます。

ランキング16位 三井ホーム

外観のデザイン性の高さが圧倒的な美しさを誇るハウスメーカーは、その名を知る方も多い「三井ホーム」です。三井ホームは、坪単価が75〜90万円となり、他のハウスメーカーと比較しても少々高額ですが、それだけのデザイン性を誇る注文住宅を建てることができます。また、外観だけではなく内装にもこだわりを持ち、センスの良さが光るダントツ人気のハウスメーカーだと言えるでしょう。

気になる住宅の性能についても、耐震性能は震度7に対応、また、断熱性や気密性を考慮した設計のため、将来性のある住宅として人気を集めています。三井ホームで注文住宅を建てる際の建物の相場は3,000万円台であることが多く、その価格以上のパフォーマンスを得ることができるため、ぜひおすすめしたいハウスメーカーです。

【おすすめポイント】

  • 耐震性能が高く震度7に耐えることができる構造
  • 圧倒的に美しい外観&高いデザイン性を持つハウスメーカー
  • 相場価格は3,000万円台でもパフォーマンスの高い注文住宅を建てることができる

ランキング17位 富士住建

大手ハウスメーカーとしても知られる「富士住建」は、キッチンやシステムバス、エアコン、照明器具など標準装備される設備が多く、適正と言える価格提示で注文住宅を建てることができます。また、資材等の仕入れ価格を抑えることで、コスパ良くサービスを提供することができるため、多くの方から高い評価を得るハウスメーカーとして位置付けられています。

坪単価は40〜50万円と比較的リーズナブルな価格で建築可能です。建築&引き渡し後10年間の無料保証が付き、さらに4回の無料点検を実施しています。

【おすすめポイント】

  • 標準仕様のレベルが高い注文住宅を建てることができる
  • オプション料金や追加料金一切なし
  • 自由設計で注文住宅をデザインすることができる

ランキング18位 アキュラホーム

アキュラホームは、低コストかつ、自由自在な間取りに設計できる木造注文住宅を建てることができるハウスメーカーとして人気を集めています。こだわりの建築と高品質な資材を採用する反面、適正価格を維持し、可能な限りコスパのよい住宅建築を提供するハウスメーカーです。

【おすすめポイント】

  • 中間マージンの支払いがないため低コストで注文住宅を建てることができる
  • 自由設計で楽しめる家を手に入れることができる
  • 太陽光発電により省エネ効果抜群

建てたい家に合わせてハウスメーカーを選ぼう

人気の注文住宅を建てることができるハウスメーカーの選び方を詳しく解説しました。ハウスメーカーはたくさんあり、特に大手は人気も高く、デザイン性が高く、また、施工方法を駆使した建築方式を取るなど、地震にも強い注文住宅を建てることができます。

数あるハウスメーカーの中から厳選し、ランキング形式でご紹介しましたが、あなたが気になるハウスメーカーはありましたか?ここでご紹介した大手のハウスメーカーの情報を参考に、あなたが建てたいと思う家を建てることができるハウスメーカーを選び、満足いく注文住宅を建ててください。

 

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

 

理想の家づくりにおすすめな「タウンライフ家づくり」とは?

注文住宅を購入する際に、「間取りのイメージがわかない」、「希望の間取りをなるべく低予算でデザインしたい」といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、間取りは家の印象を決めるとても大切な要素なので、ちょっとした妥協が家づくりの失敗に直結してしまうことも珍しくありません。また、導線一つで住みやすさが大きく左右されることもあるので、多くの方が間取りで悩むのも当然と言えるでしょう。

そんな方におすすめのサービスが、注文住宅購入の新常識「タウンライフ家づくり」です。「タウンライフ家づくり」は、希望に沿った間取りプランを無料で一括査定できる画期的なサービスで、注文住宅に関する悩みをコンパクトに解決してくれる優れものです。注文住宅に関する希望を細かくフォーマットに記入すれば、希望に沿った間取りプランや見積もりを無料で行ってくれる、日本で唯一のサービスです。

資料請求や見積もりはスマホ一台あれば、どこにいても簡単に申し込むことができます。株式会社リンクアンドパートナーズが実施した調査によると、タウンライフ家づくりは注文住宅部門で「利用満足度No.1」「知人に勧めたいサイトNo.1」「使いやすさNo.1」の3冠を達成しており、顧客満足度の高さを伺い知ることができます。

また、注文住宅購入の新常識として話題になったのは最近の話ですが、実績は既に32,000件と非常に豊富です。

タウンライフ家づくりをチェック

 

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

タウンライフ家づくりをおすすめする3つのポイント

では具体的に、タウンライフ家づくりを通して間取りを依頼するとどんなメリットがあるのか、大きく分けて3つの観点からご紹介していきましょう。

一括請求だから、最安値が一目瞭然

タウンライフ家づくりで間取り依頼をかけることのできる業者は、なんと600社にも及びます。いずれも国家基準をクリアした優良注文住宅会社であり、同じ希望内容を一斉に依頼することで、最安値の会社が一目瞭然です。

実際、全く同じ間取りでも業者によって300~400万変わってくることは珍しくありません。注文住宅において費用は非常に大きなポイントになって来るので、一括請求することで費用を最小限に留めることができます。

また、今までであれば一社一社と打ち合わせをして見積もりを出してもらうというのが注文住宅購入の流れでしたが、タウンライフ家づくりであればわざわざ注文住宅会社に足を運ぶ必要がありません。気になった注文住宅会社のみと打ち合わせを重ねていけば良いので、会社選びの手間も大きく省くことができ、時間の節約にもなります。

希望エリアの土地情報も手に入る

タウンライフ家づくりで新築物件を購入するエリアを指定すれば、その地域の土地情報も併せて手に入れることができます。「まだ土地を購入するのはこれから」という方にとっては、間取りのデザインと同時に土地探しまでセットで行うことができるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

自宅でじっくり比較検討できる

タウンライフ家づくりで間取りデザインを依頼すれば、家でゆっくりと間取りを比較検討することができます。展示場や注文住宅メーカーで打ち合わせをすると、その場で即決を迫られたり、追加のオプションなどの営業を受けたりすることがあり、なかなか自分たちのペースで話を進められないというケースが多く見られます。

一方、タウンライフ家づくりであれば、一括請求によって送られてきた間取りや費用を見比べながら、ご家族とゆっくり話し合って決めることができます。時間に迫られたり、場の空気に合わせたりする必要もないので、より自分たちの理想に根差した家づくりを落ち着いて進めることができます。これはインターネットを活用したタウンライフ家づくりならではの大きなメリットと言えるでしょう。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりが選ばれる3つの理由

「対人じゃなくても理想の家づくりができるの?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、タウンライフ家づくりのサポート体制は非常に充実しています。

間取りプランを専門家が提案

マイホームの間取りを決める際、あまりにも希望を詰め込みすぎると、結果的に住みにくい間取りになってしまうことも珍しくありません。いざ住んでみてからやはり間取りを変更したいとなってしまっては、追加でリフォームする手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ間取りのデザインと住みやすさのバランスを図ることが大切です。

タウンライフ家づくりでは、依頼者の希望を最大限考慮したうえで、専門家がデメリットも提示してくれます。特に家の導線は、素人ではなかなか判断が付かず、専門家の知恵や経験が最も活きてくる分野と言えるでしょう。

他にも窓の大きさ、窓の数、水回りの明るさ等に関する希望も出すことができます。自分たちの理想はしっかりと伝え、そのうえで専門家の意見も取り入れると、理想と利便性を兼ね備えた家づくりを行うことができます。

総額に対しての資金計画

マイホーム購入にあたり、誰もが不安に思うのが資金計画。「こんな大きな額、継続して払っていけるのだろうか?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、マイホーム購入にかかる総費用を事前に把握しておくことは非常に重要です。タウンライフ家づくりでは坪単価だけでなく、本体工事にまつわる諸費用をすべて含めた総額を事前に依頼することができます。坪単価だけで単純計算すると、後になって「こんな費用がかさむとは思わなかった」となってしまうので、必ず契約前に費用の総額を確認しておきましょう。

マイホームに最適な土地を提案

前述の通り、タウンライフ家づくりでは希望のエリアにおける土地情報を随時提供してくれます。土地の場所や敷地面積はもちろん、方角、日照条件、近隣環境などを詳細に提示してくれるので、理想に近いベストな土地を見つけることができるでしょう。

特に地盤には注目したいところ。どれだけ立地が良くても、地盤が緩いと災害で被害を受ける可能性が高くなるので、地盤の強さに関する情報はしっかりとチェックしてください。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりのお申し込みの流れ

タウンライフ家づくりでは、たったの3分で間取りプランを一括依頼することができます。スマホ一台あればどこでも簡単に依頼することができますし、もちろんパソコンからでも可能です。以下の手順に沿ってまずは気軽に依頼してみましょう。

希望のエリアを選択

まず初めに、「Step1 都道府県」と「Step2 市区町村」を指定します。タウンライフ家づくりでは、市区町村に応じて土地価格相場(坪単価)を提示してくれるので、具体的に土地が決まっていない方も、まずは一番希望のエリアを登録しておきましょう。

希望条件を入力

続いて、家や土地に関する希望をフォーマット通りに入力していきます。回答必須の項目としては以下のような内容が挙げられます。

  • 希望世帯を選択(一世帯・二世帯・店舗)
  • 階数(平屋・二階・三階)
  • 住居予定人数
  • 希望の間取り(2LDK~)
  • LDKの広さ
  • 土地の大きさ
  • 希望の総予算

要望を詳しく伝える

項目欄の一つに、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望」という欄があります。家づくりにおいては実はここが非常に大事なポイントで、ここで希望をあらかじめ伝えておくことで、注文住宅会社とイメージを最大限に共有することができ、間取りを再設計する手間や時間を省くことができます。

具体的には以下のような希望を記入しておくと便利なので、参考にして下さい。

  • 世帯年収は〇〇〇万円で、月々の支払いは〇万円、頭金は〇万円を想定しています。
  • 窓の数を多くし、日光を取り入れる家づくりがしたいです。
  • 既に購入済みの土地は、〇メートル×〇メートルで、建物面積は〇平方メートルを想定しています。
  • 子供に目が行き届くよう、リビングは広く明るい設計にしたいです。
  • 日中のご連絡は携帯までお願いします。

必須項目を入力する

続いて、個人に関する項目を入力していきます。必須項目は以下の通り。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 住所
  • 建設予定地(すでに土地を持っている、土地を探しているなど)
  • Emailアドレス
  • 電話番号

希望の注文住宅会社を選択する

入力したエリアや条件に基づいて、600社の中から対応可能な注文住宅会社が一覧表示されます。一括して依頼することもできますし、希望の会社だけを選択して依頼することも可能です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりで理想の間取りを手に入れよう!

間取りを理想通りにうまく設計できるかどうかは、家づくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。「入力する項目が多くて大変」と思われた方もいるかもしれませんが、注文住宅会社といかにイメージを共有し、理想の間取りをすり合わせていくかが大切ですので、まずはタウンライフ家づくりで気軽に一括依頼してみましょう!

依頼した各社から回答が来たら、あとはじっくり家で比較検討し、予算やデザインに一番合った注文住宅会社を選ぶだけです。間取りプランを無料で一括依頼できる「家づくりの新常識」タウンライフ家づくりで、ぜひ理想の家をデザインしましょう!

 

▼【無料】あなただけの間取りプランを作成できる!「タウンライフ家づくり」は下記をクリック!▼

 

▼おすすめの間取りについての記事はこちらをチェック▼

その他の関連記事はこちらから














※記事の掲載内容は執筆当時のものです。