記事作成日:

家の売却相場を調べる方法とは?簡単な方法から注意点まで徹底解説!

自分の家を売りたいと思った時、誰しも「いくらで売れるんだろう…」と気になるでしょう。そこで今回は、家の売却相場を調べる方法を詳しく解説していきます。簡単な方法から注意点、査定方法や売却額に関わる要因にも触れているので、家を売る予定のある方は是非参考にして下さい。

家の売却相場を把握する重要性とは

家を売る際、不動産会社任せではなく自分自身でも「売却相場」を把握することはとても重要です。相場を知ることで、不動産会社が提示した査定額が果たして適切なのか判断の基準にすることができます。新築でも中古でも、不動産には「相応の価格」というものがあります。家を売りたいと思ったら、まずは自分の家の相場を知ることから始めましょう。

家を売却する流れ

「家を売ろう!」と思っても、すぐに売れるわけではありません。家を売る際の知識として、売却する流れを知っておきましょう。

査定→不動産会社と契約→売却活動→売買契約→引き渡し

簡単に説明すると、家の査定をして売却価格を決め、選んだ不動産会社と媒介契約を締結します。不動産会社が中心となり売却活動を行い、買い手がついたら売買契約を締結し、家を引き渡す。といった流れになります。

家を売るのであれば、相場内でもできるだけ高く売りたいものです。その為には、自分でも売却に関わる知識を身に付けることも大切です。ひとつの不動産会社に頼るのではなく、複数の業者に査定をしてもらい、査定額をじっくり比較してから依頼する会社を選ぶことが重要です。

戸建てやマンションの適正な売却価格を設定できる

売却相場を把握しておくことで、戸建てやマンションの適正な売り出し価格を設定することができます。不動産会社の査定額は各社様々です。中には、実態よりも高い査定額を提示して手数料を狙う会社も存在します。査定額が高いと売り手としても心が動かされやすいですが、実際根拠なく設定された高額な家は、その価格で売却につながるケースはほとんどありません。

結果、売れ残ってしまったり、大幅に値下げをしなければならない状況に陥ってしまう場合もあります。反対に、早期売却を狙って相場より安く設定してしまうと、本来売れる価格の差額分を損することになります。

髙すぎても安すぎても売り手には損になることが多く、正しい価格で売り出すことは大変重要と言えるでしょう。その為にも、自分で「家の売却相場を把握する」ことはとても大切なのです。

家の売却相場を決める2つの査定

不動産査定には、主に「机上査定」と「訪問査定」という2つの方法があります。机上査定と訪問査定では、査定額に大きく差が出ることも少なくありません。では、どのタイミングでどちらの査定方法が良いのか、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

机上査定

机上査定とは実際に物件を訪問するわけではなく、物件の概要データや類似物件の売出事例、不動産市場の状況などを加味して、おおよその査定額を算出する方法です。データのみで簡単に査定を行うことから「簡易査定」とも呼ばれています。

机上査定は、手早くおおよその売却額が知りたい方に適しています。急ぎではないが、いずれは売りたいと思っている方、売却予定がなくても自分が住んでいる家の価値を知りたい方におすすめです。訪問調査に比べて物件を細かく調べる必要がないため、査定にかかる時間も少なく気軽な気持ちで行えます。

訪問査定

訪問査定とは、言葉通り実際に物件を訪問して査定する方法です。机上査定のデータに加えて、不動産会社の担当者が現地を訪れ、土地の地形、形状、接道状況、日当たり、周辺環境、物件の使用状況、設備など、実際訪れてみたいと分からない状況、状態を直接確認し査定します。

机上査定では分からない情報を加味して査定するので、より適正な査定額が算出されます。具体的に売却を検討されている方は、こちらの訪問査定をおすすめします。

家の売却相場に影響する要因

不動産の査定額は、どのようなことを要因として価格が上下するのかご存知でしょうか?続いては、家の売却相場に影響する要因をチェックしていきましょう。査定額がどのようにして決まるのか、不動産会社が確認するポイントをまとめました。

要因①築年数

戸建て・マンションとも、築年数が経過するにつれて売却価格は低下します。法定耐用年数では、戸建てが22年、マンションが47年となっており、両者を比較すると倍以上の差があることが分かります。マンションよりも戸建ての方が物件価値の低下が早いので、戸建てを売却したい場合、より早くから検討する必要があります。

相場の下落速度からみれば、建築直後から10年未満が最も速いです。たとえ築年数が浅くても、一度でも人が住んだ物件は中古として扱われます。10年未満で売却を考えている場合は、できるだけ早めの行動をおすすめします。

10年目以降も下落し続けますが、10年~20年未満はやや緩やかになり、20年目以降はゆっくりと下降していきます。

要因②立地条件

立地条件は、不動産の価値を大きく左右する要因のひとつです。交通や買い物、学校など、生活の利便性が高い立地は査定額にも良い影響をもたらします。不動産会社がチェックする主な立地条件は以下のような事項が挙げられます。

  • 公共交通機関(駅・バス停など)までの距離
  • 公共施設(市役所・区役所・学校など)までの距離
  • 金融機関(銀行・郵便局など)までの距離
  • 買い物の利便性(スーパー・コンビニ)
  • 周辺の治安状況
  • 自然が多く閑静な住環境

要因③物件の状態

物件の状態も査定額に大きく影響します。当然ながら、キレイな状態ほど査定額は高くなります。劣化が酷く、フルリフォームが必要な場合、その分差し引かれることになり査定額が低くなってしまいます。自分で業者に依頼してフルリフォームをする方法もありますが、数百万円も費用がかかり売却価格に反映されず損をしてしまうことも少なくありません。

家を購入した際は、いずれ売却することも視野に入れ日頃から大切に扱うことで、将来の査定額が大きく変わります。物件の状態は、その他設備や間取り、日当たりなども要因になります。不動産会社がチェックする主な物件条件は下記のような事項が挙げられます。

  • 家の外観状況(屋根・外壁など)
  • 家の内装状況(傷み・汚れなど)
  • 設備(空調・収納・防犯システムなど)
  • エネルギー供給元(ガス・オール電化など)
  • 間取り・生活導線
  • 日当たり・風通し
  • 窓からの眺望
  • 駐車場
  • 管理状況※マンションのみ

家の売却相場を調べる簡単な方法

家の売却相場を知りたくても、自分で1件1件不動産会社に確認するのは大変です。初めての方でも、気軽に早く簡単にできる売却相場の調べ方があります。不動産会社が訪問することもなく、自宅にいながらできるので、是非活用してみて下さい。

Webサイトの一括査定を利用する

適正な売却相場を知るには、複数の不動産会社に査定をしてもらうことがポイントです。しかし、各不動産会社のHPから情報を入力したり、問い合わせたりするのは時間と労力がかかってしまいます。そこでおすすめなのがWebサイトの「不動産一括査定」を利用することです。

不動産一括査定とは、自宅にいながら不動産の簡単な情報を入力するだけで、複数の業者に繋げてくれる大変便利なサイトです。先に解説した通り、不動産会社の査定方法には「机上査定」と「訪問査定」がありますが、一括査定サイトでは「机上査定」で、複数の不動産業者からおおまかな査定額を提示してもらうことができます。

一括査定を行うメリット

一括査定を行うメリットは、何といっても手間が省けることです。不動産に査定を依頼する場合、会社のHPにアクセスし、以下のような物件情報を入力する必要があります。

  • 土地面積(※戸建ての場合)
  • 建物面積(※マンションの場合は占有面積)
  • 住所
  • 築年数
  • 構造

複数の業者に依頼する場合、これらを何回も入力する必要があります。一括査定サイトを利用すれば、一回の入力で一度に複数の業者へ査定依頼ができます。

しかもサイトの運営会社は、提携する不動産会社から手数料をもらっている為、利用者は完全無料で利用することができます。不動産会社からすれば、一括査定サイトで名前を知ってもらえる良いきっかけになるので、大手から地元企業まで多くの業者が登録しています。複数の査定結果を比較することで、その物件の適正価格・売却相場を知ることができるでしょう。

家の売却相場を調べるおすすめサイト

では、気になる売りたい物件の適正価格はどのくらいになるのでしょうか。家の売却相場を調べる際におすすめな、5つのサイトをご紹介します。家を売りたい方はもちろん、売る予定がない方でも、資産価値を把握する意味で是非利用してみて下さい。

レインズ・マーケット・インフォメーション

『レインズ・マーケット・インフォメーション』は、指定流通機構(REINS)が管理する、具体的な不動産取引価格情報を提供しているサイトです。REINSとは「不動産流通標準情報システム」のことで、いわば業者間ネットワークであり、不動産会社はこのレインズを通して物件情報を共有します。

不動産の売却を任された不動産業者は、このREINSに登録することが義務付けられています。売買が成立すると成約価格の報告・登録も必要なので、常に最新のデータベースの元に売却事例を確認できます。他サイトよりも情報の更新頻度が高く、細かく情報を絞り込めるので、より正確に相場を知りたい方におすすめです。
レインズ・マーケット・インフォメーションの公式HPはこちら

HowMa

『HowMA』は、今話題のAIによる無料不動産査定サービスです。匿名入力で時間も費用もかからず、AIが算出した査定価格を一瞬で知ることができます。

人工知能による自動査定のため、よくこのようなサイトでありがちな営業電話は一切かかってきません。また、査定だけでなく複数のおすすめ不動産会社に一括で売却を依頼することも可能です。価格だけ知りたい時に使えるので、自分の家の資産価値を知りたい方にもおすすめです。

HowMaの公式HPはこちら

HOME`s

HOME`s』は株式会社LIFULLが運営する、不動産・住宅情報の総合サービスです。全国に対応し、エリアごとの中古マンション・中古一戸建て・新築・土地の価格相場を調べることができます。

価格、建物面積、間取りなど、条件を絞って検索でき、かつ外観・内装の写真を見れるので、自分の家に近い状態の物件と比較することができます。適正な売り出し価格をの相場を知りたい方におすすめです。

HOME`sの公式HPはこちら

すまいステップ

査定を複数社に依頼する際に便利なのが「不動産一括査定サイト」です。査定サイトはたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが『すまいステップ』です。厳しい審査を通過した優良不動産会社のみを完全無料で紹介する一括査定サービスで、最大4社まで一括査定を依頼し比較することができます。

すまいステップの公式HPはこちら

土地総合情報システム

『土地総合情報システム』は2006年4月から制度化された「不動産の取引価格情報提供制度」に基づき、国土交通省が運営している不動産の取引情報サイトです。

不動産取引価格情報検索で、土地・建物・中古マンション・農地・林地の取引相場を確認することができます。実際に売買された価格情報なので、駅距離や築年数、面積等を絞れば、自分の物件に近い相場を把握することができます。

土地総合情報システムの公式HPはこちら

家の売却相場を調べる際の注意点

最後は、家の売却相場を調べる際の注意点をご紹介します。大切にしてきた家を売るにあたっては、査定額や各社の対応から、信頼できる不動産会社を選びたいものです。以下の注意点に気を付けながら売却相場を調べましょう。

注意点①物件情報サイトの価格は売れた価格ではない

物件情報サイトの価格は、実際に売れた金額ではないので注意しましょう。掲載されている価格は、あくまでも売主側の希望価格であり、実際に売れた金額はそれよりも低いことが多いです。

成約価格情報が知りたい場合は、成約価格の報告・登録が必要な『レインズ・マーケット・インフォメーション』や、国土交通省が運営する『土地総合情報システム』を利用をおすすめします。

注意点②机上査定は「参考価格」

「机上査定」は物件を訪問するわけでもなく、データのみで簡単に行う簡易査定です。実際は、物件の状態や市場によって変わってくるので、机上査定の価格は、あくまでも参考程度に留めておきましょう。具体的な価格を知りたい場合は、「訪問査定」を依頼して下さい。

注意点③訪問査定は複数社に依頼する

正確に自分の家がいくらで売れる把握する為には、不動産会社から訪問査定を受ける必要があります。訪問査定においても、1社に頼らず複数の業者に依頼することが重要です。1社でしか査定しないと、その不動産業者の査定額が適正かどうか分かりません。

また、査定結果は各業者でバラつきがあり、数百万円もの差が出ることもあります。安い価格・高い価格を鵜呑みにせず、じっくりと査定結果を比較し、最適な業者を見極めましょう。

家の相場を把握して売却しよう

家の適正な相場を知ることは、売却の流れの中でいちばん最初にすべきことです。家を売りたいと思ったら、まず気軽に不動産一括査定サイトを活用してみましょう。各社比較することで、おおよその相場が分かるはずです。具体的に売却が決まったら、複数社に訪問査定を依頼して下さい。信頼できる業者にを選び、満足できる売却を実現させましょう!

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。