記事作成日:

家を定適正な査定で売るために確認する事・注意する事とは?

自宅を売却するとなった時に、少しでも高い値段で引き取ってもらいたいというのが本音のはずです。そこでここでは、家を適正価格で売却するために確認しておきたいポイントや、注意する点について詳しくまとめています。

せっかく売却するのに損をしていては勿体ないです。気持ちよく売却するためにも、是非参考にしてみて下さい。

家の査定や売却の流れは?

ここでは家の査定や、売却する流れについて細かく解説してまいります。まず初めに実行するのは、「不動産会社にて家の査定を行うこと」です。ここで注意しておきたいのは、査定依頼を出す時は1社に絞るのではなく、必ず複数社に依頼を出すようにして下さい。

当然不動産会社によって査定額に差があるので、そこから適正価格を見出すことができるようになります。そしてある程度絞ったら、実際に自宅に査定に来てもらう日時を決めましょう。その後、現地調査の流れになります。

土地や家の状態をチェックしてもらいながら、不動産会社から質問されることにすべて答えるようにして下さい。査定額に影響する可能性もあるので、嘘偽りなくすべてに答えるようにしましょう。スムーズに売却するためにも、事前に「登記簿謄本」や「売買契約書」を用意しておくと便利です。

これが家の査定額を調べてもらう流れとなります。最後に査定額が出たらなぜこの金額になったのかをしっかり確認して、家の査定額の調査は終了となります。

家を査定してもらう前に準備すべきこと

家を査定してもらうにあたって、事前に準備しておくことで査定の流れがより、スムーズになる方法をご紹介いたします。6つのポイントを押さえておくだけで随分とラクになるので、是非参考にしてみて下さい。

①必要な書類を準備する

家を売却する時はいくつもの書類が必要になるので、できれば家の設計図や土地の実測図を準備しておくと査定がスムーズに行われるのでおすすめです。もし設計図や実測図がない場合は事前に不動産側にそのことを伝えておくようにして下さい。

②相場を確認しておく

事前に相場価格を調べておくのも非常に重要と言えます。査定額が出されてもその金額が正しいとは判断しかねる上に、損をする可能性があるので何も調べない状態で査定を依頼するのはおすすめできません。

相場価格を調べる基準としては、売却したい家やマンションと似たような条件の物件の売却金額を調べておくと参考になりやすいです。ちなみに調べる時は過去の相場価格、そして現在の相場価格を調べておくと、更に比較しやすくなるのでおすすめです。

③住宅ローンの残高の確認

もし仮に売却する住宅にローン返済が残っている場合は、必ず査定前にローン残高を確認するようにして下さい。売却価格で残りのローン返済ができるかどうかが重要になってくるので、必須条件となります。家の抵当権を抹消しないといけないので、ローン返済が残るようであれば売却することはできません。

④売却額や時期の目安を考えておく

売却する時の時期や売却希望額はある程度決めておく方がスムーズです。ちなみに売却販売期間は約3ヵ月、そして家を引き渡すまで約1ヶ月と、最低でも4ヵ月は必要だということを念頭において下さい。

すぐ売却したいとなってもすぐには売却できないこともあるので、時期を決めておくのは重要ポイントと言えるでしょう。そして理想の売却金額は頭の中でしっかり固めておいて下さい。特にローン返済が残っている場合は、最低でも残りのローン返済額を上回る金額で売却する必要があります。

⑤アピールできるポイントの確認

売却金額を1円でも多くするためにも、売却する家の良いところは必ず伝えるようにして下さい。積極的にアピールすることで、売却金額がUPする可能性があります。特に間取り・築年数・面積・周辺の環境の良さなどは大きなアピールポイントとなります。他にも家事動線の素晴らしさや使い勝手の良さ、住宅性能の良さもアピールとして重要です。

⑥マイナスポイントの確認

例えば雨漏りや騒音などはマイナスポイントとなって査定額に影響してしまう可能性がありますが、正しい情報を伝えないことで後からトラブルになり、最悪の場合は契約不適合責任として訴えられる可能性もあるので注意して下さい。

修理費用や賠償金を請求されることも十分ありますので、査定の際に聞かれることは嘘偽りなくすべて正直に申告するようにしましょう。自分にプラスにするつもりが、最終的には大きなマイナスになってしまいます。大きなトラブルに発展しないためにも、マイナスポイントは最初に伝える必要があります。

家の査定を依頼する際の注意点

ここでは家の査定を行う前に、十分に注意しておきたい項目についてご紹介いたします。トラブルを回避するためにも、事前にしっかり把握しておくようにしましょう。

注意点①片付けや掃除は必要ない

家の中が散らかっているからと言って査定額が下がるわけではないので安心して下さい。査定額は土地や住宅の価値から見出すものなので、掃除は関係ありません。ただし現場調査の時は家の中を見てもらうことになるので、ある程度の片づけは必要になります。

特に内覧に来られる一般の方は家が汚いだけで購入する意欲がなくなることもあるので、そこは注意をしましょう。

注意点②複数の会社に査定依頼する

1社だけに査定依頼を出しても、その金額が相場なのかどうかはまったく分からない状況です。同じ条件でも不動産によっては高い金額が出たり、安い金額が出たりするので、査定依頼を出す時は1社だけにするのではなく、複数の不動産会社に依頼するようにしましょう。

複数の不動産会社の査定額を見比べることで適正価格が分かりやすくなるので、失敗しないためにも1社だけに査定依頼するのは止めて下さい。

注意点③査定額の信憑性を確認

査定額が正式に出されたら、その価格になった根拠を細かく聞くようにして下さい。査定結果をまとめた書類が渡されるので、その書類を元に話を聞いてみることをおすすめします。査定額が高いから安心するのは危険です。

相場よりも高い査定額が出た場合はまず疑って、しっかりとした根拠を聞いてから売却するようにしましょう。

注意点④営業電話に要注意

最近はネットからでも一括査定を依頼することができるのですが、中にはしつこく営業電話をかけてくる不動産会社がいるのも事実です。不動産会社もノルマや実績を欲するあまり、何度も電話をかけてくるパターンも確かにあります。

そういう場合は電話に出なくても大丈夫なので、拒否をしておいて問題ありません。対策方法としては、もし査定一括サービスを利用する時は、信頼度の高いサイトのものを使用することをおすすめします。

家を高額査定してもらうためのコツ

ここでは高額査定にするためのポイントやコツをご紹介いたします。何も知らずに査定調査してもらうのは勿体ないので、自分でできることはすべてやりつくしましょう。

アピールポイントは必ず伝える

住宅のアピールポイントになることはどんな些細なことでも良いので、すべて伝えるようにして下さい。特に耐震工事が施工されている住宅は、非常に大きなアピールポイントとなります。

他にも建物状況調査報告書、建設住宅性能評価書、住宅耐震改修証明書の写し、固定資産税減額証明書の写しなども査定額UPの条件と言えます。少しでも高い金額を出してもらうためにも、アピールできるところはどんどんアピールするようにしましょう。

信頼できる業者を選ぶ

住宅を売却する時は、必ず信頼できる会社を選ぶようにして下さい。信頼できる会社の基準としては、こまめに連絡をくれる営業担当者がいること、コミュニケーションがうまくとれること、分かりやすく説明をしてくれること、中古物件の販売実績が多いことが挙げられます。

すべて揃っていないといけないというわけではありませんが、1つの基準として参考にしてみて下さい。優良な不動産会社を選ぶことができれば、高額査定も夢ではないかもしれません。

きちんと準備して家を高額査定してもらおう

住宅を高額査定してもらうためには、自分でもできる事前の準備がかなり重要なポイントとなります。ほんの少しの手間で査定額は大きく変わってくるので、できることはすべて実行しましょう。そして住宅のアピールできるところはすべて伝えることが大切です。

また、マイナスポイントを伝えることも忘れないで下さい。後からトラブルになってしまうと余計な金額が発生するだけではなく、時間も体力も奪われます。ベストな状態で住宅を売却するためにも、良いところはしっかり伝えて、悪いところもしっかり伝えるのが大切なことに繋がります。

こだわりのマイホームを売却する方、古くなってしまった住宅を売却する方、引っ越しのために売却することになった方など、売却する方にはたくさんの理由があります。売却する側、買い取る側どちらもお互い良い方向になるためにも、事前にチェックできることはしっかりチェックしておくようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。