どんな部屋が引き戸に向いてる?メリット・デメリットを徹底解説!

引用:pixabay

どんな部屋が引き戸に向いてる?メリット・デメリットを徹底解説!

リフォームをするにあたり、ドアをやめて引き戸にしたい、もしくは購入予定の家に引き戸があり、そのメリットやデメリットを知りたいという方もいるでしょう。引き戸にはどんなメリットとデメリットがあるのか、どんな部屋が引き戸に向いているのか、などについて今回は詳しく説明していきます。参考にしてみて下さい。

引き戸を設置するメリット

リフォームを考えた時、ドアを引き戸にするか悩むこともあります。実は引き戸には色々なメリットがあるのです。ここでは引き戸を設置するメリットについて解説していきます。

開閉スペースがいらない

ドアを設置すると、ドアを開け閉めすることを考え、その前後にスペースが必要です。この空間には物が置けないので一種のデッドスペースとなってしまいます。しかしドアでなく引き戸にすると前後への開閉スペースが不要なので、居住空間を最大限に利用することができるのです。

あまり広くない部屋こそ、ドアの開閉スペースを節約する意味でも引き戸にするのがおすすめです。引き戸にして、無駄なく空間を使ってみましょう。

扉を好きな幅で開けておくことができる

部屋の換気をする時、ドアを開けっぱなしにして室内に風を通したいということもあります。しかし普通のドアだと、風の勢いでドアが閉まってしまい好きな幅に開けておくのは難しいでしょう。その度にドアストッパーで調節するのも面倒です。

引き戸であれば、戸が風で閉るということもないですし、好きな幅で開けっ放しにしておくことが可能です。引き戸をすべて開ければ、隣接した部屋と一体感も生まれ、部屋がより広く感じるという効果もあります。隣の部屋で子どもが昼寝をしている時は、引き戸を少しだけすかして様子を見ることも可能です。ドアの開閉音で子どもが目を覚ます事態も避けられます

高齢者や身体の不自由な方でも使いやすい

病院に行くと、病室の戸が引き戸が多いのに気が付いた方もいるでしょう。バリアフリーを取り入れている施設も、そのほとんどが引き戸仕様になっています。引き戸は高齢者や体の不自由な方でも使いやすいというメリットがあります。

前後に開閉するドアの場合、自分のいる側にドアが向かってくると、その分のスペースを開けるために一歩下がって立たなければなりません。しかし引き戸であれば、戸のどちらに立っても戸を横にスライドさせるだけで開閉できるので、一歩下がる必要がないのです。

さらに車椅子の方にとっては引き戸の方が出入りがしやすいという点にも注目です。今は車いすを使っていないけれど、両親が高齢で将来的に車椅子を使う可能性があるといった場合は、引き戸を選ぶと後々安心でしょう。

引き戸を設置するデメリット

一見引き戸にはメリットしかないように思われるかもしれませんが、もちろんデメリットも存在します。ここではそのデメリットについて確認していきましょう。メリットとデメリットを見比べて、どちらが自分たちのニーズに合っているのか、冷静に判断するようにして下さい。

気密性と遮音性がドアより低い

引き戸はドアに比べると気密性と遮音性が低いという欠点があります。部屋で音楽を演奏するのに遮音性の高い部屋が必要、もしくはリビングでのテレビの音が隣室に漏れるのを防ぎたいといった場合には引き戸は向いていないかもしれません。

また、部屋の扉を閉めてエアコンの効きを良くしたいといった場合にも、気密性に優れているドアを選ぶ方が賢明でしょう。しかし湿気がこもりやすいバスルームなどは、気密性の高いドアよりも引き戸の方が程よく湿度が逃げ換気ができるというメリットがあります。

このように気密性と遮音性に注目して、場所によってドアと引き戸を使い分けてみるのも名案です。

戸を引き込むスペースの壁が使えない

引き戸を設置するには、サイドのどちらかに引き戸を引き込むためのスペースが必要になってきます。引き込むために十分なスペースがないと、引き戸の設置は難しいのでリフォーム時には注意しましょう。

また、引き戸を引き込むスペースとなる壁にはコンセントや電気のスイッチなどを設置することができません。コンセントや電気のスイッチをどこに設置するのかについても、合わせて検討するようにしましょう。引き戸のサイズが大きいと、その分使えない壁の面積が広くなるということになります。

引き戸に向いている部屋とは

引き戸に向いている部屋とはどんな部屋なのか、ここでご説明します。ドアにすると、ドアの前後に開閉スペースが足りない部屋は引き戸にするとスムーズに収まります。たとえば廊下が狭く細い場合は、部屋のドアを開閉するたびに廊下側にいる人が気を付けなければならないので、引き戸の方が安全です。

また、リビングに部屋が直結している場合は、その部屋のドアを引き戸にすると、開けた時に開放感が生まれ、リビングが広く感じます。

たとえば集合住宅でリビングに和室が隣接している間取りの場合、和室のふすまを開けっぱなしにすることにより、よりリビングが広く感じます。

間取りによっては、ドアが近接しており両方同時に開けるとドア同士が接触することもあります、この場合はどちらかのドアを引き戸にすることにより、ドア同士が接触するというトラブルを防ぐことが可能です。

家族が頻繁に出入りする部屋にも引き戸を設置すると便利です。ドアの場合、常にドアの前に誰かが立っていないか注意する必要がありますが、引き戸であれば戸を開け閉めしても開けたドアが相手にぶつかるということがありません。

また、小さな子どもがいる場合、子ども部屋は引き戸の方が中の様子が伺いやすく、少し戸を開けておけば子どもが部屋で孤立することもありません。引き戸によってはゆっくりとスライドするものもあるので、子どもが指を挟んでけがをするというトラブルも減らすことができます。

引き戸の種類

引き戸には色々な種類があります。ここで引き戸の種類についてご紹介するので確認してみて下さい。ライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

種類①片引き戸

片引き戸とは、戸を左右のどちらかに引き込むタイプの引き戸のことを指します。引き戸は1枚タイプ、2~3枚タイプとあり、戸を収納するための壁スペースが必要です。壁側にこのスペースがない場合は、片引き戸が設置できないこともあります。

種類②引き込み戸

引き込み戸は、戸を完全に壁の中に引き込んでしまうタイプの引き戸のことを指します。一度戸を開ききると、まるで隣りの部屋と繋がっているかのようになるので、扉が見えず視界がすっきりするのが利点です。しかしその反面、戸を収納している部分の掃除がしにくいという欠点もあります。

種類③引き違い戸

引き違い戸は、戸を左右どちらにも動かせるタイプの引き戸です。代表的なのが押し入れのふすまです。その時のニーズに合わせて左右どちらかに寄せられるので便利です。

種類④引分け戸

引き分け戸は、戸が2枚になっている引き戸で、2枚の戸を両側に水平に動かして開けることができます。これらのタイプは、廊下で使うのであれば大きな支障はありませんが、部屋側にレールを設置する場合、壁側に戸の収納スペースが必要になるので、壁側に十分なスペースがあるのか確認することが大切です。

3つの設置方法

引き戸は3つの設置方法があります。ここでその設置方法についてご紹介するので参考にしてみて下さい。部屋のタイプに合った設置方法を検討してみましょう。

レール(敷居)タイプ

引き戸の中で一番一般的なのがこのレールタイプです。戸を設置する位置の上部と下部にレールを設置して、そこに引き戸をはめ込みます。レール部分にホコリなどが溜まっても比較的掃除しやすいので安心です。

上吊りタイプ

上吊りタイプは、引き戸を上からつるして設置する様式です。下部にレールを設置しなくてよいので、上を歩いても躓きにくく、幼児や高齢者がいる家庭におすすめです。車椅子を使う場合も、レールに車輪が引っ掛からないので、この上吊りタイプにするのがよいでしょう。

アウトセットタイプ

モダンなインテリアとの相性も抜群なのがアウトセットタイプです。引き戸のレールや金具が見えるのを極力減らしたいという方におすすめです。アウトセットとは、壁の外側に戸があり、そこで開閉する吊り戸を指します。壁の中にはめ込むのではなく、壁の外側に設置するので壁を壊さずに後付けが可能です。

リフォームなどで後から引き戸を設置するときは、一度ドア横の壁を壊してから引戸の枠を付ける必要があります。そのため、リフォーム代もかさみがちです。しかし、アウトセットタイプの引き戸にすると、専用の金物を使えば、元からある壁や枠を利用して吊り戸式の引き戸が付けられるので便利ですし、大掛かりなリフォームが必要なくなります。

ライフスタイルにあわせて引き戸を取り付けよう

今回は引き戸についてご紹介しましたが、いかがでしたか。引き戸の特徴やメリットデメリットをしっかりと把握し、リフォームや購入の際の参考にしてみて下さい。引き戸とドアを部屋のニーズに合わせて併用すれば、暮らしもより快適になることでしょう。家族のニーズを考慮しながら、ライフスタイルに合った戸を選んでみて下さい。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。