引用:Amazon

記事作成日:

アスファルトシングルとは?屋根塗装の知識を徹底解説!

マイホームを建てるにあたり、アスファルトシングルについて知りたいと調べている方もいるかもしれません。屋根材の一つであるアスファルトシングルは海外ではとてもポピュラーな屋根材の一つです。そこで今回は、このアスファルトシングルの特徴やメリットとデメリット、メンテナンス方法や塗装方法などについてお話しします。

アスファルトシングルとは

アスファルトシングルとはなにか、いまいちイメージがつかめない方もいるかもしれません。ここではアスファルトシングルについてご説明します。アスファルトシングルについて正しい知識を身に付け、マイホームに取り入れてみましょう。

北米で開発された屋根材

アスファルトシングルは、今から100年以上前に北アメリカで開発された素材で、カナダやアメリカでは一般的な屋根材として普及しています。アメリカの80%以上の住宅で使われているとも言われています。

アスファルトシングルはその名の通りアスファルトを主な原料としており、アスファルトにガラス繊維、つまりグラスファイバーの基材に含ませてからコーティングを施し、砂粒で表面を着色して作るという方法が主流で、別名「シングル」と呼ばれることもあります。

名前が似ているものに「アスファルトルーフィング」がありますが、「ルーフィング」は下葺き材に使われる防水シートを指しているので、アスファルトシングルとは別のものになります。混同しないように注意しましょう。

アスファルトシングルの特徴

アスファルトシングルの特徴についても知っておきましょう。アスファルトシングルの大きな特徴としては、カバー工法によるリフォームが可能という点が挙げられます。

たとえば新築住宅で最も使われている屋根の一つであるコロニアルの上に、アスファルトシングルを被せて施工することが可能です。また、アスファルトシングルの上に新たなアスファルトシングルを張ることもできますし、アスファルトシングルの上に金属製の屋根を被せる施工も可能です。

アスファルトシングルの上に耐久性の高いガルバリウム鋼板屋根を被せることもできます。このように、アスファルトシングルは、新築の家はもちろんリフォームの際にも検討しやすい屋根材の一つとなっています。

アスファルトシングルのメリットとデメリット

リフォーム時にも便利なアスファルトシングルですが、ここでそのメリットとデメリットについて確認してみましょう。メリットとデメリットについての知識を正しく得て、マイホームを建てる時やリフォーム時に採用するかどうかの判断に役立ててみて下さい。

アスファルトシングルのメリット

アスファルトシングルのメリットは主に三つ挙げられます。まず、最初のメリットとしては、アスファルトシングルにはさまざまなカラーバリエーションがあるので、好きな色やデザインを楽しめるということが挙げられます。

デザイン性にこだわりたい方にはぴったりの屋根材です。外から見た時に屋根の素材やデザインによってその家の印象も左右されるので、お気に入りのものを選びたいものです。

二つ目のメリットとしては、耐震面での安全性です。日本は地震が多いので、あまり重たい屋根材を使うと地震の際に頭の上から崩れ落ちてきて危険です。その点、アスファルトシングルは軽量タイプの屋根材となるので、耐震面でも安心です。

三つ目のメリットとしては、複雑な形状の屋根にも加工しやすいという点が挙げられます。アスファルトシングルは軽くて柔らかいシート状の素材なので、どんな形の屋根にも合わせやすいという魅力があります。

アスファルトシングルのデメリット

メリットが多いアスファルトシングルですが、もちろんデメリットも存在します。デメリットは主に三つあるので、ここでチェックしてみましょう。

まず最初のデメリットとしては小石がぱらぱらと落ちてくることがある点です。アスファルトシングルの表面には小さな石がコーティングされていますが、経年劣化と共に接着力が弱まり落ちてくることがあります。直接ケガに繋がらなくとも、小石が剥がれてきていると感じたら、再度塗装し直す必要があります。

二つ目のデメリットとしては、強風に弱い点が考えられます。アスファルトシングルは軽い屋根材なので、強い風で飛ばされるケースもあります。台風の後など剥がれていないか、飛ばされていないかよくチェックするようにしましょう。

三つ目のデメリットとしてはカビが生えやすいことが考えられます。湿気に弱いのでカビが生えやすく、カビにより劣化する可能性があります。カビが目立つと外観の美しさも損ないますし、雨漏りの原因にもなりかねないので注意して下さい。

アスファルトシングルのメンテナンス方法

アスファルトシングルは定期的にメンテナンスをすることにより、より長く使うことができます。ここでは具体的にメンテナンスの方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

方法①葺き替え

アスファルトシングルの表面だけでなく下地まで傷んでいる場合は、屋根の全面を新しくする葺き替えを行うようにしましょう。葺き替えは、すでに設置してある屋根材をすべて撤去し、新しいアスファルトシングルを設置することになります。費用としては、1平方メートルにつき6,800円程度かかります。

チェックした時に下地まで劣化していなくても、アスファルトシングルの一般的な耐用年数である10~30年が経過する前には葺き替えを考えるようにして下さい。完全に劣化する前に替えた方が、トラブルが少なくて済みます。

方法②カバー工法

下地に特に大きな劣化が見られない場合は、すでに施行してある屋根材の上から新しいアスファルトシングルをのせるるという、カバー工法でケアすることが可能です。カバー工法の場合、既存の屋根材の撤去が必要なくそのまま使えるので、葺き替えをするよりも費用が安くなり、費用としては、1平方メートルにつき5,000円程度になります。

アスファルトシングルの状態を見ながら、葺き替えにするか、カバー工法にするか、よく検討するようにしましょう。

方法③塗装

アスファルトシングルは10年に1度を目安に屋根塗装のメンテナンスが必須です。アスファルトシングル屋根の塗装工事は、広さ25〜35坪の住宅において標準的なシリコン塗料を使用した場合、30〜40万円程度かかります。

塗装工事の費用は使用する塗料や面積によっても価格が変動するので、最初にしっかりと見積もりを立ててもらうようにしましょう。施工不良によるトラブルが起きないよう、きちんとした業者を選ぶように心がけて下さい。業者を選ぶ時は、ネットの口コミなどを参考にして決めるのも一案です。

アスファルトシングルの屋根塗装

ここでアスファルトシングルの屋根塗装の実際の手順や注意点などについて解説します。参考にしてみて下さい。

塗装手順

まず、塗装手順ですが、高圧洗浄、下地処理、下塗り、上塗り(2回)の段階に分けられます。最初に高圧洗浄により、アスファルトシングルに付着した汚れやコケなどを取り除きます。アスファルトシングルを傷めないように慎重な作業が必要です。

次にすでに施行されているアスファルトシングルが傷んでいないかよくチェックし、必要であれば補修作業を行います。この下地処理を怠ると、上に塗装しても工事後に再度補修が必要になるので、綿密に行います。

次に塗料と屋根材がしっかりと密着するよう、下塗りをします。下塗りをきちんとすることにより、上塗りした塗料がしっかりとつき、仕上がりが美しくなります。

最後に上塗りを2回します。この時必ず水性の塗料を使用します。間違えて油性の塗料を使わないようにしましょう。

注意点

ここでアスファルトシングルの塗装についての注意点を確認します。アスファルトシングルの屋根塗装は日本ではまだ他の屋根材よりも全体的に実績が少ないため、慣れていない職人がすると失敗することもあるので、依頼者もしっかりと注意点を知っておく必要があります。

まず最初に注意点は、必ず水性の塗料を使用し、油性の塗料は使わないという点です。油性の塗料を使うとアスファルトが溶けだす、ブリード現象というのが起きてしまいます。業者に依頼する時にこの点はしっかりと確認した方が無難です。

二つ目の注意点はツヤ消し塗料を使うことです。一般的にほかの屋根材だとツヤのある塗料を使うことが多いのですが、アスファルトシングルの場合、ツヤ入りの塗料を使うと、屋根が塗料を吸収してしまい、仕上がりにムラが出てきます。きれいに仕上げるためにも、必ずツヤ消しの塗料を使うようにしましょう。

塗装(下塗り)のようすを動画で見てみよう

ここで実際の塗装、下塗りの段階のようすを動画でご紹介します。実際の工程を目で確認しておくと、業者に依頼しやすくなりますし、イメージがわきやすいので注文もしやすくなるでしょう。

アスファルトシングルはメンテナンスが重要

今回はアスファルトシングルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?アスファルトシングルは軽量な上に加工がしやすいので、おしゃれな屋根にしたい、デザイン性が欲しいといった方にもぴったりの屋根材です。

定期的なメンテナンスが必要なものの、メリットが多い素材なので、今回の記事を参考にして、自宅の屋根にアスファルトシングルを取り入れてみましょう。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
マツダ
これまで25カ国以上を歴訪した経験があり、日仏英語が堪能なフリーライター。現在は、整理収納アドバイザーとして活躍するかたわら、育児やDIY、芸能関係など幅広い分野で執筆活動を行っている。趣味は読書とDIY。