LEDランタンを防災用に備えておきたい!普段も使えるアイテム15選!

引用:Amazon

非常時に備えて明かりを確保するなら、LEDランタンが最適です。

でも多くのメーカーからたくさんラインナップされているので、選ぶのも一苦労ですよね。

  • 自分の用途にあった最適なLEDランタンを選びたい
  • そもそもどんな基準で選んだらいいの?
  • 普段でも使えるおしゃれなものとかある?

LEDランタンを購入しようと思った際、このような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「非常時に備えるLEDランタンの選び方とおすすめ機種」についてまとめました。

明るさを求めるものから、デザイン性が高いものまで厳選しました。ランタン選びにお悩みの際は、記事を見るだけで解決しますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

LEDランタンを防災用に選ぶ際の注意点!形状や明るさ・使用時間について

引用:Amazon

ランタンは方式によって、3種類に分けられます。

  • LEDランタン
  • ガスランタン
  • ガソリン(灯油)ランタン

中でもLEDランタンは火事や一酸化炭素(CO)中毒の心配がないため、室内でも安心して使用できます。

省電力な光源を使用しているため長時間の使用ができ、かんたんに扱える点も魅力です。

ご自宅にLEDランタンがあると、以下のようなシーンで活躍します。

  • 非常時の防災用ライト
  • 夜間の簡易照明
  • アウトドア(屋内外を問わず)

使用目的に合わせて置き場所を決めておくと、いざというときにも探さずすぐ使えます。

非常用バッグの近くや廊下、寝室にあると分かりやすくて良いでしょう。

LEDランタンは使用目的によって優先する機能が違うので、知っておくと便利なポイントをご紹介します。

LEDランタンは指向性が低い点に注意

ランタンタイプの光源は広い範囲を明るく照らしてくれる反面、一方向への光量が弱いです。

そのため手元用の光源には向いていません。

細かい作業をする際には、ハンディライトもあると便利です。

ハンディライトも詳しく見てみたい方は、下記記事を参考にしてください。

ハンディライトは明るすぎると手元が反射して見づらくなるので、光量が強すぎないか確認しましょう。

ランタンに使用されている電源タイプの選び方~乾電池式

LEDランタンは、電源のタイプで「乾電池式」と「充電式」に分けられます。

乾電池式は、予備の乾電池があれば交換するだけで長い時間使えます。

日頃から必要なサイズの乾電池をストックしておくと、いつでも使えて安心です。

乾電池には使用推奨の期限があるので、ローリングストックをおすすめします。

※ローリングストックとは日常で使う乾電池を少し多めに備え、使った分だけ補充していくストック方法です。

予備の乾電池も持ち歩くと荷物が重たくなるため、乾電池式を使う場合は重量も検討しましょう。

ランタンに使用されている電源タイプの選び方~充電式

充電式は、以下の4種類が一般的です。

  • コンセント充電式
  • USB充電式
  • ソーラー充電式
  • 手巻き充電式

中には電源が1種類の製品だけではなく、複数の電源に対応した複合型の製品も。

リチウムイオン充電池を使う製品はバッテリー容量が多く、使用時間が長くなるので充電池のストックを減らせます。

しかし停電時に使い切ってしまうと再充電ができないため、防災用のストックは必須です。

コンセント・USB充電式はモバイルバッテリー機能つきで、スマートフォンの充電ができる製品も多め。

主電源に繋いで充電しておけば、いつでも手軽に使えます。

停電時には再充電ができないので、定期的に充電残量を確認しておきましょう。

ソーラー充電式は天気によって充電量が左右します。しかし晴れていれば、電気のないところでも充電可能です。

手巻き充電式は手で回して充電するので、体力を消耗します。ソーラー充電式と違い、いつでもどこでも充電可能です。

手巻き・ソーラー充電式は、持ち歩き用のサブランタンとして使えばとても心強いです。

明るさの基準や見方について

LEDランタンの明るさは、「ルーメン(lm)」という単位で表示されています。

「ルーメン(lm)」が大きいほど明るくなるので、明るさを求めるときは一番に確認すべき項目です。

ちなみに白熱電球で使われる「ワット(W)」とLED電球の「ルーメン(lm)」には、以下の違いがあります。

  • 「ワット(W)」は消費電力を示す単位
  • 「ルーメン(lm)」は明るさを示す単位

白熱電球とLED電球では消費電力や光の広がり方が違うため、明るさの統一ができません。そのため違う単位を用いているのです。

日本照明工業会ガイドには、白熱電球とLED電球の代替表示が記載されています。

20ワット相当 170ルーメン以上
30ワット相当 325ルーメン以上
40ワット相当 485ルーメン以上
60ワット相当 810ルーメン以上
80ワット相当 1160ルーメン以上
100ワット相当 1520ルーメン以上

アウトドアのメインランタンとして大人数で使う場合は、1000ルーメン以上あれば明るくて快適です。

しかし少人数のアウトドアや、室内の照明として使うにはまぶしすぎます。

少人数のアウトドアは700ルーメン程度、ソロでのアウトドアは500ルーメン程度が理想です。

野外で卓上に置いて使う場合は、200~300ルーメンがちょうど良いでしょう。

持ち歩き用のサブランタンは足元を照らすだけなので、100ルーメン程度あれば問題ありません。

引用:Amazon

(上記画像はおおよそ100ルーメン程度の目安です)

室内の簡易照明は明るすぎても使用時間が短くなるため、100~150ルーメンを目安に選びます。

LEDランタンは暖色の光にすると薄暗くなる製品が多く、少し明るめの製品にすると扱いやすいです。

明るさを調節できる製品は、場所や目的に合わせて使えます。使用時間も調節でき、とても便利です。

どれくらい使える?使用時間について

LEDランタンの使用時間は、電源タイプや光量によって大きく変わります。

明るさを調節できる製品は、光量を抑えることで使用時間が延ばせて便利です。

非常時でも安心して使えるように、必ず使用時間を確認しましょう。

乾電池式であればストックが可能で、充電式は再充電できないと使い続けるのは困難です。

サブランタンにソーラー・手巻き充電式を導入するか、電池式と充電池を併用すれば限りなくデメリットが抑えられます。

LEDランタンの充電式でおすすめのアイテム3選!電池レスで便利!

引用:Amazon

  • 「乾電池のストックは管理が面倒」
  • 「充電するのも忘れがち」

LEDランタンを選ぶ際、上記のような不安から「使わないかも」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、ソーラー充電式のLEDランタンがおすすめです。

USBとソーラー充電の複合型だと、非常用としても使えますよ。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の「フローティングLEDランタンtypeII」

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ ランタン ライト フローティング
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ ランタン ライト フローティング

本体:シリコーン
ハンドル:エラストマー樹脂
ハンドル固定樹脂:ポリプロピレン
ふた:ABS樹脂

フローティングLEDランタンtypeIIはシリコーン製で、水に浮くボトル型のLEDランタンです。

水に濡れると困る物は、ランタン本体に入れておけば濡れません。

引用:Amazon

シリコーン製なので、使わないときはコンパクトに折りたためて便利です。

電源タイプは、以下の2つに対応しています。

  • ソーラー充電式
  • USB充電式

明るさとフル充電時の連続使用時間は、下記の表にまとめました。

100ルーメン使用時 約5時間
50ルーメン使用時 約12時間

フローティングLEDランタンtypeII」は、充電用USBケーブル付きで2,500円前後です。

BioLite(バイオライト)の「SunLight(サンライト)」

BioLite サンライトソーラーランタン
BioLite サンライトソーラーランタン

持ち運び可能自動充電式ソーラーLEDパーソナルランタン(100ルーメン)は、太陽光またはマイクロUSBケーブルを使用して充電が可能です。
充電可能な750mAh内臓バッテリー、暗めのモードで最大24時間、明るいモードで2.5時間持続

Bioliteの「サンライト」は、95gの軽量LEDランタンです。

薄い箱型の本体は片面がソーラーパネル、もう片面はLEDライトになっています。

8.6×8.6×2.3cmと片手に収まるコンパクトサイズなので、カバンに付けても邪魔になりません。

引用:Amazon

電源タイプは、以下の2つに対応しています。

  • ソーラー充電式
  • USB充電式

最大100ルーメンで、明るさと光の色を変更可能です。

フル充電時の連続使用時間は、下記の表を参考にしてください。

HIGHモード 約3時間
LOWモード 24時間以上

Bioliteの「サンライト」は、3,000円前後で購入できます。

Landport(ランドポート)の「CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)」

キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN) ソーラーランタン
キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN) ソーラーランタン

サイズ:88×88×88mm(使用時)、170×88×12mm(収納時)
重量:57g
仕様:LED6灯

「キャリー・ザ・サン」は、糸を織り込んだ丈夫なPET素材でできたキューブ型LEDランタンです。

持ち歩くときは薄く折りたたみ、上下へ引っ張るだけでキューブ型に戻して使えますよ。

引用:Amazon

被災地での使用も考慮して開発されたランタンなので、防水や防塵機能が備わっています。

電源タイプはソーラー充電のみですが、見た目も可愛いためとても人気がある製品です。

サイズはミディアムとスモールの2種類があり、ミディアムには電池残量の表示機能があります。

ミディアムサイズの使用時間は、下記の表を参考にしてください。

100ルーメン 約10時間
20ルーメン 約42時間
10ルーメン 約72時間

スモールサイズの使用時間は、下記の表にまとめました。

30ルーメン 約10時間
15ルーメン 約15時間

明るさだけではなく、光の色も変更できます。

キャリー・ザ・サンの価格は、以下のとおりです。

  • ミディアム(86g)4,000円前後
  • スモール(57g)3,000円前後

大きな価格差はなく、コンパクトに折り畳めるのでミディアムサイズがおすすめです。

LEDランタンで明るいタイプを選ぶなら?光量も十分な5選をご紹介!

引用:Amazon

アウトドアのメインランタンとしても使いたい!」という方には、テント周辺を照らせる700ルーメン以上のLEDランタンがおすすめです。

インテリアや防災用として使う際にはまぶしすぎるので、明るさを変えられる製品が最適です。

Coleman(コールマン)の「MILLENNIA(ミレニア)LEDキャンプサイトランタン」

コールマン(コールマン) ミレニア LEDキャンプサイト
コールマン(コールマン) ミレニア LEDキャンプサイト

サイズ:ランタン/約15×15×29(h)cm、リフレクター/約17×2×19(h)cm
重量:ランタン/約980g、リフレクター/約400g
材質:ABS樹脂、PC、ステンレス、他

コールマンのミレニアLEDキャンプサイトランタンは、リフレクター(反射板)が付いている約1000ルーメンのLEDランタンです。

リフレクター(反射板)を装着すると、全体に広がっている光の半面を反射します。

引用:Amazon

装着時は片側がすごく明るくなるので、少し離れたところに設置しましょう。

電源タイプは乾電池式で、単1形のアルカリ乾電池を6本使用。

本体重量は約980g、リフレクター(約400g)も含むと1kgを超えます。

白色光なので災害時にも使え、明るく実用的です。

連続使用時間は、以下の表を参考にしてください。

HIGHモード 約14時間
MEDIUMモード 約68時間
LOWモード 約148時間

ミレニアLEDキャンプサイトランタンは、約15,000円前後で購入できます。

GENTOS(ジェントス)の「Explorer(エクスプローラー)EX-1300D」

GENTOS(ジェントス) LED ランタン EX-1300D
GENTOS(ジェントス) LED ランタン EX-1300D

サイズ:約直径129×246mm
本体重量:約1.22kg(電池含む)
セット内容・付属品:本体、ハンガーフック

ジェントスのエクスプローラーEX-1300Dは、シーンに合わせて明るさや光の色を変えられる最大1300ルーメンのLEDランタンです。

下側から光を出し、上部のミラーで拡散させて全体を照らしています。

引用:Amazon

最大1300ルーメンはかなりまぶしいので、注意が必要です。

出力を最大にして使う場合は光源を直視しないよう、目線より高い場所へ設置しましょう。

電源タイプは乾電池式で、単1形のアルカリ乾電池を4本使用します。

乾電池を含んだ本体重量は約1.22kgです。点灯時に電池残量を表示する機能が付いています。

明るさは、ダイヤルで無段階に調節が可能です。

光の種類と明るさは、下記の表を参考にしてください。

白色モード 140~1300ルーメン
昼白色モード 90~660ルーメン
暖色モード 80~600ルーメン
キャンドルモード ルーメンがランダムに変化します。(キャンドルのゆらぐ炎を再現)

連続使用時間は、下記の表にまとめました。

白色モード 強で約7時間 弱で約260時間
昼白色と暖色モード 強で約16時間 弱で約350時間
キャンドルモード 約300時間

エクスプローラーEX-1300Dは、約7,000円前後で購入できます。

Coleman(コールマン)の「クアッドマルチパネルランタン」

コールマン(Coleman) ランタン クアッドマルチパネルランタン
コールマン(Coleman) ランタン クアッドマルチパネルランタン

サイズ:約直径14.5×23.5(h)cm /重量:約1.2kg
使用電源:アルカリ単一形乾電池×4本または8本(別売)

コールマンのクアッドマルチパネルランタンは、モバイルバッテリーとしても使える最大800ルーメンのLEDランタンです。

4つの高性能なパネルライトを取り外して持ち歩けて、すべてのパネルを外しても本体が発光します。

引用:Amazon

薄くて軽いパネルライトはマグネット式なので、かんたんに取り外し可能です。使用後は本体に接続すると、自動で充電します。

本体重量は約1.2kgです。電源タイプは乾電池式で、単1形のアルカリ乾電池を8本または4本使用。

乾電池を8本使用した場合の明るさと連続使用時間は、下記のとおりです。

800ルーメン 約20時間
200ルーメン 約120時間
100ルーメン 約400時間

乾電池を4本使用した場合の明るさと連続使用時間は、下記の表を参考にしてください。

500ルーメン 約13時間
140ルーメン 約69時間
60ルーメン 約196時間

取り外したパネルの明るさと連続使用時間は、下記にまとめました。

100ルーメン 約3時間
25ルーメン 約14時間

クアッドマルチパネルランタンは、8,000円前後で購入可能です。

パネルライトが2つの2マルチパネルランタンもあります。

コールマン(Coleman) 2マルチパネルランタン LED
コールマン(Coleman) 2マルチパネルランタン LED

使用バルブ:LED。
サイズ:約o12×9×19(h)cm。
重量:約650g。

明るさは400ルーメンと光量は落ちますが、4,500円前後と価格を抑えて購入可能です。

LOGOS(ロゴス)の「パワーストックランタン」

<br />
LOGOS パワーストックランタン

LOGOS パワーストックランタン

総重量:(約)700g
サイズ:(約)12.5×12×5.7cm

ロゴスのパワーストックランタンは、モバイルバッテリーとしても使える約1200ルーメンのLEDランタンです。

強力な磁石が付いており、カメラの三脚や車に固定して使えます。

光の種類は、以下3つに切替可能です。

  • 白色
  • 中間色
  • 暖色

明るさも、各色10段階の調節ができます。電源タイプは充電式で、

  • コンセント(AC100V)
  • 車のシガーソケット(DC12V)

から本体のリチウムイオン蓄電池へ充電可能です。

2A(アンペア)のUSBポートが2つあるため、2台のスマートフォンを同時に充電できます。

※ランタンを使用しているときでも、同時充電が可能です。

パワーストックランタンは、バッテリーの大きさで2つの種類に分けられます。

  • バッテリーの容量が約10000mAh→スタイル1000
  • バッテリーの容量が約23200mAh→スタイル2300

スタイル2300は、スタイル1000と見た目があまり変わりません。

ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン2300
ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン2300

総重量:(約)1020g サイズ:(約)幅12.5×奥行12×高さ5.7cm
光源:LED 電源:リチウムイオン蓄電池

それぞれフル充電時の連続使用時間は、下記の表にまとめました。

スタイル1000 強で約4.5時間 弱で約70時間
スタイル2300 強で約9時間 弱で約140時間

パワーストックランタンの価格は、以下のとおりです。

  • スタイル1000が15,000円前後
  • スタイル2300が28,000円前後

NNiNE社の「LUMENAⅡ(ルーメナー2)」

LUMENA2 ルーメナー 日本正規品&保証書付
LUMENA2 ルーメナー 日本正規品&保証書付

サイズ (約)129mm×75mm×22.7mm 重量 (約)280g
明るさ(ルーメン) 100lm~1,500lm 色温度 5,700K(昼光色) / 4,500K(昼白色) / 3,000K(電球色)

「ルーメナー2」は280gと軽量なのに、モバイルバッテリーとしても使える最大1500ルーメンのLEDランタンです。

強力な磁石フックが付いているため、本体とフックの間にテントや布を挟んで固定できます。

引用:Amazon

電源タイプはUSB充電式で、充電しながらの使用も可能です。

光の色は以下の3種類で、明るさは各色4段階ずつ調光できます。

  • 昼光色モード
  • 昼白色モード
  • 電球色モード

フル充電時の連続使用時間は、以下にまとめました。

1500ルーメン 約8時間
100ルーメン 約100時間

ほかにもルーメナーシリーズは販売されていますが、防水・防塵・耐衝撃機能とハードな環境で使えるのはルーメナー2だけです。

価格はおおよそ17000円前後で購入できます。

LEDランタンでもおしゃれなものを使いたい!デザインがいい商品7選

引用:Amazon

「普段お部屋に置いておけるデザインがいい!」という方は、おしゃれなLEDランタンを選びましょう。

ランタンは明るすぎるとまぶしくて扱いづらく、暗すぎると非常時に使えません。

日常から非常時まで使いやすい、100~400ルーメンのLEDランタンをご紹介します。

BALMUDA(バルミューダ)の「BALMUDA The Lantern」

バルミューダ LEDランタン BALMUDA The Lantern
バルミューダ LEDランタン BALMUDA The Lantern

BALMUDA The Lanternは、日常の何気ない時間を、少しだけ特別に彩るLEDランタンです。
バッテリー内蔵で部屋中どこでも、アウトドアにも持ち出してお使いいただけます。

BALMUDA The Lanternは、シンプルでクラシカルなデザインのLEDランタンです。

電源タイプは充電式で、USBからリチウムイオンバッテリーへ充電します。

最大195ルーメンで、明るさはダイヤルで調節可能です。

光の種類は、明るさに応じて変わります。

  • 温白色モード
  • 暖色モード
  • ゆらぎモード(キャンドルのゆらぐ炎を再現)

フル充電時の連続使用時間は、以下のとおりです。

温白色モード 約3時間
ゆらぎモード 約50時間

BALMUDA The Lanternは、15,000円前後で購入できます。

BAREBONES(ベアボーンズ)の「ミニエジソンランタン」

ベアボーンズ(Barebones) ミニ エジソンランタンLED
ベアボーンズ(Barebones) ミニ エジソンランタンLED

LED:5V 1.6Watt/ライトスペクトラム:3000-3200K
ルーメンHigh:100/ルーメンLow:35

「ミニエジソンランタン」は、エジソン球タイプの暖色LEDが特徴の、アンティーク調LEDランタンです。

ボディにスチールを使用しているので、見た目や質感がほかのランタンとは違います。

電源タイプは、以下の2つです。

  • 単3形アルカリ乾電池2本
  • microUSB(充電はできないので、主電源と繋いだ状態で使用)

明るさと連続使用時間は、下記の表にまとめました。

100ルーメン 約5時間
35ルーメン 約20時間

ミニエジソンランタンは、4,000円前後で購入できます。

BAREBONES(ベアボーンズ)の「フォレストランタン」

ベアボーンズ(Barebones)フォレストランタンLED
ベアボーンズ(Barebones)フォレストランタンLED

サイズ:H24.13 x W15.2cm、素材:ホウロウ加工。スチール、プラスチック、ゴムスチール、本体縁素材:ステンレス
LED:5W Cree、明るさ:1-200ルーメン、連続点灯時間:(Low)80時間、(Hi)3時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)

「フォレストランタン」は炭鉱用のカンテラを模した、レトロなデザインのLEDランタンです。

ボディにスチールを使用しているので、見た目や質感が本格的。

グローブ(光を通す透明な部分)がつや消し加工されており、暖色LEDの光をさらに和らげてくれます。

電源タイプは、USBからリチウムイオンバッテリーへの充電式です。

バッテリー残量の表示機能も付いており、ダイヤルで明るさの調節ができます。

明るさとフル充電時の連続使用時間は、以下にまとめました。

200ルーメン 約4時間
5ルーメン 約80時間

フォレストランタンは、充電用USBケーブル付きで8,000円前後です。

LOGOS(ロゴス)の「Bamboo モダーンランタン」

<br />
ロゴス(LOGOS) Bamboo モダーンランタン

ロゴス(LOGOS) Bamboo モダーンランタン

総重量(:約)870g
サイズ(:約)幅20×奥行15×高さ33.5cm
明るさ[: LED球値](約)200ルーメン [ロゴス基準値](約)167ルーメン

Bamboo モダーンランタンはボディに自然の竹素材を使用した、モダンなデザインのLEDランタンです。

竹の質感によって違う雰囲気になるので、同じ個体は2つとない特別感があります。

電源タイプは、USBからリチウムイオンバッテリーへの充電式です。モバイルバッテリーとしても使用可能。

グローブ(光を通す透明な部分)が白いガラス製なので、暖色LEDの光がさらに和らいで拡散します。

最大200ルーメンで、明るさはダイヤルで無段階に調節可能です。

フル充電時の連続使用時間は、以下の表を参考にしてください。

HIGHモード 約10時間
LOWモード 約100時間

Bamboo モダーンランタンは、充電用USBケーブル付きで14,000円前後です。

LOGOS(ロゴス)の「ゆらめきクラシカルランタン」

ロゴス(LOGOS) ゆらめきクラシカルランタン
ロゴス(LOGOS) ゆらめきクラシカルランタン

総重量:(約)970g
サイズ:(約)22×22×34cm

ゆらめきクラシカルランタンは暖色LEDが温もりのある光を放つ、クラシカルなデザインのLEDランタンです。

ボディに使用されているスチールが、上品なデザインを際立たせています。

電源タイプは乾電池式で、単1形のアルカリ乾電池を6本使用。

最大360ルーメンで、光の明るさは2種類です。

  • 通常点灯モード
  • ゆらめきモード(キャンドルのゆらぐ炎を再現)

傘の部分は、取り外しが可能です。外すと全体に光が広がり、付けるとランタンの下側が明るくなります。

連続使用時間は、約50時間が目安です。

ゆらめきクラシカルランタンは、9,000円前後で購入できます。

snow peak(スノーピーク)の「ほおずき」

スノーピーク(snow peak) ほおずき
スノーピーク(snow peak) ほおずき

φ107x87mm(コード部を含まず)
165g

スノーピークのほおずきは、周囲の動きに反応して光り方が変化する丸形LEDランタンです。

光は周囲に反応し、風が吹くとゆらぎ、静まり返ると暗くなります。

電源タイプは、以下の2つです。

  • 単3形アルカリ乾電池3本
  • microUSB(充電はできないので、主電源と繋いだ状態で使用)

別売りで、専用のUSB充電式バッテリーも販売しています。

スノーピーク(snow peak) ほおずき 充電池パック
スノーピーク(snow peak) ほおずき 充電池パック

70×33×30(h)mm
110g

最大100ルーメンで、明るさはダイヤルを使って無段階に調節が可能です。連続使用時間は、約10時間が目安。

ほおずきは、10,000円前後で購入できます。

小さいサイズのたねほおずきも、小さくて使い勝手が良いと人気です。

snow peak(スノーピーク) たねほおずき
snow peak(スノーピーク) たねほおずき

使用電源:単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用
連続点灯時間:Hi-60時間 Low-100時間

明るさは最大60ルーメンで、4,500円前後で購入できます。

NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)の「ウッドスピーカーランタン」

<br />
(ニュートラルアウトドア) NEUTRAL OUTDOOR NT-WL01

(ニュートラルアウトドア) NEUTRAL OUTDOOR NT-WL01

ボディに天然木を使用した充電式LEDランタン。
Bluetoothスピーカーを搭載しています。

ウッドスピーカーランタンは、ボディに天然木を使用したナチュラルテイストのLEDランタンです。

木目の出方によって違う雰囲気になるので、製品によって個性があります。

Bluetoothスピーカーを搭載しているため、スマートフォンと接続可能です。固定や持ち歩きに便利なフックや磁石が付いています。

電源タイプは、USB充電式です。明るさは7~180ルーメンで、3段階の調節ができます。

フル充電時の連続使用時間は、下記の表を参考にしてください。

明かりだけ使用した場合 9~105時間
スピーカーだけ使用した場合 8~24時間

ウッドスピーカーランタンは、10,000円前後で購入できます。

まとめ:LEDランタンを防災用に備えておくなら普段でも使えるものを!

引用:Pixabay

LEDランタンは火事や一酸化炭素(CO)中毒の心配がなく、室内でも使えます。

日頃の簡易照明やアウトドア用に購入し、置き場所を決めておくと非常時にも使えて安心です。

乾電池式やUSB・コンセント充電式は、長時間使えて便利。ソーラー・手巻き式は電池切れの心配がないので、サブランタンとして購入すると心強いです。

場所や目的に合わせて光量を調節できるLEDランタンがあれば、どんなシーンでも活躍します。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。