記事作成日:

エレクトーンおすすめの買取業者をご紹介!処分方法もご紹介!

広告

もう使わなくなった、新しいものと買い替えたい、そんな不要なエレクトーンはありませんか?エレクトーンの処分にお悩みなら、ゴミに出すのではなく売ってお金に換えるのが◎。ここでは、安心して任せられるエレクトーンおすすめ買取業者からその他の処分方法まで詳しくご紹介しています。使わないエレクトーンをお持ちで処分に困っている方は、ぜひ参考にしてください。

エレクトーンの買取相場価格

査定に出す前に、エレクトーンの買取相場価格を把握しておきましょう。相場を知らなければ、出された金額が高いのか安いのか判断できません。少しでも高い業者に売るためにも、相場を知っておくことは大切です。

エレクトーンはYAMAHAの電子オルガンのことを指し、登録商標のため他のメーカーはありません。購入時は安いモデルでも20万~、最上位モデルは200万円以上もする高額な楽器です。では中古の買取相場はいくら位なのでしょうか。

以下が代表的なモデルの相場です。状態によって大きく変わってくるので、目安として参考してください。これらより以前のモデル、ELシリーズは数千円での取引になってしまうことが多いようです。

シリーズ モデル 買取相場
ELS-01ステージア ステージアELS-01 2005年製 : 10,000~50,000円
2007年製 : 48,300円
ステージア ELS-01C 2004年製 : 92,000円
2008年製 : 85,000円
ステージアELS-01U 2009年製 : ~180,000円
ELS-02ステージア ELC-02 2017年製 : 202,000円
ELS-02C 2014年製 : 105,000円~297,000円
ELB-01(STAGEA mini) ELB-01 18,800円
ELB-02ステージア
ベーシックモデル
ELB-02 2016年製 : 25,000円~51,300円
2017年製 : 175,000円

 

エレクトーンおすすめの人気買取業者

エレクトーンの処分を検討しているなら、断然買取がおすすめです。買取業者もいろいろありますが、エレクトーンを売るなら楽器に特化している業者を選びましょう。楽器に詳しい査定員が在籍しているため、しっかりと商品価値を極め、適正価格を導き出してくれます。

またエレクトーンのような大型の楽器は運び出すだけでも大変です。買取方法もいろんな種類がありますが、業者が自宅まで来てくれる出張買取がある業者が良いでしょう。ここでは、エレクトーン買取におすすめの買取業者を厳選してご紹介します。

エレクトーン買取業者①楽器高く売れるドットコム

『楽器高く売れるドットコム』は、その名の通り楽器を専門とした買取業者です。出張買取・宅配買取・店頭買取の3つの買取方法から選択でき、全国対応。エレクトーンやピアノの大型楽器からギターやベースにバイオリン、サックスやホルンまで楽器なら何でもOK!専任の買取スタッフがリアルタイムの相場を元に1点1点丁寧に査定してくれます。

買取成立まで完全無料。出張買取は東北・関東・中部・近畿・中国・九州地方を中心としていますが、それ以外の地域でも可能なこともあるので問合せて確認してみましょう。

楽器高く売れるドットコムの口コミ

売りたいものがたくさんあったり、重いものでも搬出からお願いできたので、とても助かりました。出張してもらうと出張料がかかるのかと思ってましたが、査定も全部無料で安心して頼めました。引用:楽器高く売れるドットコム

 

楽器買取が初めてなんですが、丁寧に検品していただきました。初めての楽器買取ということ少し不安でしたが、スタッフの丁寧な接客により安心な楽器の買取ができました。引用:楽器高く売れるドットコム

 

楽器高く売れるドットコムの公式HPを詳しく見る

エレクトーン買取業者②楽器の買取屋さん

『楽器の買取屋さん』は、全国対応の「早い!高い!」モットーにした楽器買取専門店です。業務用・大型・年代物など、どんな楽器でもOK。壊れた楽器でも修理可能なものなら買取してもらえます。

買取方法は出張買取・宅配買取・店頭買取の他、写真を送るだけで査定額が分かるLINE買取も行っており、「とりあえずいくら位になるか知りたい」という方に◎。買取が決まれば「出張買取」「宅配買取」のいずれかを選び、買取手続きに進みます。

出張買取は最短30分で訪問。出張費無料でその日その場で現金化が可能です。年中無休、電話受付は21時まで受け付けているので、仕事で帰りが遅い方にも便利です。

楽器の買取屋さんの口コミ

楽器の知識、相場に詳しい査定員さんに丁寧に査定して頂きました。 こちらの事情も聞いて頂き納得した上で買い取りして貰いました。引用:Googleマップ

 

電話でお問い合わせ後、即時間調整して下さり思っていた以上に早く来て下さいました。 対応も1つ1つ丁寧に説明して下さいました。また依頼させていただきます。引用:Googleマップ

 

楽器の買取屋さんの公式HPを詳しく見る

エレクトーン買取業者③おいくら

『おいくら』は、東証プライム上場企業が運営する一括買取査定サービスです。売りたい商品の情報をフォームに一度入力するだけで、その内容が全国にあるリサイクルショップ・質屋・買取専門店など複数の業者に情報が渡り、複数の査定結果を得ることができます。

売り手としてはできるだけ高く買い取ってくれる業者に売りたいもの。しかし、1件1件問い合わせをして査定をしてもらうのは時間もかかり相当な負担にもなるでしょう。おいくらを利用すれば、たった1度の入力で複数の業者から同時に査定を受けられるため、手間なく査定額を比較でき、最も好条件な業者に買取依頼することができます。

対象の業者は日本全国にある大手リサイクルショップをはじめ、質屋や専門店など店舗の大小に関わらず幅広く掲載。審査基準を通過した優良買取業者ばかりで安心です。是非おいくらの一括査定で、複数社の査定結果を比較しみてください。きっとあなたに最適な買取業者が見つかるでしょう。

おいくらの口コミ

一括査定できるので、古くなったり、いらなくなったものを売りたい時に最適です。また、住所を入力するので、家の近くのリサイクルショップから査定を貰えます。持ち込みの買取だけでなく、出張買取などもあります。引用:Point Income

 

商品の写真を撮って必要事項を記載するだけで、全てメールでやり取りでとても簡単でした!3社から見積もり頂きましたが、お値段の違いはそこまではありませんでした。今回は諸事情により結局買い取りには至りませんでしたが、こんなに簡単に査定して頂けるなら、是非また利用したいと思います!。引用:Point Income

 

おいくらの公式HPを詳しく見る

エレクトーンの寿命や故障について

もう何年も大切に使っているエレクトーン。一体どの位使えるのか気になる方もいるでしょう。エレクトーンはピアノの違い電化製品になるため、遅かれ早かれ必ず寿命がやってきます。以下にエレクトーンの寿命や買い替え時期、処分時期について解説します。

エレクトーンの寿命は?

エレクトーンの平均寿命は約15年。毎日使う場合は約10年を目安にすると良いでしょう。しかし、きちんとメンテナンスを行い、壊れても部品交換などの修理をして30年以上愛用されている方もいます。使い方やメンテナンスの有無で、エレクトーンの寿命は大きく変わってくるでしょう。

画面がつかなくなった、フロッピーを読み込まなくなったなどの不具合は、修理をして使い続ける方が多いようです。基盤そのものにダメージがきたり、古い機種で交換部品がなく修理ができない場合は寿命になります。

エレクトーンの買い替え時期

エレクトーンに不具合が生じたとき、修理か買い替えで悩むこともあるでしょう。比較的新しいモデルの場合は修理対応で問題ありませんが、古いモデルの場合は買い替えを検討しても良いでしょう。修理をしてもすぐに寿命がきてしまえば、費用がもったいないからです。

また入門機では自身のグレードが上がるに従って対応できないことも出てきます。エレクトーンを習ってかると「グレード試験」というものがあり、試験をクリアするには上位モデルじゃないとできない機能が必要になることもあります。古いモデルでエレクトーンが壊れたとき、新機能が必要になったときは買い替えを検討しましょう。

エレクトーンの処分の時期

エレクトーンを処分する時期は、修理不可能な状態になったときです。その多くが劣化による基盤の故障、旧モデルの部品が廃盤で交換できない場合になります。長年大切にしてきたエレクトーンを処分するのは悲しいことですが、置いておいても場所をとるばかりです。思い切って適正な方法で処分してしまいましょう。

エレクトーンを処分する方法

では、大型楽器のエレクトーンを処分するにはどのような方法があるのでしょうか。壊れていても修理して使えるものなら、買取業者に売るのがおすすめです。以下に買取以外の主な処分方法をご紹介します。

エレクトーンの処分方法①粗大ごみ

エレクトーンを指定の場所まで搬出するできるのなら、自治体に連絡して粗大ごみとして処分するのも1つの方法です。ただし、自治体によってはエレクトーン回収を受け付けていないこともあるので、お住まいの自治体に確認してください。

エレクトーンの処分方法②他人に讓る

まだ使えるエレクトーンなら知り合いに譲るのも良いでしょう。お子様の習い事の友人で、エレクトーンを持っていなければ喜ばれるかもしれません。

大切に使ってきたエレクトーンを捨てるのではなく、使ってもらえるのであれば躊躇せずに手放せるのではないでしょうか。ただし、動かすにも大変なエレクトーンの運搬をどうするのか決める必要が出てきます。エレクトーンが大きすぎて設置場所が確保できないこともあり得るため、まずは現物を実際に見てもらった方が安心です。

エレクトーンの処分方法③フリマやオークション

フリマやネットオークションを利用して、エレクトーンを出品することも可能です。自身で売値を設定できるため、配送料込みで高めに値を付けることもできます。しかし、いつ売れるのか分からず、必ず売れる保証もないこと。発送作業に手間がかかったり、値下げ交渉や質問など、買い手と直接やり取りしなければならないことがデメリットになります。

エレクトーンの処分方法④処分業者に依頼する

重くて粗大ごみの指定場所まで運べない、自治体でエレクトーンの処分ができない、そんな時は不用品処分業者に依頼しましょう。業者はお住まいの自治体で紹介してもらったり、ネットで対応地域の業者を探してみてださい。

エレクトーンの大きさや重さ、設置場所によって運搬車・必要な作業員の人数も変わってきます。追加費用が発生しないよう、事前見積もりをしてくれる業者が安心です。

エレクトーンの処分にかかる費用相場

エレクトーンの処分には業者に買い取ってもらう以外は費用が発生します。フリマやネットオークションに出品する場合、エレクトーンの大きさ・重さによっては発送料が何万もかかる場合もあります。以下がエレクトーンの処分にかかる費用相場です。

  • 自治体に粗大ごみとして出す : 1,000円~3,000円
  • 不用品回収業者に依頼する : 5,000円~30,000円
  • フリマ・ネットオークションへの出品 : 10,000円~
  • 買取業者を利用する : 無料

エレクトーンの処分は買取業に依頼がおすすめ

もう使わなくなったエレクトーンは、捨てる前に買取業者に査定に出してみましょう。思わぬ値が付き、嬉しい臨時収入になることもあります。業者に依頼するなら、専門の査定員がいる楽器専門の買取業者がおすすめです。本記事でご紹介した業者は査定料・出張料・キャンセル料も無料なので、不要になったエレクトーンの査定を受けてみてください。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。