引用:pexels

【2021年】トヨタホームの人気商品坪単価は?商品別に詳しく紹介!

日本だけではなく世界でも大人気の車メーカー「トヨタ」がハウスメーカーとしても注目され始めました。技術面もアフターフォロー面も安心できると、いま右肩上がりに人気が上昇しています。ここではそんなトヨタホームの人気商品について詳しく調べてみました。

トヨタホームの技術や特徴、メリット、坪単価など、マイホームの建設を予定しているご家庭は必見です。

トヨタホームの価格ってどのくらい?

家を建設する時に気になってしまうのがやはり坪単価です。予算の関係もありますし、設計を組む前に坪単価のことも想定するようにしましょう。ここではトヨタホームでの坪単価について詳しく解説しています。

費用相場には幅がある

トヨタホームの坪単価は住宅の種類によって変動こそありますが、基本的には坪単価40~100万円と設定されています。この値段を条件に、実際に家を建設した場合の値段を見てみましょう。トヨタホームの建設費用は以下の通りです。

20坪の家を建設 800万〜1,600万円
25坪の家を建設 1,000万〜2,000万円
30坪の家を建設 1,200万〜2,400万円
35坪の家を建設 1,400万〜2,800万円
40坪の家を建設 1,600万〜3,200万円
45坪の家を建設 1,800万〜3,600万円
50坪の家を建設 2,000万〜4,000万円

例えば40坪の家を建設する場合、最大で3,200万円の建設費用が必要です。更にここに土地代をプラスすることでご自身が建設予定の費用を計算することができます。

2つの構法がある

トヨタホームでは主に「鉄骨ラーメン構造」、「鉄骨軸組工法」の2種類があります。この2つの構法は鉄骨造となりますが、2018年6月には木造住宅にも着工している実績も確認しています。ただし木造住宅は現段階では分譲住宅のみとなっており、注文住宅ではまだ商品化していません。

トヨタホームの特徴

トヨタホームの特徴について見てみましょう。トヨタホームならではの独自技術を用いて頑丈な家づくりが実現しているので、マイホーム建設の1つの参考としておすすめです。

鉄骨ラーメン構造

トヨタホームの鉄骨ラーメン構造は耐震性・耐久性共に強化されたトヨタホーム独自のこだわり構法です。高層ビルにも採用されるほど頑丈な造りで、鉄のしなやかさを最大限に引き出し、頑丈で強く長期的安定する家づくりを実現化します。

単体でも強い鉄ですが、トヨタホームでは更に強さを固定したパワースケルトンを採用。これにより鉄骨ラーメン構造は更に強度をパワーアップさせています。

鉄骨軸組工法

トヨタホームの鉄骨軸組工法は、エスパシオシリーズで活用している構法です。ラチス柱を採用していますが、例え変形したとしても元の形状に戻るしなやかさが魅力です。そのため耐震性に優れており、大きな地震が発生したとしてもその衝撃を吸収し、家の倒壊を防ぎます。

耐震等級3(最高ランク)をクリアしていますので、強く頑丈な家づくりにピッタリです。

商品によって構法と坪単価が異なる

当然と言えば当然ですが、トヨタホームでは商品別に構法と坪単価は違います。分かりやすいように具体例を出してみると、ユニット工法の場合の坪単価は55万~65万円、鉄骨軸組工法の場合の坪単価は65万~75万円です。

こうして見ると鉄骨軸組工法の方が費用が高いことが分かりますが、その分間取りの自由が効きますし、耐震性も非常に強いという特徴があります。坪単価だけを提示しても分かりにくいので、更に具体例をご紹介します。

商品名 坪数 建築費 坪単価
シンセ・カーダ(ユニット工法) 40坪 約2,500万円程度 62.5万円
エスパシオ(鉄骨軸組工法) 42坪 約2,720万円 64.8万円

ちなみにこちらの金額は、基本の家の建設費のみの場合です。ここから更にオプションを付ければ高くなりますし、ローンを組む場合は利息のことも考え更に金額は上がります。エスパシオ(鉄骨軸組工法)42坪の場合なら最低でも3,300万円は必要と考えてましょう。

40坪前後の坪単価実例

ここではトヨタホームで実際に建築依頼をした場合の建築費用をシュミレーションしてみましょう。もちろんオプションを追加したり状況により多少誤差はありますが、ベースとしての建築費用をご紹介します。

商品名 坪数 建築費 坪単価
シンセ(2階) 33.8坪 2,000万円 59.2万円
シンセ・はぐみ(2階) 35坪 2,200万円 65万円
スマートステージ(2階) 33坪 2,200万円 66.6万円
シンセカーダ(2階) 40坪 2,500万円 62.5万円
エスパシオ(2階) 36坪 2,720万円 64.8万円
LQ(2階) 35.3坪 2,250万円 62.8万円

 

▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

シンセシリーズ人気商品の特徴と坪単価

ここではトヨタホームのシンセシリーズをご紹介します。シンセシリーズの中でも特に人気の商品、そして特徴や坪単価について詳しくまとめていますので、是非こちらもチェックしてみて下さい。

解放感抜群【シンセ スマートステージ】

シンセ スマートステージは新婚から子育て、子供が家を出たあとの夫婦2人の生活など、どんなシーンでも過ごしやすい家づくりを希望する方におすすめです。広い空間と自由な間取りが魅力的なシリーズとなっています。

特徴

ユニット工法を採用しているシンセ スマートステージは、時代ごとに家の中を作り替えることができます。部屋を大きく伸び伸び使用するのはもちろん、間仕切壁や可動収納で仕切ることができるので、その時の状況に合わせて部屋の使い方を変化させることができる魅力があります。

新婚時代は一部屋を大きく、子育て世代は子供スペースを区切り、子供が成長して家を出たあとは夫婦2人のスペースをそれぞれ作るなど、自由性が高いのです。まるで模様替えのように、その時のニーズに合わせてスペースを確保できるのが大きなメリットと言えます。

坪単価

シンセ スマートステージの坪単価は基本65万~70万円と考えましょう。例えば70万円で家を建設した場合、このような建設費用となります。

坪数 建設費用
30坪 2,100万円
40坪 2,800万円
50坪 3,500万円
60坪 4,200万円

こんな人におすすめ

40坪で2,800万円、50坪で3,500万円なので、子育て世代でも比較的購入しやすいです。他のハウスメーカーと比較してもコストを抑えることができるため、建築費用を抑えたい方におすすめです。

デザイン性抜群【シンセ カーダ】

グッドデザイン賞受賞など、おしゃれでスタイリッシュな外観・内装が魅力のシンセ カーダ。まるでモデルハウスのような素敵な住宅デザインとなっております。憧れのマイホームだからこそ、こだわりを持っている方におすすめです。

特徴

シンセ カーダは女性の憧れる住まいをテーマに、「こういう家が欲しかった」を実現化させたおしゃれなシリーズです。美×秘密の部屋がテーマのクローゼット(ビューティールーム)や、好き×没頭をテーマにした玄関、広い空間。すべてにおいて「誰しもが住みたかった家」となっています。

もちろんデザイン性だけではなく、機能性にも優れています。断熱性の高さや全館空調、24時間換気設備など、省エネとしても非常に優秀です。

坪単価

シンセ カーダの坪単価は60万~70万円です。実際にかかる建築費用もチェックしてみましょう。

坪数 建設費用
20坪 1,200万~1,400万円
30坪 1,800万~2,100万円
40坪 2,400万~2,800万円
50坪 3,000万~3,500万円
60坪 3,600万~4,200万円

こんな人におすすめ

おしゃれな家に住みたい方はシンセ カーダがおすすめです。ビューティールーム(クローゼット)では衣装部屋という認識だけではなく、手洗い付きドレッサーまで付いているので、1日の始まりが楽しくなることでしょう。

子育て世代にも【シンセ はぐみ】

シンセ はぐみは「一緒の時間をはぐくむための家」として設計されたシリーズです。家族との時間、そして家族を支える、家族のための家が欲しい方におすすめです。

特徴

シンセ はぐみは、家族を長く支えてくれる家です。大きくスペースをとったリビング、隣接したキッチンダイニングはいつでも家族の様子を見ることができ、料理をしながらでもコミュニケーションをとることができます。

収納力もたっぷりのクロークには、家族の思い出を詰めましょう。内装だけではなく外観もどことなくカントリーチックで、子育て世代や家族のための家を理想とする方におすすめのデザインとなっています。60年の長期保証が付いているのも安心できるポイントです。

坪単価

シンセ はぐみの坪単価は60万~70万円です。この金額で建設費用を計算してみました。

坪数 建設費用
20坪 1,200万~1,400万円
30坪 1,800万~2,100万円
40坪 2,400万~2,800万円
50坪 3,000万~3,500万円
60坪 3,600万~4,200万円

こんな人におすすめ

家族と一緒に過ごす時間やスペースを大事にしたいご家庭におすすめです。家族のための空間づくり、そして思い出づくりができるので、家の存在がより大きくなります。

平屋も建設可能【シンセ ピアーナ】

日本の伝統美をそのままに、そこに更に現在風のデザインを取り入れたのがシンセ ピアーナです。穏やかで上質な空間、落ち着いた家を希望する方にこそおすすめの構造、デザインです。

特徴

シンセ ピアーナは日本の厳格のある、そして美しい日本家屋を活かしているスマートなデザインが魅力です。広々とした空間、落ち着いた佇まい、和と洋をうまくミックスしたワンランク上の上質な家づくりが実現しています。

床材には日本の日である木のぬくもりを採用。心の豊かさ、生活の豊かさを取り戻します。平屋住宅の贅沢を楽しみたい方にこそピッタリな家の構造です。

坪単価

シンセ ピアーナの坪単価は60万~70万円となっています。ゆったりとした暮らしを希望する方にこそおすすめのプランです。

坪数 建設費用
20坪 1,200万~1,400万円
30坪 1,800万~2,100万円
40坪 2,400万~2,800万円
50坪 3,000万~3,500万円
60坪 3,600万~4,200万円

こんな人におすすめ

シンセ ピアーナは、平屋住宅なので土地を多く使用します。そのため都会というよりは、田舎でゆったりと暮らしたい方におすすめです。

空間を広々と【シンセ アイシラク】

こだわりのマイホームだからこそ、無駄がない家づくりを希望する方にシンセ アイシラクはおすすめです。最大35畳の柱なしの広々とした空間が実現するのは、シンセ アイシラクだけです。

特徴

シンセ アイシラクは鉄骨ラーメンユニット構造を採用することにより、家の自由度が更にパワーアップしました。空間の自由度をテーマに敷地内を決して無駄にすることなく、最大限に活かすところが魅力的です。

広く開放感のある家を建設したいのであればシンセ アイシラクを選びましょう。広いリビングや個々のプライベートルーム確保など、幅広い設計がメリットです。

坪単価

シンセアイシラクの坪単価は57万〜100万円と、大きな幅があります。ここでは坪単価を100万円と設定して建設費用を計算してみました。

坪数 建設費用
20坪 2,000万円
30坪 3,000万円
40坪 4,000万円
50坪 5,000万円
60坪 6,000万円

こんな人におすすめ

自由な空間づくりがテーマなので、間取りの変更が自由です。そのため将来のリフォームにも柔軟に対応しやすく、家の寿命がより長く保ちたい方におすすめです。

エスパシオシリーズ人気商品の特徴と坪単価

トヨタホームのエスパシオシリーズは、鉄骨軸組工法を採用することで設計や間取りの自由性が高いという特徴があります。そんなエスパシオシリーズにも様々な商品があるので、ここではそれぞれの商品の魅力や坪単価、特徴についてまとめてご紹介します。

理想の空間を実現【LX】

エスパシオシリーズのLXは、広い空間や高い吹き抜けなど、家の空間を最大限に引き出すことができるという特徴があります。イキイキと、伸び伸びとした生活が約束されるはずです。

特徴

高い吹き抜けや大きな窓など、今までにないほどの開放感を味わうことができます。視界に大きく入ってくる外の景色、明るく差し込む太陽の光、圧迫感のない広々とした空間はLXならではの魅力となっています。

もちろん空間は縦に広いだけではありません。左右のテラスとリビングをひとつにすることで、横にもワイドに広い空間を確保しました。柱を自由に移動できるため、自由な空間が増えるというメリットがあります。

坪単価

LXの坪単価は80万~100万円と考えましょう。間をとって90万円と想定して建設費用をご紹介します。

坪数 建設費用
20坪 1,800万円
30坪 2,700万円
40坪 3,600万円
50坪 4,500万円
60坪 5,400万円

こんな人におすすめ

エスパシオシリーズのLXは自由な空間づくりが得意です。柱を自由に移動させることができるので、開放感のある家を理想にしている方におすすめとなっています。

重厚な邸宅【LS】

エスパシオシリーズのLSを選べば、理想の邸宅が実現します。強く頑丈な外壁がその家に住む家族を優しく守り、穏やかな空間を提供してくれます。

特徴

エスパシオシリーズのLSにはALC外壁を採用しています。インセットサッシ+業界最大級の厚さ100mmの壁は、どんな衝撃からも家族を守ってくれます。例え約1,000℃の高温(火など)を30分浴び続けたとしても、家の中の温度は30分で2℃しか上昇しません。

この性能のおかげで隣家が火事になったとしてもLSでは火が燃え移ることがありません。また外壁だからと言ってワンパターンではなく、ボーダー柄やグリッド柄、割石柄、フラット板など、デザイン性にも富んでいます。

坪単価

エスパシオシリーズのLSの坪単価は75万~100万円です。高値に設定されていますが、外壁の性能を考えると納得の金額ではないでしょうか。ここでは80万円の計算で建設費用をご提案します。

坪数 建設費用
20坪 1,600万円
30坪 2,400万円
40坪 3,200万円
50坪 4,000万円
60坪 4,800万円

こんな人におすすめ

100mmという暑い外壁に守られているので、安心感を実感したい方におすすめです。理想の家像が詰まったモデルで、幅広い層に需要があります。

ガレージの可能性を【ガレージスタイルプラス】

家を家だけで考えるのではなく、車もワンセットとして考えられたモデルです。車を所有しているご家庭のことを考え、十分な広さの駐車スペース、そしてコミュニケーションスペースを確保しています。

特徴

ガレージスタイルプラスは家とガレージでデザイン設計されています。家と車の関係性は非常に高く、快適な住まいづくりに非常に重要なポイントとなっています。特に家族でお住いのご家庭では、車があることでアクセスも良くなり、利便性が高まります。

家を建設する時は家とは別に駐車場を確保するか、新たに駐車場を設けるしかありませんでした。ガレージスタイルプラスはその概念を覆し、最初から車のスペースがあるという条件で設計されています。

坪単価

ガレージスタイルプラスの坪単価は70万~100万円とされています。ここでは90万円と想定し、建設費用を計算してみましょう。

坪数 建設費用
20坪 1,800万円
30坪 2,700万円
40坪 3,600万円
50坪 4,500万円
60坪 5,400万円

こんな人におすすめ

家を建設する時に車のスペースがあれば、日々の暮らしがより豊かになります。ゆったりとした駐車スペースを確保することでゆとりも生まれるので、家と車を愛する方におすすめのモデルです。

LQシリーズ特徴と坪単価

LQシリーズはトヨタホームの中でもローコストで建築できるモデルです。それなのに間取りの選択は多く、値段以上の仕上がりが満足できるシリーズと話題になっているのです。ここではそんなLQシリーズについて詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

LQのコストパフォーマンス

LQシリーズの坪単価は40万円~となっています。1,600万円からマイホームが建設できるという、今までにない試みが注目になっているモデルシリーズなのです。値段が安いからと言って家の性能が低い分けではありません。

間取りだけでも30種類以上の中からセレクトできるなど非常に優秀なので、コストパフォーマンスも非常に高いという大きな魅力が特徴です。

坪数 建設費用
40坪 1,600万円
50坪 2,000万円
60坪 2,400万円

ローコストでも耐震性を確保

LQシリーズはローコストでありながらしっかりとした鉄骨造なため、耐震性にも優れています。自信にも強く衝撃を吸収することができるので、将来の安泰にも繋がります。

▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

トヨタホームの強み

ここではトヨタホームの強みやメリットをご紹介します。車だけではなくハウスメーカーとしても非常に強い力を発揮しているため、たくさんの魅力が詰まっています。

高い技術力

トヨタホームの高い技術力は大きな魅力です。特に耐震技術が素晴らしく、耐震等級3をクリアしていることから数百年に1度訪れるとされている大地震の1.5倍の衝撃にも難なく耐えることができるのです。

例えばトヨタホームにはローコスト住宅のLQシリーズがありますが、このLQシリーズでも耐震等級3をクリアしています。トヨタホームの家は値段に関係なく安全性が保障されているということなのでしょう。

もちろん他にも鉄骨ラーメン構造やラチス柱など、耐震強度に強い工法を多く採用しています。また、自動車製造技術を応用したT4システムが地震被害による衝撃を軽減させてくれるので、トヨタホームの家はとても強いという特徴があります。

業界トップクラスの長期保証

トヨタホームでは、最大60年という長期間保証が付いているのが大きな魅力と言えます。一般的なハウスメーカーだと10年保証というのはよくありますが、60年は他のハウスメーカーではなかなか存在しません。

家を建設したあと25年目までずっと無償で点検を行うことができるため、家のメンテナンスとしては最高です。

トヨタグループというバックグラウンド

車の大手メーカー・トヨタグループのハウスメーカーということで、強力なバックグランドを保持しています。いざという時のアフターサポートまで徹底しているため、安心感と信頼感があります。

トヨタホームのメリット

ここではトヨタホームのメリットについて詳しくご紹介します。他にはない嬉しいポイントもあるので、是非チェックして見て下さい。

独自のローンシステムがある

トヨタホームには独自のローンシステムがあり、事務手数料や借入時に必要な保証料が無料になるという特典があります。金利も安いというメリットがあるので、非常にお得です。

間取りは自由に決められる

トヨタホームのシンセシリーズやエスパシオシリーズなら、ご自身が自由に間取りを変更することができます。自分の理想像と限りなく近いマイホームを建設することも可能なので、夢はさらに広がります。

またトヨタホームには優秀な設計士がいますので、設計士と相談してより住みやすい環境づくりを目指しましょう。

安心の防犯性能

トヨタホームでは業界トップクラスの防犯システムを採用しています。例えば日射制御エアリ―ガードは、スラットを強固に連結させることで外からの侵入者を防ぎます。それでいて通気性も抜群なので、快適な暮らしをよりサポートしてくれます。

トヨタホームの口コミ

ここではトヨタホームに寄せられた口コミから意見をくみ取ってみましょう。そこから分かる実態、特徴も見えてくるはずなので、トヨタホームを検討している方は是非こちらも参考にしてみて下さい。

独自のローンシステムが便利

トヨタホームの口コミを見てみると、「トヨタホームのローンのおかげでコストを安く抑えることができました」という声がありました。トヨタファイナンスのローンシステムを採用することで、銀行よりも金利を安く抑えることができるのです。

また事務手数料が無料になるなど、他にも利用者にメリットになることがたくさんあるのが嬉しいところではないでしょうか。

代理店によっては技術力にバラつきがある

代理店に不満を感じる方もいらっしゃいました。全国に店舗があるため、どこも同じ技術とは限りません。そこで大事になってくるのは直接話し合い、コミュニケーションをとるということです。親身に対応してくれますので、まずは入念なミーティングがキーポイントになります。

ぴったりの商品を見つけて素敵な家を建てよう!

トヨタホームでは、それぞれのニーズに合わせたモデルシリーズがたくさん展開されています。技術面でもデザイン面でも価格面でも満足できる商品がきっと見つかるはずなので、興味のある方は是非トヨタホームをチェックしてみて下さい。

中には1,600万円でマイホームが完成するプランも用意されています。「マイホームは夢」と思わず、まずは目で見て相談することからスタートしてみましょう。

 

理想の家づくりにおすすめな「タウンライフ家づくり」とは?

注文住宅を購入する際に、「間取りのイメージがわかない」、「希望の間取りをなるべく低予算でデザインしたい」といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、間取りは家の印象を決めるとても大切な要素なので、ちょっとした妥協が家づくりの失敗に直結してしまうことも珍しくありません。また、導線一つで住みやすさが大きく左右されることもあるので、多くの方が間取りで悩むのも当然と言えるでしょう。

そんな方におすすめのサービスが、注文住宅購入の新常識「タウンライフ家づくり」です。「タウンライフ家づくり」は、希望に沿った間取りプランを無料で一括査定できる画期的なサービスで、注文住宅に関する悩みをコンパクトに解決してくれる優れものです。注文住宅に関する希望を細かくフォーマットに記入すれば、希望に沿った間取りプランや見積もりを無料で行ってくれる、日本で唯一のサービスです。

資料請求や見積もりはスマホ一台あれば、どこにいても簡単に申し込むことができます。株式会社リンクアンドパートナーズが実施した調査によると、タウンライフ家づくりは注文住宅部門で「利用満足度No.1」「知人に勧めたいサイトNo.1」「使いやすさNo.1」の3冠を達成しており、顧客満足度の高さを伺い知ることができます。

また、注文住宅購入の新常識として話題になったのは最近の話ですが、実績は既に32,000件と非常に豊富です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりをおすすめする3つのポイント

では具体的に、タウンライフ家づくりを通して間取りを依頼するとどんなメリットがあるのか、大きく分けて3つの観点からご紹介していきましょう。

一括請求だから、最安値が一目瞭然

タウンライフ家づくりで間取り依頼をかけることのできる業者は、なんと600社にも及びます。いずれも国家基準をクリアした優良注文住宅会社であり、同じ希望内容を一斉に依頼することで、最安値の会社が一目瞭然です。

実際、全く同じ間取りでも業者によって300~400万変わってくることは珍しくありません。注文住宅において費用は非常に大きなポイントになって来るので、一括請求することで費用を最小限に留めることができます。

また、今までであれば一社一社と打ち合わせをして見積もりを出してもらうというのが注文住宅購入の流れでしたが、タウンライフ家づくりであればわざわざ注文住宅会社に足を運ぶ必要がありません。気になった注文住宅会社のみと打ち合わせを重ねていけば良いので、会社選びの手間も大きく省くことができ、時間の節約にもなります。

希望エリアの土地情報も手に入る

タウンライフ家づくりで新築物件を購入するエリアを指定すれば、その地域の土地情報も併せて手に入れることができます。「まだ土地を購入するのはこれから」という方にとっては、間取りのデザインと同時に土地探しまでセットで行うことができるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

自宅でじっくり比較検討できる

タウンライフ家づくりで間取りデザインを依頼すれば、家でゆっくりと間取りを比較検討することができます。展示場や注文住宅メーカーで打ち合わせをすると、その場で即決を迫られたり、追加のオプションなどの営業を受けたりすることがあり、なかなか自分たちのペースで話を進められないというケースが多く見られます。

一方、タウンライフ家づくりであれば、一括請求によって送られてきた間取りや費用を見比べながら、ご家族とゆっくり話し合って決めることができます。時間に迫られたり、場の空気に合わせたりする必要もないので、より自分たちの理想に根差した家づくりを落ち着いて進めることができます。これはインターネットを活用したタウンライフ家づくりならではの大きなメリットと言えるでしょう。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりが選ばれる3つの理由

「対人じゃなくても理想の家づくりができるの?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、タウンライフ家づくりのサポート体制は非常に充実しています。

間取りプランを専門家が提案

マイホームの間取りを決める際、あまりにも希望を詰め込みすぎると、結果的に住みにくい間取りになってしまうことも珍しくありません。いざ住んでみてからやはり間取りを変更したいとなってしまっては、追加でリフォームする手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ間取りのデザインと住みやすさのバランスを図ることが大切です。

タウンライフ家づくりでは、依頼者の希望を最大限考慮したうえで、専門家がデメリットも提示してくれます。特に家の導線は、素人ではなかなか判断が付かず、専門家の知恵や経験が最も活きてくる分野と言えるでしょう。

他にも窓の大きさ、窓の数、水回りの明るさ等に関する希望も出すことができます。自分たちの理想はしっかりと伝え、そのうえで専門家の意見も取り入れると、理想と利便性を兼ね備えた家づくりを行うことができます。

総額に対しての資金計画

マイホーム購入にあたり、誰もが不安に思うのが資金計画。「こんな大きな額、継続して払っていけるのだろうか?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、マイホーム購入にかかる総費用を事前に把握しておくことは非常に重要です。タウンライフ家づくりでは坪単価だけでなく、本体工事にまつわる諸費用をすべて含めた総額を事前に依頼することができます。坪単価だけで単純計算すると、後になって「こんな費用がかさむとは思わなかった」となってしまうので、必ず契約前に費用の総額を確認しておきましょう。

マイホームに最適な土地を提案

前述の通り、タウンライフ家づくりでは希望のエリアにおける土地情報を随時提供してくれます。土地の場所や敷地面積はもちろん、方角、日照条件、近隣環境などを詳細に提示してくれるので、理想に近いベストな土地を見つけることができるでしょう。

特に地盤には注目したいところ。どれだけ立地が良くても、地盤が緩いと災害で被害を受ける可能性が高くなるので、地盤の強さに関する情報はしっかりとチェックしてください。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりのお申し込みの流れ

タウンライフ家づくりでは、たったの3分で間取りプランを一括依頼することができます。スマホ一台あればどこでも簡単に依頼することができますし、もちろんパソコンからでも可能です。以下の手順に沿ってまずは気軽に依頼してみましょう。

希望のエリアを選択

まず初めに、「Step1 都道府県」と「Step2 市区町村」を指定します。タウンライフ家づくりでは、市区町村に応じて土地価格相場(坪単価)を提示してくれるので、具体的に土地が決まっていない方も、まずは一番希望のエリアを登録しておきましょう。

希望条件を入力

続いて、家や土地に関する希望をフォーマット通りに入力していきます。回答必須の項目としては以下のような内容が挙げられます。

  • 希望世帯を選択(一世帯・二世帯・店舗)
  • 階数(平屋・二階・三階)
  • 住居予定人数
  • 希望の間取り(2LDK~)
  • LDKの広さ
  • 土地の大きさ
  • 希望の総予算

要望を詳しく伝える

項目欄の一つに、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望」という欄があります。家づくりにおいては実はここが非常に大事なポイントで、ここで希望をあらかじめ伝えておくことで、注文住宅会社とイメージを最大限に共有することができ、間取りを再設計する手間や時間を省くことができます。

具体的には以下のような希望を記入しておくと便利なので、参考にして下さい。

  • 世帯年収は〇〇〇万円で、月々の支払いは〇万円、頭金は〇万円を想定しています。
  • 窓の数を多くし、日光を取り入れる家づくりがしたいです。
  • 既に購入済みの土地は、〇メートル×〇メートルで、建物面積は〇平方メートルを想定しています。
  • 子供に目が行き届くよう、リビングは広く明るい設計にしたいです。
  • 日中のご連絡は携帯までお願いします。

必須項目を入力する

続いて、個人に関する項目を入力していきます。必須項目は以下の通り。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 住所
  • 建設予定地(すでに土地を持っている、土地を探しているなど)
  • Emailアドレス
  • 電話番号

希望の注文住宅会社を選択する

入力したエリアや条件に基づいて、600社の中から対応可能な注文住宅会社が一覧表示されます。一括して依頼することもできますし、希望の会社だけを選択して依頼することも可能です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりで理想の間取りを手に入れよう!

間取りを理想通りにうまく設計できるかどうかは、家づくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。「入力する項目が多くて大変」と思われた方もいるかもしれませんが、注文住宅会社といかにイメージを共有し、理想の間取りをすり合わせていくかが大切ですので、まずはタウンライフ家づくりで気軽に一括依頼してみましょう!

依頼した各社から回答が来たら、あとはじっくり家で比較検討し、予算やデザインに一番合った注文住宅会社を選ぶだけです。間取りプランを無料で一括依頼できる「家づくりの新常識」タウンライフ家づくりで、ぜひ理想の家をデザインしましょう!

その他の関連記事はこちらから




※記事の掲載内容は執筆当時のものです。