記事更新日:

トヨタホームの注文住宅で家を建てた人の「評判・口コミ」を徹底調査!

トヨタグループのハウスメーカーであるトヨタホーム。ユニット工法と鉄骨軸組工法から選ぶことができ、施主のニーズに応える様々なプランが展開されています。機能性の高さや保証の手厚さに定評があり、自動車製造で培った製造・管理も注目したいポイントです!そこで今回はトヨタホームの特徴や実際に建てた方のコミ、価格などを詳しく解説していきます。

トヨタホームとは?

CMなどでトヨタホームを耳にしたことがある方は多いと思いますが、その詳細は知らないという方も多いことでしょう。まずはトヨタホームの特徴をご紹介します。

トヨタグループのハウスメーカー

トヨタホームはトヨタグループのホームメーカーです。トヨタ自動車やダイハツ工業、東和不動産など17社(2020年現在)が株主として支えています。

また、自動車製造で培ったノウハウを反映させた家作りをするだけでなく、自動車と家の連携やエネルギー分野、防犯対策といったグループ会社の技術がトヨタホームの住まいづくりに活かされています。

60年間という長期保証

トヨタホームには、60年の長期保証がついています。長く住むほど家の劣化が気になってきますが、家の保証が長い安心感はトヨタホームの強みのひとつです。

日本ではマイホームに住む期間がおよそ30年間といわれていますが、60年保証であれば安心して住み続けることができます。また、年月を重ねても資産価値を保つことができるため、売却や住み替え、相続などの将来設計が組み立てやすくなります。

【60年保証の内容】

  • 建ててから25年目まで5年ごとに無償点検
  • 25年目以降は定期的な点検とメンテナンス

【注意点】

60年長期保証は、シンセシリーズ・LQ・エスパシオシリーズの「アトリスプラン60年長期保証制度」対象のサービスとなります。

トヨタホームの特徴

次は、トヨタホームの家の特徴や品質、プランについてです。広々とした住まいに憧れている方や、暮らしを効率化させたい方は要チェックです。

鉄骨造によって大空間を作ることが可能

トヨタホームといえば、筋交いや耐力壁が必要ない「鉄骨ラーメン構造」を採用した家作りが特徴です。最小限の梁と柱で建物を支えつつ接合部を変形防止プレートで強化してあり、高い耐震性を実現しています。

柱や壁の制約が少ないため、開放感のある間口や幅広のドア、大きな窓、大空間のリビングといった開放的で広々とした空間を作ることができます。

スマートハウスで車と住宅をつなぐ

トヨタホームのスマートハウス はエネルギーを効率化したり、車と連携させるなど暮らしに結びついたサポートが充実しているのが特徴です。

  • 太陽光で発電し、「家で使う」「売電する」「非常時に備える」を実現
  • スマホで家の戸締りを確認でき、遠隔操作で施錠もできる
  • カーナビが「戸締りは大丈夫?」といった質問をしてくれる

といった、あると便利な機能が付いています。

例えば、バタバタと外出した時に戸締りを忘れたかもしれない・・と思った時に、「もう一度家に戻る」といった必要がなくなります。家以外の場所からでも情報がキャッチできる安心感が魅力です。

安心のトヨタ品質を提供

トヨタホームの家は最大限に品質を高めるために家の約85%を工場内で生産。構造体や断熱材が雨などで劣化する心配がないのがメリットです。

なお、自動車生産で培われたあらゆる工程の効率化を家作りにも反映し、5,000項目もの検査を行っているため、高品質の仕上がりを提供することができます。

高い防犯性を確保

トヨタホームのコンセプトのひとつに「狙われにくく、入られにくい」があります。外部からの侵入を防ぐ構造を組み込み、防犯に強い家を作り上げることができます。

割れにくい窓やセンサーライト、電子鍵「ラ・ロックⅡ」など、最新の防犯システムを効果的に取り入れて、被害を未然に防ぐ家づくりを提案をしてもらうことが可能です。

多彩なプランで理想の注文住宅を

注文住宅といえば、家族構成やライフスタイルに合わせて家を作り上げられるところが醍醐味です。

トヨタホームでは、ユニット工法のシンセシリーズと鉄骨軸組工法のエスパシオシリーズ、ワイズジョイント工法のLQという商品が展開されています。

2階建て・3階建て・平屋建てはもちろん、赤ちゃん医学から生まれた家やインナーガレージのある家など選択肢が豊富なので、家族にとって住み心地の良い家が見つかるはずです。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

トヨタホームの良い口コミ・評判は?

これから注文住宅を建てる予定があってホームメーカーを探している方や、すでに選択肢の中にトヨタホームを含めている場合、評判や口コミが気になるかと思います。まずは良い口コミや評価から見ていきましょう。

良い口コミ・評判①震災時の対応がよかった

仙台に住んでいますが、今回の地震でも特に問題は無く、すぐに社員の方が訪問してくださり外の給湯器、外壁など全て点検してくれました・クロスが破けるなどのトラブルはありましたが、無償補修していただいています。

引用:注文住宅の最強大百科

地震をはじめとする災害は日本全国どこで起こるか分かりません。万が一マイホームが被害に遭った時に早急に対応してもらえるかどうかは非常に重要なポイントとなります。口コミを見る限り、点検や無償補修の体制が整っているようです。

良い口コミ・評判②品質が決め手

トヨタホームに決めたのは、家の品質。

他の住宅メーカーと比べても、細かいところまでしっかりと作りこまれていて自信を持って選ぶことができました。

安いハウスメーカーではないと思いましたが、家は長く住むものですから結局は品質の良さを重要視することが大切だと考えました。

友人や知り合いが遊びに来ても、作りの良さに感心してくれるので、遊びに来てもらうのが嬉しくなります。

人を招きたいと思える住宅っていいですよね。

引用:マンション売却の道しるべ

家を建てるうえで最も重要な「品質」。お得さを重視して家を建てたつもりでも、早く劣化しては本末転倒です。また、仕上がりの雑さに気付いた時には手遅れ・・ということは避けたいので、細部まで作り込まれているのは魅力だと思います。特に自信をもって人を招きたいという方は品質を重視することをおすすめします。

良い口コミ・評判③要望をしっかりと聞いてくれる

こちらの言いたい放題の自由設計に、本当に根気よく耳を傾けて対応していただきました。他にも何社かと合い見積もりしていましたが、トヨタの営業マンが一番辛抱強く言うことを聞いてくれました。おかげで、思い通りの家を心ゆくまで作ることができて、本当に満足しています。やはり家は一生もの。妥協したくないならトヨタホームです。

引用:注文住宅の最強大百科

自分たちの要望はできるだけ伝えたいけれど、「担当の営業マンの対応が悪くて思い通りにならない」「何となく話しにくくて、担当を変えたい」というようなケースもあります。もちろん相性もありますが、このような口コミがあると安心できるのは確かです。契約前から引き渡しまで連絡を取り合ったり、打ち合わせを重ねることを考えると、要望に耳を傾けてくれるかどうかは非常に重要な項目といえます。

トヨタホームの悪い口コミ・評判は?

トヨタホームに限らず、良い口コミがある一方で少なからず悪い口コミもあります。口コミの内容を見ておけば、注意すべき点が見えてくるはずです。

悪い口コミ・評判①必要ないものまで追加される

ハウスメーカーで住宅を購入するのであればどこでもある話かもしれませんが、トヨタホームでも必要のないものを買わされようとしました。

植栽をしないといけないと義務のような言い方をされましたが、市役所に問い合わせてもその必要はありませんでした。

住宅自体は素敵な設計で満足しているので、そこだけが残念です。

引用:マンション売却の道しるべ

自分に知識がないことをあたかも本当のことのように言われると、つい信用しそうになるものです。また、ハウスメーカー側に悪意がなかったとしても「騙されそうになった」という誤解を生む原因になるため、押し売りのようなことをされたという口コミは重要な判断材料になります。一部の営業マンが行った可能性も考えられるので、あくまで参考としておくと良いでしょう。

悪い口コミ・評判②営業マンの当たりはずれがある

営業さんに左右されると思います。ある販売会社で親が家を建てたときの営業さんはすごく対応が良かったのに、自分の担当になった営業は仕事が遅いのに契約ばかり急ごうとするので、別の販売会社にしました。次の営業は他の住宅メーカーと相見積もりした中でもピカ一の営業さんで、商品知識もくわしく当方の難しい要望もすぐ対応してくれました。商品自体は他のメーカーに追い付いてきているはずなので、本当に販売会社・営業さんや施工店の当たり外れによると思います。

引用:注文住宅の最強大百科

担当の営業マンとは、間取りの相談や契約書類の確認、打ち合わせ日の調整など様々なやり取りが発生します。当然のことながら優秀な営業マンばかりではないので、当たりはずれによって満足度が左右されがちです。ただし、トヨタホームの営業マンに限らず、どのホームメーカーにも言えることなので、どうしても合わないのであれば担当の交代を申し出るのもひとつの方法です。

悪い口コミ・評判③アフターサービスに不満

今年、トヨタホームの10年点検です。「3ケ月前から点検できます」っていう
連絡のハガキが、なんと『点検期間終了の19日前』に届きました!!( ;∀;)
呆れるやら、腹立たしいやらでさっそくフリーダイヤルに電話しました。
点検のタイミングは、こちらが気をつけていないとダメですね。トヨタホームさんが
連絡をくれると思っていると馬鹿を見ます!!注意してください。

立地が気に入っているので売却はしませんが、「お知り合いをご紹介ください」って
いう例の一文を見るたびにイライラします。
あと19日で本当に10年点検してもらえるんだろうか?毎回、お願いしてもなかなか
来てくれないのに……。主人も怒っているし、本当に胃がキリキリ痛いです。
営業さんは、毎年年末にカレンダーを持ってきてくれて親切なんですけどね。
「ちょっと失敗したかな~」って感じです。ハウスメーカーって、どこもこんなもん
なんでしょうか?

引用:みん評

実際に住み始めると「点検の時にチェックしてほしい」という場所が出てきます。そのような時に点検を忘れられていたり、連絡が遅かったりすると非常にがっかりするものです。ホームメーカーに関する悪い口コミにアフターケアが残念という内容は結構多いため、逆にしっかりとした対応をするという口コミがあるホームメーカーを把握しておくのもおすすめです。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

トヨタホームの価格は?

一生に一度の買い物ともいえるマイホーム。できるだけ理想に近付けたいものですが、ネックになるのが「価格」というケースは多いです。次は、トヨタホームの価格について掘り下げていきましょう。

トヨタホームの坪単価は?

トヨタホームの坪単価の目安は、およそ40~80万円です。他社と比べると価格が高いという口コミが多いですが、ランクが低いプランだと40万円台から建てることができます。

それほどハイスペックな性能を求めていない場合や、できるだけ価格を抑えたいという方は坪単価が低いプランをチェックしてみてください。

ローンの融通が利く

トヨタホームでは、トヨタファイナンス株式会社のトヨタホームローンという独自のローンを扱っています。トヨタホーム購入者のみが利用できるローンで、具体的には

  • 借入時の保証料や融資事務手数料が不要になる
  • 銀行よりも低い金利で借りれるプランがある

といった特徴があります。

ローンの金利次第では総支払額が大きく変わることになるので、資金計画の際に担当者に詳細を聞いてみると良いでしょう。

トヨタホームの特徴を知って素敵な住宅を建てよう!

トヨタホームの特徴や口コミ、価格についてご紹介しました。トヨタホームは製造の効率化をすることで、高品質な住まいづくりをしているハウスメーカーです。

60年の長期保証がついている安心感はもちろん、車と連携させたり、スマホから玄関ドアの施錠やお風呂のお湯はりをするなど最先端の暮らしができる点にも注目したいところ。

他社と比べて価格が高いイメージがあるかもしれませんが、坪単価はおよそ40~80万円とプランによって差があります。また、記事内でご紹介したトヨタ独自の住宅ローンを視野に入れるのもひとつの方法です。

これからマイホームを考えている方は、ぜひトヨタホームのプランもチェックしてみてください!

理想の家づくりにおすすめな「タウンライフ家づくり」とは?

注文住宅を購入する際に、「間取りのイメージがわかない」、「希望の間取りをなるべく低予算でデザインしたい」といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、間取りは家の印象を決めるとても大切な要素なので、ちょっとした妥協が家づくりの失敗に直結してしまうことも珍しくありません。また、導線一つで住みやすさが大きく左右されることもあるので、多くの方が間取りで悩むのも当然と言えるでしょう。

そんな方におすすめのサービスが、注文住宅購入の新常識「タウンライフ家づくり」です。「タウンライフ家づくり」は、希望に沿った間取りプランを無料で一括査定できる画期的なサービスで、注文住宅に関する悩みをコンパクトに解決してくれる優れものです。注文住宅に関する希望を細かくフォーマットに記入すれば、希望に沿った間取りプランや見積もりを無料で行ってくれる、日本で唯一のサービスです。

資料請求や見積もりはスマホ一台あれば、どこにいても簡単に申し込むことができます。株式会社リンクアンドパートナーズが実施した調査によると、タウンライフ家づくりは注文住宅部門で「利用満足度No.1」「知人に勧めたいサイトNo.1」「使いやすさNo.1」の3冠を達成しており、顧客満足度の高さを伺い知ることができます。

また、注文住宅購入の新常識として話題になったのは最近の話ですが、実績は既に32,000件と非常に豊富です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりをおすすめする3つのポイント

では具体的に、タウンライフ家づくりを通して間取りを依頼するとどんなメリットがあるのか、大きく分けて3つの観点からご紹介していきましょう。

一括請求だから、最安値が一目瞭然

タウンライフ家づくりで間取り依頼をかけることのできる業者は、なんと600社にも及びます。いずれも国家基準をクリアした優良注文住宅会社であり、同じ希望内容を一斉に依頼することで、最安値の会社が一目瞭然です。

実際、全く同じ間取りでも業者によって300~400万変わってくることは珍しくありません。注文住宅において費用は非常に大きなポイントになって来るので、一括請求することで費用を最小限に留めることができます。

また、今までであれば一社一社と打ち合わせをして見積もりを出してもらうというのが注文住宅購入の流れでしたが、タウンライフ家づくりであればわざわざ注文住宅会社に足を運ぶ必要がありません。気になった注文住宅会社のみと打ち合わせを重ねていけば良いので、会社選びの手間も大きく省くことができ、時間の節約にもなります。

希望エリアの土地情報も手に入る

タウンライフ家づくりで新築物件を購入するエリアを指定すれば、その地域の土地情報も併せて手に入れることができます。「まだ土地を購入するのはこれから」という方にとっては、間取りのデザインと同時に土地探しまでセットで行うことができるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

自宅でじっくり比較検討できる

タウンライフ家づくりで間取りデザインを依頼すれば、家でゆっくりと間取りを比較検討することができます。展示場や注文住宅メーカーで打ち合わせをすると、その場で即決を迫られたり、追加のオプションなどの営業を受けたりすることがあり、なかなか自分たちのペースで話を進められないというケースが多く見られます。

一方、タウンライフ家づくりであれば、一括請求によって送られてきた間取りや費用を見比べながら、ご家族とゆっくり話し合って決めることができます。時間に迫られたり、場の空気に合わせたりする必要もないので、より自分たちの理想に根差した家づくりを落ち着いて進めることができます。これはインターネットを活用したタウンライフ家づくりならではの大きなメリットと言えるでしょう。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりが選ばれる3つの理由

「対人じゃなくても理想の家づくりができるの?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、タウンライフ家づくりのサポート体制は非常に充実しています。

間取りプランを専門家が提案

マイホームの間取りを決める際、あまりにも希望を詰め込みすぎると、結果的に住みにくい間取りになってしまうことも珍しくありません。いざ住んでみてからやはり間取りを変更したいとなってしまっては、追加でリフォームする手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ間取りのデザインと住みやすさのバランスを図ることが大切です。

タウンライフ家づくりでは、依頼者の希望を最大限考慮したうえで、専門家がデメリットも提示してくれます。特に家の導線は、素人ではなかなか判断が付かず、専門家の知恵や経験が最も活きてくる分野と言えるでしょう。

他にも窓の大きさ、窓の数、水回りの明るさ等に関する希望も出すことができます。自分たちの理想はしっかりと伝え、そのうえで専門家の意見も取り入れると、理想と利便性を兼ね備えた家づくりを行うことができます。

総額に対しての資金計画

マイホーム購入にあたり、誰もが不安に思うのが資金計画。「こんな大きな額、継続して払っていけるのだろうか?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、マイホーム購入にかかる総費用を事前に把握しておくことは非常に重要です。タウンライフ家づくりでは坪単価だけでなく、本体工事にまつわる諸費用をすべて含めた総額を事前に依頼することができます。坪単価だけで単純計算すると、後になって「こんな費用がかさむとは思わなかった」となってしまうので、必ず契約前に費用の総額を確認しておきましょう。

マイホームに最適な土地を提案

前述の通り、タウンライフ家づくりでは希望のエリアにおける土地情報を随時提供してくれます。土地の場所や敷地面積はもちろん、方角、日照条件、近隣環境などを詳細に提示してくれるので、理想に近いベストな土地を見つけることができるでしょう。

特に地盤には注目したいところ。どれだけ立地が良くても、地盤が緩いと災害で被害を受ける可能性が高くなるので、地盤の強さに関する情報はしっかりとチェックしてください。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりのお申し込みの流れ

タウンライフ家づくりでは、たったの3分で間取りプランを一括依頼することができます。スマホ一台あればどこでも簡単に依頼することができますし、もちろんパソコンからでも可能です。以下の手順に沿ってまずは気軽に依頼してみましょう。

希望のエリアを選択

まず初めに、「Step1 都道府県」と「Step2 市区町村」を指定します。タウンライフ家づくりでは、市区町村に応じて土地価格相場(坪単価)を提示してくれるので、具体的に土地が決まっていない方も、まずは一番希望のエリアを登録しておきましょう。

希望条件を入力

続いて、家や土地に関する希望をフォーマット通りに入力していきます。回答必須の項目としては以下のような内容が挙げられます。

  • 希望世帯を選択(一世帯・二世帯・店舗)
  • 階数(平屋・二階・三階)
  • 住居予定人数
  • 希望の間取り(2LDK~)
  • LDKの広さ
  • 土地の大きさ
  • 希望の総予算

要望を詳しく伝える

項目欄の一つに、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望」という欄があります。家づくりにおいては実はここが非常に大事なポイントで、ここで希望をあらかじめ伝えておくことで、注文住宅会社とイメージを最大限に共有することができ、間取りを再設計する手間や時間を省くことができます。

具体的には以下のような希望を記入しておくと便利なので、参考にして下さい。

  • 世帯年収は〇〇〇万円で、月々の支払いは〇万円、頭金は〇万円を想定しています。
  • 窓の数を多くし、日光を取り入れる家づくりがしたいです。
  • 既に購入済みの土地は、〇メートル×〇メートルで、建物面積は〇平方メートルを想定しています。
  • 子供に目が行き届くよう、リビングは広く明るい設計にしたいです。
  • 日中のご連絡は携帯までお願いします。

必須項目を入力する

続いて、個人に関する項目を入力していきます。必須項目は以下の通り。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 住所
  • 建設予定地(すでに土地を持っている、土地を探しているなど)
  • Emailアドレス
  • 電話番号

希望の注文住宅会社を選択する

入力したエリアや条件に基づいて、600社の中から対応可能な注文住宅会社が一覧表示されます。一括して依頼することもできますし、希望の会社だけを選択して依頼することも可能です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりで理想の間取りを手に入れよう!

間取りを理想通りにうまく設計できるかどうかは、家づくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。「入力する項目が多くて大変」と思われた方もいるかもしれませんが、注文住宅会社といかにイメージを共有し、理想の間取りをすり合わせていくかが大切ですので、まずはタウンライフ家づくりで気軽に一括依頼してみましょう!

依頼した各社から回答が来たら、あとはじっくり家で比較検討し、予算やデザインに一番合った注文住宅会社を選ぶだけです。間取りプランを無料で一括依頼できる「家づくりの新常識」タウンライフ家づくりで、ぜひ理想の家をデザインしましょう!

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。