引用:LEO HOUSE

記事更新日:

レオハウスの人気商品「COCO」とは?特徴から坪単価まで詳しく解説!

一生に一度の大きな買い物である「家」を購入する際は、できれば自分のこだわりを詰め込んだ理想の家に住みたいものです。しかし、こだわりを詰め込んでしまうと、どうしても価格が上がってしまい手が届かない価格になってしまうこともあります。

そんな時はレオハウスの「COCO」を検討してみてはいかがでしょうか。「COCO」はローコスト住宅でありながら、フルオーダーの自由設計が可能な商品です。そんな「COCO」の特徴や間取り例などを紹介していきます。

レオハウスの人気商品「COCO」とは?

レオハウスの人気の商品であるCOCOは、基本仕様にグレードアップしたい性能を好みに合わせて選ぶことで、こだわりたいポイントをプラスして家づくりが楽しめます。選択できるアイテムはとても多いため、自分の好みや価値観に合ったものを選ぶことができ、自由に家を設計することができます

また、家の顔となる外観にもこだわっており、使用する素材やデザインはもちろん、メンテナンスにもこだわりを持って作られているため、自分らしい外観に仕上げることが可能です。外観のデザインは設計士のスケッチやCGシミュレーションを使用し、完成した家を具体的にイメージしながら検討することが可能です。

レオハウス「COCO」の特徴

ここからは、自分らしい家づくりが可能なレオハウスの人気商品、COCOの特徴について紹介していきます。レオハウスのこちらの商品には、どのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、フルオーダーの自由設計であること、ローコストであること、顧客の評判が高いことの3つについてチェックしていきます。それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①フルオーダーの自由設計

まず最初に紹介する特徴は、フルオーダーの自由設計であることです。暮らしの形式は人によってそれぞれ違い、同じものは一つとしてありません。そのため、フルオーダーの自由設計で自分らしく暮らすための理想の家を設計できます

例えば、「家事の時間をできるだけ減らしたい」「家族と繋がりを持てる家」「親と同居する二世帯住宅」など、思い描いているライフプランや悩みなどを相談することで、このような悩みを解消しながら、思い描いているライフプランを実現するための提案をしてくれ、理想の家を実現できるようなプランニングを提供してくれます。

特徴②ローコスト

2つ目に紹介する特徴は、ローコストで家を建てられることです。一般的なローコスト住宅と言えば、間取りの自由度が少なく限られたプランの中から好きな物を選ぶ仕組みとなっており、こだわった家づくりが難しくなります。

しかし、レオハウスは先ほど紹介したように、フルオーダーの自由設計を行うことができ、なおかつローコストで家を建てることができます。そのため、予算を抑えながら理想の間取りや素材、設備を選ぶことができ、自分らしい家に仕上げることが可能です。

特徴③顧客の評判が高い

最後に紹介する特徴は、顧客の評判が高いことです。レオハウスは47社のハウスメーカーが対象の、2018年のオリコン顧客満足度ランキング「金額の納得感」の項目で1位を受賞しています。

ローコストで自由設計を実現するために、広告費を減らしコストを減らしています。広告費を削減しているのにも関わらず、2006年の創立時から1年で1400棟、2013年には1万棟、2019年で2万4000棟急激に成長している実力派のハウスメーカーです。

また、このように実力がありローコストを実現するために、コスト削減を行っていること以外にも、金額の納得感が高く見積もりも正確であるため安心して家づくりを任せることができます。また、この「金額の納得感」は3年連続受賞しています。

レオハウス「COCO」の気になる点を徹底解説

レオハウスは安心して家づくりを任せることのできる、設計が自由にできるフルオーダー設計でありながら、ローコスト住宅で見積もりの正確さにも高い評価を得ている会社と分かりました。

また、そんな信頼できるレオハウスの人気商品である「COCO」は、自分の理想やこだわりを反映できる商品となっています。そこで、ここでは「COCO」の気になる坪単価や耐震性、間取り例や外観についてチェックしていきます。

レオハウス「COCO」の坪単価

レオハウス「COCO」の坪単価は、45万円~60万円ほどとなっています。こちらの商品は、基本は標準仕様のものから好きなアイテムを自分好みにグレードアップすることができるため、グレードアップしたいアイテムが多ければ多いほど坪単価が上がっていきます。

ローコスト住宅と聞いてからこの坪単価を提示されると、少し高いのではないか?と思う方もいるかもしれません。しかし、大手ハウスメーカーの平均の坪単価が84万円ほどとなっています。

この坪単価とレオハウスの坪単価を比較すると、レオハウスも大手ハウスメーカーのように自由設計であることから、やはりレオハウス「COCO」は比較的価格が安い住宅となっています。しかも、思い通りの家を作れるコストパフォーマンスが高い商品です。

レオハウス「COCO」の耐震性

好きな設備をグレードアップさせることができて、価格も安いレオハウス「COCO」の耐震性はどうなっているのでしょうか。こちらの商品は、6面体構造という、一般的な木造軸組構造に耐力面材や構造用金物を加えた、構造を採用しているため耐震性に優れています。

また、独自に開発した制震システム「L-SAV」を採用し、このシステムがダンパーのような役割を果たし、地震の揺れで建物が変形してしまうことを50%ほど減らすことができます。

ベタ基礎には地面にかかっている圧力を分散するシステム、耐力面材には強い剛性を発揮するシステム、耐震構造にはねじれや曲がりに強いシステム、剛床構造には横からの力によって歪んでしまうのを防ぐシステムがあります。このように、耐震性に優れた構造や制震システムによって地震に強い家を実現しました。

レオハウス「COCO」の間取り例

レオハウス「COCO」は基本仕様をベースにこだわりたいポイントをグレードアップすることができるため、思い描いている理想の間取りを実現することができます。こちらの間取りは、オープンスタイルのキッチンで家族のコミュニケーションが増える間取りとなっています。

また、料理や洗濯が同時に行えるように脱衣所とキッチンが隣り合わせになっており、家事の時間を短縮することができます。さらに、希望のカーポートやウッドデッキをプラスしながら予算を抑えることに成功しました。

 

こちらの間取りは、生活動線を重視し、キッチンの横には収納力の高いパントリーや洗面を配置しているため、料理や洗濯などをスムーズに行うことができ、家事を効率的にこなすことが可能です。また、生活動線を確保しながらも解放感のある間取りで、部屋数も確保されています。

レオハウス「COCO」の外観

レオハウス「COCO」の外観は、間取りや内装の設備と同じように、好みに合わせて選ぶことができます。ただし、例えば屋根は陶器瓦、スレート屋根、ガルバニウムの3種類で、「COCO」の中のグレードによって選べるものが異なります。

陶器瓦を採用したい場合には、「COCO」の中のDセレクトのグレードにする必要があるなど、グレードによって選べる屋根が変わってきます。外壁も同様に「COCO」の中のグレードによって選べるシリーズが異なります。

このように大手のハウスメーカーほど高級感があるエクステリアや外観の自由度はありませんが、和モダンや北欧風など好みのテイストに合わせることは十分可能で、コストを抑えながら外観も自由に設計したい方におすすめです。「COCO」の中のグレードと選べる外壁は以下の表の通りです。

グレード 仕様 外壁
ベーシック 標準仕様 ケイミューエクセレージ・親水の14シリーズ
Vセレクト 上級仕様 ニチハモエンエクセラード16Vシリーズ
Dセレクト 豪華仕様 ニチハフュージェシリーズ・東レ・旭トステム

 レオハウス「COCO」の口コミを調査

営業の対応が良く、土地探しのぴったりのものが見つかったため契約しました。打ち合わせも丁寧に対応していただき大変満足です。引用:みん評

 

オプションをつけることで、自分の好きな仕様に変更でき値段も手ごろです。引用:みん評

営業の対応が良く、安心して任せることができるという評価がありました。一生に一度の家づくりですから、気持ちよく任せることのできる営業がいるのは心強いですね。

また、COCOの特徴でもあるこだわりたい箇所をグレードアップする仕組みにも、満足度が高いようです。標準仕様の中から好きな箇所だけグレードアップすることで、予算も抑えることができる点に高い評価を得ています。このような口コミから、安心して家づくりができる環境の整ったハウスメーカーであることが分かります。

レオハウス「COCO」で理想の住宅を建てよう

レオハウス「COCO」はローコストで家を建てることができますが、ローコスト住宅ではなかなか実現できないフルオーダーの自由設計で、間取りや仕様を好きなようにカスタマイズでき、顧客からの評価がとても高いです。

坪単価も大手のハウスメーカーと比べると安く、耐震性にも優れています。ここでは、間取りの例や口コミなどを実際にレオハウスで家づくりをした方の声を紹介しているので、参考にして理想の住宅を建てましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。