記事更新日:

スウェーデンハウスの坪単価は?人気商品の特徴を種類別にご紹介!

スウェーデンハウスとは、どのようなハウスメーカーなのでしょうか。坪単価が高く敷居が高いイメージがありますが、実は20代にもおすすめの商品が用意されていたり、機能性の高い快適な家づくりができるハウスメーカーとなっています。そんなスウェーデンハウスの人気商品の特徴とそれぞれの坪単価について紹介していきます。

スウェーデンハウスとは

スウェーデンハウスは、名前の通りスウェーデンで生まれた家で、スウェーデンの「親の代で家を建て、子供の代で別荘を建て、孫の代でヨットを買う」といった言葉があり、この言葉のように何世代にも渡って財産となる家を作っています。

最近では日本も長く住める家とテーマにさまざまな開発が行われていますが、だいたいの寿命は30年ほどとなっています。スウェーデンハウスは、このような日本の家のデメリットに打ち勝つために、スウェーデンの家を日本に合うように育ててきました。

さらに、断熱性や気密性も高いため快適に暮らすことができます。また、機能性の高さだけではなく、長く住める家づくりをするにあたって、長く安心できるようアフターサービスも充実しており安心です。

ライフルホームズでハウスメーカーのカタログを比較してみよう!

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」では、ハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せることができます。色んなカタログを見比べることで、自分が住みたい家・理想の家のイメージを具体化し、ある程度候補を絞ることで効率的に家を建てることができるでしょう。

また、無料カタログを取り寄せた方全員に、「はじめての家づくりノート」をプレゼントしています。家づくりノートは、自分や家族が住みたい家のイメージを明確にするためのノートです。

家を建てる際に必要な情報、かかるお金やローンのこと、気をつけたいポイントなどが分かり、間取りや家具の配置など、気になったことを細かく書き込むことができます。よいと感じるものを盛り込んでいくことで、理想とする家の情報をまとめた一冊ができあがり、ハウスメーカーとの打ち合わせの時に大きく役立つはずです。

「そろそろ家を建てたい」「どんな家がよいか分からない」そう思ったら、まずはライフルホームズで気になるハウスメーカーのカタログを入手することから始めてみましょう。

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

スウェーデンハウスの特徴

スウェーデンハウスは創立昭和59年で、本社は三軒茶屋の駅前のビルにあります。このように歴史のあるハウスメーカーであるスウェーデンハウスは、スウェーデンからの輸入住宅を扱っており、北欧デザインでおしゃれな外観が特徴です。

また、断熱性や気密性の高いZEH住宅にも該当しており、他のハウスメーカーよりも早く「全棟高性能保証表示システムCQ+24」を採用しています。輸入住宅でデザイン性の高い北欧デザインに人気が高く、ZEHにも対応した高機能な家づくりが可能です。

スウェーデンハウスの坪単価の相場

ここからは、スウェーデンハウスの坪単価について紹介していきます。スウェーデンハウスにはさまざまな商品があり、家づくりの方法も間取りなどを自由に設計できる注文住宅とあらかじめ用意されているプランをベースに設計するセミオーダーの2つがあります。

それぞれの坪単価は注文住宅が約85万円で、セミオーダーの場合は約70万円となっています。そして、スウェーデンハウス全体の商品の坪単価の平均は、65万円から100万円です。

スウェーデンハウスの商品ごとの特徴や坪単価

それでは、次にスウェーデンハウスの商品ごとの特徴やそれぞれの坪単価についてチェックしていきます。

スウェーデンハウスの平均的な坪単価は65万円~100万円となっていますが、それぞれの坪単価はどれくらいなのでしょうか。それでは、さっそく見ていきましょう。

商品①サキタテ

最初に紹介する「サキタテ」は、スウェーデンの住宅のモットーである何世代にも受け継ぐことのできる財産である家を、20代の若い世代から建て家と共に成長していくライフスタイルを提案している商品です。

品質の高いスウェーデンハウスで家づくりを若いうちにしておくことで、快適に暮らす時間が少しでも長くなります。また、サキタテの内装は白を基調として作られているため、自分たちの好みのインテリアやファブリックで自分らしくアレンジを楽しむことができます

基本的に家は一度建てると同じ間取りや同じ設備で生活していかなければならないため、ライフスタイルが変化すると新築時には感じない不便さや理想が変化していきます。

そんな時こちらの商品であれば、必要と思ったときに必要な分だけカスタマイズすることが可能ですので、ライフスタイル変化にも対応できるようになっています。

商品②悠の住処(平屋)

悠の住処はワンフロアで家族とコミュニケーションが取りやすく、常に家族の存在を感じらる平屋の家です。こちらの商品は平屋だからこそできるバリアフリー設計で、スウェーデンの輸入住宅のため1200モジュールでゆったりとした空間で過ごすことができます。

また、平屋は庭が近く自然を感じることができるというメリットがあるため、日本の四季を肌で感じながら生活できるように木枠の窓枠を採用し、まるで額縁の中を見るように外の風景楽しむことが可能です。

さらに、平屋は空間を仕切ってしまうと息苦しさや家族との繋がりがなくなってしまいますが、スウェーデンハウスは仕切りを減らし大きな空間づくりができ家族との繋がりを持って生活できます。また、平屋のデメリットである外気の影響を受けやすい点も、高気密で高断熱の性能でカバーしており、いつでも快適に過ごせます。

 

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

 

商品③ミューク

次に紹介する商品は、ミュークです。ミュークは「私のまわりから愛そう」をコンセプトに、毎日幸せに溢れているスウェーデンの女性の暮らしを参考に、自分自身や家族など全ての人が快適で幸せになれる家づくりを提案します。

そして、それぞれのライフスタイルに合わせ、趣味の空間や家族の集まる空間などのゆとりのある空間が実現されています。誰もが快適に過ごすことができるミュークは、外観のデザインにもこだわりがあり、郊外の生活を想像させるダーラナと現代的なデザインで都市の生活を想像させるストックホルムの2つから選ぶことができます

商品④ヒュースエコゼロ

ヒュースエコゼロは、設備で性能をあげるのではなく、家そのものを性能の高いものにすることが大切だということや、自然環境を守り自然と共に安心して暮らせる家づくりというスウェーデンの考え方を反映した商品です。

そして、標準仕様の「ZEH」をの条件をクリアしています。「ZEH」は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自分たちが使うエネルギーは自分たちの家で作り、環境を守るために取り組まれているもので、日本では2030年までに「ZEH」が標準で備わっている新築住宅を作ることが目標とされています。

そんな「ZEH」を標準仕様で叶えたスウェーデンハウスは、断熱性や気密性の高さによって必要なエネルギーを減らすことに成功し、太陽光発電のエネルギー収支がゼロになる仕組みを作り上げました。

さらに、一般的な太陽光発電は家での必要なエネルギーが大きいため、屋根一面に敷き詰めなければなりませんでしたが、スウェーデンハウスは必要なエネルギーが少なく太陽光発電も少しで済むため外観を壊さず設置が可能です。

商品⑤ヒュースプレミエゴーデン

ヒュースプレミエゴーデンは、スウェーデンハウスの中でもトップレベルの性能で快適で豊かな暮らしを実現した商品です。暖かさと静けさを兼ね備え、体も心も癒される上質な空間で過ごすことができ、自然素材を活かして作られているため、一つとして同じものが作れないこだわりが詰まった空間を楽しむことができます。

庭を屋内に取り込む「コンバーチブルガーデン」が採用されており、暖かな季節には窓を開けて自然の風を楽しみ、寒い季節には窓を閉じることで暖かな空間を楽しむことができる、自然を常に感じながら過ごすことができる贅沢な空間を暮らしの中に取り入れることができます。

この住宅で暮らしを豊かにする役割を持っている自然や癒しの空間を作り上げるインテリアも、知識と経験が豊富なデザイナーが顧客の要望を取り入れながらデザインしてくれます。

各商品ごとの坪単価表

商品 坪単価
サキタテ 65万円~80万円
悠の住処 75万円~90万円
ミューク 80万円~100万円
ヒュースエコゼロ 80万円~100万円
ヒュースプレミエゴーデン 183万円

 

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

スウェーデンハウスの坪単価は高くて不評なの?

ここまで、スウェーデンハウスの各商品とそれぞれの坪単価についてチェックしていきました。スウェーデンハウスの坪単価は比較的高く、トップレベルの商品に関しては183万円と高額な坪単価となっています。これほど坪単価が高ければ、評価が悪い場合が多いですがスウェーデンハウスの評判はどうなのでしょうか。

スウェーデンハウスの坪単価は高い

一般的な大手ハウスメーカーの坪単価は、約73万円となっています。対してスウェーデンハウスの坪単価は、65万円から100万円となっており、大手のハウスメーカーよりも相場が高いことが分かります。さすがにこの坪単価は、敷居が高く価格も高すぎるといった評判があります。

また、スウェーデンハウスが採用している24時間換気システムや木製の三重ガラスサッシ、グラスウール断熱材なども、他のハウスメーカーでも取り入れることができるシステムであることも坪単価が高いと言われている理由の一つとなっています。

顧客満足度は高い

このように坪単価が高くて敷居が高いという評価がありますが、以外にも顧客満足度は高く「オリコン顧客満足度・ハウスメーカー部門」で6年連続1位を受賞しています。

また、この「オリコン顧客満足度・ハウスメーカー部門」の中の細かな項目も14項目中11項目が1位となり、1以外の3項目も3項目も3位以内と高い評価を得ています。

スウェーデンハウスは本当におすすめ?口コミを調査

窓の気密性がとても高く、冬でも暖かく過ごせます。また、洋風のデザインも気に入り大満足です。引用:みん評

 

担当の営業の方が家づくりについて、丁寧に対応してくださりました。また、性能の高さや外観のかわいらしさも気に入っています。引用:みん評

やはり、断熱性や気密性の高さなどの性能に対する満足度がとても高いです。また、外観のデザインや営業の方の対応にも高い評価を得ています。

スウェーデンハウスで快適な住まいを手に入れよう

スウェーデンハウスは坪単価は他のハウスメーカーと比べて高めではありますが、値段に負けない機能性の高さやサービスがあります。また、各商品に共通して自然や家族との繋がりを大切にした快適な空間を手に入れることができます。

北欧デザインの外観で、孫世代まで受け継ぐことのできる高機能なスウェーデンハウスで、快適な住まいを実現しましょう。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。