ユニバーサルホームの坪単価は?人気商品の特徴を種類別にご紹介!

ユニバーサルホームの坪単価は?人気商品の特徴を種類別にご紹介!

引用:ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームは、高品質な新築一戸建ての注文木造住宅を扱っている人気のハウスメーカーです。クライアントの様々な要望に応えるプランバリエーション、デザインが豊富にあり、家族が住みやすい、暮らしやすい住宅が提供されています。本記事では、そんなユニバーサルホームの人気商品を種類別に特徴・坪単価をご紹介します。マイホームを検討されている方は、是非参考にして下さい!

ユニバーサルホームの坪単価の相場は?

マイホームを建築するにあたって、重要なポイントとなるのが「坪単価」です。坪単価を知ることで、およその建築費用を計算することができ、予算とのすり合わせが可能になります。では、ユニバーサルホームの坪単価の相場はいくらなのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

そもそもユニバーサルホームとは?

坪単価をチェックする前に、まずはユニバーサルホームとはどのようなメーカーなのかを知っておきましょう。ユニバーサルホームは、高品質な新築木造一戸建て住宅を全国にフランチャイズ展開をしている注文住宅メーカーです。ユニバーサルホームの最大の特徴であり、他社では真似できない最高の価値が地熱床システム「ユニバの床」です。

ユニバの床(地熱床システム)は、地面と床下に砂利を敷き詰め密閉し、その上をコンクリートで仕上げた工法です。床下に基礎がないので、床下へ土砂や汚泥が流れ込む「床下浸水」の心配がありせん。

【ユニバーサルホームで家を購入したいちばんの理由】

これまで、ユニバーサルホームで家を建て方に「ユニバーサルホームで家を購入したいちばんの理由」を調査したところ、この「ユニバの床」が決め手になったという意見が圧倒的多数を占めました。

【ユニバの床7つのポイント】

  1. どっしりと構えた丈夫な基礎は地震に強い
  2. 床下浸水がない
  3. シロアリに強い
  4. 1階全面床暖房
  5. 空気環境が抜群
  6. 床暖房なのに無垢材
  7. 省エネ

ユニバーサルホームの坪単価の相場

坪単価相場 40万~70万円

住宅メーカーの坪単価の相場は、大手メーカーで70万円~と言われています。ユニバーサルホームの坪単価の相場は、商品の種類によって幅はありますがおよそ40万~70万円程度です。大手ハウスメーカーでありながら、坪単価40万円~という「低価格」もユニバーサルホームの魅力のひとつです。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,200万~2,100万円
40坪 1,600万~2,800万円
50坪 2,000万~3,500万円
60坪 2,400万~4,200万円

ユニバーサルホームの人気商品の特徴や坪単価は?

ユニバーサルホームは、様々な商品ラインナップが豊富に揃っており、好みのスタイルから選ぶことができます。 ここからは、ユニバーサルホームの人気商品の特徴・坪単価を種類別にご紹介していきます。それぞれの商品を比較検討し、気になるを住まいをチェックしてみましょう!

kiduki(きづき)の特徴・坪単価

『kiduki』は、家族の暮らしをずっと見守り続ける、きづきの「木」 というシンボルツリーをテーマにしています。子どもがのびのび育つよう「kidukiウォール・kidukiステージ・kidukiボックス」の3つを提案されており、子育てファミリーにおすすめの住まいです。

kidukiウォールは子どもの創造力を育てる壁のことで、壁一面に本棚や黒板、クライミングなどのアイテムを設置でき、遊びが学びにつながる工夫が詰まっています。kidukiステージはオープンな吹抜けで、家族みんなで過ごせるスペースになっています。kidukiボックスは子供の遊び場や、家族の収納など、自由な発想で成長に合わせて使用できるスペースです。

kidukiの坪単価 40万~55万円

グッドデザイン賞も受賞したkidukiの坪単価は40万~55万円です。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,200万~1,650万円
40坪 1,600万~2,200万円
50坪 2,000万~2,750万円
60坪 2,400万~3,300万円

Tsu・do・i(つどい)の特徴・坪単価

Tsu・do・i』は、長期優良住宅に対応する優れた性能に加え、家族のコミュニケーションを大切にした間取りや空間が魅力の3階建て住宅です。

外観は街並みに映える都会的なファサードデザインで、モダンな家の中には光と風が通り、2階に配置した広々したリビングは家族のつながりを育む導線設計で、あたたかな笑顔が溢れます。3階建ての縦の空間をうまく使って、限られた土地でも部屋数を確保できる造りになっています。

Tsu・do・iの坪単価 50万~60万円

Tsu・do・iの坪単価は50万~60万円で、ユニバーサルホームの中では高めの設定になっています。しかし、他社の3階建て住宅と比較すると安く建てられます。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,500万~1,800万円
40坪 2,000万~2,400万円
50坪 2,500万~3,000万円
60坪 3,000万~3,600万円

ソラ・イロ ZEHの特徴・坪単価

『ソラ・イロ ZEH』は、環境にやさしいZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)住宅です。自然エネルギーを利用した「環境配慮型住宅設計」で、無限でクリーンな自然エネルギー「地熱」と「太陽光」の恩恵を受けながら、プランと仕様に工夫を凝らすことで、住まいの温熱環境を向上させることができます。

さらに、太陽光発電システムを活用すれば暮らしに必要なエネルギーを生み出すだけではなく、昼間発電して余った電力を電力会社に売ることもできます。CO2の削減にも貢献し、家族と地球にやさしい快適な住まいです。

ソラ・イロ ZEHの坪単価 60万~70万円

ソラ・イロ ZEHの坪単価は60万~70万円です。ZEH住宅仕様の為、太陽光パネル・エコキュート・HEMSが標準装備になっているので、どうしても価格は高めになってしまいますが、省エネにより暮らしの中でのコストは抑えることができます。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,800万~2,100万円
40坪 2,400万~2,800万円
50坪 3,000万~3,500万円
60坪 3,600万~4,200万円

ウィズ・ハートの特徴・坪単価

『ウィズ・ハート』は、家族が心地よく支えあう二世帯住宅用に設計された住まいです。「お互いの暮らしを守りながら家族の心の寄り添える場所」をコンセプトに、親世帯・子世帯、それぞれのライフスタイルを大切にしながら、必要なところで支えあうことができる素敵な関係が築けます。

外観はパッと目を惹く、大きく幹を広げた屋根が重圧感のあるファサードデザインです。広々としたリビングダイニングは、3世代のコミュニケーションスペースとして家族のつながりを深めてくれる場所になるでしょう。ひとつ屋根の下、家族を絆を大切に楽しさも嬉しさも2倍の暮らしが待っています。

ウィズ・ハートの坪単価 40万~60万円

ウィズ・ハートの坪単価は40万~60万円です。世代の人数によって間取りが異なるため、価格幅はも大きくなっています。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,200万~1,800万円
40坪 1,600万~2,400万円
50坪 2,000万~3,000万円
60坪 2,400万~3,600万円

1000のひらめきの特徴・坪単価

『1000のひらめき』は、36,000棟を超える建築実例から、一級建築士がプロのこだわりと経験で練り上げて誕生しました。10の外観デザインには住む人のライフスタイルが表現され、100種類の間取りすべてに、子育てからその先の暮らしまでを考えた設計が施されています。

10種類の個性的な外観デザインは、自分たちらしい暮らしをデザインできるモダンで上品なファサードです。好みにあわせて選べる10の外観デザインを100の間取りプランでそれぞれ用意されています。100の間取りすべてに「子育てから、将来のお二人での暮らしまで」を考えた心配りが施されており、末永く安心して暮らせる夢の住まいがかたちになります。

1000のひらめきの坪単価 40万~45万円

1000のひらめきの坪単価は40万~45万です。10種類の外観デザインと100通りの間取りがパッケージ化されているので、ローコストで建てることができます。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,200万~1,350万円
40坪 1,600万~1,800万円
50坪 2,000万~2,250万円
60坪 2,400万~2,700万円

ドマーチェテラスエディションの特徴・坪単価

『ドマーチェテラスエディション』は、暮らしの幅を広げる土間空間のある家です。住まいの一番気持ち良い位置に「DOMAテラス」と名付けた土間空間を設け、室内でありながら、屋外テラスのような開放感と快適さがある半屋外空間が魅力です。

かつて日本の住まいに欠かせなかった「土間」を開放感のある気持ちの良い「テラス」と一緒にすることで、暮らし方の幅を広げてくれる気持ちの良い空間が誕生しました。「DOMAテラス」という空間を、シーンにあわせてカスタマイズし、過ごし方や時間帯、使う人が違えば、その数だけのお気に入り空間が生まれます。

ドマーチェテラスエディションの坪単価 45万~55万円

ドマーチェテラスエディションの坪単価は45万~55万円です。ユニバーサルホームの中で、ちょうど中間の価格帯になります。坪数に応じた建築費用は下記の通りです。

坪数 建築費用
30坪 1,350万~1,650万円
40坪 1,800万~2,200万円
50坪 2,250万~2,750万円
60坪 2,700万~3,300万円

ユニバーサルホームで家を建てるメリットは?

ユニバーサルホームの商品ラインナップいかがでしたか?続いては、ユニバーサルホームで家を建てるメリットをご紹介します。ユニバーサルホームが選ばれる理由、魅力について見ていきましょう。

低価格なのにハイクオリティ

ユニバーサルホームが人気の理由のひとつに、「価格の安さ」があります。いちばん安くて坪単価40万円~家を建てることができ、住宅業界でもローコストメーカーの大手として有名です。高品質を追求する一方で、独自の仕入や販売システムを構築し、徹底した効率化や無駄を省くことで、低価格なのにハイクオリティな家を実現しました。

家の強度が高い

「高性能外壁材ALC」は、高性能で地球に優しい無機建材で、耐火性、遮音性、調湿性などの優れた性能を持っています。ユニバーサルホームは、厚さ37mmもの厚みがある「高性能外壁材ALC」が標準装備になっており、地震・台風などの自然災害から家族を守り、耐火性や遮音性の高さを実感できます。

ユニバーサルホームの住宅に対する口コミや評判は?

ユニバーサルホームは注文住宅でも坪単価がかなりリーズナブルなのに、営業さんも職人さんもみんな誠実な印象だったので、頼んで良かったと思います。引用:みん評

 

床暖房は冬の間はずっと暖房を切ることなく、つけっぱなしにしておくと説明を受けました。暖房代がいくらになるのか心配でしたが、思ったよりも高い金額ではなく安心しました。家が熱を逃がしにくい構造になっているので、一度暖まればあまりガスを使う必要はないようです。引用:ハウスメーカー比較ランキング

 

家の中でとりわけ寒い場所がないので、子どもたちは新しいおうちに引っ越してきてから、風邪をなかなかひかなくなったように思います。引渡しの後も、半年・1年・2年・3年と点検に来てくれます。その時に気になったことを相談できるため、アフターサービスにも満足しています。引用:ハウスメーカー比較ランキング

ユニバーサルの住宅に関する口コミ・評判をピックアップしました。優れたコストパフォーマンスと、「ユニバ床」と「高性能外壁材ALC」による適度な温度が高評価でした。他にも、「希望する間取りやキッチン、洗面所、バス、収納などを考慮してくれた・収納力抜群!・デザインがおしゃれ」などの声が多くありました。

ユニバーサルホームで素敵なマイホームを建てよう

ユニバーサルホームの家は、こだわりの床「ユニバ床」と耐火性や遮音性に優れた「高性能外壁材ALC」で、快適・安心に暮らすことができます。おしゃれなデザインの商品ラインナップも豊富にあり、お好みの家もきっと見つかるでしょう。

マイホームを検討されているかたは、ユニバーサルホームの豊富な知識と親身な家づくりのアドバイスで、ローコストで素敵な家を手に入れてみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。